学習院 大学 国際 社会 学部。 学習院大学国際社会科学部の口コミ

学習院大学の評判・口コミ【国際社会科学部編】学習院の先輩が語る!

学習院 大学 国際 社会 学部

学習院大学の偏差値、難易度 山手線の目白駅を降りて、徒歩30秒というアクセスの良い場所にあるのが、学習院大学。 学習院大学は、全学部、全学年がワンキャンパスで勉学に励み、1クラス40人以下の少人数制授業を大半の授業で実施しているのが特徴的。 また名高い教授たちがそろい、学生はハイレベルな授業を受けることができます。 まずは、学習院大学の各学部の偏差値、難易度を見ていきましょう。 偏差値は、法学部、経済学部、国際社会学部が60と学部の中で一番高く、次いで、文学部、理学部の偏差値順となっています。 学習院大学の学部偏差値一覧 学部 偏差値 法学部 60 経済学部 60 文学部 57. 5 理学部 52. 5~55 国際社会学部 60 (より筆者作成) コア試験とプラス試験について 学習院大学の試験日程には、コア試験とプラス試験があります。 従来実施していた一般入試の日程であるコア試験に加えて、他学部のコア試験問題で志望学部を受験できるプラス試験が、2018年の試験から取り入れられました。 受験生としては、受験機会が広がる制度となっています。 偏差値もそれぞれの日程で出ていますので、詳しい制度は下記のリンクをご確認ください。 参考 法学部 法学科と政治学科の2学部からなる学習院大学法学部。 法学科では、法の仕組みや理念を学び、リーガルマインドや問題解決能力を身につけていきます。 政治学科では、政治学や国際関係論など政治を総合的に学習し、政治権力の構造を分析しなながら、リーダシップや論理的思考力を養っていきます。 また、法学部では、外務省の学習院大学OBによる講義や、国会議員の話を直接聞く機会があり、演習ゼミでは、ディベートやプレゼンテーションの機会も設けています。 学習院大学ならではの深い学びが期待できるでしょう。 これらの質の高い授業や実践的な学習を通し、創造力や行動力のある人材を育て、社会に出て大きく活躍していく学生をサポートしています。 経済学科は、市場や政策の動向を通し、合理的思考力や判断力、データ分析力などを学んでいく学科。 そして、経営学科では、経営学の基礎を学んでから、マーケティングや財務、人材マネージメントなど社会で必要になる多くのことを学びます。 経済学や経営学の基礎から、マクロ、ミクロ経済学、財政学、金融論などの専門科目を通して学生は、世界の見え方や判断の仕方が大きく変わり、一回りも二回りも成長し、社会で羽ばたいていくことができます。 8学科には、哲学科、史学科、日本語日本文学科、英語英米文学科、ドイツ語圏文化学科、フランス語圏文化学科、心理学科、教育学科があります。 文学部では、基礎的な知識や考え方をしっかりと習得し、その基礎を固めてから専門的な研究を行っていくカリキュラムが組まれています。 また、もちろんのことながら、外国語が重視されており、学生は、2ヶ国語以上を学習することが必修となっています。 英語はもとより、ドイツ語やフランス語などさまざまな外国語を専門的に学べることは、文学部の大きな魅力といえるものです。 5 (より筆者作成) 参考 理学部 物理学科、数学科、化学科、生命科学科の4学部からなる学習院大学理学部。 理学部は、少人数制の授業や実験を展開し、ミクロや宇宙、数学、生命などといったテーマを学習、研究しているアットホームさが特徴の学部。 また、世界的に評価されるレベルの高い研究成果を世の中に出しています。 研究に没頭する環境も整っており、研究をしたい学生におすすめの学部といえるでしょう。 中でも、より実践的な英語を身につけるため、段階的に英語主体の講義に移行していくカリキュラムや、学部生全員が参加する4週間以上の海外留学が特徴的。 学生は、国際人を目指し、親身に作られたカリキュラムの下で、着実にレベルアップしていくことができます。 5~60。 学習院大学の受験を検討しているご家庭では、同じ偏差値に位置する同レベルの大学についても、知っておきたいところでしょう。 ここからは、学習院大学と同じレベルにあるとされる大学を紹介します。 中央大学 中央大学の偏差値は55~65程度とされていて、学習院大学とほぼ同レベルの大学といえるでしょう。 学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学は、それぞれの頭文字をとってGMARCHと呼ばれています。 また、キャンパスは、中央大学が市ヶ谷、後楽園などに位置し、学習院大学は目白にあり、どちらも都内のアクセスの良い場所にあります。 ともに総合大学で学部も法学部、経済学部、理工学部など似ているところが多いこともあり、比較対象になりやすく、両方の大学を併願する学生も多いようです。 参考 法政大学 偏差値52. 5~65の法政大学は、学習院大学とほぼ同レベルの大学。 GMARCHの一つであり、市ヶ谷という都心にキャンパスを持つことからも、中央大学と同じく学習院大学の比較対象になりやすい大学といえます。 法政大学は、学部数が15学部と多く、キャリアデザイン学部やグローバル教養学部、スポーツ健康学部、デザイン工学部など法政大学ならではといえる学部があり、学部学科の垣根を越えて学習できるのが特徴的。 また、留学生の数も多いため、国際色豊かで人気の高い大学となっています。 参考 立教大学 立教大学の偏差値は55~67. 5で、GMARCHの中でも偏差値の高い、学習院大学より少し上のレベルの大学といえるでしょう。 池袋にメインのキャンパスを構える立教大学は、TOEICや英検など外部の試験を利用する独自の方式を入試に採用しているのが特徴。 また、異文化コミュニケーション学部、観光学部など立教大学ならではの学部も魅力の1つとなっています。 立教大学は、おしゃれな学生が多いと言われることもある、高い人気を誇る大学です。

