清流 監査 法人。 清流監査法人の企業情報(東京都千代田区)|全国法人情報データベース

上場企業を監査している監査法人等のランキング

清流 監査 法人

公認会計士・監査審査会は2019年12月6日に「監査法人大手門会計事務所に対する検査結果に基づく勧告について」において、金融庁に対して当該監査法人に対して行政処分その他の措置を講ずるよう勧告した旨を公表しました。 監査法人大手門会計事務所が監査を実施している上場企業を検索してみると、 株 ジー・スリーホールディングス(情報通信業・東二)、 株 大盛工業(建設業・東二)、 株 チノー(電気機器・東一)、林兼産業 株 (食料品・東一)、ラサ商事 株 (卸売業・東一)、 株 シンニッタン(鉄鋼・東一)他5社で合計13社がヒットしました。 上場会社13社をクライアントとして抱えていれば、中小法人としてはまずまず立派なほうだと思われますが、上記勧告において「当監査法人を検査した結果、以下のとおり、当監査法人の運営は、著しく不当なものと認められる」とされてしまいました。 まず、業務管理体制としては、代表社員3名、社員5名、公認会計士である常勤職員を中心とした監査補助者等による約20名の人員で構成されているとされ、長年にわたって上場会社10数社を被監査会社としているとともに、近年上場会社数社との新規の監査契約の締結を行っているとのことです。 決算期のバラツキがあるのかまで確認していませんが、上場会社10数社を約20名で監査するというのは、直感的には人員的に結構厳しいような気はします。 この点については、上記勧告において「当監査法人の最高経営責任者は、人員が不足していると認識しており、また、品質管理の維持及び強化を、当監査法人の経営方針の最優先事項としている。 」とされていますので、「働き方改革」とかいっていると監査が終わらないというような状況であったのではないかと推測されます。 そのような状況のなかどうしたのかといえば、「最高経営責任者は、実際には、監査報告書の提出期限内に、無限定適正意見を表明することを最優先と考え、職業的専門家としての正当な注意を払っておらず、また、財務諸表の信頼性を担保するという監査法人として社会から期待された役割と責任を果たす意識が不足していた。 」とのことです。 そして、「特定の監査業務において、最高経営責任者を含む業務執行社員が、監査意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手できなかったと認識していながら、無限定適正意見を表明している極めて不適切な状況が認められている。 」とまで記載されてしまっています。 中小監査法人にとって上場会社の監査を一つとるというのはなかなか大変なことですので、態勢が充分でないからといって断るというのは心情的には難しいというのは理解できますが、「整理期限を経過した監査調書を合理的な理由なく修正又は追加できるような状況を容認していること、公認会計士法で禁止されている社員の競業があること」なども問題点として指摘されており、ここまでくるとさすがに同情の余地はないといえそうです。 ちなみに、個別監査業務について「最高経営責任者を含む業務執行社員及び監査補助者は、被監査会社から提出された資料を追認するのみであり、職業的懐疑心が欠如している。 そのため、企業環境の理解を通じたリスク評価が不十分、被監査会社の期末日付近の通例でない重要な取引に関する検討が不十分、不正リスクの評価及び対応手続が不十分、棚卸資産及び固定資産の評価等の会計上の見積りに関する検討が不十分、全社的な決算・財務報告プロセスに係る監査手続が不十分、連結子会社に対する監査手続が不十分であるなどの重要な不備が認められる」とこれでもかという位問題点が列挙されているうえ、「上記のような重要な不備は今回審査会検査で検証対象とした個別監査業務の全てにみられる」とされていますので、もはやどうにもならないレベルといえそうです。 上記からすると実質的に監査は行っていないといわれているのに等しい感じですので、この勧告を受けてどのような処分が下されるのか、今後の金融庁の判断に注目です。

