ランバー ジャック アビリティ。 【可能性の獣】ランバージャックの強さをちょっと説明させて!

クラスⅣジョブ【 ランバージャック 】の運用・構成について【スマホ・グラブル攻略】

ランバー ジャック アビリティ

火有利古戦場の【エッリル】100HELLを火属性アグニス(両面)編成でフルオートで周回していたので、敵の行動を見ていきます。 2020年6月の星の古戦場も本選3日目となりました。 三日目ということで、エッリルの100HELLそしてUNITE BATTLEが解放されました。 (UNITE BATTLEは所属騎空団内で100HELLを計100体倒すことで解放) とういことで100HELLを、ジークフリート率いる火剣パでフルオート周回していました。 ただしジータちゃんはランバージャック。 (多分戦闘のMVPはパーシヴァル) 今回は100HELLをフルオートで倒しながら、エッリルの行動を見ていきます。 〇エッリル100HELLの特徴。 ・95HELLの時は1ターンの回避率UPを付与してきましたが、100HELLからは効果時間が3ターンに変更されました。 ・HP50%時には弱体効果のリセット。 フルオートだとこのタイミングでHPの減りが激しくなることも。 ・特殊技にアビリティ封印もあり、後半の弱体リセットのタイミングと被る。 ・高火力の味方全体連続攻撃。 そこまで減っていなかったHPを一気に持っていかれる。 更にエッリルの火力も上昇して通常攻撃からのダメージがかなり痛い。 かなりの頻度でダメージを0にされるので討伐時間がかなり前後することになる。 編成については両面アグニス編成。 キャラはジークフリート・パーシヴァル・スツルムで挑みました。 ・ジークフリートのザルヴァートルで弱体対応からダメージ軽減したりと便利。 ・サブにはアラナンとセワスチワンという爺様コンビでHPを回復。 それではエッリル100HELLをフルオートでの行動確認をしてきます。 更にダメージ軽減も出来る。 ・ル・ミラージは2ターン風属性ダメージ70%カットできるので、後半の高火力帯で便利。 戦闘中は先ず外すことはない。 それにスロウが付いているので確実に恐怖効果を得られる。 ・ツェアライセンによるHP回復量も多く終盤まで粘り強く戦える。 奥義でレックスレイドが2回発動になるのでダブルスロウなんてことも。 ・回避成功時にもレックスレイドが発動するのでダメージを稼ぎつつスロウを撒くので強い。 奥義の再生でHPを回復していく。 幻影は敵が全体攻撃なので何とも……特殊技には有効。 他には剣得意が多いのでオメガスウォードを装備。 サブはアーカルム召喚石のザ・サンとザ・デビル。 あとはフルオートなので生暖かく見守る姿勢。 ちなみにエッリルさんは火力が高いのに暗闇はレジストされる、ただ魅了は効く。 裂傷はターン終了時にダメージを受けるのでアラナンで弱体回復出来ますが、先に防御DOWNから回復されるので2ターン裂傷ダメージを受けることになってしまいます。 味方全体を対象にダメージを与えてきます。 さらに50%を切るとエッリルの弱体効果がリセットされます。 しかも結構発動してくるので厄介です。 遅延を行いイクスゼーレの恐怖付与まで繋げます。 これもランダムな対象に多段攻撃してきます。 味方全体に大ダメージと回避率UP+攻撃力UPを付与してきます。 その高い火力に攻撃UP、TA・DA確率が付与されて味方のHPが削られていく。 特に50%辺りで付与されるアビリティ封印を受けると一気に味方のHPを減らされる危険。 基本的な行動は同じなので問題無いけどエッリルの火力がかなり上昇している。 画像引用元:グランブルーファンタジー 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグ... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略...

