可愛い髪型。 「涼しい」と「可愛い」の両方とも諦めない髪型15選!簡単アレンジで更に爽快に♡

「涼しい」と「可愛い」の両方とも諦めない髪型15選!簡単アレンジで更に爽快に♡

可愛い髪型

ロングでも涼しい&可愛い髪型5選の4つめは編み下ろしです。 1つ結びじゃ物足りない!という方にオススメの髪型です。 さらに毛先がばらけないので1つ結びよりも暑くないです。 毛先の部分は三つ編みにしても可愛くなります。 編み下ろしの作り方• サイドの髪をのこして下の方で1つ結びにします• サイドの髪を1で結んだ所の上で結び、くるりんぱします• 全体的にゆるく引き出します• 最初に結んだ方の髪の毛だけ少し下でもう1度ゴムで結びます• くるりんぱした方の髪を最初に結んだ方のゴムに巻きつけます• ピンでとめるか、くるりんぱ棒を使ってゴムの中に通します• 余った毛先をさらに下まで持っていき、下のゴムに巻きつけて上と同じようにします• 毛先をゆるく巻いてバランスを見ながらスプレーで固めたら完成です くるりんぱのやり方がわからない方はこちらで詳しく解説してありますのでぜひ参考にされてみて下さいね!くるりんぱ棒は100均や薬局のヘアコーナーにあるのでぜひ活用されてみて下さい。 全体的にざっくり作ることで夏らしく可愛い印象になります。 まとめ髪で毛先を出さない1番暑くないスタイルです。 編み込みアップの作りかた• 後れ毛を出して巻き込まないように分けておきます• 編み込みがしやすいように軽めのワックスをもみ込みます• トップからざっくりと編み込みをしていきます• 編み込みができなくなったら三つ編みにします• 髪を引き出します• ゴムが見えないように襟足あたりで丸めてとめます• 毛先も出さず全てアップにしてしまうと首にもかからず涼しいですが、難しいと思ってる方も多いと思います。 このやり方だとピンは最小限で可愛い髪型ができます。 簡単アップスタイルの作り方• トップの髪を真ん中ちょっと下あたりで結びます• 結んだ髪のトップの方を引き出します• サイドの髪を後ろに持ってきて、トップの髪を結んだゴムが隠れる位置で結び、くるりんぱします• サイドの髪をゆるく引き出します• 毛先をまとめて三つ編みにします• 毛先をまるめてくるりんぱした所に入れピンでとめます• ただ編み込みと三つ編みにしてしまうと可愛くない編みおろしですが、トップを引き出してふんわり作り三つ編みも2つ作って絡み合わせたりすると可愛いスタイルになります。 おろしの作りかた• 髪をナナメにとり、左上と右下に分けます• 右下の髪をくるりんぱします• 左上の髪はトップを何か所か巻き、ゴムで結んでゴム隠しをします• 左上の髪を三つ編みにします• 右上の髪は連続でくるりんぱします• 網目の中にそれぞれくぐらせて絡ませ、1本にまとめてゴムで結んでゴムを隠します•

次の

【画像】広末涼子のボブの髪型が可愛い!オーダーやツヤ髪になる方法は?

