引越しのサカイ 評判。 サカイ引越センター単身パックの相場料金と利用者の評判

サカイ引越センターの評判は悪い!?ガチ口コミと見積もり料金相場

引越しのサカイ 評判

以前、関東から関西に転勤になり引っ越しをサカイさんに決定しました。 引っ越しの日程も決まり、契約も済ましましたがその後引っ越しの日程がとれていないことが 発覚。 謝罪ひとつなく「日程を決めたなんて事実はない」のいってんばりで以前電話で伝えて いたこともあったので録音履歴を要求するもお客様には聞かせられないという対応っぷり。 最終的にクレーム扱いされたのか連絡を取るたびに無愛想な男性に電話を変わられ とても客というか一社会人としての対応とは思えない対応でした。 案の定引っ越し日も三週間後に延ばされそれに関しても謝罪なし、日程が決まったってから 書面に正式にこのしてようやく引っ越し日程が決まりました。 社内での連携が全く取れておらず、何かあった場合は謝罪なく聞いてない、ゆってないの 対応で同じサービス業をしているものとして愚の骨頂でした。 もう二度とこの会社に引っ越しをお任せする事はないです。 1日で引越しを終わらせる事を優先にお願いをしました 朝の9時に荷造りの女性2名が時間通りに来て当方3人の助っ人含めて2時間足らずで完了 トラックは14時-16時で到着するというので 少なくとも15時頃までには何らかの連絡があるかと思っていたのに連絡無 15時半にセンターに連絡をしたところ 16時少し前には到着できそうですとの連絡 結果16時半過ぎに到着したようです ところが高層マンションですので養生に時間がかかり 荷物の運び出しが18時半 この時もこちら何人か助っ人してます 目と鼻の先のマンション(徒歩2-3分)に引越しなのに そちらの搬入もごちになりますが始まってかなり経っていたので20時くらい マンションの引っ越しは周りの方に迷惑になるので困りました その後苦情を言っても何の連絡もありません そういう会社です 元々付いていたシューズラックの部品を紛失された。 堺側の失態なのに、こちらが何度も連絡し、何度も同じ話をしなくてはいけなかった。 電話に出た全員、口先だけで謝るだけで、誠意が全く伝わらない。 自分のミスではなくても、会社のミスとして電話に出た人が誠意をもって対応するべきではないのかと疑問に思いました。 「売上、引越件数6年連続NO. 1」とうたっているが、引越し後対応の質はとても悪いと思いました。 大手で安心できると思ったのに残念です。 下記、やりとりの流れです。 引越し2日後に「その後いかがですか?」と連絡がきたので、「長距離引越しの為、世田谷支店で一旦トラックの荷物を積み替えて地方へ運んでくれたのだが、引越し先に向かったトラックの中には部品がなかったので、世田谷のトラックを確認して欲しい」と伝えた。 その後1週間しても連絡がないので、こちらから連絡し、また同じ説明をする羽目に。 次の日には連絡すると言いながら、2日後に連絡が入った。 結局同じ商品はすでに取扱されていない為、金銭をこちらに振込む形で話がついた。 郵便物が届いたら、そこに振込先を記入して返送する流れだが、10日以上経って届かない為、また午前中に連絡し、同じ説明をする羽目に。 その日中に連絡すると言いながら、夕方になっても連絡がこない為、再度連絡。 結局手配出来てなかったから、速達で送るとのこと。 ここまでで、3週間弱という、対応の遅さに驚きました。 無料見積もりを何社かにお願いしたら、1番最初に家に来てくれたのがサカイさんでした。 営業の方は対応も丁寧で良かったです。 今 見積もりの日 決めたら7万円の所を4万7千円にします!と即決を迫られたのはビックリしました。 新築の家に引っ越すので、思っていたよりも高かったですが 隣の家なのでもっと安いと思ってました 、営業さんの雰囲気も良かったですし、安心できる大手のサカイさんに決めました。 当日の作業してくれた方の雰囲気は良かったのですが、近所の家の塀にトラックを擦ってしまったり、新築の家の床に何も敷かず、引きずって物を運んで砂利だらけの傷だらけ。 寝室のテレビボードも引きずったのか床に大きな傷が。 片付ける事を優先してしまったため、気づいたのが作業してくれる方が帰った後で、サカイさんに連絡しましたが何も対応はして貰えませんでした。 今後サカイさんに頼む事はないだろうし、周りにもおすすめできないなと思いました。 見ているだけで感心してしまいました! だけど1回目の営業の方は強引でさらにほかの引越し業者さんの悪口を言ったりと印象は悪かったです ーー; その旨をアンケートのハガキに書いたところ営業所からお詫びの連絡もあり印象は良かったです。 