次の

清流監査法人に業務改善命令

清流 監査 法人

公認会計士・監査審査会は、2019年7月5日に「清流監査法人に対する検査結果に基づく勧告について」を公表し、金融庁長官に対し、行政処分その他の措置を講ずるよう勧告しました。 はじめて見た気がする名前の監査法人でしたが、確認してみると現在4社の上場会社(フリージア・マクロス、技研ホールディングス、夢みつけ隊、フーバーブレイン)の監査を行っていました。 この勧告では、「当監査法人を検査した結果、以下のとおり、当監査法人の運営は、著しく不当なものと認められる。 」として結構辛辣なことが記載されています(行政処分を勧告するくらいなので、それなりのことが書かれているのは当然ではありますが・・・)。 小規模な監査法人では、ありがちな気はしますが、当該監査法人は、社員が5名で非常勤職員を中心とした監査補助者等により構成されており、設立以来、特定の個人により実質的に支配されている企業グループの監査報酬が業務収入の大部分を占めているとされています。 そして、監査業務は、総括代表社員を含む3名の社員を中心に実施されており、監査補助者は主に非常勤職員で構成され、業務執行社員が主査を担当する監査業務もあるなど監査実施態勢は十分ではないとされています。 これに対して、「総括代表社員は、当監査法人の強みを、経験を積んだ公認会計士を基本に監査チームを編成していることであるとし、社員及び職員のこれまでの経験に依存した運営を継続しており、品質管理態勢を十分に整備する必要性を認識していない。 」とされています。 「品質管理態勢を十分に整備する必要性を認識していない。 」とまで書かれるのは、なかなか厳しいですが、当監査法人に対しては平成 29 年度品質管理レビューにおいて限定事項が付されていたとのことで、その際、「総括代表社員は、限定事項とされた関連当事者取引の不備の根本原因を会計基準や監査の基準の理解不足にあると認識している。 」とされています。 にもかかわらず、根本的な改善が見られないので、今回このような厳しい表現で勧告が行われたということのようです。 また、品質管理態勢に関しては、「限定事項付き結論となった平成 29 年度品質管理レビューの結果を会計監査人の選任議案の決定権限を有する監査役等に書面で伝達していない。 」などと記載されています。 さらに、個別監査業務については、「総括代表社員を含む業務執行社員及び監査補助者は、会計基準及び現行の監査の基準が求める水準の理解が不足している。 そのため、固定資産の減損会計における兆候判定の誤りや株式移転の会計処理の誤りを見落としている事例、関連当事者取引の開示や連結財務諸表に関する会計基準に従った連結範囲の検討が不足している事例などの重要な不備が認められる。 」とされています。 業務補助者のみならず、「総括代表社員を含む業務執行社員」も「会計基準及び現行の監査の基準が求める水準の理解が不足している」というのは、全員、会計も監査もどちらも合格点に達していないといわれているに等しく、会計士資格ってなんだろう・・・という気になります(ちなみに当然ですがCPEはクリアしていたようです)。 その他、色々書かれていますが、極めつけは「監査報告書日後に実施した手続を監査報告書日前に実施したように監査調書に記載している事例など、不備が広範かつ多数認められる。 」と、調書の日付を偽装しているということまであったとされています。 こんなことまであれば行政処分の勧告も当然といったところでしょうか。 ただ、中堅監査法人でも監査受託を敬遠する上場会社があるのも事実で、そのような会社を監査してくれる出来のよい小規模監査法人なんて、なかなか無いというのも事実だと思います。

