糖質制限 楽になる。 健常者が糖質制限ダイエットをすると糖尿病になる…は嘘?本当?

糖質制限の事を調べてたら「糖質制限をやるとくさいバカになります」...

糖質制限 楽になる

未だに後を絶たない「トンデモ糖質制限批判」 北九州のもりぞの内科院長であり、日本糖尿病協会指導医の森園茂明先生がブログに「」という記事を書いていらっしゃいます。 よっしーも「ありゃりゃ、まだこんな記事が出回っているのか…」と呆れてしまいました💦すでに医師である森園先生がツッコミを入れてくださっていますが、よっしーもおかしいと思うことを記事にしたいと思います。 元ネタはポストセブンの「」と言うネット記事です。 以下はその記事からの引用です。 「日本人は腸内に善玉菌が多く、腸内環境がきれいなのに対し、中国人は善玉菌が少なく、肉食を好むアメリカ人と腸内環境がよく似ている」 「体内では低血糖状態を脱しようと、糖新生と同時にインスリンの効きを悪くしようとする。 すると、インスリンを作る細胞の数がどんどん減り、残った細胞もインスリンを作れなくなり、やがてインスリンをほとんど分泌できなくなる」 「日本人に内臓脂肪がつきやすいのは遺伝で決まっていますが、くわしいことは現代の科学ではまだ解明されていません」 えっ…日本人の腸はキレイだって?別に日本人の腸だけがキレイだとは思いませんけど…肉を食べる人が腸内環境が汚くて糖尿病になるとおっしゃるのですか? 仮にそうだとしたらライオンやトラ、野生の猫なんて肉ばかり食べているから糖尿病だらけだと思うのですが、いかがでしょうか。 大昔の日本人が明らかに動物の肉を食べていた痕跡があちこちで見つかっていますが、ご先祖さまたちは腸内環境が汚くて糖尿病だらけだったんでしょうか💦 なんだかおかしなことだらけですけど、誰かがうっかり信じて不安になると困るので、今回は糖尿病患者であり4年前から糖質制限しているよっしーがヘンだと思う所を突っ込んでみようと思います。 私の夫も糖質制限しているけど、一向に糖尿病になる様子はないけどね。。 糖質制限すると「インスリン抵抗性」がUPする!? 糖質制限をきっちり行うと「体内では低血糖状態を脱しようと、糖新生と同時にインスリンの効きを悪くしようとする」というのは事実です。 ただしそれは糖尿病患者の体内でインスリンの効きが悪くなる病的な状態とは異なり、だそうですよ。 じつはヒトの体内でどうしてもブドウ糖しかエネルギーとして使えない箇所はごく限られた一部です。 その中の一つが脳のグリア細胞というわけです。 同じ脳でも思考に関わるニューロンはケトン体をエネルギーにできます。 この「生理的インスリン抵抗性」を糖尿病患者の「病的なインスリン抵抗性」とカン違いしてしまって「糖質制限すると糖尿病になる!」と思い込んでいる人たちが医師の中にすらいらっしゃる。 お母さんが十分に食べられない時にも赤ちゃんに優先的にブドウ糖を送るために、母体はなるべくブドウ糖を無駄に使わないようにするんですね。 大昔のご先祖様は大量に糖質を摂取することはなかったので、この生理的インスリン抵抗性のおかげで低血糖にならず、無事に子供を産み育てることが出来ていました。 