アングラ・ブルー。 【衝撃】「今から死にます…遺書とブルーシートは用意した」自殺スレを立てた男の末路…│アングラ密報

ギリギリアウト♥な不意打ちエロスBL「アングラ・ブルー 」毬田ユズ

アングラ・ブルー

プラティアは日当たりのいいところ好みますが、直射日光を浴びすぎると葉っぱが日焼けする可能性があるので注意しましょう。 また、プラティアは背丈の低い植物なので、半日陰でも問題なく育ちます。 プラティアを地植えする場合は、落葉樹の側、生け垣の側に植えるかしてください。 プラティアを鉢植えで育てる場合は、直射日光の強い日には室内に避難させるなどしてください。 プラティアの置き場所 プラティアは、直射日光を避けることのできる半日陰に置いて下さい。 プラティアを育てようと思う方の多くは、鉢植えで星型のきれいな花を楽しみたいか、草丈の低さをいかして、グラウンドカバーにされる方がほとんどだと思います。 プラティアは、1日に4時間ほどの日光があれば育ちますから、発育する春から夏の間に、それくらいの日光を確保できる場所に植えてくだされば大丈夫です。 プラティアは、半日陰のやや湿った場所を好みます。 プラティアの水やり 夏の水やり 夏の時期のプラティアには、土の表面が乾いていれば水を与えて下さい。 地植えする場合ですと、真夏などのカンカン照りが続くような場合以外は、水やりが必要ありません。 鉢植えで育てる場合は、水の表面が乾いたときに、たっぷりと水やりして下さい。 冬の水やり プラティアは、多年草で常緑樹です。 冬と夏の間は発育が鈍りますが、水やりは土を乾かさない程度に、湿らせるように水やりをして下さい。 プラティアは寒さに弱いわけではないのですが、冬の間は地上部から姿を消して、暖かくなるまで姿を見せないことはよくあります。 これを半耐寒性といいます。 地上部が完全に姿を消さなくとも、茶色く変色することはよくあります。 プラティアの肥料・追肥 プラティアを育てるときに、肥料はとくには必要ありません。 ただし、ほかのキキョウ科の植物と同じように堆肥を用土にまぜたり、花を咲かせる前の時期である2月から3月、または9月から11月頃にリン酸の多い液体肥料をひと月に二度ほど与えると、花の本数が増えて、開花時期に庭や鉢が華やかな雰囲気を醸し出します。 プラティアは発育が旺盛な種ですので、肥料を与えると、活発に範囲を広げていきます。 挿し芽 プラティアの上部を目一杯、4センチから5センチくらいにはなる挿し穂をつくり、挿し芽用の土に刺します。 おおよそ、12日間ほどで根が出始めて、25日ほどたつと、しっかりと根付いて、定植するようになります。 挿し芽の時期は気候の穏やかな3月から6月の春から初夏、または9月から10月の秋が適しています。 株分け また、株分けによって増やすこともできます。 株分けの時期は、植え付け時期と同じ、2月から3月ころが望ましいです。 ハサミなどで重なりすぎたプラティアを、適度な大きさにカットして、いくつかに分けて、離れた場所に植えたら、また育ち始めます。 プラティアの育て方で注意すべき病気・害虫 プラティアを育てる上で、病気や害虫の心配はほぼありませんが、栄養が全体に行き渡らないがゆえに、葉が茶色く変色してしまうことがままにあります。 その場合は、変色した部分を刈り込んで、肥料を与えて下さい。 プラティアは、その草丈の低さと、横へ横へと広がる地下茎を通して広がる性質から、グラウンドカバーに採用されています。 多年草なので、寒い地域でなければ葉っぱのまま越冬できますし、たとえ地上部が冬の間姿を消したとしても、根は残っているので、雑草の侵入を防いでくれます。 カーペット状に、ほふくするように広がっていくので、たとえば石畳の隙間であったり、芝生との境界線をはっきりするために植えたりなどされています。 プラティアの種類・品種 プラティアは、キキョウ科プラティア属の総称なのですが、プラティア・アングラータ、エクボソウ・ムラサキコケモモとも呼ばれる、小さな星型の花を咲かせる品種があります。 花を咲かせた後は、赤紫色の実をならせます。 実は小さく、5ミリほどにしかなりません。 この果実を大きく実らせる、同じプラティアの品種として、オオミムラサキコメモモがあります。 オオミムラサキコケモモは、実自体はプラティア・アングラータと同じ赤紫色をしていますが、おおきさはおよそ1センチと、倍ほどの大きさがあります。 果実がクランベリーに似ているので、パープルクランベリーの名で流通していますが、この実は食用になりません。 ほかには、スターラベンダーの流通名をもっているものがあります。 学名はプラティア・プベルラで、タスマニア島原産のプラティアがあります。 科が同じ植物としては、キキョウや、ホタルブクロなどがあります。 プラティアはどんな花を咲かせる? プラティアの花言葉には、「物事に動じない」という意味があります。 これは、プラティアが常緑多年草で、雑草にも動じず繁殖していくその生命力の高さに由来しているといわれています。 プラティアを自宅の庭で育ててみよう! 今回は、プラティアの育て方をご紹介しました。 プラティアは、おもにその草丈の低さから、グラウンドカバーに用いられていて、芝のように草が硬いわけでもないので、子どもも安心して歩けます。 グラウンドカバーとは、その名の通り、地面を覆ってくれる草花のことをいいます。 なぜグラウンドカバーが必要かというと、もちろん庭の景観を守るためというのもありますが、なによりもまず雑草抜きの手間が省けます。 もちろん、季節ごとに地上部が現れたり消えたりすると、そこの土壌がむき出しになってしまいますから、常緑多年草がグランドカバーには最もポピュラーです。 プラティアも、冬の間は茶色くなったり、姿をけすこともあることはあるのですが、基本的には常緑多年草で、草丈が低いものが好まれます。 他に好まれる性質としては、踏まれても大丈夫であったり、日陰でも育ったり、水やりをあまりせずともよかったりと、園芸品種のように、手間が育てがいに結びつくような、繊細な植物には向いていません。 代表的には、ワイヤープランツ、この植物は枝がヒモのように広がっていくのですが、千切れた枝からも芽が出で増えていくという強さです。 ほかには、ギボウシ、葉のふちが丸みを帯びてかわいらしく、日陰でもすくすく育つことから人気の種です。 プラティアは、花も小さくてかわいらしく、草丈も低いことから、雑草対策にも最適です。 未伊豆屋地もあまり必要ありません。 半日陰でも育ちます。 鉢植えで育てると、育ちすぎるくらいに育ちます。 育てる手間もかからないので、1度プラティアを、どこかへ植えてみたら、毎年あなたに顔を見せてくれます。

