手首 の 捻挫 を 早く 治す 方法。 手首の捻挫は初期対応が大事!テーピング処置やRICE処置を知って治療しよう!

手首の捻挫の完治期間と症状や治療法・リハビリについて

手首 の 捻挫 を 早く 治す 方法

日々日本代表選手のことが取り上げられる中、本田選手に注目するとやはり彼は「ここ最近ずっと怪我をしないことを守れている」というところにプロを感じ、25日の得点に繋がったのではないでしょうか。 小学校の卒業文集では「ヨーロッパのに入団します。 そしてレギュラーになって10番で活躍します。 」と書いて見事実現し、今でも「世界一の選手」「ワールド優勝」など常に高い目標掲げています。 そういう強いメンタルが、チームの結束を高めてくれるでしょう。 しかし、世界の名プレーヤーがし、一般人がぶつかったら怪我以上の衝撃が走るだろう中、選手は体当たりで勝負していてすごいな~と思いますが、怪我は避けて通れないものでもあります。 そこで今日は、足首を捻ってしまった時の応急処置を紹介していきたいと思います。 「グキっっ!!」ゴールを決める瞬間に片足に思い切り力を入れた瞬間や、ボールの上に乗ってバランスを崩した際、やってしまうのが捻挫。 捻挫とは、骨と骨をつなぐ靭帯 じんたい が無理やり引き伸ばされて、伸びてしまったり切れてしまったりする怪我のことです。 関節部に起こるもので関節でないスネや太ももでは捻挫にはなりません。 その捻挫は、試合3日前などにやってしまうことも多々ありますよね。 一般的には全治まで3週間かかるといわれています。 捻挫にも重度があり、内出血を伴うものはそもそも数日で治るものではありません。 年齢によっても治りの早さが変わってきます。 若い人ほど治りは早いでしょう。 それでも、試合には出たい!何とか治さなければという時に、軽度の捻挫だった場合の対処法をご紹介していきたいと思います。 とにかく捻挫した部分に負荷をかけないことです。 早く直すためにはまずは動かないことを選択して下さい。 捻挫をして、動けなくなった瞬間、一体何が起きたんだ!?となり、何もなかったかのように元通り動こうとしてしまうのが人間の心理ですが、普通に歩けないことを悟ったら、諦めてじっとしましょう。 じっとすることが、治りを早くする方法のひとつです。 氷をビニール袋に入れて捻った部分を直に冷やしていきます。 こんなに冷やして大丈夫なのかな。。。 と思うくらい冷やします。 そうすると治りが早くなります。 実際冷やしてもらった際、やめてー!!と思いましたし、冷たすぎて痛かったりしたのですが、それが後々良い結果となりました。 どうしても、怪我をする前の体の動きをしてしまうので捻挫をした部分を動かさない ようにするためにも固定は大事です。 「体の血の巡りが悪いな」と感じるくらい体は温めない方がいいです。 特に患部は常に 冷え切っている状態にしましょう。 早く治りたいからと思って、お風呂でマッサージしてみたり、患部を動かすと逆効果です。 臭くても頭がかゆくても、もし迫る試合に出たい!と思うのであれば体を洗わないで耐えてみて下さい。 3日間動かさないことで、捻った部分が再生されると思ってとにかく動かないでいることをが重要です。 個人差はありますが、軽度の捻挫であれば、この処置で早めの回復が期待できます。 また、足首に限らず、けがの応急措置の基本は、 ・安静(Rest) ・冷却(Icing) ・圧迫(Compression) ・挙上(Elevation) の4つです。 それぞれの措置の英語の頭文字をとってRICE(ライス)といいます。 まずは横になるなどして安静にし、患部を氷やアイスパック、冷却スプレーなどで冷やし、包帯やテーピングなどで患部を圧迫・固定し、それから心臓より高い位置に上げます。 その後、病院に行くかどうかを考えますが、立ち上がるのにしばらくかかったり、触るとものすごく痛かったり、皮下出血(青あざ)が出てきた場合などは、病院(整形外科)を受診しましょう。 seiyuzan.

