上半身 に 対し て。 なぜ介護される人は家族に対して上から目線になるのか? | リバータリアン心理学研究所

今日病院に行ったときに上半身全部裸にさせられました。

上半身 に 対し て

介護の場面で、 「お前は一人では何もできない」 「私がお前の面倒を見てやってるんだ」 「すべて私一人でやっている」 という言葉を聞いたらどう思うでしょうか? 「介護する人はなんて上から目線なんだろう」と思うかもしれません。 しかし実はこれらの言葉は「介護される人」から言われた言葉です。 不思議ですよね。 介護される側の本人は寝たきりで、手足も動かず、食事も移動も排泄も風呂も介護者にやってもらっています。 しかし介護している人に対して出てくる言葉が、 「お前は一人では何もできない」 「私がお前の面倒を見てやってるんだ」 「すべて私一人でやっている」 なのです。 買い物や病院へ行く時も「行きたい」と言われて、車椅子で連れて行こうとすると 「なんだお前も行くのか?」「しょうがない。 よし着いてきてもいいぞ。 」 と言うのです。 私は10代から祖父、祖母、父の三人の障がい者を介護してきました。 そして全く同じ言葉を聞きました。 なぜか? この行動の興味深いのは、 家族に対してのみ奇妙な上から目線の態度になるのに、他人に対してはやらないということです。 実際、私が病院で働いてから現場の患者さん(他人)では見たことがありませんでした。 なぜ介護される人は家族に対してのみ上から目線になるのか? 介護される人は、手や足が使えない、動けない、記憶が消える、間違える・・毎日、自分に対する無力感を抱えています。 「そんなはずはない!」と自分の間違いを見なかったことにします。 そしてそれを他人のせいにします。 社会や職場の人のせいにすることはできないので、家族のせいにするのです。 自分ができないことにも関わらず家族の介護者に対して 「お前は一人では何もできない」 「私がお前の面倒を見てやってるんだ」 「すべて私一人でやっている」 と本来は「すべて自分に当てはまること」を言うのです。 これを投影同一視といいます。 「自分の悪い側面」を他人のせいにするのです。 人は自信がなくなると性格が分裂して「悪い自分は他人のせい」とやるのです。 そして世間体には「すべて私一人でやっています」と大ウソをついて「大丈夫です」と「良い自分」をアピールしようとします。 根拠がないのに他人を見下すことを、心理学では「仮想的有能感」(根拠に基づかない有能感、見下しの他者軽視の心)と言います。 自分の自信を、自分を上げるのではなく、他人を下げることで、補おうとするのです。 しかし実際は自分は上げてないので、補えないのです。 介護は「介護者が楽すること」を最優先で目指したほうが良い 介護とは「いかに介護する人が楽をするか」を最優先で目指したほうが良いです。 自分に余裕のない人は、相手にも福祉を与えることは出来ないからです。 そのためにできるだけ本人が一人でできるように在宅の環境を考えることが重要です。 介護をしていると、介護されている側は段々とわがままで傲慢になっていきます。 介護されている側(被介護者)は両手に荷物をいっぱい抱えている状態。 介護する人(介護者)も両手に荷物をいっぱい抱えている状態では、助け合う余裕はありません。 被介護者は荷物を下ろす余裕はなくても、介護する側は限りなく少なくすることはできます。 そして被介護者にも、荷物を運べるカートや台を渡してあげて負担を軽くすれば良いのです。 「介護される張本人が、できるだけ自分一人で何とかできるように環境を整えること」が大切です。