可愛い髪型

出典: 1つ目は「リボンアレンジポニーテール」です。 夏の定番ヘアスタイルであるポニーテールに、SNSでも人気の可愛い「リボンアレンジ」を組み合わせたアイデアとなっています。 アレンジが難しい印象を持たれがちなリボンアレンジは、100均などで購入できるアレンジスティックを使うことで、簡単に再現できますよ! 「リボンアレンジポニーテール」のやり方• 1髪を両側の耳後ろで分け、残りの髪は後ろでまとめる。 2両側の顔周りの髪と耳前の髪を分け、耳前の髪をロープ編みにしてヘアゴムに巻き付ける。 3ゴムの中にアレンジスティックを挿し込み、まとめた髪から少し毛束を取って通す。 4そのまま真っ直ぐスティックを引き抜き、毛先を引っ張ったら完成。 出典: 3つ目は「ターバンアレンジ」です。 量が多い分、扱いに困りやすいロングヘアの方にぴったりな簡単アレンジとなっています。 ゆるめのお団子にターバンを合わせることで、垢抜けた大人の女性らしい雰囲気を演出できる点が魅力的です。 邪魔になりやすい後れ毛もすっきりまとまるうえ、動いても崩れにくいため、オフィスカジュアルにもおすすめです。 小さめのお団子にすることで、ボブショートの方にも再現できますよ。 「ターバンアレンジ」のやり方• 1耳後ろから髪を取り、耳の少し上でハーフアップにする。 2毛先を手でねじり、根元に巻き付けてお団子にする。 3残りの髪を三つ編みにしたら、同じようにお団子の根元でヘアピンで固定する。 4お団子側からターバンを被せ、顔周りの毛をコテで巻いたら完成。 出典: 2つ目は「ゆるふわローポニーテール」です。 簡単にできる髪型であるがゆえに、マンネリ化しやすいとされるローポニーテールですが、髪のまとめ方を少し変えるだけで、雰囲気を大きく変えられます。 首まわりがすっきりまとまるため、夏でも厚くない点も魅力的です。 オフィスからカジュアルまで、様々なシーンに使えるセミロング向けアレンジといえます。 「ゆるふわローポニーテール」のやり方• 1耳の上で髪をジグザグに取り分け、両サイドでクリップで仮留めする。 2中央の髪もジグザグに取り分け、半分にした毛束をさらに半分に分ける。 3右から2番目の毛束とサイドの毛束を右に寄せた位置でヘアゴムで留める。 4半分に分けた右側の毛束と、左サイドの毛束をヘアゴムで留める。 52つ結んだ位置が近くなるように位置を調節する。 6残った毛束を2つ結んだゴムの上で結ぶ。 7下にある2つの毛束を、先程結んだ毛束の上で留める。 出典: 3つ目は「スカーフ編み込みサイドテール」です。 明るく活気のある雰囲気を演出できるサイドテールは、スカーフと合わせて三つ編みにすることで、より大人可愛いヘアスタイルになります。 毛先部分は、スカーフをリボン結びにするだけでなく、ゴムタイプのヘアアクセサリーで束ねても可愛いですよ。 高さを調節することで、より暑くない髪型になります。 「スカーフ編み込みサイドテール」のやり方• 1髪の毛を上下2つに分け、片側のサイドで別々にヘアゴムで束ねる。 2上の毛束の上にスカーフを通し、スカーフと一緒に三つ編みにする。 3毛先部分をヘアゴムで固定し、最後にスカーフをリボン結びにしたら完成。 汗で髪がベタつきやすい、ミディアムやセミロングの方にぴったりの可愛いヘアアレンジとなっています。 扱いに困る襟足や顔周りの毛がすっきりまとまるため、首まわりが暑くない点が魅力的です。 シニヨンには様々なヘアアクセサリーがマッチしますが、普段は大人っぽくバレッタやヘアピンを付け、浴衣コーデには可愛いかんざし型の髪飾りを合わせるのがおすすめですよ。 「襟足すっきりまとめ髪」の作り方• 1顔周りの毛を残し、耳の上から後ろをハーフアップにする。 2ハーフアップした部分をくるりんぱし、全体を指でほぐす。 3下りている髪を毛先の位置でヘアゴムでまとめ、先に小さなお団子を作る。 4お団子をくるりんぱした部分に向かって丸め、くるりんぱの中にしまう。 5輪っかの内側の部分をすくって左右をヘアピンで留める。 出典: 2つ目は「ダブルくるりんぱお団子」です。 ハーフアップやポニーテールのアレンジ方法に使われやすい「くるりんぱ」ですが、実は応用することでミディアム向けのお団子ヘアにもアレンジできます。 難しい手順が一切なく、うなじをすっきり見せられる点が魅力的です。 首回りが暑くない髪型であるうえ、上品な雰囲気も演出できるため、夏の浴衣コーデやオフィスカジュアルなどにもおすすめの可愛いヘアアレンジです。 「ダブルくるりんぱお団子」のやり方• 1トップ部分の髪を取り、ハーフアップにする。 2トップ部分の両サイドから髪を少量取り、ハーフアップの上からヘアゴムで束ねて、くるりんぱする。 3くるりんぱした部分のさらに下で、同様にくるりんぱを作る。 4残った髪はまとめて三つ編みにする。 5三つ編みを毛先が内側になるように根元に向かって丸め、ヘアピンで固定する。 出典: 3つ目は「ブロッキングサイドポニー」です。 ミディアムやセミロングのなかでも、毛量が多い方の定番ヘアスタイルともいえるポニーテールを大人っぽくアレンジしたものとなっています。 髪の一部をブロッキングしてまとめることで、首回りが暑くないだけでなく、クールビューティーな雰囲気を演出できる点が魅力的です。 毛量が多ければ、ボブショートヘアの方でも再現できますよ。 「ブロッキングサイドポニー」の詳細• 1トップ部分の髪を3つに分け、それぞれをヘアゴムで結ぶ。 2下部の髪を2つに分け、左右の結んだ毛束と一緒に束ねる。 3中央と左側の髪を一緒に結び、右側に寄せて全て束ねる。 一見ごく普通の三つ編みに見えるヘアスタイルですが、毛束同士を挟み込んで束ねるだけで作れる可愛いまとめ髪アレンジとなっています。 ボブショートやミディアムヘアにも簡単できるうえ、ヘアアクセサリー1つで簡単に雰囲気を変えられる点が魅力的です。 「三つ編み風まとめ髪」のやり方• 1髪の毛を上下半分に分け、耳の上をハーフアップにする。 2残った髪の毛を、上の結び目のすぐ下の位置で1つにまとめる。 3上の毛束を2つに分け、下の毛束を挟むように1つにまとめる。 4上に来た毛束を、下の毛束を挟むように1つにまとめる。 5同様の手順を繰り返し、毛先をヘアゴムでまとめる。 出典: 3つ目は「ロープ編みまとめ髪」です。 「ボブショートでもまとめ髪を楽しみたい」という方におすすめの簡単で可愛いヘアスタイルとなっています。 複雑な手順が一切なく、毛束をねじって留めるだけであるため、時間がない朝のスタイリングにもおすすめです。 毛束を指でルーズにほぐすことで、よりふんわりとした優しい雰囲気に仕上がります。 簡単でありながら首元が暑くないため、夏のお出かけにもぴったりなまとめ髪ですよ。 「ロープ編みまとめ髪」のやり方• 1左側のこめかみより下の毛束を取り、左へねじる。 2上の毛束を取り、先程の毛束と右回転に交差させてねじる。 3さらに右隣の毛束を縦に分け取り、毛束を足して右回転させる。 4同様の手順を繰り返し、ロープ編みをしていく。

