マリノス。 マリノスに19歳の希望の星。J3から復帰し即J1デビュー、松田詠太郎が示した成長の証(フットボールチャンネル)

マリノスに19歳の希望の星。J3から復帰し即J1デビュー、松田詠太郎が示した成長の証(フットボールチャンネル)

マリノス

横浜FMが柏の長身FWジュニオール・サントスを期限付き移籍で獲得「勝利の軍団の一員になれる事を嬉しく思う」 横浜F・マリノスは11日、柏レイソルのブラジル人FWジュニオール・サントス 25 を期限付き移籍で獲得することを発表した。 期限付き移籍期間は、2021年1月31日までとなり、柏との公式戦には出場できない。 ジュニオール・サントスは、2019年にブラジルのフォルタレーザから柏へ加入。 188cmの長身FWで、1年目は明治安田生命J2リーグで8試合、天皇杯で1試合に出場。 今シーズンは第3節の横浜FC戦に途中出場したのみだった。 ジュニオール・サントスは両クラブを通じてコメントしている。 日本サッカーにおいて歴史のある、勝利の軍団の一員になれる事を嬉しく思います。 そしてやる気に満ち溢れています」 「自分の力が発揮できるよう、そしてピッチ内では仲間を助けられるように努力します。 マリノスのユニフォームを着れることを誇りに思い、チームの目標達成に向け、皆様と一緒に戦えるのが待ち遠しいです。 そして、レイソルのユニフォームを着て、多くの素晴らしい瞬間に立ち会えたこと、またチームのJ1復帰の一員になれたことを神様に感謝しています。 レイソルにはなかなか貢献できませんでしたが、そんな中でも、社長、強化チーム、職員、サポーター、選手、スタッフ、メディカル、通訳、すべての方がいつも温かく接してくれました。 そんな偉大なクラブに心より感謝しています」 「もちろんこれでお別れではありません。 期限付き移籍でもありますし、またこのレイソルで歴史を作り、自分のすべてのポテンシャルを見せることができればと思います。 今後は、他チームで自分のサッカーをまた極めていきたいと思います。 もちろん、その中でもレイソルに対しての愛やリスペクトは変わりません。 本当にありがとうございました」 超ワールドサッカー 2020. 11 10:15 Tue 写真:J. 68 前田が遠藤の代わりでサントスが杉本の代わりかな。 だからといって、必ずハマるというわけじゃないけど。 CFで相手をいなせて前を向けるならめちゃくちゃでかいし WGでするする抜けるならそれもあり。 後は真面目にやってくれるかだな。 99 やっぱりブラジルでのプレーCFGに評価されてたんだね そうでもしなきゃ獲得するのおかしいもんな 引用元:.

次の

栃木SCが横浜F・マリノスからGKオビ・パウエル・オビンナを育成型期限付き移籍で獲得と発表 「期待に応えられるよう精一杯頑張ります!」 : ドメサカブログ

マリノス

「チームメイトも傷つける発言があって残念」 クラブは28日に声明を発表。 「ここ最近、SNSにて、弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発言などが、日常的に見受けられるようになっていることが確認されている」と報告した。 2014年8月には試合中に横浜F・マリノスのサポーターが対戦クラブの外国人選手に対してバナナを振るという差別行為が起きた。 以後、クラブは「『FAIR PLAY, FAIR SUPPORT』差別・挑発・迷惑行為は、絶対に許しません」をスローガンに人権啓発活動を行ってきたという。 そうした中での今回の問題に、クラブは「このようなことが起きたことは非常に残念でなりません」としている。 SNS上では、クラブに所属する朴一圭選手が前日27日にツイッターで「傷つける発言」を受けたとして「残念」だと表明したこととの関連が指摘されている。 朴選手は27日にマネジメント会社によるインスタグラムのライブ配信に出演。 配信終了後の27日夜、自身のツイッターで「見てくれた方々をすごく残念な気持ちにさせてしまって本当に申し訳なかったです。 見てる方々、自分だけではなくチームメイトも傷つける発言があって残念でしたね」と語った。 SNSでは、インスタライブ中に朴選手への差別的なコメントを書き込むユーザーがいた、とする内容のスクリーンショットなどが拡散されている。 クラブは声明の最後に「横浜F・マリノスは、いかなる差別的な行為も絶対に許すことはありません。 これからも、横浜F・マリノスは、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行って参ります」と宣言した。

次の

Jリーグ

マリノス

「チームメイトも傷つける発言があって残念」 クラブは28日に声明を発表。 「ここ最近、SNSにて、弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発言などが、日常的に見受けられるようになっていることが確認されている」と報告した。 2014年8月には試合中に横浜F・マリノスのサポーターが対戦クラブの外国人選手に対してバナナを振るという差別行為が起きた。 以後、クラブは「『FAIR PLAY, FAIR SUPPORT』差別・挑発・迷惑行為は、絶対に許しません」をスローガンに人権啓発活動を行ってきたという。 そうした中での今回の問題に、クラブは「このようなことが起きたことは非常に残念でなりません」としている。 SNS上では、クラブに所属する朴一圭選手が前日27日にツイッターで「傷つける発言」を受けたとして「残念」だと表明したこととの関連が指摘されている。 朴選手は27日にマネジメント会社によるインスタグラムのライブ配信に出演。 配信終了後の27日夜、自身のツイッターで「見てくれた方々をすごく残念な気持ちにさせてしまって本当に申し訳なかったです。 見てる方々、自分だけではなくチームメイトも傷つける発言があって残念でしたね」と語った。 SNSでは、インスタライブ中に朴選手への差別的なコメントを書き込むユーザーがいた、とする内容のスクリーンショットなどが拡散されている。 クラブは声明の最後に「横浜F・マリノスは、いかなる差別的な行為も絶対に許すことはありません。 これからも、横浜F・マリノスは、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行って参ります」と宣言した。

次の