ところが現代のように大量に糖質を摂取するのが当たり前の食生活だと、「糖質が大量にやってきたからインスリン感受性を高めて最大限に糖質を取り入れよう」ということが出来る人とできない人が出てきます。 これが上手く行かない人は高血糖になってしまうわけですよね💦と清水泰行先生は考えておられます。 確かに、4年前に「あなたのすい臓は1型糖尿病の人と同じぐらい弱っているので、あなたはこの先一生ずっとインスリン注射をしなければいけません」と主治医から宣告されたよっしーです。 しかし7か月後には完全にインスリン注射を中止しました。 糖質制限すると食後血糖値は上がらないのは当然ですが、最初は食事とは無関係に24時間ちょっとずつ分泌されているインスリンでさえ足りなくてインスリン注射で補っていたぐらいですから💦 よっしーよりももっと以前から糖質制限を継続している2型糖尿病の先輩方はたくさんいらっしゃいますが、「血糖値が悪化してインスリン注射が必要になった」という方は1人も知りません。 仮にそのような症例がたくさんあるのなら当然医師たちが症例報告をしますし、日本糖尿病学会も黙っているはずがありませんよね? よく分かっていないのなら言わないでください 「日本人に内臓脂肪がつきやすいのは遺伝で決まっていますが、くわしいことは現代の科学ではまだ解明されていません」だそうです。 あのぉ。 よっしーは糖尿病と診断される数か月前にジムで「インボディ」という機械を使いましたけど、その時も内臓脂肪量は正常値の範囲内でしたよ!? 現代の科学でまだよく分かっていないことをあたかも確定した事柄のように語られても困ってしまいますよね💦 ちなみに、ことはすでに証明されています。 果糖が多く含まれる食品は何でしょう?下のグラフはからお借りしました。 日本人はもともと欧米人よりもインスリンを分泌する能力が低いのは確かかもしれません。 それはどういう事かと言うと、糖質を処理する能力が低いということです💦 糖質を処理する能力が低いからこそ、日本人は欧米人以上に糖質の過剰摂取に気を付けなければいけないと思いますが… アメリカではすでに糖尿病患者の食事療法として糖質制限を選択肢のひとつとして正式に認めています。 その事実はどうしようもないので「お、欧米人はいいかもしれないけど日本人は欧米人とは体質が違うから糖質制限はダメなんですっ💦」と必死に抵抗する先生方。 よっしーは22歳ごろからずーっと玄米魚菜食を継続してきましたし、豚肉の脂身や鶏肉の皮は捨てていましたが糖尿病になってしまいました。 どこかの団体絡みの先生方が何をおっしゃっても、その事実は変えることが出来ないのです。 残念ながら…そして2019年には糖尿病のガイドラインが変わるかもしれないのです。 ブログ記事やオリジナル画像の無断使用はであり禁止です、よろしくお願いします。 情報のご利用は自己責任でお願いいたします。 糖質制限や糖尿病に関する疑問点は医師に質問なさることをお勧めします。 当方は責任を負いかねますのでよろしくお願いいたします。

