ロニー キャットフード。 エリザベスキャットフード サーモン公式通販サイト

ロニーキャットフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

ロニー キャットフード

キャットフードおすすめ比較評判ランキング 今回は安全性・品質・嗜好性などに優れており、口コミでも評判の良い人気のキャットフードについてまとめてみました。 はじめて猫を飼うような方で、どういったキャットフードを選べばいいのか良く分からないといった場合には、ぜひ参考にしてみて下さい。 モグニャンキャットフード 「ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された魚を使用」「乾燥原材 料等はペットフード用に生産されたものを使用」 当サイトでは最大20%オフでモグニャンキャットフードが購入できます。 以下からモグニャンキャットフードの確認が出来ます。 モグニャンキャットフード公式サイトはこちら 出典: 価格 3,960円(1. 5kg) 1kgあたりの価格 2,640円 対象 全年齢 主な原料 白身魚 カロリー(100g辺り) 約365kcal サイズ 1. 5kg 評価(amazon) 3. 0 モグニャンは高たんぱくでかつグレインフリー・着色料不要の、栄養満点で安全性も期待されるキャットフードです。 また味や香りにとことんこだわって作られていることから嗜好性の高さにも期待できるでしょう。 ちなみに主原料は白身魚なので、特に魚好きの愛猫におすすめです。 エサを与えて2カ月になりますが、うちの猫の場合は特に問題なく、元気に育ち、見た目もキレイです。 レビューで言われているような悪いエサではないようで、うちの猫とは相性が良かったようです。 エサとの相性の問題のためか、モグニャンは一部では猫が食べないというケースもあるようです。 購入する際はこの点について注意しておきたいところですね。 カナガンキャットフード 以下からカナガンキャットフードが確認出来ます。 カナガンキャットフード公式サイトはこちら 価格 3,960円(1. 5kg) 1kgあたりの価格 2,640円 対象 全年齢 主な原料 乾燥チキン カロリー(100g辺り) 約390kcal サイズ 1. 5kg 評価(amazon) 3. またグレインフリー(穀物不使用)、香料・着色料不使用であることから安全性にも優れています。 モグニャンと同様、高品質なプレミアムフードでありながらコスパが良いということでおすすめです。 猫との相性にもよる? 老猫になってからずっとあげていたフードの吐き戻しが増えたので、こちらに切り替えました。 うちの猫の場合だと最初は食いつきも良く、消化もでてており、朝もスッキリです。 ゆっくり食べるようになって吐きづらくなりました。 口コミ上では悪い評判もありますが、うちの猫にとっては相性が良かったようで、総合的に見ればよいフードだと思います。 ただもう少し値段が安ければと思います。 namehey がシェアした投稿 — 2018年 4月月13日午前7時40分PDT モグニャンと同様に、猫によっては匂いがきつくて吐き出したりと相性が良くなかったりするので、購入するのであれば定期契約する前にお試しで様子見しておくと良いかもしれません。 シンプリーキャットフード公式サイトはこちら 価格 3,960円(1. 5kg) 1kgあたりの価格 2,640円 対象 全年齢 主な原料 骨抜き生サーモン カロリー(100g辺り) 約380kcal サイズ 1. 5kg 評価(amazon) 3. 0 こちらは魚を主原料とした、グレインフリー・香料着色料なしの安全性や栄養バランス・嗜好性に優れたコスパの良いプレミアムフードです。 食い付きの良さや健康維持に期待できるほか、キナ酸が豊富なクランベリー配合、オリゴ糖で体調を整えます。 食いつき・見た目がよくなる・体調・コスパどれも良い! 悪い評価もありますがうちの猫は大変気に入っています。 今までのプレミアムフードの中でもコスパが良かったです。 ジャガー 出典: 以下からジャガーキャットフードが確認出来ます。 ジャガーキャットフード公式サイトはこちら 価格 4,280円(1. 5kg) 1kgあたりの価格 2,853円 対象 全年齢 主な原料 骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉 カロリー(100g辺り) 約383kcal サイズ 1. 