ストックフォトサービス スマホ。 ストックフォト(写真販売サイト)各社の傾向比較

日本・海外で評判のストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

ストックフォトサービス スマホ

ずっとやりたいと思っていた、ストックフォトサービスへの写真投稿を始めました。 ストックフォト:頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。 もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。 その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。 (出典:wikipedia) 上記がストックフォトの説明なのですが、もっとシンプルに書くと…• ストックフォトサイトに登録• 写真を撮る• 写真をストックフォトサイトにアップロードする• 写真審査が入る• ユーザーが購入するorダウンロードされる• 報酬が入る という仕組みです。 ストックフォトを始めた理由は、写真を撮るのが好きだから&思い出写真含めて過去のストックが結構あるから。 写真を撮って収入になれば楽しいなと思い始めてみることに… 国内外でいくつかストックフォトサービスのサイトがありますが、現在4サービスを利用しています。 この記事では、4サービスの比較や各サービスを利用してどのくらい稼げたのか、リアルな数字でお伝えしていきたいと思います。 (定期更新) 目次 初心者向けストックフォトサービス3社を比較してみた わたしが利用しているのは、この3つ。 スナップマート• 写真AC• ピクスタ です。 サービス名 スナップマート 写真AC ピクスタ 特徴 スマホ写真向け。 スナップマート は、スマホアプリから出品できるストックフォトサービスです。 有名インスタグラマーが中の人だったりして話題の会社でもあります。 ピクスタの子会社。 販売はスマホ写真が中心です。 (デジカメからスマホに転送すればデジカメ写真も販売できます) 通常のストックフォト機能(マーケットプレイス)で、写真審査はしているのかイマイチわかりません…。 (されているとは思うのですが) 売れている写真の傾向 どんな写真が売れるかというと、いわゆる インスタ映えする写真が売れる印象です。 若い女性の写真、ふわっとしている風景写真、オシャレなテーブルフォトなどなどが人気です。 時々脱毛を狙ったような写真なども売れているようです。 スナップマートオリジナルの企画 また、常時テーマに合わせた写真コンテスを行っており、上位に選ばれると賞金がもらえます。 また、企業の商品をPRするアンバサダー企画も目玉の一つです。 スナップマート実績(累計)• カンタンにスタイリングしてスマホで撮影した写真が売れました。 ミラーレスであえて撮影しなくてもよいな~と実感。 可愛い・おしゃれな写真が売れやすいです。 または、女の子の自撮り、髪の毛や後ろ姿などパーツ写真も売れてるようですね。 写真AC の場合、写真は販売ではなく ダウンロードされるとポイントが入って、ポイントが貯まると換金できるというシステムです。 会員になれば小さいサイズは無料でダウンロードできるため、収益化のハードルの低さが魅力。 ストックフォト収入をまず得たいのであれば、利用しておいて損はないです。 但し、1点あたりの収益は低いのが難点。 他サイトで実績を上げられるようになったら、力の入れ方を変えていく方が良いかも。 イラストACなどイラスト専門のストックサイトもありますので、イラストが得意な方はそちらもアリ。 売れている写真の傾向 ビジネス・人の写真・季節やイベント向けの写真 オリジナルの企画 フォトコンテスト 収益をビットコインで受け取れる 写真ACの実績(累計)• 2020年3月 11000ポイントを超えたので換金• 自分で比較してびっくりしましたが、ダウンロード数が倍になって、収益も1か月で倍になりました。 これはおどろいた。。。 収益化しやすいこともあり、「売るほどではないけど…まぁまぁ」位の写真ならどんどんアップしています。 こんなものもダウンロードされるの? というものもたまにダウンロードされるので、数打てば当たるサイト!ストックしまくるのがよさそうです。 PIXTA PIXTAは、比較的老舗&有名な日本のストックフォトサイトです。 写真以外にも、動画、音楽、イラストなど様々なジャンルの作品を販売することができます。 クリエイターとして素材を販売するためには、カンタンなテストに全問正解する必要があります。 トップクリエイターは月収100万円を超えているなどの話もあり、利用者の多いサイトです。 但し、作品アップロード数に制限があります。 「審査に通る確率が高い」など色々な条件によってアップロード枚数が増えます。 写真の審査は、比較的厳しいかなと思います。 売れている写真の傾向 ビジネス・人の写真・季節やイベント向けの写真。 オリジナルの企画 が豊富。 集中ゼミなど養成講座的なものも行っている。 実績(累計)• TV、雑誌、Web、広告など様々な媒体で利用されているようです。 登録されている写真のクオリティが高めで、(審査が厳しいから)アップロード制限があり何枚もどんどんアップできないため、初心者はなかなか稼ぎにくい気がします。 わたしはこちらはあきらめました。 ただし、クリエイター支援の企画が豊富なので、チェックする価値はありますよ! PIXTAのトップクリエイターの方の投稿数を見てみましたが、 7万点以上のストック数がありました。 元々たくさん販売できる写真があるということでもない限り、 1ヵ月2ヵ月ですぐに稼げるようになるというのはまず不可能でしょう。 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ではないですが、稼げるようになるにはともかく枚数が必要なようです。 また、 思い切って投資する(モデルや撮影場所にお金をかける)と、その分リターンも大きいという話を聞きました。 一気に稼ぎたい方は、思い切って投資してみるのも手です。 最近ほとんど写真はアップしていないのですが、ちょこちょこDLされていたので、また地道にアップしていこうと思いました。 ストックフォト初心者におすすめのストックフォトサービス 「お金になりやすい」という点でランキングを付けますとこのようになります。 始めないことには始まらないのは、ブログもストックフォトも同じ。 気軽に始められるのがストックフォトの魅力。 ちょっとした写真が大きな価値をもたらすかもしれませんよ。