次の

上場企業を監査している監査法人等のランキング

清流 監査 法人

(1) 総括代表社員は、組織的に監査の品質を確保する必要性を十分に認識し、社員の職責の明確化、社員会の機能発揮、社員及び職員の経験に依存した業務運営の改善など、実効性のある品質管理のシステムの構築に向け、当監査法人の業務管理態勢を整備すること。 (2) 総括代表社員は、審査会の検査及び日本公認会計士協会の品質管理レビューにおいて指摘された不備の原因を十分に分析したうえで改善策を策定及び実施し、改善状況の適切な検証ができる態勢を整備するとともに、監査契約の新規の締結における十分かつ適切なリスク評価、監査実施者に対する実効性のある教育・訓練、審査担当責任者による批判的かつ適切な審査、実効性のある日常的監視及び定期的な検証を実施できる態勢を整備するなど、当監査法人の品質管理態勢の整備に責任を持って取り組むこと。 (3) 現行の監査の基準に準拠した監査手続を実施するための態勢を強化すること(固定資産の減損会計における兆候判定、株式移転の会計処理、関連当事者取引に関する検討など、審査会の検査において指摘された事項の改善を含む。 (4) 上記(1)から(3)に関する業務の改善計画について、令和元年11月末日までに提出し、直ちに実行すること。 (5) 上記(4)の報告後、当該計画の実施完了までの間、令和2年4月末日を第1回目とし、以後、6か月ごとに計画の進捗・実施及び改善状況を取りまとめ、翌月15日までに報告すること。 当監査法人は、社員5名、非常勤職員を中心とした監査補助者等により構成されているが、総括代表社員を除く社員は、それぞれの個人事務所等の業務を主としており、当監査法人の業務への関与は低く、総括代表社員が品質管理担当責任者を兼務している。 また、当監査法人は、設立以来、特定の個人により実質的に支配されている企業グループを主な被監査会社とし、その監査報酬は当監査法人の業務収入の大部分を占めている。 当監査法人の監査業務は、社員2名がそれぞれ審査又は定期的な検証の専任であることから、総括代表社員を含む3名の社員を中心に実施されている。 また、監査補助者は主に非常勤職員で構成され、業務執行社員が主査を担当する監査業務もあるなど監査実施態勢は十分ではない。 この点について、総括代表社員は、当監査法人の強みを、経験を積んだ公認会計士を基本に監査チームを編成していることであるとし、社員及び職員のこれまでの経験に依存した運営を継続しており、品質管理態勢を十分に整備する必要性を認識していない。 このような状況において、当監査法人は、日本公認会計士協会(以下「協会」という。 )の平成29年度品質管理レビューにおいて限定事項を付されており、総括代表社員は、限定事項とされた関連当事者取引の不備の根本原因を会計基準や監査の基準の理解不足にあると認識している。 しかしながら、下記2に記載するとおり、その改善は、チェックリストの整備等の対症療法的な対応であり、知識や能力の向上を各自に委ねており、適切な教育・訓練態勢を構築していない。 また、限定事項とされた審査態勢や定期的な検証等の実施態勢の改善を検討していない。 そのため、下記3に記載するとおり、今回公認会計士・監査審査会(以下「審査会」という。 )検査で検証対象とした全ての個別監査業務の業務執行社員及び監査補助者において、会計基準及び現行の監査の基準が求める水準の理解が不足している状況、職業的懐疑心が発揮できていない状況がみられ、それらに起因する重要な不備を含む不備が広範かつ多数認められている。 また、総括代表社員以外の社員は、当監査法人の業務運営を総括代表社員に委ね、重要事項の意思決定に十分に関与していない。 そのため、財務諸表等の訂正要否や監査契約の新規の締結の審査などの重要事項が社員会に付議されているにもかかわらず、十分に検討されることなく承認されるなど社員会の機能が発揮されていない。 このように、総括代表社員においては、法人トップとして組織的に監査の品質を確保するという意識に欠けており、当監査法人の監査業務の現状を踏まえた実効的な品質管理のシステムを構築するためにリーダーシップを発揮していない。 また、総括代表社員以外の社員においては、当監査法人の業務運営、品質管理のシステムの整備及び運用を総括代表社員に委ね、これに関与するという意識に乏しく、社員としての職責を十分に果たしていない。 2 品質管理態勢 (前回審査会検査及び品質管理レビューでの指摘事項に対する改善状況) 総括代表社員は、前回審査会検査及び平成29年度品質管理レビューでの指摘事項を踏まえた対応として、全社員及び職員を対象として品質管理レビュー等の結果報告会を開催し、指摘事項を周知するとともに、指摘事項を反映したチェックリストを作成し、業務執行社員が当該チェックリストを用いて改善状況を確認する等の改善措置を指示している。 しかしながら、総括代表社員は、社員及び職員が会計基準や監査の基準を十分に理解していないことを個別監査業務における不備の根本原因として認識していたにもかかわらず、法人内での指示やチェックリストは、指摘事項に直接対応する対症療法的な内容にとどまっており、認識していた根本原因に対応したものとしていない。 