次の

小学生 女の子に人気の髪型は?人気のヘアスタイルランキング&アレンジ、料金の相場を徹底調査!

可愛い髪型

出典: 1つ目は「リボンアレンジポニーテール」です。 夏の定番ヘアスタイルであるポニーテールに、SNSでも人気の可愛い「リボンアレンジ」を組み合わせたアイデアとなっています。 アレンジが難しい印象を持たれがちなリボンアレンジは、100均などで購入できるアレンジスティックを使うことで、簡単に再現できますよ! 「リボンアレンジポニーテール」のやり方• 1髪を両側の耳後ろで分け、残りの髪は後ろでまとめる。 2両側の顔周りの髪と耳前の髪を分け、耳前の髪をロープ編みにしてヘアゴムに巻き付ける。 3ゴムの中にアレンジスティックを挿し込み、まとめた髪から少し毛束を取って通す。 4そのまま真っ直ぐスティックを引き抜き、毛先を引っ張ったら完成。 出典: 3つ目は「ターバンアレンジ」です。 量が多い分、扱いに困りやすいロングヘアの方にぴったりな簡単アレンジとなっています。 ゆるめのお団子にターバンを合わせることで、垢抜けた大人の女性らしい雰囲気を演出できる点が魅力的です。 邪魔になりやすい後れ毛もすっきりまとまるうえ、動いても崩れにくいため、オフィスカジュアルにもおすすめです。 小さめのお団子にすることで、ボブショートの方にも再現できますよ。 「ターバンアレンジ」のやり方• 1耳後ろから髪を取り、耳の少し上でハーフアップにする。 2毛先を手でねじり、根元に巻き付けてお団子にする。 3残りの髪を三つ編みにしたら、同じようにお団子の根元でヘアピンで固定する。 4お団子側からターバンを被せ、顔周りの毛をコテで巻いたら完成。 出典: 2つ目は「ゆるふわローポニーテール」です。 簡単にできる髪型であるがゆえに、マンネリ化しやすいとされるローポニーテールですが、髪のまとめ方を少し変えるだけで、雰囲気を大きく変えられます。 首まわりがすっきりまとまるため、夏でも厚くない点も魅力的です。 オフィスからカジュアルまで、様々なシーンに使えるセミロング向けアレンジといえます。 「ゆるふわローポニーテール」のやり方• 1耳の上で髪をジグザグに取り分け、両サイドでクリップで仮留めする。 2中央の髪もジグザグに取り分け、半分にした毛束をさらに半分に分ける。 3右から2番目の毛束とサイドの毛束を右に寄せた位置でヘアゴムで留める。 4半分に分けた右側の毛束と、左サイドの毛束をヘアゴムで留める。 52つ結んだ位置が近くなるように位置を調節する。 6残った毛束を2つ結んだゴムの上で結ぶ。 7下にある2つの毛束を、先程結んだ毛束の上で留める。 出典: 3つ目は「スカーフ編み込みサイドテール」です。 明るく活気のある雰囲気を演出できるサイドテールは、スカーフと合わせて三つ編みにすることで、より大人可愛いヘアスタイルになります。 毛先部分は、スカーフをリボン結びにするだけでなく、ゴムタイプのヘアアクセサリーで束ねても可愛いですよ。 高さを調節することで、より暑くない髪型になります。 「スカーフ編み込みサイドテール」のやり方• 1髪の毛を上下2つに分け、片側のサイドで別々にヘアゴムで束ねる。 2上の毛束の上にスカーフを通し、スカーフと一緒に三つ編みにする。 3毛先部分をヘアゴムで固定し、最後にスカーフをリボン結びにしたら完成。 汗で髪がベタつきやすい、ミディアムやセミロングの方にぴったりの可愛いヘアアレンジとなっています。 扱いに困る襟足や顔周りの毛がすっきりまとまるため、首まわりが暑くない点が魅力的です。 