5kg 評価(amazon) 3. 運動量が多い成猫や妊娠中の猫にも良いでしょう。 食いつきが良くて抱っこが気持ちいい とにかく食いつきが良いです。 また最近は抱っこが気持ちいいです。 ジャガーは主に食いつきの良さにおいて非常に好評ですが、一方で、しょっぱいのが苦手な猫だと合わず食いつきが悪いかもしれません。 ピュリナワン 出典: 価格 1,414円(2. 4kg 評価(amazon) 4. 5(ベストセラー1位) 低価格でありながら、栄養価・栄養素・嗜好性に優れたコスパ最強キャットフードです。 その他消化吸収にも優れていたり、 毛玉ケアと尿pHケアも可能で、高たんぱく・低脂肪・低脂質でシニア猫になっても問題なく与えられます。 安くて高品質 以前あげていたフードと違い便秘がマシになりました。 またこちらは小分けの袋に入っているものもあるので、たくさん購入しても酸化しにくく大変便利です。 運動量が少ないことを考慮してカロリー含有量は適度になっており、消化率が高まる原料を使うことで糞便の匂いを軽減させます。 室内猫用のキャットフードを求めている場合におすすめです。 にゃぁ様の写真見せたら「ロイヤルカナンたべてそう!!」っいわれて、食べてますとも。 室内長毛用のロイヤルカナンをなってなった。 匂いに関しては控えめですが美味しいと評判で、袋で小分けになっているのも便利ですね。 お金が出せないような場合や多頭買いの場合におすすめです。 我が愛猫にはこれ 猫にも好みがありますが、うちの猫には合っているようです。 なので初めて買う場合は少量で試すと良いと思います。 口コミ上ではとにかく評価が高く、特に食いつきの良さに関しては定評があります。 更に味が2種類あるということで、飽きずに食べてくれるのではないでしょうか。 多頭飼いにはおすすめです 商品一袋分は3匹の1食分で丁度よい大きさとなっており、その場で使いきれるので便利です。 ただ一匹しか飼ってない場合は、かなり余るので若干使いずらいかもしれません。 味が沢山の種類があるので飽きが来ないのも良かったです。 45kg 評価(amazon) 3. 値段が高いですが、とにかく安全で良いものを与えたい場合におすすめです。 8kg) 1kgあたりの価格 2,367円 対象 全年齢 主な原料 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉 カロリー(100g辺り) 410kcal サイズ 1. 8kg 評価(amazon) 4. 愛猫が魚よりも肉好きであり、品質や安全性を重視する場合におすすめです。 子猫の健やかな成長にも 毛艶も良くなり食いつきも非常に良いです。 最低限知っておきたいキャットフードの選び方 キャットフードの中には色々な種類のものがありますが、はじめて購入するような場合だと、どういったものが愛猫にとって良いものなのかピンと来ないこともあるかもしれません。 愛猫にとってどういったものが適しているのか分からない場合は、主に下記のポイントでキャットフードを選んでいくと良いでしょう。 キャットフードの種類で選ぶ• 猫の年齢で選ぶ。 (子猫向け・シニア向け・成猫向け)• 目的・効果で選ぶ• 安全性で選ぶ キャットフードの種類で選ぶ キャットフードには、主に「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」の2つの種類があります。 ドライタイプは文字通り固くて乾燥しているタイプのフードです。 ドライタイプのメリットは、栄養価やバランスに優れており、コスパが良くて長期保存が可能です。 また固いので猫のあごを鍛えることができますし、ウェットタイプに比べても歯が汚れにくいです。 ただしデメリットとしては、そのものが固いのであごや歯が未発達の子猫や歯の弱った老猫には向きません。 一方でウェットタイプは水分が多く含まれているタイプのフードです。 ウェットタイプのメリットとしては高たんぱく高カロリーで嗜好性が高く、柔らかいのでまだ歯が弱い子猫などに適しています。 ただしデメリットとしては、ドライタイプよりも値段が高く、保存が長持ちしません。 そのため猫に与えるフードとしては、基本的にはドライタイプのものをメインで与えるのが一般的であり、たまにおやつとしてウェットタイプのものを与えると良いでしょう。 猫の年齢で選ぶ。 