次の

アングラ・ブルー (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

アングラ・ブルー

可もなく不可もなく。 そこまで評価を持ち上げなくても良かったのでは? オムニバス、どれも作者の趣味を 押し付けられつつも、嫌みは無かった感じでした。 期待しすぎるのは如何なものでしょう。 作者さんを視てもエロの描き慣れは無さそうで ピアスのブランドイメージを求めて エロを期待し、購入をするのは先ずやめて方が良いでしょう。 ありふれた王道作品。 幼馴染みが偶然、再開して恋をする。 そんなありふれた感を 女性下着マニアという稀有なスパイスで面白くさせています。 なのに 作者には女性下着のデザインセンスは皆無なので、 作中に出てくる女性もののパンツにはこだわりを 感じてられなかったのが残念です。 そのせいもあって、 中身が薄っぺらくなっています。 ピアスって中身薄くてもエロが物凄い悶えるのに台無し。 なんでしたら、ピアスで描かなくても良かったかもしれません。 ただ、可もなく不可もないのは ストーリー上、印象的なシーンも無かったものの、 綺麗にまとまっていたので、 私の趣味での評価なのかもしれません。 恐らくもう、この作者の作品に触れることはないでしょう。 女性下着を題材にして物語展開させてるのに そのこだわりが無いって致命的でしょ。 高校の同級生で女性下着のデザイナーをしている山城と再会した紺野は実は女性下着を 身に付けたい願望があって、なんだかんだで山城がデザインした下着を着ることになり、 ゲイではなかったのにバイの山城に抱かれてとろっとろにされてしまいます。 そんな二人の姿を毬田ユズ先生はすごくカッコイイけど綺麗に描いていらしてお話の内容と ともにグッと惹きこまれました。 特にほどよく筋肉もついている紺野が蕩けている姿はとってもとっても色気があって 見惚れてしまいました。

