サニーゴ 育成。 サニーゴ (ガラルのすがた)

サニゴーン

サニーゴ 育成

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】サニーゴの入手方法と注意点 サニーゴ(ガラルの姿)をゲットするだけなら比較的簡単です、ワイルドエリアのマックスレイドバトルで捕まえるだけですから。 だがしかし サニーゴ(ガラルの姿)を捕まえてはいけないんです。 何故なら夢特性が出てこないから。 ここが重要な注意点で、その辺のサニーゴを捕まえて厳選すると後で後悔することになります。 サニーゴの夢特性にこだわる理由としては通常特性のデメリットがキツすぎるからです。 サニーゴの夢特性と通常特性について — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴの通常特性は「くだけるよろい」 【物理攻撃(接触)を受けると 防御を一段階下げ、素早さを2段階上げる』というものです。 物理受けがメインのポケモンなのに物理技を受けるという クソ珊瑚クソ雑魚になってしまうんですね。 一方夢特性は 「のろわれボディ」 『相手から攻撃を受けると30%の確率でしばらくの間その技をつかえない「かなしばり」状態にする』というものです。 こだわり系のアイテムを持っているポケモンを30%で機能停止に追い込めるので受けポケモンであるサニーゴにとってはそれなりに使い勝手のいい特性です。 防御が下がるなんていうような致命的なデメリットもないので、 必ず夢特性のサニーゴを手に入れる必要があります。 余談ですがポケモンの特性を変える「とくせいカプセル」というアイテム、このアイテムは通常特性の場合のみ変更可能で 通常特性から夢特性に変えることはできませんのでご注意ください。 1つ目の方法は マジカル交換で流れてくるのを祈る マジカル交換で孵化余りが流れてきたのであれば、理想の性格であることも多いので育成も楽で万々歳です。 サニーゴは比較的メジャーなポケモンなので何回もマジカル交換をしていれば時々流れてきます。 しかしマジカル交換は所詮運、いつまでたっても手に入らない可能性も高いので実用性の高いもう一つの方法の方がオススメです。 2つ目の方法は 夢特性のサニゴーンを捕まえに行く。 夢特性のサニゴーンを捕まえ、そこから孵化させていくという方法です。 少し手間はかかりますが確実に捕まえることができます。 サニゴーンがでてくる場所は数箇所あるのですが、その中でもオススメなのがこちらの左端に映っている巣穴です。 ストーンズ原野の、預け屋から少しいったところにある場所です。 ここに「ねがいのかたまり」を投げ、紫色の太い柱がでるまでリセットを繰り返すと4割位の確率でサニゴーンが出てきます。 リセットのやり方はこちらの動画から スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】サニーゴの育成方法! ここからはサニーゴの育成例についてお話ししていきます。 私が使っているサニーゴはこんな感じです。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴ(ガラルの姿)@しんかのきせき 性格:図太い H252 B252 D4• ちからをすいとる• ステルスロック• ナイトヘッド 持ち物と性格 「進化前のポケモンの防御と特防を1. 5倍にする」という効果を持つしんかのきせきで確定です。 努力値 安定のHBぶっぱ総合耐久を考えるのであればDに20振ってBを236にしたほうが効率がいいらしいですが、努力値振りが面倒だったのでぶっぱしました。 ぶっちゃけどっちでもかわらないです。 技構成 最大の悩みどころです。 回復ソースと攻撃ダウンを両方こなせるぶっ壊れ技、 ちからをすいとる と相手の物理ポケモンを機能停止に追い込める 鬼火 は確定でいいでしょう。 (ちからをすいとる:相手の攻撃の実数値分だけ自分のHPを回復、相手の攻撃を一段階下げる) (鬼火:相手をやけどにする、命中85%なのはご愛嬌) 残り2枠の候補としては 相手のタスキを潰せて、リザードンやギャラドスによく刺さる ステルスロック 相手の能力上昇を打ち消すことができる 黒い霧 この2つから1つ。 ダメージソースとして 相手に負担をかけることができ、相手の耐久ポケモンにも役割を持てる 呪い 固定ダメージで挑発や化けの皮を潰したり、残り少しのHPを削ることのできる ナイトヘッド の2つから1つです。 ( 熱湯は鬼火の枠を圧縮できますが、火力があまりに低いのと30%の火傷に頼るのはリスキーなので不採用としました) 私のオススメは最初にあげた• ちからをすいとる• ステルスロック• ナイトヘッド の構成です。 私最初は ナイトヘッドではなく 呪いを採用してましたが、HP半分削れるのが想像以上に余裕がないことと残りHPわずかの相手を削れないのがもどかしかったので ナイトヘッドを採用しました。 また、 黒い霧は相手に積まれたら打つ暇がなさそうですし、物理アタッカーなら 黒い霧をつかわなくても 鬼火と ちからをすいとるでなんとかなるので、サイクル戦を有利にできる ステルスロックを採用しました。 そんなサニーゴですが、実際の対戦環境での使い勝手はそんな感じでしょうか? 私が30戦くらいサニーゴを使ってランクマッチに潜っていると色々な強みや弱点が見えてきました。 【ポケモン剣盾】サニーゴの実際の使い勝手 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 硬い 対面であればほとんどの物理アタッカー全部をカモにできます。 環境に多いドリュウズ (身代わり?知らん)を筆頭にギャラドスやオノノクス、アイアントやウインディ、ガラルヒヒダルマを受けきることができます。 相性の悪いバンギラスやキリキザンも対面からであれば受けきることが可能です。 一致弱点や、超高火力ポケモン以外なら相手の攻撃を受けながら交代して、そのまま攻撃を受けきることができます。 サニーゴの実際の立ち回り ここからは私が実際にサニーゴ使ってビギナーランクからマスターランクまで上げていく中でやっていた立ち回りや感想を書いています。 (あくまで個人の感想です)• 物理アタッカー相手に投げて ちからをすいとるで回復しつつ攻撃力を下げます。 隙を見て相手に鬼火を使ったり、 ステルスロックを撒きます。 まだ余裕があれば ナイトヘッドを使って削っていく ここまで来ると相手も特殊アタッカー(大体各種ロトム)や挑発持ちのポケモン(大体アーマーガア)に交代して来ます。 こちらは ステルスロックを巻いたり、鬼火で物理アタッカーを潰しているので全体的にスムーズに立ち回ることができます。 相手の手持ちが物理アタッカーしかいない場合はサニーゴを突破できないので詰ませることができます、 物理ポケモンが多い現環境ではかなり強いポケモンです。 しかし正直な話ミミッキュとドラパルトの両方がいるパーティにこいつを選出してしまうと後出しが効かない関係でサイクルを回しづらく、そのまま負けにつながる恐れがあるので ミミッキュ ドラパルト の2体が相手のパーティにいるor選出されそうな場合は選出を控えたほうがいいように感じました。 ドラパルトにもそれなりに打ち合えて、ミミッキュの選出をかなり縛ることができる ドリュウズと組むと出番が増えるのでオススメです。 サニーゴ自体もドリュウズが苦手なドリュウズミラーに対しても強く出られるので相性がいいです! またのような特殊アタッカーに対しては耐久があまり安定しないのと、 ちからをすいとるの回復が少ないという理由で対面はオススメしません。 ちからをすいとるを回復ソースにしているので耐久ポケモン(毒々撃ってくるドヒドイデ、叩き落す使うナットレイ)との戦いも苦手です。 あくまで「物理受け」として運用しましょう。 サニーゴを使ったパーティの問題点 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴを使ったパーティの問題点として上がってくるのが上の画像のパーティのように ゴーストポケモンが多くなることです。 どのパーティにも入れたくなる厨ポケ、ミミッキュとドラパルトがゴーストなのでタイプがかぶってしまうんですね。 ここにサニーゴまで入れるとパーティにゴーストポケモンが3体になってしまいます。 タイプ的に偏りは出ますが、どのポケモンもタイプ相性を覆せすことができるような汎用性を持つポケモンなので気にせず運用して大丈夫です。 サニーゴは 通常特性だとゴミになっちゃうから気をつけてね!• サニーゴの夢特性は出ません、夢特性サニゴーンから孵化させよう! サニーゴはHBに振って 物理受けとして起用しよう!• 物理アタッカーには強いけど ミミッキュとドラパルトは嫌いだよ!• パーティのタイプが偏る? しょうがないさ!! と、こんな感じです。 物理アタッカーを止める物理受けとしてはピカイチの性能を持っているので、ぜひサニーゴを使ってみてください! 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の