子猫向け シニア向け 成猫向け またキャットフードを選ぶ際は、飼っている猫の年齢に応じたものを選びましょう。 というのも上記でも触れた通り、ドライタイプのフードは幼猫や老猫には向いていなかったりと、それぞれのライフステージによって与えるべき最適なフードが変わってくるんですね。 このことから成猫なら成猫用と書かれたものを選ぶなど、愛猫の年齢に合ったフードを選ぶのが基本です。 目的・効果で選ぶ またキャットフードを選ぶときには、健康維持目的なのか、それとも特定の病気の予防などが目的なのか、といったように目的・効果で選ぶと良いでしょう。 基本的に健康維持目的で普通の餌として与えるのであれば「総合栄養食」を表示されたフードを選ぶのが適切です。 また腎臓などの臓器機能を改善させたり、肥満対策やデンタルケアをさせたいのであれば、それらに対して有効的な「食事療法食」を与えると良いでしょう。 安全性で選ぶ キャットフードの中にはコスパが良いと思われる安価なものも存在していますが、そういったものは安全性に問題があるものかもしれません。 そのフードが安全かどうか見分けるためには、主に下記のポイントで判断していくと良いとされています。 グレインフリー(穀物不使用)である• 添加物は控えめである• マグネシウムの量は適量である(多いと尿石のリスクが高まる) その他原料に「ミートミール」といったものが含まれているものは、動物の死骸など粗悪な肉が含まれていることもあるので注意が必要です。 マンガで分かる!安全なキャットフードってどんなもの? 添加物? 肉副産物? どんなキャットフードが危険なの? 「キャットフードとして売っているんだし、全部安全でしょう!」なんて考えをお持ちの方、今すぐに考え直してください。 確かに市販されているキャットフードは『ペットフード安全法』という法律で使用できる原料や使用してはいけない原料、成分表示の義務付けなどが定められています。 しかし、あくまで 『原材料の80パーセント以上を表記』とざっくりとしており、さらに危険な原料を絶対に使ってはいけないと明言しているわけではありません。 そこでキャットフードに使用される危険な原料をご紹介します。 ・ 4Dミートをざっくりと説明するならば『生ごみクラスの肉』です。 名前の通り4つの『D』が存在します。 Food and Drug Administration(米国食品医薬品局)では4Dミートの出荷を法令違反として警告するなど、健康被害が大きい原料なのです。 しかし、キャットフードでは家畜として屠殺(とさつ)されたわけではない、いわゆる事故死や突然死した動物の死体を用いることがあります。 死んでから数分以内で加工されると殺とは違い、死んでからどれほど日数が経ったか分からない動物の肉をペットフードとして加工することは大変危険です。 【Dying(死にかけている)】 例えば事故、劣悪な環境、老衰などで死に直面した動物の肉を使ったキャットフードを家族に与えるのは抵抗があります。 死にかけているという事は、骨や内臓が飛び出し壊死・細菌感染している可能性があるという事です。 非常に安全性の低い原料であることは疑いようがありません。 【Diseased(病気)】 病気になった家畜は人間の食用として加工されることはほとんどありません、無いと信じたいところです。 ペットフードメーカーは食肉として値の付かない病気の家畜を安値で買い取り、ドッグフードやキャットフードとして加工していることがあります。 悪性腫瘍や感染症の家畜の肉が自分の愛猫たちの体に入るなんて、決して考えたくありませんよね。 【Disabled(障害)】 人も動物も近親交配により先天的な障がいを負うリスクが高いことが知られています。 このような先天的な奇形や障害を負い、食肉用として出荷できない家畜もペットフードとして加工されている現実があるのです。 現に2015年3月、オーストラリアで頭が2つある牛が食肉メーカーに卸されるという出来事がニュースとなり、国内で物議を醸しました。 先天的な障がいのほか事故の後遺症など身体的な障がいを負った家畜の肉は、感染症や病気のリスクがあり決してペットに与えるべきではありません。 ・肉副産物 危険な原料の1つとして4Dミートをご紹介しましたが、キャットフードにおける主原料たるたんぱく源にはまだまだ危険がいっぱいです。 あなたのお手元にあるキャットフードの原材料に『肉副産物』と記載されていませんか。 肉副産物も単刀直入に言うならば、生ごみです。 