次の

ゆるダイエットで楽して痩せよう!糖質制限より簡単な2つの食事ルール

糖質制限 楽になる

糖質制限って? 糖質制限は、三大栄養素である炭水化物・たんぱく質・脂質のうち、 炭水化物に含まれる糖質の摂取を三段階に分けて自ら糖質をカットしてしまうことです。 炭水化物は摂取後、消化吸収されエネルギーに変化する糖質と、消化吸収されない食物繊維の二つに分別されちゃいます。 人間は糖質がなくなってくるとエネルギーを欲して、 脂肪を分解することによってエネルギーの代わりにしてしまおうとするんですね。 それにより、 脂肪が減り体重が落ちることになるのです。 さらに三大栄養素のうち、食後の血糖値を上昇させることができるのは糖質のみです。 血糖値が上昇すると血糖値を下げるホルモンのインスリンが分泌されます。 インスリンには余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きがあるので、 糖質少なくなればインスリンの分泌を抑えることが出来て 太りにくい体を作っていくことができるともいわれています。 糖質が多い食べ物 では実際に糖質が多く含まれているものをご報告します。 主食では、 ・ 米 ・パン ・麺類(ラーメン、パスタ、うどん、そば、そうめん) ・シリアル ・春雨 ・粉物類(お好み焼き、たこ焼きなど) 野菜、果物類では ・ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ、山芋などの芋類 ・かぼちゃ ・とうもろこし ・レンコン ・ドライフルーツ ・果物 (缶詰も含む) もう何を食べればいいの!?状態ですよね。 春雨やドライフルーツなんてヘルシーの代名詞かと思っていましたので調べた時はびっくりしました。 調味料・飲料にもどのくらい糖質が含まれているか(脂質ではなくて糖質ですよ!)も要チェックです。 糖質だけで言えばケチャップとマヨネーズを比べてみると、マヨネーズのほうが少ないのです。 糖質が少ない食べ物をご紹介しますね! 基本お肉とお魚は食べても問題なしです。 野菜、果物は ・葉物野菜 ほうれん草、小松菜、キャベツ、セリ、水菜、白菜、レタスなど ・キノコ類 ・もやし ・ブロッコリー、カリフラワー ・アスパラ ・カブ ・ゴーヤ ・大根、貝割れ大根、ズッキーニ ・薬味野菜(ミョウガ、紫蘇、にら、三つ葉など) ・アボカド ・ラズベリー ・ゆず ・イチゴ ・パパイヤ ・レモン 調味料は 油、塩、酢、マヨネーズ、豆板醤、醤油は基本的に問題ありませんし、飲み物は 水、お茶、ノンシュガーコーヒー、焼酎、ウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒、赤ワインは大丈夫です。 ワカメやのりなどの海藻類や、 豆 腐、湯葉などの大豆食品、チーズ、バター、砂糖を加えていない生クリームなど乳製品全般も一見カロリーが高いので敬遠しがちな食材ですが糖質は少ないので、糖質制限をしている人であれば食べても大丈夫なんです。 主食を抑えて、おかずをがっつり食べちゃう!っていうイメージですかね。 お肉やお魚が大好き!という人にはピッタリな方法だと思います。 どうしても主食は欠かせない!! 主食命!欠かすことはできません! そんな方におすすめなのは 糖質カット麺やこんにゃく米、大豆米、糖質カットパンです! 味もクオリティが高いですし、最近はネットでも手軽に手にはいるので必要に応じて使ってみてください。 糖質制限で肌がきれいになる! ダイエット中は肌質も気になりますよね! せっかく体重が落ちてきても肌がボロボロでは意味がありません。 でも 糖質制限なら肌はきれいになるんです! 糖質制限で肌がきれいになる理由 みなさんは 糖化という言葉をご存知でしょうか? 糖化とは、 タンパク質や脂肪が糖分とくっつくことにより肌が黄色くくすんだり老化する現象のことです。 糖質が肌の老化を進める!? もちろん肌の老化の原因は糖質のみではなく様々な原因があるとは思いますが、血液が糖質により高血糖になるとその糖分で血管がもろくなったり壊れやすくなります。 すると血流が悪くなり、栄養を届けたり老廃物を回収する働きが失われてしまいます。 血液が高血糖になることがなくなれば、血管は修復されますので栄養や酸素が肌の細胞に行き渡ることになります。 ですので肌の細胞はキレイになり、血液の循環もよくなり血行も良くなって肌のつやが増しイキイキしてきます。 老廃物も回収されやすくなるので、肌の透明感も出でくるのです。 【スポンサーリンク】 糖質制限って大丈夫なの? 糖質制限を行っても体に害がない理由は明確にあります。 私たちが生きていくには2つのエネルギーが使われているのはご存知でしたか? グリコーゲンエネルギーとよばれる糖質 ケトン体エネルギーとよばれる脂質 現在メインのエネルギーはグリコーゲンだと言われていますが、それは食生活が昔と変わったことによるだけであって昔のメインのエネルギーはケトン体だったのです。 糖質の制限を行うと、体がケトン体エネルギーを利用できるように体質が改善されます。 糖質を食事から摂取しなくても、私たちの体に元々備わっている便利なシステムで糖新生が働くので体に害は起きないのです。 糖新生? 私も調べた時に驚いたのですが、糖新生とは、血糖値が下がったときにアミノ酸や乳酸、グリセロールを分解しそれらを肝臓でグリコーゲンに変えて、さらにグリコーゲンを脂肪をエネルギー源にブドウ糖へと合成する一連の仕組みのことだそうです。 それは 糖質を全くとらないわけではない!ということです。 糖質制限には3種類のレベルがあり、一番きついタイプでも糖質は1日 30~60g程度は摂取が必要です。 ほどほどにしたい人は 80~120g程度、主食を削ることなくゆるやかしたい人は 120~170gです。 持病がある人は糖質の制限を行ってもいいか必ずお医者さんに相談してくださいね。 糖質制限で理想の体型ときれいな肌をゲットする! 以上糖質制限ときれいな肌の関係性についてご紹介しました。 大事なことは• カロリーに注意するんじゃなく糖質をメインで注意する• 調味料にも糖質が含まれているものは多いので要注意!• 糖質制限で糖化を防げば肌がきれいになる!• 自分が行っている制限の最低量の糖質は必ず摂取する!•