次の

アングラ・ブルー (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

アングラ・ブルー

プラティアは日当たりのいいところ好みますが、直射日光を浴びすぎると葉っぱが日焼けする可能性があるので注意しましょう。 また、プラティアは背丈の低い植物なので、半日陰でも問題なく育ちます。 プラティアを地植えする場合は、落葉樹の側、生け垣の側に植えるかしてください。 プラティアを鉢植えで育てる場合は、直射日光の強い日には室内に避難させるなどしてください。 プラティアの置き場所 プラティアは、直射日光を避けることのできる半日陰に置いて下さい。 プラティアを育てようと思う方の多くは、鉢植えで星型のきれいな花を楽しみたいか、草丈の低さをいかして、グラウンドカバーにされる方がほとんどだと思います。 プラティアは、1日に4時間ほどの日光があれば育ちますから、発育する春から夏の間に、それくらいの日光を確保できる場所に植えてくだされば大丈夫です。 プラティアは、半日陰のやや湿った場所を好みます。 プラティアの水やり 夏の水やり 夏の時期のプラティアには、土の表面が乾いていれば水を与えて下さい。 地植えする場合ですと、真夏などのカンカン照りが続くような場合以外は、水やりが必要ありません。 鉢植えで育てる場合は、水の表面が乾いたときに、たっぷりと水やりして下さい。 冬の水やり プラティアは、多年草で常緑樹です。 冬と夏の間は発育が鈍りますが、水やりは土を乾かさない程度に、湿らせるように水やりをして下さい。 プラティアは寒さに弱いわけではないのですが、冬の間は地上部から姿を消して、暖かくなるまで姿を見せないことはよくあります。 これを半耐寒性といいます。 地上部が完全に姿を消さなくとも、茶色く変色することはよくあります。 プラティアの肥料・追肥 プラティアを育てるときに、肥料はとくには必要ありません。 ただし、ほかのキキョウ科の植物と同じように堆肥を用土にまぜたり、花を咲かせる前の時期である2月から3月、または9月から11月頃にリン酸の多い液体肥料をひと月に二度ほど与えると、花の本数が増えて、開花時期に庭や鉢が華やかな雰囲気を醸し出します。 プラティアは発育が旺盛な種ですので、肥料を与えると、活発に範囲を広げていきます。 挿し芽 プラティアの上部を目一杯、4センチから5センチくらいにはなる挿し穂をつくり、挿し芽用の土に刺します。 おおよそ、12日間ほどで根が出始めて、25日ほどたつと、しっかりと根付いて、定植するようになります。 挿し芽の時期は気候の穏やかな3月から6月の春から初夏、または9月から10月の秋が適しています。 株分け また、株分けによって増やすこともできます。 株分けの時期は、植え付け時期と同じ、2月から3月ころが望ましいです。 ハサミなどで重なりすぎたプラティアを、適度な大きさにカットして、いくつかに分けて、離れた場所に植えたら、また育ち始めます。 プラティアの育て方で注意すべき病気・害虫 プラティアを育てる上で、病気や害虫の心配はほぼありませんが、栄養が全体に行き渡らないがゆえに、葉が茶色く変色してしまうことがままにあります。 その場合は、変色した部分を刈り込んで、肥料を与えて下さい。 プラティアは、その草丈の低さと、横へ横へと広がる地下茎を通して広がる性質から、グラウンドカバーに採用されています。 多年草なので、寒い地域でなければ葉っぱのまま越冬できますし、たとえ地上部が冬の間姿を消したとしても、根は残っているので、雑草の侵入を防いでくれます。 カーペット状に、ほふくするように広がっていくので、たとえば石畳の隙間であったり、芝生との境界線をはっきりするために植えたりなどされています。 プラティアの種類・品種 プラティアは、キキョウ科プラティア属の総称なのですが、プラティア・アングラータ、エクボソウ・ムラサキコケモモとも呼ばれる、小さな星型の花を咲かせる品種があります。 花を咲かせた後は、赤紫色の実をならせます。 実は小さく、5ミリほどにしかなりません。 この果実を大きく実らせる、同じプラティアの品種として、オオミムラサキコメモモがあります。 オオミムラサキコケモモは、実自体はプラティア・アングラータと同じ赤紫色をしていますが、おおきさはおよそ1センチと、倍ほどの大きさがあります。 果実がクランベリーに似ているので、パープルクランベリーの名で流通していますが、この実は食用になりません。 ほかには、スターラベンダーの流通名をもっているものがあります。 学名はプラティア・プベルラで、タスマニア島原産のプラティアがあります。 科が同じ植物としては、キキョウや、ホタルブクロなどがあります。 プラティアはどんな花を咲かせる? プラティアの花言葉には、「物事に動じない」という意味があります。 これは、プラティアが常緑多年草で、雑草にも動じず繁殖していくその生命力の高さに由来しているといわれています。 プラティアを自宅の庭で育ててみよう! 今回は、プラティアの育て方をご紹介しました。 プラティアは、おもにその草丈の低さから、グラウンドカバーに用いられていて、芝のように草が硬いわけでもないので、子どもも安心して歩けます。 グラウンドカバーとは、その名の通り、地面を覆ってくれる草花のことをいいます。 なぜグラウンドカバーが必要かというと、もちろん庭の景観を守るためというのもありますが、なによりもまず雑草抜きの手間が省けます。 もちろん、季節ごとに地上部が現れたり消えたりすると、そこの土壌がむき出しになってしまいますから、常緑多年草がグランドカバーには最もポピュラーです。 プラティアも、冬の間は茶色くなったり、姿をけすこともあることはあるのですが、基本的には常緑多年草で、草丈が低いものが好まれます。 他に好まれる性質としては、踏まれても大丈夫であったり、日陰でも育ったり、水やりをあまりせずともよかったりと、園芸品種のように、手間が育てがいに結びつくような、繊細な植物には向いていません。 代表的には、ワイヤープランツ、この植物は枝がヒモのように広がっていくのですが、千切れた枝からも芽が出で増えていくという強さです。 ほかには、ギボウシ、葉のふちが丸みを帯びてかわいらしく、日陰でもすくすく育つことから人気の種です。 プラティアは、花も小さくてかわいらしく、草丈も低いことから、雑草対策にも最適です。 未伊豆屋地もあまり必要ありません。 半日陰でも育ちます。 鉢植えで育てると、育ちすぎるくらいに育ちます。 育てる手間もかからないので、1度プラティアを、どこかへ植えてみたら、毎年あなたに顔を見せてくれます。

次の