【ソードシールド】サニゴーンの育成論!特殊アタッカーに強い特殊アタッカー【ポケモン剣盾】

サニーゴ 育成

5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 特攻と特防が非常に高く、防御と素早さが非常に低いというハッキリとした特徴のあるポケモンです。 どのように使っても強いというわけではありませんが、出すべき所がわかりやすく、サブウエポンも豊富なので基本的な動きや構築を行っているだけで十分強力になります。 耐久寄りにするか火力寄りにするか、火力増強アイテムを持たせるか回復アイテムを持たせるかなど、周りのポケモンや環境にも対応できるポテンシャルがあります。 物理技を喰らうとあっさり落ちてしまいますが、夢特性の「ほろびのボディ」によって接触技でこちらが落ちてしまった場合にも相手を流す、またはひんしという最低限の仕事をこなす事が出来ます。 高い特攻を活かして相手を大きく削っていけます。 ほとんどの場合確定となる技です。 命中も威力も安定しておりとりあえずで入れておける技です。 くさ 特殊 威力 75 命中 100 PP 10 効果 相手に与えたダメージの半分の量だけ回復する 解説 威力は低いですが、回復ソースとしても使用出来るサブウエポン候補です。 ダイソウゲンとして使用する事でグラスフィールドを展開し、回復ソースにする事も可能です。 みず 特殊 威力 110 命中 80 PP 5 効果 通常攻撃 解説 威力は高いですが命中不安のサブウエポン候補です。 他のポケモンのダイストリームで雨状態にしておくと火力が大きく上がる、逆にサニゴーンがダイストリームとして使用して他のポケモンをサポートするなどの役割を担う事も可能になります。 環境や構築に地面技が欲しい場合は採用される可能性があります。 ほのお 変化 威力 0 命中 85 PP 15 効果 相手を「やけど」にする 解説 攻撃が下がる効果があるので、サニゴーンを狩りに来た物理アタッカーに交換読みなどで撃てると大きなアドバンテージが取れる技です。 ちからをすいとると合わせて物理アタッカーとの殴り合いを可能にします。 くさ 変化 威力 0 命中 100 PP 10 効果 相手の攻撃力と同じ数値だけHPを回復する。 その後、相手の攻撃をダウン 解説 相手の攻撃を下げつつ下げた分だけ自分のHPを回復します。 サニゴーンは物理が極端に低いので物理アタッカーを呼びやすくいので相手の戦力を削りつつ大きな回復量が見込めます。 やけどによる攻撃低下は回復量の影響を受けないので、おにびと合わせて物理アタッカー相手でも高い殴り合い性能を実現します。 場持ちがよくなり、特殊アタッカーはもちろん物理アタッカーに対しても行動回数が増やせる可能性が高まります。 効果 持たせると同じ技しか出せなくなるが、特殊技のいりょくが1. 5倍になる 解説 物理アタッカーとの殴り合いは完全に諦めてサイクルでの運用になりますが、技威力によってやや物足りない火力を底上げし、文句無しの特殊火力にしてくれます。 事前にトリックルームなどを他のポケモンで起動しておくと更に活躍が見込めます。 効果 持たせると攻撃するたびにHPが減るが、技の威力が1. 3倍になる 解説 実質的な耐久は落ちてしまいますが、火力を増強しつつおにびなどの補助要素と共存できます。 こだわりメガネと同じくトリックルーム下で撃ち分け可能なアタッカーとして採用する際に特に有効です。 効果 持たせるとHPが半分以下になった時に自分でHPを回復するが、性格によっては「こんらん」状態になる 解説 オボンのみよりも発動の安定度は低いですが回復量が高く、明確な耐久調整先などが居る場合特に有効です。