人間の食肉加工で余った部材は『肉副産物』としてペットフードに使用されます。 具体的にどのような部分が余るかというと、内臓・血管・血液・骨・表皮・蹄・くちばしなど到底人間が口にしないである部分です。 このように、食肉以外の部材を使用することでコストを抑え、大量のキャットフードを生産できます。 信じられないという方は、以下のページに真実が書かれていますのでご覧ください。 dogfoodadvisor. しかし、主原料となると話は別です。 猫たちの体は良質なたんぱく質とタウリンが必要不可欠の為、あくまで食用としてのチキンやサーモン等が使われなければいけません。 肉副産物を使用しているキャットフードは以下の通りです。 何を隠そう、筆者もその一人です。 我が家の猫(MIX/4歳メス)もアレルギー体質の為、穀物入りのフードを食べるとひどい嘔吐に悩まされます。 猫の体は穀物=炭水化物の消化が非常に苦手な為、常食とするキャットフードは穀物不使用(グレインフリー)を選ぶことをおすすめします。 インターネットでは穀物アレルギーばかり取り上げられがちですが、他にも牛肉アレルギーや鶏肉アレルギーも全体の30パーセントを占めるアレルゲンなのです。 猫の穀物アレルギーによる症状は下痢・嘔吐、それに伴う脱水症状、皮膚炎、脱毛が挙げられます。 我が家はたまたま穀物に反応しましたが、あなたの愛猫がアレルギーを発症した場合『何に反応したのか』が重要であることを覚えておいてくださいね。 穀物を使用しているキャットフードは以下の通りです。 それだけ人間の食生活に縁がないビートパルプですが、このビートパルプの使用は賛否両論あります。 ビートパルプを使用するメリットとデメリットは以下の通りです。 うんちは健康のバロメーターとも呼ばれるほど、日頃の体調観察に必要なものです。 そのうんちが必要以上に固められ、体の不調に気付けないとなると本末転倒ですよね。 さらに残留薬物で健康上の心配があるとすれば、メリットがあるにしろ避けたほうが良いでしょう。 ビートパルプを使用しているキャットフードは以下の通りです。 キャットフードやドッグフードのような高たんぱく高脂肪の食品は、とても腐りやすいのです。 油が多く含まれるという事は、酸化のリスクも考えなければなりません。 しかも乾燥材を使わなければすぐに湿気てしまい、食の意欲すら削いでしまいます。 そこでコストを抑えて効率的に保存性をあげるため、合成保存料が使用されるのです。 これら合成保存料のデメリットは、その日その日は何ともなくとも、後々健康被害につながる可能性がある点です。 ここではキャットフードに使用される主な添加物と健康リスクを合わせてご紹介します。 発色剤として使用されることの多い物質です。 ・ソルビン酸カリウム ソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムを同時に摂取し猫の体内で結合すると、発がん性物質に変化します。 本来の用途は防腐剤です。 ソルビン酸カリウムを使用しているキャットフードは以下の通りです。 あまりの危険性からペットフードへの添加は法律により禁止されていますが、発色剤の溶剤として間接的に口にする可能性があるため危険です。 プロピレングリコールを使用しているキャットフードは以下の通りです。 <酸化防止剤> 廉価なキャットフードほどよく使われている傾向があるため注意が必要です。 ・BHT(ブチルヒドロキシアニソール) ペットフード安全法により添加可能な分量が規制されています。 石油の酸化防止剤をキャットフードに使用するなど、言語両断です。 BHAを使用しているキャットフードは以下の通りです。 ・赤色2号、赤色104号 海外では使用禁止されている、発がん性の高い着色料です。 人間の食材でも一部使用禁止のため、小さい猫の体には猛毒だと言わざるを得ません。 ・赤色3号 石油から生成される着色料です。 他の着色料と同じく、発がん性が認められるため避けましょう。 ・赤色40号 赤色3号と同じく、石油から生成された着色料です。 発がん性およびアレルギー発症のリスクがあるため、絶対に与えてはいけません。 ・青色1号、青色2号、青色3号 海外では使用禁止されています。 免疫の異常や染色体異常、発がんのリスクがあり危険です。 ・黄色4号、黄色5号 喘息・アレルギーのリスクが報告されています。 食材が安全なのにアレルギーを発症した場合、この着色料を疑うべきでしょう。 