次の

初心者におすすめのストックフォトサービス3社を比較

ストックフォトサービス スマホ

写真を撮って稼ぐ場合、基本的には ストックフォトというサービスを利用します。 ストックフォトとは頻繁に使用されるであろうシチュエーションで、あらかじめ用意された写真素材のこと。 たとえば一般企業がパンフレット用に、テレビ局が番組中の参考画像として流す用に、写真素材を使うのです。 実は当サイトで掲載している写真も、というストックフォトサービスを使っています。 無料で使える超スグレ物。 何かと重宝するので、登録しておいて損はないですよ。 ちなみに一般的なストックフォトサービスは 有料販売が基本。 有料ですが自社でカメラマンを雇うよりも断然安い価格で、販売しています。 以前は各企業とも自前でカメラマンを用意し、写真を撮っていました。 しかしながら2008年のリーマンショックにより、各企業が軒並み経費節減を実施。 この時にストックフォトを活用する会社が急増し、今注目の成長サービスとなりました。 どの位儲かる?写真で稼ぐ仕組みと収入 ストックフォトサービスを利用してどのように稼ぐのか? 収入が入る仕組みと収入の相場について解説します。 ストックフォトで稼ぐ仕組み ストックフォトサービスで販売されている写真素材は、ユーザーが投稿した写真です。 そして投稿した写真が購入された場合、 クリエイター(投稿者)に報酬が入る仕組みになっています。 たとえば有料販売最大手のの場合、売上の22%〜58%が手元に入ります。 また先述した写真ACはダウンロード毎に、2. 75円〜5円が入ります。 写真ACについては安いと思われるかもしれません。 しかし無料サービスなので日々大量の写真がダウンロードされています。 よってそれなりの収入になりますよ。 写真で稼ぐ方法のメリットは 一度投稿すればあとは勝手にお金が入るストック型のビジネスであるということ。 投稿した写真素材は資産として、積み上げていくことが可能なのです。 ストックフォトでいくら稼げる? 写真販売でもっとも気になる点が 「一体いくら儲けられるのか?」ということでしょう。 参考として写真ACを取り上げてみましょう。 2018年5月時点での クリエイター別ダウンロード数ランキングは下記の通り。 1位のクリエイターは1ダウンロード4円で換算した場合、すでに 400万円以上の収入を得ていることになります。 ちなみに写真ACの運営者によると、近々月収30万円クリエイターが誕生するとのこと。 またでは、アマチュアカメラマンながら年収1000万円近く稼いでいる人が取り上げられています。 この方はすでに脱サラをしました。 本気になれば本業にもなるというわけです。 オススメの写真販売サイト・アプリ17選 国内と国外それぞれにたくさんのストックフォトサービスが存在します。 その中でもオススメのサービスを厳選して掲載しました。 国内のストックフォトサービス 無料のフリー写真素材提供サービス。 無料提供だけに利用者も圧倒的に多く、総会員数は300万人を突破しました。 ダウンロード毎に2. 75円〜5円の報酬が入ります。 国内最大手。 約850万点の写真素材が提供されています。 販売価格(1枚540円〜)の22%〜58%がクリエイターへの取り分。 クリエイター向けサイトは必読です。 360万点以上の素材を1点108円から販売。 国内第2位の規模になっています。 クリエイターへの報酬率の高さが特徴。 売上額の50%(独占素材の場合、60%)がクリエイターの報酬になります。 また自分で価格を決められる点も魅力のひとつ。 北海道に本社を置くサービス。 1点324円から販売できます。 作品が購入されると、販売価格の20〜50%がロイヤリティとして支払われる仕組みです。 静岡にある企業が運営。 1点100円から販売できます。 販売価格を自由に設定することができて、利益還元率は60%。 さらに登録後3ヶ月は何と100%還元となっています。 ハイクオリティな写真をリーズナブルな価格で提供する、定額制ストックフォトサービス。 8,100万点以上の写真やイラスト素材を提供しています。 ランク制度があり、最初のランクアップは500点を投稿すれば達成します。 「インスタ映えする自然な写真素材を、ユーザーから直接購入できる」がコンセプト。 スマホで撮った写真を1枚100円から販売できます。 販売価格は本人確認書類を提出することで、最大1,000円まで設定することが可能です。 海外のストックフォトサービス アメリカのサイトですが、日本語対応されています。 提供している写真素材数は約1億点とダントツの多さ。 写真には高いクオリティが求められ、売上の20〜30%が報酬として受け取れます。 アメリカのサイトで日本語対応されています。 6,800万点の素材が提供されており、会員は600万人以上。 写真の単価は98円からと比較的安め。 ただし登録の審査も緩い傾向にあります。 