クラピカ モンスト。 【モンスト】クラピカの評価や使い道!SSが特殊で強い!!

クラピカ X モンスト

クラピカ モンスト

すなわち、称号持ちのキャラは、総合評価では計りきれないポテンシャルの持ち主といえる。 むしろ進んでつけるべきキャラといえる。 クラピカにおすすめのわくわくの実• 【特級】で自分&同種族の 攻撃力2000アップ• 【特級M】で自分&同種族の 攻撃力2500アップ• 【特級L】で自分&同種族の 攻撃力3000アップ 同族加命撃• 【特級】で自分&同種族の 攻撃力&HP1200アップ• 【特級M】で自分&同種族の 攻撃力&HP1600アップ• 【特級L】で自分&同種族の 攻撃力&HP2000アップ 同族加撃速• 【特級】で自分&同種族の 攻撃力1200スピード16アップ• 【特級M】で自分&同種族の 攻撃力1600スピード21. 2アップ• 【特級L】で自分&同種族の 攻撃力2000スピード26. 6アップ 戦型加撃• 【特級】で自分&同戦闘型の 攻撃力1000アップ• 【特級M】で自分&同戦闘型の 攻撃力1250アップ• 【特級L】で自分&同戦闘型の 攻撃力1500アップ 戦型加命撃• 【特級】で自分&同戦闘型の 攻撃力&HP600アップ• 【特級M】で自分&同戦闘型の 攻撃力&HP800アップ• 【特級L】で自分&同戦闘型の 攻撃力&HP1000アップ 撃種加撃• 【特級】で友情コンボの威力 20%アップ• 【特級M】で友情コンボの威力 22. 5%アップ• 【特級L】で友情コンボの威力 25%アップ 速必殺• 【特級】で開始時にSSが 3ターン減る• 【特級M】で開始時にSSが 4ターン減る• 【特級L】で開始時にSSが 5ターン減る 同族加命• 【特級】で自分&同種族の HP1500アップ• 【特級M】で自分&同種族の HP2000アップ• 【特級L】で自分&同種族の HP2500アップ 将命削り• 【特級】で各ステージボスのHPを 12%削る• 【特級M】で各ステージボスのHPを 14%削る• 【特級L】で各ステージボスのHPを 16%削る ケガ減り• 【特級】で敵からのダメージ 20%軽減• 【特級M】で敵からのダメージ 22. 5%軽減• 【特級L】で敵からのダメージ 25%軽減 スコア稼ぎ• 【特級】でクリア時の獲得ポイントが 60ポイント加算• 【特級M】でクリア時の獲得ポイントが 80ポイント加算• 【特級L】でクリア時の獲得ポイントが 100ポイント加算 Sランク• 【特級】でSランクタイムが 60秒延長• 【特級M】でSランクタイムが 90秒延長•