次の

学習院大学国際社会科学部の口コミ

学習院 大学 国際 社会 学部

東京国際大学の受かりやすい狙い目の学部はここだ!! 2020年5月23日更新!最新版、東京国際大学の穴場学部・学科まとめ! この記事では、東京国際大学のの狙いめ学部・学科を紹介しています! 他の川越周辺の穴場大学についても知りたい方は以下の記事からチェックしてみてください! 「coming soon。。。 」 東京国際大学で入りやすい・受かりやすい穴場学部・学科 3選 こんにちは!武田塾川越校です! 毎年受験シーズンに入り願書を提出する段階になって、 「〇〇大学の穴場学部ってどこですかぁ?」とか 「〇〇大学で受かりやすいとこってどこですか?」という質問や相談が多くなってきます。 5に対して、 スポーツ科学科と人間スポーツ学科は偏差値35と比較的低く、 合格最低点でみても人間社会学部が300満点中 193. 0点に対して、スポーツ科学科と人間スポーツ学科は、300満点中 185点と8点も低くなってます。 北海道エリア• 東北エリア• 北関東エリア• 東京エリア• 南関東エリア• 甲信越エリア• 北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国エリア• 四国エリア• 九州・沖縄エリア• その他•

次の

学習院大学の評判・口コミ【国際社会科学部編】学習院の先輩が語る!