次の

【ソードシールド】サニゴーンの育成論!特殊アタッカーに強い特殊アタッカー【ポケモン剣盾】

サニーゴ 育成

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】サニーゴの入手方法と注意点 サニーゴ(ガラルの姿)をゲットするだけなら比較的簡単です、ワイルドエリアのマックスレイドバトルで捕まえるだけですから。 だがしかし サニーゴ(ガラルの姿)を捕まえてはいけないんです。 何故なら夢特性が出てこないから。 ここが重要な注意点で、その辺のサニーゴを捕まえて厳選すると後で後悔することになります。 サニーゴの夢特性にこだわる理由としては通常特性のデメリットがキツすぎるからです。 サニーゴの夢特性と通常特性について — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴの通常特性は「くだけるよろい」 【物理攻撃(接触)を受けると 防御を一段階下げ、素早さを2段階上げる』というものです。 物理受けがメインのポケモンなのに物理技を受けるという クソ珊瑚クソ雑魚になってしまうんですね。 一方夢特性は 「のろわれボディ」 『相手から攻撃を受けると30%の確率でしばらくの間その技をつかえない「かなしばり」状態にする』というものです。 こだわり系のアイテムを持っているポケモンを30%で機能停止に追い込めるので受けポケモンであるサニーゴにとってはそれなりに使い勝手のいい特性です。 防御が下がるなんていうような致命的なデメリットもないので、 必ず夢特性のサニーゴを手に入れる必要があります。 余談ですがポケモンの特性を変える「とくせいカプセル」というアイテム、このアイテムは通常特性の場合のみ変更可能で 通常特性から夢特性に変えることはできませんのでご注意ください。 1つ目の方法は マジカル交換で流れてくるのを祈る マジカル交換で孵化余りが流れてきたのであれば、理想の性格であることも多いので育成も楽で万々歳です。 サニーゴは比較的メジャーなポケモンなので何回もマジカル交換をしていれば時々流れてきます。 しかしマジカル交換は所詮運、いつまでたっても手に入らない可能性も高いので実用性の高いもう一つの方法の方がオススメです。 2つ目の方法は 夢特性のサニゴーンを捕まえに行く。 夢特性のサニゴーンを捕まえ、そこから孵化させていくという方法です。 少し手間はかかりますが確実に捕まえることができます。 サニゴーンがでてくる場所は数箇所あるのですが、その中でもオススメなのがこちらの左端に映っている巣穴です。 ストーンズ原野の、預け屋から少しいったところにある場所です。 ここに「ねがいのかたまり」を投げ、紫色の太い柱がでるまでリセットを繰り返すと4割位の確率でサニゴーンが出てきます。 リセットのやり方はこちらの動画から スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】サニーゴの育成方法! ここからはサニーゴの育成例についてお話ししていきます。 私が使っているサニーゴはこんな感じです。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴ(ガラルの姿)@しんかのきせき 性格:図太い H252 B252 D4• ちからをすいとる• ステルスロック• ナイトヘッド 持ち物と性格 「進化前のポケモンの防御と特防を1. 5倍にする」という効果を持つしんかのきせきで確定です。 努力値 安定のHBぶっぱ総合耐久を考えるのであればDに20振ってBを236にしたほうが効率がいいらしいですが、努力値振りが面倒だったのでぶっぱしました。 ぶっちゃけどっちでもかわらないです。 技構成 最大の悩みどころです。 回復ソースと攻撃ダウンを両方こなせるぶっ壊れ技、 ちからをすいとる と相手の物理ポケモンを機能停止に追い込める 鬼火 は確定でいいでしょう。 (ちからをすいとる:相手の攻撃の実数値分だけ自分のHPを回復、相手の攻撃を一段階下げる) (鬼火:相手をやけどにする、命中85%なのはご愛嬌) 残り2枠の候補としては 相手のタスキを潰せて、リザードンやギャラドスによく刺さる ステルスロック 相手の能力上昇を打ち消すことができる 黒い霧 この2つから1つ。 ダメージソースとして 相手に負担をかけることができ、相手の耐久ポケモンにも役割を持てる 呪い 固定ダメージで挑発や化けの皮を潰したり、残り少しのHPを削ることのできる ナイトヘッド の2つから1つです。 ( 熱湯は鬼火の枠を圧縮できますが、火力があまりに低いのと30%の火傷に頼るのはリスキーなので不採用としました) 私のオススメは最初にあげた• ちからをすいとる• ステルスロック• ナイトヘッド の構成です。 私最初は ナイトヘッドではなく 呪いを採用してましたが、HP半分削れるのが想像以上に余裕がないことと残りHPわずかの相手を削れないのがもどかしかったので ナイトヘッドを採用しました。 また、 黒い霧は相手に積まれたら打つ暇がなさそうですし、物理アタッカーなら 黒い霧をつかわなくても 鬼火と ちからをすいとるでなんとかなるので、サイクル戦を有利にできる ステルスロックを採用しました。 そんなサニーゴですが、実際の対戦環境での使い勝手はそんな感じでしょうか? 私が30戦くらいサニーゴを使ってランクマッチに潜っていると色々な強みや弱点が見えてきました。 【ポケモン剣盾】サニーゴの実際の使い勝手 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 硬い 対面であればほとんどの物理アタッカー全部をカモにできます。 環境に多いドリュウズ (身代わり?知らん)を筆頭にギャラドスやオノノクス、アイアントやウインディ、ガラルヒヒダルマを受けきることができます。 相性の悪いバンギラスやキリキザンも対面からであれば受けきることが可能です。 一致弱点や、超高火力ポケモン以外なら相手の攻撃を受けながら交代して、そのまま攻撃を受けきることができます。 サニーゴの実際の立ち回り ここからは私が実際にサニーゴ使ってビギナーランクからマスターランクまで上げていく中でやっていた立ち回りや感想を書いています。 (あくまで個人の感想です)• 物理アタッカー相手に投げて ちからをすいとるで回復しつつ攻撃力を下げます。 隙を見て相手に鬼火を使ったり、 ステルスロックを撒きます。 まだ余裕があれば ナイトヘッドを使って削っていく ここまで来ると相手も特殊アタッカー(大体各種ロトム)や挑発持ちのポケモン(大体アーマーガア)に交代して来ます。 こちらは ステルスロックを巻いたり、鬼火で物理アタッカーを潰しているので全体的にスムーズに立ち回ることができます。 相手の手持ちが物理アタッカーしかいない場合はサニーゴを突破できないので詰ませることができます、 物理ポケモンが多い現環境ではかなり強いポケモンです。 しかし正直な話ミミッキュとドラパルトの両方がいるパーティにこいつを選出してしまうと後出しが効かない関係でサイクルを回しづらく、そのまま負けにつながる恐れがあるので ミミッキュ ドラパルト の2体が相手のパーティにいるor選出されそうな場合は選出を控えたほうがいいように感じました。 ドラパルトにもそれなりに打ち合えて、ミミッキュの選出をかなり縛ることができる ドリュウズと組むと出番が増えるのでオススメです。 サニーゴ自体もドリュウズが苦手なドリュウズミラーに対しても強く出られるので相性がいいです! またのような特殊アタッカーに対しては耐久があまり安定しないのと、 ちからをすいとるの回復が少ないという理由で対面はオススメしません。 ちからをすいとるを回復ソースにしているので耐久ポケモン(毒々撃ってくるドヒドイデ、叩き落す使うナットレイ)との戦いも苦手です。 あくまで「物理受け」として運用しましょう。 サニーゴを使ったパーティの問題点 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴを使ったパーティの問題点として上がってくるのが上の画像のパーティのように ゴーストポケモンが多くなることです。 どのパーティにも入れたくなる厨ポケ、ミミッキュとドラパルトがゴーストなのでタイプがかぶってしまうんですね。 ここにサニーゴまで入れるとパーティにゴーストポケモンが3体になってしまいます。 タイプ的に偏りは出ますが、どのポケモンもタイプ相性を覆せすことができるような汎用性を持つポケモンなので気にせず運用して大丈夫です。 サニーゴは 通常特性だとゴミになっちゃうから気をつけてね!• サニーゴの夢特性は出ません、夢特性サニゴーンから孵化させよう! サニーゴはHBに振って 物理受けとして起用しよう!• 物理アタッカーには強いけど ミミッキュとドラパルトは嫌いだよ!• パーティのタイプが偏る? しょうがないさ!! と、こんな感じです。 物理アタッカーを止める物理受けとしてはピカイチの性能を持っているので、ぜひサニーゴを使ってみてください! 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の