次の

【モンスト】クラピカ完全計画|モンストから始めるゲーマー生活

クラピカ モンスト

友情、SSどちらも申し分ない働きが可能で、適正クエストの貢献度が非常に高い。 他の9. 5と比較しても頭一つ抜けた性能であると判断し、点数を10点に変更。 5 前回の点数決定の後に開催された禁忌の獄での活躍を評価。 0帯でも飛び抜けた高難易度適正の多さから、9. 5とした。 0 獣神化することでADWと広範囲友情が追加し、SS火力も大幅に上がった。 最適クラスの高難易度適正は少ないものの、幅広いクエストで活躍できる性能を評価し、点数を9. 0とした。 そのため進化の点数を削除。 5 アルマゲドン【爆絶】での活躍度を評価。 加速による味方のサポート、高火力のSSで8. 5のモンスターと同等の活躍が出来ると判断し、点数を8. 0から8. 5に変更。 0 アビリティは爆絶に適しているものの、通常攻撃の火力が他の適正に大きく劣る。 SSは十分な火力となるが、それでも他のキャラのほうが使い勝手が良い。 現状は8. 0点とし、アルマゲドン【爆絶】の貢献度によって再検討の予定。 獣神化に必要な素材モンスター クラピカのSS「エンペラータイム(絶対時間)」とは? エンペラータイムの効果• 継続は次の行動終了後まで• 氷河、密林も防げる• DW、GB、地雷を無効• 自強化倍率は1段階目1. 75倍、2段階目2. SS使用後、効果が切れるまで毎ターンHP4000減少(計16000ダメージ)• ひよこビーム、減速壁は無効にできない クラピカのSS「エンペラータイム」は、一定期間、地雷、GB、ワープ、DWを無効にするかつ、自身の状態異常を解除し、敵から状態異常攻撃を防ぐもの。 毒ダメージの様にHPが減るが、それを十分に補う効果を持っている。 クラピカの強い点 オールアンチ&状態異常を無効にするSS クラピカのSSは一定期間オールアンチ、かつ自身の状態異常を解除し、敵の状態異常攻撃を防ぐもの。 SSを使用することで、ギミックや状態異常を気にせず立ち回ることができる。 頻出する2つのギミックに対応できるため、使えるクエストは多い。 また水属性耐性を持つことで、敵からの被ダメを軽減できる。 クラピカの弱い点 全体的に火力は高くない クラピカのSSと友情はどちらもサポート系。 強化倍率やステータス次第ではあるが、真っ直ぐ弱点往復しない限りは、SSで火力を出すのは難しい。 HPが少ないと使えないSS SSのエンペラータイムの欠点は、SS使用後から効果が切れるまで毎ターン4000ダメージを受ける点。 元々HPが減っていると、その4000ダメージのせいで負けることもある。 クラピカのSSは、次のターンに受けるダメージ量を予測してから使うこと。 クラピカの総合評価と使い道 クラピカはアビリティとSSで汎用性に優れた性能を持つ。 スピードアップ友情で味方をサポートできるため、パーティに編成しやすい。 代用のできないキャラのため入手したら育てておこう。 カルナ【轟絶】やドゥーム【超絶】など高難易度を含め、行けるクエストは幅広い。 火力とサポートの両方が可能な友情 クラピカの友情はランページレーザーと加速。 ランページレーザーは敵全体にバランス良く火力を出せるため、降臨周回などで活躍しやすい。 加速は主に高難易度で役立ち、味方の直殴りをサポートできる。 高倍率のオールアンチ系SS クラピカのSSは、次の自分の行動が終わるまで絶対時間状態になるというもの。 絶対時間状態では毎ターン4,000ダメージ(計16,000ダメージ を受けるが、オールアンチ&状態異常無効&自強化2. 5倍(2段階目)など様々な効果を得ることができる。 クラピカ(獣神化)の弱い点 DWのクエストでブロックを利用できない クラピカはゲージにADWとABを持つ。 そのため、どちらか片方のみを狙って発動することは出来ない。 ブロックで攻撃回数を稼げる場面でも、DWが展開されているとABを外せずブロックを利用できない。 クラピカ(獣神化)の総合評価 汎用性の高いアビリティセットで、カルナ【轟絶】など高難易度にも多く適正を持つ。 特に加速によるサポートは代替が難しく、独自の強みを活かした働きが可能。 入手したら最優先で育てよう。 85 タス後限界値 25237 24569 393. 38 ゲージショット 成功時 - 29482 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 21746 23399 375. 63 タス後Lv120 26646 25549 410. 85 タス後限界値 23550 24130 379. 15 タス後限界値 14952 15866 347.

次の

2017.11.13 【追記:11/16】アニメ「HUNTER×HUNTER」と「モンスト」とのコラボイベントが11/17(金)正午よりスタート!ゴン、キルア、クラピカ等がモンストに登場!|モンスターストライク(モンスト)公式サイト

クラピカ モンスト

クラピカ進化のステータスや評価使い道 クラピカ進化のアビリティ クラピカ進化の友情コンボ詳細 スピードアップ 0 クラピカ進化のSS 一定期間絶対時間(エンペラータイム)状態になる 24ターン• スピード&パワーアップ4ターン継続次の自身のターンが終わるまで• 自強化は次の自身のショットにも入っている• 4ターンダメウォ、重力、地雷無効• 自身の状態異常を回復&4ターン状態異常無効• SS後4ターン自身に4000ダメージ(合計16000) クラピカ進化のステータス(タス完済み) HP 23550 スピード 379. 6 クラピカ進化の攻撃力 ゲージ無し 24130 ゲージ有り 28956 属性有利 38511 クラピカ進化の評価や使い道 クラピカ進化のいい点 希少な貫通のワープブロック クラピカはアンチアビリティがワープブロックで、 木属性でこの二つのアビセットを持ったモンスターはかなり少なく、さらに貫通となると今の所八九寺真宵(星6限定)のみである。 最近流行ってきているブロックに対応しているので今後の活躍に期待が出来る。 スピードアップ友情で仲間のサポート 友情にスピードアップを持っているので仲間のサポートが出来る。 また スピードアップは比較的超爆絶で活躍する可能性が高く、クラピカは水属性耐性を持っているので今後嵌るクエストが来る可能性がある。 爆絶アルマゲドンでは反射優遇なクエではあるが、スピードアップがかなり使え、雑魚処理後にSSを使えばかなりの高火力になるので戦力として十分に活躍が期待できる。 SSが特殊でメリット多め SSの絶対時間は4ターンの間状態異常無効である為特定のクエストで使える可能性がある。 また 自強化+オールアンチショットを実質2回打てさらに自身のラックスキルがクリティカルな為火力面でも申し分は無い クラピカ進化の悪いところ SSはピンチの時は注意が必要!! 強いSSだがSS後4ターンの間4000ダメージ(計16000)を受けてしまうので、 ピンチの時などに使用すると死亡してしまう可能性があるので使うタイミングをよく考えた方がいいです。

次の