これらの着色料を使用しているキャットフードは以下の通りです。 ・グレインフリー(低アレルゲン) あなたのねこちゃん、以下の症状が出ていませんか。 もしかするとそれは『食物アレルギー』かもしれません。 若いのに食が細い 毛並みが悪い 目ヤニが付く 常に軟便・下痢 食べた後吐いてしまう(嘔吐) 体を常に掻いている など これらの症状に心当たりがある場合、まずは日ごろの食生活を見直す必要があります。 猫の食物アレルギーで発症リスクが高いとされる食物として以下のようなものが挙げられます。 牛肉 とうもろこし(穀物) 小麦(穀物) ミルク など 食物アレルギーのリスクを減らすため、グレインフリー(穀物不使用)やアレルゲンフリーのキャットフードがおすすめです。 グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードは以下の通りです。 安全な原料を使用しているキャットフードは公式ホームページ上でアナウンスしているほか、原材料表を見るとよく分かるのです。 肉副産物を使用しない場合、原料表では『ダック・ベニソン・チキン・ラム・サーモン』など具体的に表記されます。 原産国 ベルギー 内容量 1. 主原料の鶏肉は、「脱水鶏肉(ディハイドレイテッドチキン)」と鶏生肉を使用しています。 あまり聞き慣れない「脱水鶏肉」とは、低温でゆっくり脱水しながら栄養価を凝縮させた脱水鶏肉のこと。 脱水鶏肉は、消化吸収率が高く乾燥した鶏肉よりも数段高品質なのがポイント。 もちろん、穀物不使用の高品質なグレインフリーキャットフードです。 他にも、34種類の野菜、10種類のフルーツやハーブといった、41種類の原材料が使われているので健康維持に最適なキャットフードです。 通常のキャットフードは1袋あたり1. 5kgが多いですが、ロニーキャットフードは1. 8kgと大容量なので1ヶ月持つのです。 ロニーキャットフードは1. 5kgあたり3,225円と他の商品と比べると、低価格なのも嬉しいポイント。 ロニーキャットフードが高品質で低価格を実現できたのは、レシピ開発からペットフード製造まで自社が運営しているから。 そのため、購入するなら公式サイトからのみとなっています。 通常価格は、単品4,300円となっており、まずは1ヶ月試したい方は、1袋購入して愛猫の食いつきを確認してみましょう。 もし愛猫がペロリと食べてくれたら、定期コースに切り替えることをオススメします。 ロニーキャットフードの定期コースは、休止と再開はいつでもOKなので、やめたくても止められないリスクはありませんので、安心してください。 そして、定期コースのお届けの周期は自由に選択できるので、公式サイトから希望の配送日をご選択して届けてもらえます。 ハイクラスなキャットフードAATUもおすすめ 今、愛猫家の方達の間で話題になっているキャットフードと言えば、イギリス発の 「AATU(アートゥー)」も要チェック! ハイクラスなキャットフードAATUの基本情報は以下の通りです。 AATU(アートゥー)キャットフードは成分比率を明確に表しているので、愛猫の健康管理を厳しく行っている方にもオススメ。 動物性タンパク源となる肉を多めに食べさせて、消化しにくい穀物やグルテン、ジャガイモ不使用を避けたい方は、一度AATUを購入する価値があると思いますよ。 アートゥーの通常価格は、公式サイトでは 3. 300円となっています。 楽天市場では 3,780円(送料470円)、アマゾンでは3. 299円(送料無料)と定価よりも高くなっているのでお得ではありません。 アートゥーを最安値で購入するなら、公式サイトの3,300円(1袋1kgあたり)を利用しましょう。 定期コースではないので自動的に送られてきて困るということはありませんよ。 まずは、味だけ確かめたいという方は、公式サイトに85gのサンプルを300円で購入できます。 もう少し多めのサンプルならば、200g 980円のお試しも利用できるので便利ですね。 安全なキャットフード。 60種類のキャットフードを徹底抗戦 最後に、安全性が高く無添加なキャットフードをランキング形式でご紹介します。 ここでおすすめするキャットフードは筆者もすべて試しており、好印象だったことも加味しているため、個人的な見解や我が家の猫たちの好みも反映されていることをご了承ください。

次の

57人に聞いた【ロニーキャットフードの評判や口コミ】オススメの国産キャットフードもご紹介!