報酬率は20〜63%と幅があり、ランク制度が存在します。 アメリカのサイトで日本語対応されています。 コンテンツの質の高さに定評があり、2,000万点の画像を提供。 報酬率は15〜45%。 全世界に23万人以上のクリエイターがいて、毎週2億円以上の報酬が支払われるとうからすごいです。 カナダのサイトで日本語対応されています。 マイクロペイメント(小額決済)の先駆けとして知られているサービス。 会員は600万人以上、760万点以上の素材が提供されています。 審査が厳しくなく報酬率は15%程度で、月間ダウンロード数などにより変動する仕組みです。 香港の会社だが、東京に支社があり日本語対応しています。 6,500万点以上の素材を提供。 報酬率は30%〜60%。 USドルで支払われます。 アメリカのサイトで日本語は非対応。 5,000万点以上の素材が提供されています。 100円程度から購入でき、クオリティも高い。 全世界で13万人のクリエイターが利用しています。 海外セレブも利用している画像共有サイト。 「インスタ映え」なんて言葉もありますね。 国内だけでも1,000万人以上が利用しています。 オンラインマーケットプレイスで販売でき、1回の投稿で180万円稼いだ22歳のアメリカ人もいるとか。 アメリカのサイトで日本語は非対応。 写真を投稿すると「Foap MARKET」という写真販売サイトへ自動で登録されます。 購入されるごとに5ドルの収入が入る仕組みです。 アメリカのサイトで日本語対応されています。 「Fotolia」が手掛ける、スマホで撮った写真素材を扱ったマーケットプレイス。 投稿後、審査を受けて承認されれば販売開始となります。 アメリカのサイトで日本語は非対応。 事件性の高い画像の販売に特化したサービス。 スマホを片手に出かけ、事件があったら激写します。 毎月100万円程度稼ぐユーザーもいるそうです。 スポンサーリンク 4. 写真販売で稼ぐ手順 デジタル一眼で綺麗に撮るポイントを押さえる ストックフォトで本格的に稼ぐためには、デジタル一眼で最低限の技術を身につけなければいけません。 そのためのポイントを下記にまとめています。 そして一度は講座に参加して、基礎をしっかりと学んでおきましょう。 総合的なポイント ・写真の主役を決め、そこにしっかりピントを合わせる ・野外撮影の場合は、光がたっぷりある場所・時間帯にする ・光の当たる場所を意識することで雰囲気が変わってくる ・主役を正確に撮るには望遠側、広い範囲を写すには広角側で撮る ・撮る角度により印象が変わるので、アングルにこだわる ・切り取る視点を変えることで、被写体の魅力を引き出すことが出来る 人物をキレイに撮るためのポイント ・主役の顔、とくに目にピントを合わせるようにする ・いろいろな角度から撮影して、異なる印象を与える ・ズームレンズの倍率を変えることで、異なる印象を与える ・余分な背景を整理して、人物の表情を引き立たせる ・逆光になった場合、昼間でもフラッシュを発光させる ・雰囲気重視の場合、暗い室内でも、フラッシュはオフにする ・子供を撮影する時は、リラックスさせて、その表情を撮る ・全身を撮影する時は、バランスよく見えるベストなアングルを探す ・バストアップは少し上から撮影すると、すっきりと小顔に見える 風景を上手に撮るポイント ・何が主役なのかをしっかり決めて、構図を固める ・地平線や水平線はラインを画面と並行にする ・空の撮影は広角ズームレンズを使うことで、スケールの大きな写真になる ・ホワイトバランス補正の設定を調整し、鮮やかな色を引き出す ・時間や見るポイントを変えて、美しい一瞬を引き出す ・夜景を撮る時は、フラッシュを「発光禁止」に設定し、夜景用モードにする 静物を上手に撮るポイント ・接写専用の撮影モードに切り替え、フラッシュは「発光禁止」にしておく ・手ブレに注意し、三脚を使うか、台の上に両肘をつくなどして、カメラを安定させる ・遠望側か広角側か比べて、印象のよい方で撮る ・白い紙などで光を反射させて明るくすると、自然で美しい仕上がりになる ・主役を決めて大胆にフレーミングをするとおもしろい画像になる 6. ストックフォト以外に写真で稼ぐ方法5選 ストアカで写真技術を教える 写真技術をマスターし、教えるのが好き・得意な人はチャレンジしてみましょう。 とは「教えたい人」と「学びたい人」をマッチングさせるサービス。 教えたい人はストアカ上で講座の参加募集を行います。 募集する際は講座のテーマや日時場所、受講料を告知。 学びたい人は参加したい講座を選んで応募、ストアカにお金を支払います。 ストアカの手数料10〜20%をひいた売上が、報酬として手元に入る仕組みなのです。 たとえば「1時間2,000円」の講座を開いて10人の参加者がいれば、売上は16,000円〜18,000円。 かなり効率よく稼げますね。 ストアカで「写真」と検索してみると、下記のような講座が開かれていました。