2回目の営業の方も良い人でした。 金額はサカイは安いほうでは無いと思いますが、タンスの中身を出さなくて良かったりと荷造りがその分楽でした! で新築に引越しの3回目ですが特に金額が高すぎるとかではなければサカイにお願いしようと思っていましたが…やめました。 営業の方はまだ新人さんかな?という感じはしましたが、頑張ってるなぁーとしか思いませんでしたが営業所の態度が悪かったです。 そもそも2回もサカイを利用している情報を持ってない、金額も6月なのに3月頭の金額より高くしか出せないと言ってきました。 その時点で我が家は取れなくて良いんだなぁーと思いました!営業さんと話してるのを見ていただけですが印象は最悪でした。 営業所が違うだけでこんなにも嫌な感じになるんだなぁと思いました! 前の所の営業所は良かったのに… なのでサカイといっても営業所で全然違います!なので気になったら見積もりを取り自分で確かめてみると良いと思います! 一番大手ということで、利用しました。 何かあったときの保証などはキチンとしていると思って。 しかし、家電が… 運んでもらったシーリングライト、4個のうち2個が凹んでました。 ひとつは買い換えて1ヶ月以内で、使用には問題ないけどショックでした。 4ヶ月前に買い換えたオーブンレンジのドアが開きにくくなりました。 片手で開けれず、本体を押さえないといけないので、不便。 対応をお願いしたけど、忘れられていたり、連絡の不手際があり、連絡してから1ヶ月経つけど、まだ対応してもらえてません。 「大手だから保証はちゃんとしてます」と言ってたのに、全然ちゃんとしてませんでした。 買って4年のプリンター、引っ越してから繰り返し「カバーが開いています」というエラーが出続け、使おうと思っても、なかなか使えません。 買い換えた後に、そういえば、引っ越す前にはこのエラーはなく、引っ越してからだと気づき、引越しの際の衝撃などで、接触が悪くなった可能性が高いです。 1番の問題は引っ越し開始の時間。 何度か確認していて、2日前までは「朝一番になると思います」と言われていたのに、前日何度問い合わせても時間がなかなか決まらず、20時頃、昼からになったと連絡が。 すべての予定が狂いました。 もっと早く引っ越し時間が決まらないのか?手伝いに来てくれた親戚は何もしてもらうことなく、遅くなったので帰ってもらいました。 提携しているはずの電気工事業者と連携取れてなく、不手際だらけだし。 (電気工事業者の仕事はちゃんとしてました) 引っ越しが全部終わったのが夜の21時。 ふざけるなよ! 引越しのサカイは二度と使わないでしょうね。 都内、近距離を新築戸建て同士へ移動の際に利用。 家族2人、荷物多め 結論を先に言うと、破格だったが妥当のサービス。 値引き交渉をねばった結果、1人暮らしレベルの価格に叩けたのが決め手で取引。 作業員は年齢層若め、連絡確認はきちんとしていた。 荷物の置き場所はちょくちょく間違えていたが、壊れ物もなく、配置の際も慎重にしていた。 ただ、階段によく見たら分かる程度の傷がついており問い合せた。 すぐに作業担当が現場確認したが、結局引越し作業が原因と特定されずそのまま。 そしてなにより残念なのがエアコン取り付け。 訪問当日は雨天で中止になったのに何も連絡来ず1日潰れた。 文句言うものらりくらり言い訳。 真夏だったらどないしてくれんねん。 とりあえず安けりゃOK!って人には勧める。 個人的には相場より10万は安くできたのでそれだけで満足。 「サカイ引越センター」は、みん評編集部の私も3回利用したことがあります。 評価は3回ともそこそこ満足でして、悪い思いをしたことはありません。 特に1回目の引越しでは終了後、スタッフ全員が整列して「ありがとうございました」と挨拶をしてくださったのには感動しました。 (2、3回目は無し) サカイ引越しセンターの特徴としては皆さんの口コミにあるように、営業員がやや積極的というのがあるかもしれません。 押しに弱い人にはあまりおすすめできませんが、その分、価格交渉がしやすいのも事実です。 (また見積もりしただけで米がもらえるのも嬉しい!) 引越し業者を大手から選びたい場合は、その他に、アート引越しセンター、日本通運、ヤマト、アリさんマークの引越し社などから相見積もりをとって比較してみると良いかと思います。 複数の業者から見積もりをする場合は、が早くて便利です。 業者の空き状況によっては見積もり金額が数万円異なることもざらなので、相見積もりとってみると思わぬ安い業者が見つかることもあります。