ロニー キャットフード

私たちはキャットフードを開発する前にヨーロッパ各国を巡り、動物愛護の考え方や、それぞれの国の動物に対する考え方から学びました。 動物を愛する気持ちが強く、環境も整っている国の多いヨーロッパで、私たちの理想のキャットフードを作り出せる工場を探し、たどり着いた先がEUの本部があるベルギー。 ベルギーは犬よりも猫の飼育数が多い猫文化の国で、チョコレートやワッフル以外にもムール貝、チーズ、ワーテルゾーイ、カルボナード、フライドポテト、ビールなどの美食が豊富。 食糧自給率が70%以上を誇る食の国です。 安心と信頼を追求した結果、エリザベスキャットフードは食事の美味しい猫の国ベルギーで製造することになりました。 私達を背に海を眺めていた猫、それがエリザベスでした。 舌の肥えた猫のためにサーモンとニシンを贅沢に使い、鶏肉で整えたリッチな食事。 エリザベスキャットフードは「 すべての猫に求められる 最高の食事を」という気持ちから作られています。 肉食動物(動物食性動物)である猫のことを第一に考えたレシピは、高品質な原材料を厳選し、栄養バランスや消化吸収、食感、匂い、味まで全てにこだわって配合しています。 メイン食材は栄養価を損なうことなくゆっくりと脱水したサーモンとニシン、新鮮な生サーモンを贅沢に使用。 さらに栄養バランスを整える鶏肉や34種類もの野菜、フルーツ、ハーブを配合しています。 また、DHAやEPAを補うために、豊富な栄養素と強い生命力を持つ南極オキアミを配合しています。 カルシウム、リン、マグネシウム、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸などの成分バランスも考えられた全年齢対応のレシピです。 名称 エリザベスキャットフード(総合栄養食・全成長段階)• この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。 AAFCO 米国飼料検査官協会 及びFEDIAF 欧州ペットフード工業会連合 の定める規則を満たしています。 内容量 1. ただ、一番多くを占める主の原材料が違いますので、ロニーキャットフードとは別物として考えてください。 ロニーはチキンの単一タンパク源ですのでアレルギーへの配慮や、好き嫌いが少なめで与えやすいというメリットもありますので、それぞれお好みでお選びください。 ロニーキャットフードで厳選したものと同じ原材料をエリザベスでも使用していますが、成分のバランスが取れるように配合量を大きく変更しています。 また、魚類を使うことでヘルシーなレシピに仕上がっています。 さらにオメガ3脂肪酸が多くなりがちな魚系レシピに、脱水鶏肉を配合することでオメガ6脂肪酸とのバランスを整え、タンパク質量や食いつきの調整も行っています。 同クラスのキャットフードの中で最も安価な価格設定を可能にした仕組みは、レシピ開発からペットフード製造、パッケージ製造、輸入、運送まで全て自社で開拓し、中間マージンを徹底して省いたこと。 また、国内倉庫からお客様の元へ直送するシステムで販売中間マージンもなくしました。 また、開発者の「1か月以内にフードを切らして愛猫を困らせることがないように」という考えから1. 8kgと当初の予定よりも300g増量しています。 結果的にコストは2割増しになりましたが、価格に転嫁せず、徹底的に無駄を排除。 同クラスの原材料を使用しているキャットフードと比較すると大幅に価格を抑えていることがわかると思います。 素晴らしい原材料のキャットフードを、 十分な量で、 お求めやすい価格でお届けすることを 実現したのがエリザベスキャットフードです。 人間は血液が120日(4か月)で入れ替ると言われています。 猫はそれよりも短く90日(3か月)程度が必要と考えられています。 エリザベスキャットフードは猫の体を考えて作られた総合栄養食のドライフード。 新鮮な生サーモンと脱水サーモン、脱水ニシン、脱水鶏肉を使用し、豊富な野菜、フルーツ、ハーブを適量配合した私たちが最良と考えるレシピで作られています。 体の変化には時間がかかります。 ゆっくりと確実に変わっていきますので、皮膚被毛の状態や体の作り、目の輝きなど目に見える変化を待ってみましょう。 エリザベスキャットフードは「猫にも食育を」をテーマとし、食を通して猫として生きる力を育めるように、最高のキャットフードを追求しています。