次の

1日目からできる即効でケトン体質になれる方法

糖質制限 楽になる

もくじ• パンはパンでも、 低糖質のパンがあります。 その名のまま売られている場合もありますが、パンの選び方一つで糖質の摂取量が変わってきます。 それは、オーツ麦のパンやフスマパンを選ぶことです。 白いパン程、糖質を多く含みます。 ですので、なるべく中身まで茶色いパンを選ぶようにしましょう。 これらのパンは、低糖質で、且つ、食物繊維が豊富です。 糖質の塊というに認識から糖質制限中には懸念されがちのパンでも、選び方一つで糖質制限の食事に、取り入れても OK な食材となるのです。 豆腐で置き代える! ご飯の代わりにお豆腐で置き代えるという方法です。 これを継続することで確実に減量します。 ただし、糖質を摂る食事に戻した途端にリバウンドしやすいので注意が必要です。 お豆腐には、たんぱく質が豊富です。 ダイエットに必要な栄養素であるたんぱく質を効率よく取れるのでおススメです。 関連記事: 朝ごはんは野菜スムージー! 美食研究家やモデルさんの中で話題になった 野菜スムージー。 糖質制限中は、使用食材に注意が必要ですが、ほんの少し気をつけるだけで、野菜スムージーが朝ごはんの代わりになります。 野菜スムージーによく使われるバナナやリンゴは控えるようにしましょう。 これらの果物には、糖質が多く含まれているので、糖質制限中には不向きです。 また、緑黄色野菜の代表でもある人参は、糖質が多く含むだけでなく、スムージーにして体内に取り入れるとガスが発生しやすくなるので、グリーンスムージーには向いていない食材なのです。 逆に取り入れても OK な食材についてです。 小松菜やキウイフルーツ、オレンジなどは取り入れて行きましょう。 また、無糖のヨーグルトを入れることで腸内細菌が増え腸内の環境が整います。 関連記事: 蕎麦を食べる! 糖質制限中に、炭水化物が欲するのは人間の生理 現象なので仕方がないことです。 今まで摂っていた栄養素がいきなり無くなると体内の命令で、無意識にも必要と判断されるのです。 そんなとき、ご飯の代わりになるのは、蕎麦です。 蕎麦は蕎麦でも十割蕎麦を食べるようにしましょう。 少し値段は張りますので、頻繁に食べるのは難しいかもしれません。 しかし、蕎麦粉の割合が低いものでは、小麦粉などが多く混ざっているため低糖質ではなくなってしまうのです。 関連記事: キヌアを取り入れよう 以前、スロベニア人の知人に教えてもらった食事です。 キヌアを 20 分ほど茹でて召し上がるという簡単な調理法です。 キヌアは体内で膨張するので、満腹感が得られます。 そして、食物繊維を豊富に含んでいるため、腸内環境の改善にも繋がります。 そのまま食べると味がしませんが、ドレッシングやパスタソースなどを掛けて食べるとより満足度があがりますよ! 関連記事: まとめ 糖質制限中で、ご飯の代わりになるものを見つけるのは意外にも大変ですが、少し注意して選べばパンや麺類も食べられるということを知ってもらえれば嬉しいです。 逆に健康の為に良いとされるグリーンスムージーは、注意するべき点があるので、一概に健康的な飲み物であるとは言えないことがわかりましたね。 日本の食事に留まらず、海外の食事に目を向けることで、ご飯の代わりになるものが見つかりやすくなります。 今回、紹介したキヌアは、そのまま食べてよし、サラダに足しても 良し 、グラノーラなどに入れても 良し 、ヨーグルトに入 れても良 しと 万能な食べ物です。 糖質制限中のあなたの食生活を少しでもお手伝い出来れば嬉しく思います。

次の