また、平成29年度品質管理レビューにおいて、「指示と監督及び監査調書の査閲並びに監査業務の審査、定期的な検証」について限定事項とされているが、これに対する改善は、限定事項の理由とされた関連当事者取引を重点的に確認する等の措置のみにとどまっており、総括代表社員は、審査、定期的な検証等の実施態勢の改善を検討していない。 このように、いずれの取組も不十分であることから、今回審査会検査で検証した個別監査業務の全てにおいて、これまでの品質管理レビュー等での指摘事項と同様の不備が繰り返されている。 (監査契約の新規の締結及び更新) 当監査法人は、監査契約の新規の締結及び更新に関する方針及び手続を「監査の品質管理規程」に定めているが、業務執行社員予定者の選任、独立性の確認、リスク評価などについて具体的な実施手続を整備していない。 また、前回審査会検査において監査契約の新規の締結に伴うリスク評価の不備について指摘を受けているが、今回審査会検査においても監査契約の新規の締結に当たり、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況に係る検討が不足しており、また、主要な経営者、監査役等の異動をリスクとして識別していないなど、リスク評価が不十分である。 さらに、限定事項付き結論となった平成29年度品質管理レビューの結果を会計監査人の選任議案の決定権限を有する監査役等に書面で伝達していない。 (監査実施者の教育・訓練) 当監査法人は、特定の社員を審査担当責任者として選任し、全ての監査業務の審査を担当させている。 当該審査担当責任者は、審査で気付いた点を監査チームに伝達するにとどまり、最終的な判断を業務執行社員に委ねていること、監査チームの説明に過度に依存し、監査調書に基づいた客観的な検証が不足していることなどから、今回審査会検査において指摘した重要な不備を指摘できていない。 このように、平成29年度品質管理レビューにおいて限定事項とされた後も、審査担当責任者は、審査の職責を果たしておらず、当監査法人の審査態勢は十分に機能していない。 また、総括代表社員は、限定事項とされた後も、このような審査態勢の改善を検討していない。 (品質管理のシステムの監視) 当監査法人は、特定の社員を定期的な検証担当責任者として選任し、日常的監視及び監査業務の定期的な検証の全てを担当させている。 当該定期的な検証担当責任者は、日常的監視において、内部規程の内容を十分に確認しておらず、定期的な検証業務においては、会計上の論点を中心に検証し、監査証拠の適切性及び十分性の観点からの検証が不足している。 このようなことから、今回審査会検査において認められた内部規程等の整備及び運用状況に係る不備や個別監査業務の重要な不備を看過しており、定期的な検証担当責任者が実施する、日常的監視及び定期的な検証による品質管理システムの監視は不十分である。 また、総括代表社員は、定期的な検証について平成29年度品質管理レビューにおいて限定事項とされた後も、このような実施態勢の改善を検討していない。 このように、当監査法人の品質管理態勢は、前回審査会検査及び品質管理レビューでの指摘事項に対する改善状況、監査契約の新規の締結及び更新並びに監査業務に係る審査に重要な不備が認められるほか、広範に不備が認められており、著しく不十分である。 3 個別監査業務 総括代表社員を含む業務執行社員及び監査補助者は、会計基準及び現行の監査の基準が求める水準の理解が不足している。 そのため、固定資産の減損会計における兆候判定の誤りや株式移転の会計処理の誤りを見落としている事例、関連当事者取引の開示や連結財務諸表に関する会計基準に従った連結範囲の検討が不足している事例などの重要な不備が認められる。 また、当監査法人の主な被監査会社は、特定の個人により実質的に支配されており、関連当事者間で多様な取引が行われている状況にあるが、総括代表社員を含む業務執行社員及び監査補助者は、関連当事者取引の検討や会計上の見積りの監査などにおいて、職業的懐疑心が不足している。 そのため、当該特定の個人との通例ではない重要な取引を批判的に検討していない事例、工事進行基準の適用における会計上の見積りの検討が不足している事例などの重要な不備が認められる。 上記のような重要な不備は今回審査会検査で検証対象とした個別監査業務の全てにみられる。 そのほか重要な不備ではないものの、被監査会社が作成した情報の信頼性を評価していない事例、経営者が利用する専門家の適性・能力及び客観性の評価が不足している事例、不正リスクを識別している売上高の実証手続が不足している事例、監査報告書日後に実施した手続を監査報告書日前に実施したように監査調書に記載している事例など、不備が広範かつ多数認められる。 このように、検証した個別監査業務において、重要な不備を含めて広範かつ多数の不備が認められており、当監査法人の個別監査業務の実施は著しく不十分なものとなっている。

次の