次の

キャットフードランキング、比較サイトには注意。おすすめの仕方に難のあるサイトもあります。

ロニー キャットフード

おすすめの正誤はサイト次第 いくら報酬が出るからといっても、 悪いものをトップランクにしてはサイトの信用性が落ちて、検索で上位に表示はされません。 実際にランクインしているキャットフードが報酬が高いだけの悪いものというわけでもありません。 平均的に上位に入っているキャットフードはとても考えられた、コストもかかっている良いフードだと思います。 ただ、そのキャットフードをランクインしていいんですか?というキャットフードも入っていることは否めません。 例えばA判定、B判定やこの項目は何点という判定をしているサイトも見られますが、 総合栄養食とそれ以外が混ざっている例も見られ、そもそも与え方が違うものを比べるのは難しいですね。 また、 公開されていない情報を考慮せずに判定している点も非常に気になります。 店舗でコーナーを作っておすすめしてもらうのと同じ、一般的な販売方法のひとつ 非常に難しい問題なのですが、 キャットフードに限らずブランディングというのは大変重要です。 各社同じような品質のものを販売していても、ブランディングの成功によって高い値段で売れたり、大ヒットを出せたりするわけですね。 特にキャットフードを食べるのは猫ですから感想をネットに書き込めるわけでもありません。 判断するのは常に人間です。 つまりブランディングにも大きく左右されますし、どの世界でも同じですが 「必ずしもいいものだから売れる」ということではないのは事実ですね。 こうした観点からもアフィリエイトという販売方法は珍しくもなく、特別肯定派というわけでもありませんが、こうした手法自体は利用するメーカーがあってもいいと考えています。 例えば 携帯電話や車も契約台数に応じてメーカーが小売店に報酬を支払ったりします。 知ってるか知らないかだけで、販売の世界では一般的なことでもあります。 お金を出せば店舗でコーナーを作っておすすめしてもらえるのと同じではないでしょうか。 日本に輸入されると評価が悪くなるものもある どのキャットフードと名指しはできませんが、私自身が製造工場やペットショップで聞き込みまでして確認してきた結果、本国では非常に評価が高いのに、日本に輸入すると評価が悪くなるものがあります。 これらは 輸送、保管状況が著しく悪いということも考えられますが、これもわざわざそういうところを選ばない限りは劣悪な環境になることの方が難しいかなと思いますので、 もし統計的に悪い声が多いのであれば、日本の生活環境にある猫に合っていないとかそうしたことも考えられます。 火の無い所に煙は立たぬともいいますから、本当のところは私にもわかりませんし、もしかしたら管理体制などに何か原因があるのかもしれませんが… アフィリエイトとフードの品質に関連性はない 擁護するわけではありませんが、ペットフードに限らず、スーパーやデパートなどで販売されているものは、店員さんは試していないものも多いのではないでしょうか。 アフィリエイトや店頭展開、販売報酬、CMなどはあくまで販売手法のひとつとして捉えるといいかと思います。 愛猫の体調が悪くなったことで怒りの余りアフィリエイトとフードの品質が一緒になってしまう意見が大変多く聞こえてくるのですが、アフィリエイトはアフィリエイト、品質は品質として考え、 キャットフードの学校では少しでも飼い主が判断していけるようになればと、情報の共有をしていきたいと考えています。 ただ過剰評価は多くに見られますのでその点は注意が必要です。 私からお話できる部分といえばこの辺りになりますでしょうか。

次の