次の

【グラブル】ランバージャックでのアスタロトのフルオート討伐について【風マグナ】

ランバー ジャック アビリティ

Class 得意武器 タイプ Class. イラストでは新しい試みでグランの武器が斧、ジータの武器が楽器となっているが、性別に関係なくどちらも適用される。 Class3ジョブは存在しない 「ランバージャック」は、下位ジョブとなるClass3の段階が存在しない仕様。 取得条件が既存のクラス4よりハードル高めに設定されている。 0倍ダメ 上限約 30万 ・敵に暗闇効果 180秒 低確率で発動 ・敵全体に自属性 4. 主人公はターン経過でサポアビ効果の防御力が上がるのもバリアが割れにくくなるポイント。 ただ、火力の高い全体攻撃の相手だと強みを活かしにくいため、敵を選ぶ性能ではあります。 とりあえず 1アビを使えば何かしらの追加効果で攻守両面をカバーできるという手軽さと使い勝手の良さで、ソロ含む高難易度バトルや貢献度狙いのマルチ救援まで幅広く活躍するポテンシャルを持つ。 フルオートにも適性有り フルオート運用時に耐久力も求められる場面では回復も重要な要素。 1アビの 被ダメ時自動HP回復が貴重な回復手段となるうえ、3回アビ使用毎の敵累積攻防弱体も使用可能アビを全部使うフルオートの仕様と噛み合い、適性が高い。

次の

【グラブル】ランバージャックでのアスタロトのフルオート討伐について【風マグナ】

ランバー ジャック アビリティ

ランバージャックの取得条件• ベルセルクのジョブLvを20にする• エリュシオンのジョブLvを20にする• 専用称号「丸太は持ったな」を取得• 森人の証20個と4000JP 今回のクラスはクラス4の2種類をLv20にすることが取得条件となっており、クラス3ジョブは存在しないようです。 実質的にクラス4. 5みたいな扱いのようですね。 朽ち果てた武器から任意の属性の依代を作成し、それを強化することで作成• エンブレムを利用した第2スキルを選択する方式ではなく、作成時点でスキルが付与されている(固定)• 英雄武器が斧と楽器2種類用意されている。 ランバージャックの英雄武器の付与スキル• リップヴァンウィンクル 楽器• 落ち葉焚き発動時に自分以外の味方にバリア効果• 安らぎの木漏れ日の弱体効果が1回目から、マウント効果が2回目で発動。 トール・テーラー 斧• 木こりのうた効果中、自分に自属性追撃効果• 大伐断の会心効果が1回目から、ダメージ上限UPが2回目で発動。 「リップヴァンウィンクル」は支援より、 「トール・テーラー」は火力寄りと目的が別れている。 英雄武器の属性変更のススメ 正直この性能であれば、英雄武器は後回しでも良いような気がしています。 元々ランパージャック自体がソロ向けジョブだと思っているので、メイン武器に良い奥義効果がない属性で運用したい場合作成する感じになりそうです。 「斧」と「楽器」で得意武器で染めるにしてもあまり良い編成を組みにくいというのがネックです。 強いてあげるなら土属性の楽器得意編成などで運用できるでしょうか。 「斧」に関してはイフ斧や、サティフィケイトが優秀ですし、主人公単体強化のため 火属性と光属性以外で作成することをおすすめします。 触ってみた感想 セージとエリュシオンの中間といった感じで長期戦向けのジョブの印象。 個人的には上記のようなアビリティ構成になると感じた。 ソロでの長期戦でデバフが厄介な敵に強みがある クリアを2枚採用したい場合などリミテッドアビリティの「安らぎの木漏れ日」を使って 厄介なデバフを防げるのが強みに感じる。 累積攻防UPは強力 「落ち葉焚き」もバリアよりかはまだ少ない 攻防累積UPが非常に魅力。 得意武器斧と楽器はやや扱いづらい 現状、 斧と楽器の得意武器は比較的少ない部類に入る。 土属性が楽器が多いが刀得意キャラが強くちょっと弱さを感じる。 斧が得意で強力なキャラクターというのはあまりパッと思いつかないくらい少数。 まとめ 斧と楽器が得意となっているが扱いはソロ向け長期戦型。 ただ、現 時点では良く言えば汎用型、悪く言えば器用貧乏な感じが否めない。 取得難易度はクラス4が2種類Lv20なので既存のプレイヤーの大部分は実装時点で満たしている状態。 セージのような扱いをしたいが得意武器がセージは槍と杖、ランバージャックは楽器と斧ということで使い分けはメイン武器に何を用いたいかで使い分けがある程度はできそう。 個人的にはすでにHPなどはセージが実装されたころと比較するとかなり高くなっている。 ヒールの3000~4000程度では不足気味であり、召喚石ルシファーで事足りることも多くなってきたため、敵のデバフが非常に厄介な場合のときに運用することが多い。 ランパージャックは「安らぎの木漏れ日」でクリアとマウントをあわせて再使用間隔が6ターンのため敵のCTが2にグラビティをつければかなりの確率で無視できるようになるのは強い。

次の