クレープの作り方。 おうちで本格 クレープシュゼット 作り方・レシピ

美味しいクレープ生地の作り方|材料の選び方とクレープ人気レシピ18選

クレープの作り方

クレープを作る際、焼くときはフライパンとホットプレートの2種類になりますよね。 まずはフライパンでの焼き方からご紹介します。 フライパンでクレープを焼く際に気を付けることは、サラダ油を使うこととフライパンを温めておくことです。 生地にバターが入っているので、フライパンに引くのはサラダ油がおすすめです。 まず、フライパンに油を少量引き、2~3分強火でフライパンを温めます。 その後中火に落とします。 シッカリと生地を混ぜてから、お玉でフライパンに生地を回し入れます。 生地を流し込む時に小さく『ジュワーッ』と音がするくらいが適温になります。 この時生地が均等になるように素早く広げましょう。 そうしないと厚く固い生地になってしまいます。 薄い生地にするためにはスピード勝負になります。

次の

パリッ!も、モチモチ♪もお任せ。美味しいクレープの作り方5選|RecipeMemo[レシピメモ]

クレープの作り方

薄力粉…100g グラニュー糖…大さじ1 卵…1個 牛乳…250ml バター…10g 油…適量 作り方 1. ボウルに薄力粉、グラニュー糖を入れ、混ぜ合わせる。 卵を入れて混ぜ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。 バターを別の容器に入れてふんわりとラップをかけ、600Wのレンジで20秒ほど加熱して溶かす。 【2】に【3】を加えて混ぜ合わせたら、ラップをして冷蔵庫で30分以上寝かせる。 (生地を寝かせることで、粉が生地に馴染みますし、もっちりしすぎるグルテンの働きも抑えられます。 夜のうちに生地を作って朝焼くなど、できれば半日ぐらい寝かせるのが理想です。 ) 5. 弱火で熱したフライパンにキッチンペーパーで油をひき、生地をおたま1杯ほど入れ、薄く広げて焼く。 (弱火で熱した後、一度火から外して生地を流し込むと、焦らずに薄く伸ばせます。 なるべく素早くフライパンを回して伸ばすのがコツです。 ) 6. ひっくり返してさっと焼く。 薄く焼き色をつけたクレープは、赤ちゃんのほっぺのようにふんわりモチっと。 しっかり焼き色をつければパリッとしたクレープになるので、お好みの焼き加減を見つけてくださいね。 シュガーバタークレープ 材料(1人分) 基本のクレープ…2枚 いちご…中8個(100gくらい) グラニュー糖…大さじ2(甘さ控えめなら大さじ1) 白ワイン…80ml バター…10g バニラアイス…適量 作り方 1. いちごを4等分にし、グラニュー糖をまぶして30分ほどおく。 飾りのいちごは1つとっておく。 フライパンにバターを溶かし、【1】と白ワインを加えて、弱火で5分ほど煮る。 クレープを4つ折りにして入れ、1分ほど煮る。 皿に盛り、バニラアイスといちごを飾る。 旬のいちごを使った、ピンク色のかわいいクレープシュゼット。 フランベや難しい作業はなしで、簡単に作ってみました。 いちごソースで煮ると、クレープがもっちりして美味しいですよ。 溶けてきたアイスを絡めて、贅沢に食べていきます。 ストロベリーアイスでいちご満載にしても、クッキーアンドクリームやチョコのアイスでアポロ風にしても楽しめますね。 スタイリング 主役となるクレープは焼き色がかわいいので、シンプルに。 アンティークのような雰囲気のお皿との相性がいいですよ。 クレープシュゼットは、いちごの赤が映えるように白いお皿で。 合わせるクロスもピンクにすれば、春らしくかわいいテーブルになります。 手軽に作れるクレープ。 バナナとチョコソースでも、いちごと生クリームでも、もちろんツナマヨとレタスを巻いてもよし。 みんなで巻くのも楽しいですね。 お好みでカスタマイズして、美味しく食べましょう! 野心を叶えたら、ハッシュタグでシェア! NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。 読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…! それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。 ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「」で教えてくださいね。

次の

美味しいクレープ生地の作り方|材料の選び方とクレープ人気レシピ18選

クレープの作り方

薄力粉…100g グラニュー糖…大さじ1 卵…1個 牛乳…250ml バター…10g 油…適量 作り方 1. ボウルに薄力粉、グラニュー糖を入れ、混ぜ合わせる。 卵を入れて混ぜ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。 バターを別の容器に入れてふんわりとラップをかけ、600Wのレンジで20秒ほど加熱して溶かす。 【2】に【3】を加えて混ぜ合わせたら、ラップをして冷蔵庫で30分以上寝かせる。 (生地を寝かせることで、粉が生地に馴染みますし、もっちりしすぎるグルテンの働きも抑えられます。 夜のうちに生地を作って朝焼くなど、できれば半日ぐらい寝かせるのが理想です。 ) 5. 弱火で熱したフライパンにキッチンペーパーで油をひき、生地をおたま1杯ほど入れ、薄く広げて焼く。 (弱火で熱した後、一度火から外して生地を流し込むと、焦らずに薄く伸ばせます。 なるべく素早くフライパンを回して伸ばすのがコツです。 ) 6. ひっくり返してさっと焼く。 薄く焼き色をつけたクレープは、赤ちゃんのほっぺのようにふんわりモチっと。 しっかり焼き色をつければパリッとしたクレープになるので、お好みの焼き加減を見つけてくださいね。 シュガーバタークレープ 材料(1人分) 基本のクレープ…2枚 いちご…中8個(100gくらい) グラニュー糖…大さじ2(甘さ控えめなら大さじ1) 白ワイン…80ml バター…10g バニラアイス…適量 作り方 1. いちごを4等分にし、グラニュー糖をまぶして30分ほどおく。 飾りのいちごは1つとっておく。 フライパンにバターを溶かし、【1】と白ワインを加えて、弱火で5分ほど煮る。 クレープを4つ折りにして入れ、1分ほど煮る。 皿に盛り、バニラアイスといちごを飾る。 旬のいちごを使った、ピンク色のかわいいクレープシュゼット。 フランベや難しい作業はなしで、簡単に作ってみました。 いちごソースで煮ると、クレープがもっちりして美味しいですよ。 溶けてきたアイスを絡めて、贅沢に食べていきます。 ストロベリーアイスでいちご満載にしても、クッキーアンドクリームやチョコのアイスでアポロ風にしても楽しめますね。 スタイリング 主役となるクレープは焼き色がかわいいので、シンプルに。 アンティークのような雰囲気のお皿との相性がいいですよ。 クレープシュゼットは、いちごの赤が映えるように白いお皿で。 合わせるクロスもピンクにすれば、春らしくかわいいテーブルになります。 手軽に作れるクレープ。 バナナとチョコソースでも、いちごと生クリームでも、もちろんツナマヨとレタスを巻いてもよし。 みんなで巻くのも楽しいですね。 お好みでカスタマイズして、美味しく食べましょう! 野心を叶えたら、ハッシュタグでシェア! NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。 読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…! それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。 ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「」で教えてくださいね。

次の