次の

上半身 に 対し て

汗を多くかかれるということで悩まれているのですね。 原因として、多汗症という病気の可能性が考えられると思います。 早速ですが、回答していきたいと思います。 多汗症は、汗腺そのものの機能亢進状態、汗腺に対し薬理学的作用をもつ薬剤、発汗神経の異常など 種々の原因で起こります。 全身性多汗症と局所性多汗症があるります。 全身性多汗症は体質によるほか 、有熱性疾患、バセドウ病、リウマチ性関節炎、糖尿病、妊娠や更年期などでみられます。 体温調節中 枢の興奮、異常(脳しんとう、パーキンソン病、交感神経系障害など)や薬剤(抗コリンエステラーゼ 剤や解熱薬など)でも起こります。 局所性多汗症は、顔面、わきの下、手のひらや足の裏(掌蹠(しょ うせき))、外陰部に精神的な緊張で普通以上に汗をかくものをいいます。 まず、局所性多汗症の対策についてですが、この場合、市販の制汗剤を使用されてみて下さい。 例えば 、オドレミンという制汗剤が良いと思います。 オドレミンは、皮膚科でも使われる塩化アルミニウムを 主成分としているので効果的です。 また、臭い対策としても効果的です。 オドレミンは、主に脇用ですが、頭や粘膜以外でしたら、他の部位に使用されても構いません。 薬以外の方法としては、ミョウバン水を試されてみてはいかがでしょうか。 ミョウバンは、家にありませんか。 ミョウバンは、食品添加物としてベーキングパウダーなどの食品に使われているものなので、安心で す。 ・ミョウバン水のつくりかた… 食料品売り場の漬物用品のところで、焼きミョウバンを探してください。 生のものでもOK。 焼きミョウバン50グラム(生は75グラム)に対して、水1.5リットル。 ミネラルウォーターが 入っていたペットボトルなどがちょうどいいですね。 涼しいところに二、三日置いておいて、完全に溶けたらミョウバン水の原液のできあがりです。 使用するときは、この原液を薄めて使います。 20~50倍程度に水で薄めて、肌に塗ってつかいま す。 霧吹きなどに入れて、冷蔵庫に入れて保存しましょう。 肌の敏感な方は、もっと薄めた方がいいか もしれません。 一度、試してみて下さい。 また、効果には個人差があります。 次に、全身性多汗症の対策についてですが、この場合、広範囲に渡るため、薬剤の塗布は、困難にな ります。 全身性多汗症の対策としては、抗コリン薬の服用が有効です。 具体的な薬としては、プロバンサインが あります。 この薬は、通常は腹痛などの痛み止めに使用します。 なぜ、多汗症に効果があるかというと、本来、発汗刺激を行う交感神経の末端からはアドレナリンとい う神伝達物質が分泌されますが、汗腺だけは例外的にアセチルコリンという物質が分泌されるのです。 そのため、このアセチルコリンの分泌を抑制する抗コリン剤を服用することで発汗を抑えることが出来 るのです。 しかし、ここで注意することは、抗コリン剤は汗腺のアセチルコリンのみならず全身のアセチルコリン も抑制することです。 抗コリン剤を服用すると、喉が渇いたり、目が渇いたり、尿の出が少なくなったりという副作用が起こ るのは、このためです。 ですから、この抗コリン剤を継続的に服用することはお薦めできません。 できれば、何か特殊な時(会議やピアノの演奏会など)のみ、例えば1ヶ月に1回程度、1時間くらい 前に飲むようにすることがよいでしょう。 症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されてみて下さい。 まずは、一般内科を受診されると良いでしょう。 参考になりましたら、幸いです。

次の

上半身だけ汗をかきます。

上半身 に 対し て

すると、歩行や動きの評価を行い、治療をするときに大変役立ちますし、 例えばアスリートのケガの原因を探るときにも役立ちます。 これについては、また細かくお話します。 さて、この上半身質量中心を歩行の中で診ていきます。 例えば、膝が痛くて、O脚変形の強い患者さんがいたとしましょう。 痛い膝は右膝です。 想像してください、 歩くたびにラテラルスラスト(膝に体重がかかった時に、外側に「グイッ」と一度押し出されるように動く動きの事)が起こり、なんとなく体を左右に揺らしながら歩いています。 それでも体の幅よりも、膝の方が外に出ていて、とてもつらそうです。 この方の右足が地面につきます。 その時に、その痛い膝の中心(これは正面から見ての「ど真ん中」、後ろから見ての「ど真ん中」で結構です)と、この「みぞおち」を線で結びます。 歩いているときは頭の中で、動画などを見るときは実際に線で結んでみましょう。 この結んだ線は、 1) 膝の中心から内側(右膝より内側)に傾くのか、 2) 垂直(膝と上半身質量中心がまっすぐ)か、 3) 膝の中心から外側(右膝より外に線が傾く)かを診ます。 さて、この中で一番膝にとって何の影響もないのはどれでしょうか? 答えは 2 です。 この状態は、普段重力のもとで暮らしている私たちが、 「重心」という言葉を無視できない環境にいることを意味しています。 この 2 の状態は膝に対して、上の重さが下の土台にまっすぐかかっていることになります。 歩行では、このように患者さんの痛い場所にどんなストレスがかかっているかをこの重心の関係を使って診ることができます。 となると、極端ですが このO脚の膝の真上まで上半身を揺らして持ってきたとしましょう。 この膝にはストレスはかからなくなるという事です。 実際には、そこまで揺らすことはありませんが、理屈的にはこうなるという事です。 では、大概の膝のO脚変形のある方は、どうなっているかというと、 体を左右に揺らしていますが、1の状態の方が多いです。 こうなると、膝より、上半身の質量中心は正中線に近いので、実は、膝には外に外に押し出されるストレスがかかります。 膝の真上に重心があれば、真下にかかるストレスだけ。 膝よりも内であれば、膝は外に押し出される、 その反対の3だと、膝は内側に押し出される。 1だと、膝の内反(O脚方向)ストレスがかかり、 3だと、膝の外反(X脚方向)へストレスがかかります。 この例は、膝の変形が強い方の話でしたが、 これはどんな膝の痛みの方でも同じように診ることができます。 例えば、膝周囲の痛みに鵞足炎があります。 右の鵞足炎として例えましょう。 この多くは、足を地面に着くたびに先ほどの3のような外反ストレスがかかると、内側が延ばされて痛みを感じるというようなことがあります。 ということは、歩行を診て、右足が地面に着いた瞬間に痛い膝に対して、上半身の質量中心がその膝よりも外にあるかを診ればいいんです。 ということで、基礎を3回に分けて話してきましたが、一往復目にはポイント1の骨盤を診て、二往復目にポイント2の足部、そして、三往復目に上半身の質量中心を診てみましょう。

次の