シニヨンには様々なヘアアクセサリーがマッチしますが、普段は大人っぽくバレッタやヘアピンを付け、浴衣コーデには可愛いかんざし型の髪飾りを合わせるのがおすすめですよ。 「襟足すっきりまとめ髪」の作り方• 1顔周りの毛を残し、耳の上から後ろをハーフアップにする。 2ハーフアップした部分をくるりんぱし、全体を指でほぐす。 3下りている髪を毛先の位置でヘアゴムでまとめ、先に小さなお団子を作る。 4お団子をくるりんぱした部分に向かって丸め、くるりんぱの中にしまう。 5輪っかの内側の部分をすくって左右をヘアピンで留める。 出典: 2つ目は「ダブルくるりんぱお団子」です。 ハーフアップやポニーテールのアレンジ方法に使われやすい「くるりんぱ」ですが、実は応用することでミディアム向けのお団子ヘアにもアレンジできます。 難しい手順が一切なく、うなじをすっきり見せられる点が魅力的です。 首回りが暑くない髪型であるうえ、上品な雰囲気も演出できるため、夏の浴衣コーデやオフィスカジュアルなどにもおすすめの可愛いヘアアレンジです。 「ダブルくるりんぱお団子」のやり方• 1トップ部分の髪を取り、ハーフアップにする。 2トップ部分の両サイドから髪を少量取り、ハーフアップの上からヘアゴムで束ねて、くるりんぱする。 3くるりんぱした部分のさらに下で、同様にくるりんぱを作る。 4残った髪はまとめて三つ編みにする。 5三つ編みを毛先が内側になるように根元に向かって丸め、ヘアピンで固定する。 出典: 3つ目は「ブロッキングサイドポニー」です。 ミディアムやセミロングのなかでも、毛量が多い方の定番ヘアスタイルともいえるポニーテールを大人っぽくアレンジしたものとなっています。 髪の一部をブロッキングしてまとめることで、首回りが暑くないだけでなく、クールビューティーな雰囲気を演出できる点が魅力的です。 毛量が多ければ、ボブショートヘアの方でも再現できますよ。 「ブロッキングサイドポニー」の詳細• 1トップ部分の髪を3つに分け、それぞれをヘアゴムで結ぶ。 2下部の髪を2つに分け、左右の結んだ毛束と一緒に束ねる。 3中央と左側の髪を一緒に結び、右側に寄せて全て束ねる。 一見ごく普通の三つ編みに見えるヘアスタイルですが、毛束同士を挟み込んで束ねるだけで作れる可愛いまとめ髪アレンジとなっています。 ボブショートやミディアムヘアにも簡単できるうえ、ヘアアクセサリー1つで簡単に雰囲気を変えられる点が魅力的です。 「三つ編み風まとめ髪」のやり方• 1髪の毛を上下半分に分け、耳の上をハーフアップにする。 2残った髪の毛を、上の結び目のすぐ下の位置で1つにまとめる。 3上の毛束を2つに分け、下の毛束を挟むように1つにまとめる。 4上に来た毛束を、下の毛束を挟むように1つにまとめる。 5同様の手順を繰り返し、毛先をヘアゴムでまとめる。 出典: 3つ目は「ロープ編みまとめ髪」です。 「ボブショートでもまとめ髪を楽しみたい」という方におすすめの簡単で可愛いヘアスタイルとなっています。 複雑な手順が一切なく、毛束をねじって留めるだけであるため、時間がない朝のスタイリングにもおすすめです。 毛束を指でルーズにほぐすことで、よりふんわりとした優しい雰囲気に仕上がります。 簡単でありながら首元が暑くないため、夏のお出かけにもぴったりなまとめ髪ですよ。 「ロープ編みまとめ髪」のやり方• 1左側のこめかみより下の毛束を取り、左へねじる。 2上の毛束を取り、先程の毛束と右回転に交差させてねじる。 3さらに右隣の毛束を縦に分け取り、毛束を足して右回転させる。 4同様の手順を繰り返し、ロープ編みをしていく。

次の