あいだ を あける。 「間が空く」「間が開く」……

あいだをあける

あいだ を あける

操作はシンプルで、ページとページのあいだの境界線にマウスポインタを合わせ、クリックするだけです(Word 2003の場合)。 Word 2007も同じですが、ページとページの境界線をダブルクリックする点が異なっています。 なぜ、こんな機能が用意されているかというと、カーソルがページ間を移動する際の視線の動きを低減するためです。 ページ間に余白があると、一続きの文章にもかかわらず文章が分かれてしまい、読みづらくなります。 文章を修正するときも、カーソルがページ間をジャンプしてどうにも落ち着きません。 こんなとき、ページ間の余白を非表示にすれば、ページ間にまたがる文章をスムーズに編集できます。 また、この機能を使うと、改ページによってできた余白も非表示にできます。 たとえば、1ページに5行だけリード文を書き、改ページしたあと、2ページ目から本文を書き始めたとします。 この場合、1ページの5行目の下には大きな余白ができますが、この機能を使うと、その余白も非表示できます。 このため、5行のリード文のすぐ下に本文を表示できるのです。

次の

ワードのページ間余白が表示されない?(2003/2007) [ワード(Word)の使い方] All About

あいだ を あける

できれば、 人 ひと と 2mの 間 あいだ (スペース)を あける ( 少 すく なくとも 1m 以上 いじょう )。 部屋 へや の 中 なか で 遊 あそ ぶ。 会話 かいわ を するとき、 人 ひと と 間 あいだ (スペース)を あける。 外 そと に いくとき、 人 ひと と 話 はな すとき、いつも マスクを 着 つ ける。 家 いえ に 帰っ かえ たあと、すぐに、 手 て と 顔 かお を 洗 あら う。 服を 着替 きが える。 シャワーを する。 手 て 洗 あら いは 30 秒 びょう かけて、 水 すい と せっけん(ソープ)で 洗 あら う。 ( 手指 てゆび 消毒 しょうどく も 大丈夫 だいじょうぶ。 ) 注意 ちゅうい おじいちゃん、おばあちゃんや 病気 びょうき の 人 ひと と 会 あ うとき、 体 からだ の 管理 かんり を 気 き を 付 つ ける。 外(そと)に出(で)かけるときにウイルスから守(まも)る• まめに 手洗 てあら い・ 手指 てゆび 消毒 しょうどく。 咳 せき エチケット。 窓 まど を 開 あ ける。 人 ひと と 間 あいだ (スペース)を あける。 3 密 みつ が ある 場所 ばしょ に 行 い かない ( 窓 まど が ないところ、たくさんの 人 ひと が いるところ、 人 ひと が 近 ちか くに 立 た って 話 はな すところ)。 毎 まい 朝 あさ に 体温 たいおん を チェック。 熱 ねつ が あるとき、 仕事 しごと ・ 外 そと に 行 い かないで ください。 買(か)い物(もの)• できれば、オンラインで 買 か い 物 もの を する。 一人 ひとり で または 人 ひと が 少 すく ないときに 行 い く。 電子 でんし で 払 はら う ( 例 れい : 携帯 けいたい 電話 でんわ ・カード)。 プランを 作 つく る、 早 はや く 買 か い 物 もの を する。 買 か わない 物 もの や サンプル などを 触 さわ らない。 レジに 並 なら ぶとき、 人 ひと と 間 あいだ (スペース)を あける。 バス・タクシー・電車(でんしゃ)に乗(の)るとき• 人 ひと が 少 すく ないときに 公園 こうえん に 行 い く。 家 いえ で 動画 どうが を みながら ヨガや 筋トレ。 一人 ひとり で または 人 ひと が 少 すく ないときに 遊 あそ ぶ。 他 ほか の 人 ひとと すれちがう(パスする) とき 間(スペース)を あける。 予約 よやく する。 小 ちい さい 部屋 へや で 長い ながい 間 あいだ 遊 あそ ばない。 歌 うた う または 大声 おおごえ で 話 はな すとき 人 ひと と 間 あいだ (スペース)を あける オンラインで する。 食(た)べ物(もの).

次の

ワード(Word)文書の文字間隔を思い通りに操る方法

あいだ を あける

質問 「〜うちに」と「〜あいだに」の違いは何ですか? こたえ 「うちに」も「あいだに」も、〈一定の期間〉という意味を示します。 このとき、時間は線的にとらえられていて、はじまりと終わりに区切られた期間という意識があります。 若い(うちに/あいだに)勉強しておきなさい。 明るい(うちに/あいだに)帰宅する。 のような場合には、どちらも可能ですが、• この新聞は電車を待っている(*うちに/あいだに)買った。 1時と2時の(*うちに/あいだに)来て下さい。 のように、〈始まりと終わり〉が明確な場合に「うちに」は使えません。 これは、期間の長短には関係しません。 長い(*うちに/あいだに)街はすっかり変わってしまった。 のように、〈始まりと終わり〉とが(話し手に)はっきり意識されている場合には、「うちに」は使えません。 逆に、• その(うちに/*あいだに)またお訪ねいたします。 のように、ある期間を漠然と指し示す場合に「あいだに」は使えません。 また、「うちに」は、瞬間的な状態を示す語を受けるときに否定形をとり、• 暗くならない(うちに/*あいだに)帰宅する。 のようになります。 暗くなる(まえに/*うちに)帰宅する。 とは、用法が異なるので注意が必要です(「*暗くならないまえに帰宅する。 」とはいえません)。 「うちに」と「あいだに」とが両立する文脈でも、意味合いには違いがあるようです。 たとえば、• 若い(うちに/あいだに)勉強しておきなさい。 のような場合、「うちに」には、ある期間をそれより後の期間と対比する意識があります。 ここでは、〈若い:老いた〉という意識があって、「年をとってから勉強したのでは遅すぎる」という気持ちを含んでいると解釈できます。 「あいだに」は、単に「若い時期」を指すだけです。 ピアノを練習している(うちに/あいだに)雨が止みました。 という場合、「うちに」は「いつの間にか(気がついたら)雨がやんでいた」という意味を表わし、「雨が止んだ時点がピアノ練習の時間内であった」という事実を表現する場合には「あいだに」を使います。 「あいだに」の方が、客観的な言い方になるのです。 逆に、• ピアノを練習している(うちに/?あいだに)上手になりました。 という場合には、具体的な事実関係(ピアノの練習の期間や事柄の生じる時点)がはっきりしないので、「あいだに」とはいいづらくなります。 「ピアノを練習している(うちに)上手になりました。 」は、「気がついたら、だんだんうまくなっていた」という気持ちをあらわしています。

次の