次の

捻挫は足首、手首のテーピングが重要!早く治す為の3つのポイント。

手首 の 捻挫 を 早く 治す 方法

手首の捻挫を軽く見ていませんか?? 「もう痛くないし大丈夫!! 」 治療期間として以下を参考にしてくだい。 軽度:~14日 押すと痛むぐらい• 中度:14日~30日 動かすと痛む• 重度:30日以上 動かせない あくまで目安ですので個人差はあると思います。 安静にすることが大事!! 手首の捻挫を早く治すには、 安静にすることが1番です。 無理に動かしたり、運動することは 絶対に避けてください。 腫れがある場合はで 処置をしましょう。 回復を早めることを助けます。 必ず捻挫をしたと思えば アイシングして冷やしましょう。 捻挫したばかりにどのような 治療を行うかでもそのあとの 症状の状態が変わります。 無理に動かさないこと 仕事やスポーツで痛めた場合、 治療期間中に競技に戻ったり、 仕事に戻ることがよくあると思います。 基本的には医者に「もう大丈夫」と 言われるまでは安静にしておきましょう。 治りきっていない状態で動かすと、 患部を守るために変な癖がつく場合があります。 大丈夫!! と思い放置しないこと 上記の治療期間は、 即座に病院で診察した場合です。 放置していて、 痛み出したから病院へという方は、 どおしても長引いてしまう傾向があります。 治療期間を短くするには、 軽い捻挫でも念の為に 診察してもらうことが大切です。 特に、 お年寄りや子供は 関節が弱い傾向にあるので 必ず医者に診察してもらうようにしましょう。 治療期間を短くするには、 適切な応急処置、 その後に病院へ行くことが大切になります。 関連記事.

次の

手首や指が痛いのを改善!腱鞘炎を早く治すための対処方法4選

手首 の 捻挫 を 早く 治す 方法

手首の捻挫について 皆さんは、捻挫した事はありますか?捻挫をしてしまう箇所も、色々な箇所がありますが、一番多いのは、やはり「足首」の捻挫です。 運動中などは、足を使う事が多く、負担がかかってしまったり、ちょっと関節をひねってしまっただけで、慢性的な捻挫に発展してしまう事も多いです。 しかし、捻挫する箇所は、足首だけではありません。 「手首」も捻挫するものです。 どんな時に手首を捻挫するのかというと、運動中だけではなく、パソコンなどを長時間やっている時です。 現代では、パソコンなしでは生活できなくなってきた程、パソコンは私達の生活必需品になってきています。 そのため、パソコンを長時間操作している機会もどうしても多くなってきます。 長い時間、キーボードで入力作業を続けていますと、手首に負担がかかってしまい、捻挫してしまう事があるのです。 手首捻挫になった時は 捻挫は、運動した時にだけなるものとは限りません。 普段の生活の中でも、十分起こり得る事で、ひょんな事から、関節をひねって痛めてしまう事もあるのです。 捻挫になった時は、すぐに応急処置をする事が大切です。 早期に捻挫の治療していき、捻挫の治療を行う事が必要なのです。 捻挫になった時には、色々な治療法がありますが、ご自分で捻挫に対処する時は、まず、安静にしておく事が大切です。 運動をする習慣があった方は、運動を控え、あまり体に負担をかけないような生活に心がけてみて下さい。 早期にどれだけ正しい措置をしていくかで、捻挫の治り具合は変わってきますので、放っておかないようにする事は勿論の事、正しい用法をよく守って捻挫に対応するようにしましょう。 捻挫になった時してはいけない事 手首の捻挫などした時の注意点としては、温めないようにする事です。 捻挫の時は、炎症を起こしているので、その患部は熱を持っています。 そのため、患部を温めてしまいますと、更に炎症が悪化してしまうのです。 応急措置のためには、患部を冷やすようにしましょう。 また、痛み止めのために、鎮痛剤など、飲み薬を飲み過ぎないようにする事も重要です。 飲み過ぎてしまいますと、副作用なども発生してきてしまいますし、人によっては、飲み過ぎによって、薬が効かなくなってしまう事もあるのです。

次の