学習院 大学 国際 社会 学部

こんにちは! 今回は学習院大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。 結論から言うと、学習院大学は全国的にも知名度のある大学であり、世間からの評価はMARCHと同じくらいです。 この記事以上に学習院大学の情報を詳しく知りたいかたはというサイトで学習院大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。 奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。 なお、を使えば 学習院大学の パンフレットは無料で取り寄せることができます。 それでは、さっそく学習院大学の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は学習院大学法学部の卒業生です。 関連記事 学習院大学法学部の評判 学習院大学理学部の評判 この記事の目次• 5 史学科…偏差値57. 5 日本語日本文学科…偏差値57. 5 英語英米文化学科…偏差値57. 5 ドイツ語圏文化学科…偏差値60 フランス語圏文化学科…偏差値57. 5 心理学科…偏差値57. 5 教育学科…偏差値57. 5 数学科…偏差値52. 学習院大学の学力レベルを他の大学と比較すると、 東海大学<学習院大学<法政大学 といった印象。 学習院大学の世間からの評判を箇条書き ・GMARCHと呼ばれることもあるからか、新卒で入った会社で高学歴だと言われたことがあります。 ・2つ目に入った会社ではあまり一般の大学卒の方がいなくて美術大学卒の方が多かったので、とんでもなく高学歴だと思われてしまいました。 一般の大学を受験をしていない人にはかなりレベルが高いと思われている気がします。 ・「皇室御用達」というだけで覚えている人もいるらしく、バイト先でお金持ちのお嬢様だと勘違いされたことがあります。 ・他の大学の人から敷居が高そうだと言われたことがあります。 ・高校の時に通っていた塾では、入学する大学か決まった時に「学習院か」と残念がられたので、教育関連の方や大学のレベルに詳しい方からするとあまりレベルが高くない方なのかもしれません。 ・親には就職率が良い方だからと入学する時には喜ばれました。 名前も知られているからか親世代には評判がいいのかもしれません。 ・地元の友達には知性があって気品のあるイメージだから、学力レベルも高そうだと言われたことがあります。 日東駒専よりはかなり上のイメージがあるみたいです。 学習院大学の学生の様子 語学系の学生は少人数クラスなので、欠席が目立つと落とされるということもあり、かなり真面目に学校生活を送っていたように思います。 出欠を取らない授業ばかりの人は、そもそも授業には出席せず、後からレジュメやノートをコピーさせてもらっている人が多かったです。 バイトとサークルにしか参加せずに中退してしまった人もいました。 また、授業によって体系がかなり違うので一概には言えませんが、出欠をとるのに授業の最後に感想文兼質問を書いて出さなくてはならなかったので、授業に参加していない人は友達に頼んでいたりしました。 人数が多い授業ではバレませんが少なめの授業ではバレて減点されることもあったみたいです。 あと後ろの方の人は爆睡しているか他のことをしている人ばかりでした。 学習院大学の就職先について 私の周りでは金融や公務員が多かったと思います。 元々こういう所に就職したい、と決めている人が多かったので、1年生の頃からうまくやっている人たちは希望の所に就職できている人もそれなりにいました。 ダメだった人は中小企業に就職している人が多かったです。 他学部の文系は、基本的に学部の勉強が大変すぎてあまり就活に専念できず、卒業間近まで活動しなければならない人が多かったような気がします。 そういう人も中小企業に就職している人が多いと思います。 学部学科によって、2年生までにほとんどの単位を取得できる人もいれば、それができない人もいたみたいなので、4年生になっても授業に出ながらの就職活動に苦労している人たちは大変だったと思います。 田舎にある大学だとバスを使わないといけなかったりしますが、駅のすぐ前にあるので本当に便利でした。 授業ギリギリに駅に着いても走れば間に合ったりするので、みんな走っていました。 協定を組んでいる大学の一部の授業が受けられて、単位ももらえました。 もっと色々な授業があればよりよかったと思います。 春がとても楽しみでした。 あまりにも熱血で逆にやる気がなくなりました。 体育会系出身の人は付いていけると思いますが、私のように冷めている人間には迷惑でしかありませんでした。 サークルに他大学生が所属することを許していなかったし、学祭も小規模でした。 何もかも大人しいというか、地味なイメージです。 もっと色々なことに興味がある人は、法政とか早稲田とかの方が世界観が広がると思います。 これは学科によりますが、荷物が増えるし、運動が苦手な人や友達がいない人にとっては非常に厳しいです。 しかもあまり休むと点数を引かれるので大変でした。 大学で体育は必要ないと思います。 学習院大学に4年間通ってみていかがでしたか? 他の大学にすればよかったと思っています。 理由は、意外に規模が小さい点や多様性が少ない点、設備があまり良くない点など、挙げればキリがないですが、私には合っていなかったように感じます。 大学は自由に勉強しているイメージがありましたが、意外に色々なものに縛られているんだなと現実を思い知ったような感じがしました。 語学の授業は隣の人と適当に英語で話してレポート提出して終わりなど、どこにレベルを合わせているのかがいまいちわかりませんでした。 目的がしっかりしている人にはいいのかもしれませんが、やりたいことを見つけたいと思いながら入学した私にとっては、方向性がずっと定まらないつまらない学生生活になってしまいました。 学習院大学の学費 4年間 学習院大学の学費は以下の通りです 入学金含む 理学部(数学以外)…学費624万円 理学部(数学)…学費592万円 国際社会科学部…学費497万円 文学部(心理、教育)…学費455万円 文学部(上記以外)…学費443万円 法学部…学費413万円 経済学部…学費413万円 奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、学習院大学の学校パンフレットでご確認下さい。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 学習院大学は全国的にも知名度のある大学であり、世間からの評価はMARCHと同じくらいです。 この記事以上に学習院大学について詳しく知りたいという方は、学習院大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。 というサイトを使えば 完全無料で学習院大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。 関連記事 学習院大学法学部の評判 学習院大学理学部の評判.

次の