次の

日本・海外で評判のストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

ストックフォトサービス スマホ

ストックフォトサービスとは ストックフォトサービスとは、WEBや雑誌などで頻繁に使用する写真やイラスト素材を集めたサービスのことです。 企業や出版社はそれらの大量の素材の中から目的に応じて写真やイラスト素材の使用料を支払い使用します。 ストックフォトサービスは世界中に存在し、自身の写真やイラストをアップロードすることにより、国内のみならず、世界中のユーザーに向けて写真やイラストを販売することができます。 ストックフォトサービスは初心者でも大丈夫? ストックフォトサービスは、指定の写真審査などを通過すれば、プロアマ問わず誰でも参加して販売することができます。 あなたが趣味で撮った写真が思わぬ収入になったり、有名企業のHPや雑誌などで使われることもあります。 ストックフォトサービスは稼げる? 自分で撮影した写真を販売してお金を稼ぐ。 これはかなり理想的な副業と感じられます。 しかし、そのフォトストックサービス、いったいどれぐらい稼げるのでしょうか? 国内最大手のフォトストックサービスであるPIXTA ピクスタ の2018年度の売上ランキング総合1位となったxiangtaoさんの売上は、 脅威の約3,200万円!! トップクリエイターの年間売上額は? 2018年のクリエイター売上ランキングで総合部門1位になったのはxiangtaoさん。 気になる売上額はなんと約3,200万円とのこと。 「経費に700万円ほど掛かりましたので、約2,500万円が利益になりました。 売上は前年から800万円増えました。 直近の売上ペースから行くと、2019年は3,800万円〜4,000万円くらいの売上になりそうです。 市場環境が悪いことはないので、今年は経費に1,000万円ほど使って、ガンガン撮っていこうと思っています」(xiangtaoさん)。 同じく、 PIXTA ピクスタ で月収80万円を稼ぐストックフォトグラファー・まちゃーさんのインタビュー記事がこちらです。 ピクスタ登録から4年かかって収入になりはじめたとのこと。 さすがにそんなに甘くありませんね。。。 ただ、コツコツと続けていれば収入にはなりそうです。 ストックフォトサービスは複数に登録する 基本的にはストックフォトサービスには、複数のサービスに登録することをおすすめします。 ストックフォトサービスの販売価格やロイヤリティは各フォトストックサービスによって違いがありますが、サービスによって売れる写真の傾向が違うため、あるフォトストックサービスでは、まったく売れない写真でも別のフォトストックサービスでは売れるということもありえます。 ストックフォトサービスの独占契約に注意 ストックフォトサービスによっては、独占契約を締結することが可能です。 独占契約とは、写真を特定のフォトストックサービスのみに提供することです。 独占契約を結ぶことによりロイヤリティUPなどの優遇措置を得ることができます。 独占契約を結んでしまうと、当たり前ですが、他のフォトストックサービスに提供できなくなりますので複数のフォトストックサービスを利用する場合には注意が必要です。 また、中には「写真AC」のように写真の著作権自体が運営会社に移ってしまい、自動的に他のフォトストックサービスにアップした写真を提供できなくなるサービスもあります。 おすすめのフォトストックサービス比較 shutterstock シャッターストック.

次の