次の

サカイ引越センターV.Sアリさんマークの引越社!料金と評判を徹底比較

引越しのサカイ 評判

もくじ• サカイ引越センターの特徴 「アート」「日通」「アリさん」「クロネコヤマト」など、引越し業者はさまざまです。 こうした大手引越し業者の一角を占めるのがサカイ引越センターです。 サカイ引越センターはパンダのマークで有名であり、養生シートもパンダマークが描かれています。 あらゆる引越し業者の中でも、サカイ引越センターの特徴は何なのでしょうか。 それは、引越しのコースが細かく分かれており、その人に応じた対応が可能なことにあります。 サカイ引越センターには、以下のようなプランがあります。 ・らくらくコース プレミアム 旧居での荷造りから新居での荷解きに加え、ダスキンによる新居での掃除サービスを加えることができます。 ・らくらくAコース 旧居での荷造り・梱包から、新居での荷解きまでを行ってくれます。 ・らくらくBコース 旧居での荷造り・梱包だけを代行してくれます。 新居での荷解きは自分たちです。 ・らくらくCコース 荷造りで最も面倒な食器類の梱包・荷解きだけ行ってもらいます。 ・ご一緒コース 荷物の到着日を指定しない場合、他の人の荷物と一緒にして運んでもらいます。 通常、引越し専門業者で単身パックは存在しないが、 単身パックと同じようなシステムにすることで値段をかなり低く抑えています。 ・立て替えパック 家の建て替えや大規模リフォームなどにより、一時的に家を出るようになることがあります。 そのときは家財の長期保管が必要になり、そうしたときのプランです。 ただ、引越し業者の一時預かりでは「預けた荷物のうち、1~2点を途中で取り出す」などができないため、次の引越しまで絶対に取り出さないものだけ預けるようにするといいです。 これに、荷造りや荷解きを自ら行う「せつやくコース」が加わります。 これだけ細かくプランを分けている引越し業者は珍しいです。 通常、おまかせプラン(らくらくパック)として、「旧居での荷造り&新居での荷解きをしてもらう」「旧居での荷造りだけ代行してもらう」だけを用意しているのが普通です。 実際のところ、ほとんどの人はせつやくコース(荷造り&荷解きは自分)を選びます。 他のプランではそれだけ、値段が高くなるからです。 しかし、 人によっては「食器だけ梱包してもらいたい」などの要望があり、そうした希望をかなえたい場合は最適です。 対応サービス 引越し業者が違えば、対応しているサービス内容が異なります。 そこで、サカイ引越センターでどのようなことを実施しているのか確認していきます。 ・引越し後の配置換え、取り付けなど(10分間サービス) サカイ引越センターでは、10分間サービスというものを行っています。 これは、新居へ引越しをした後に配置換えや照明の設置を含め、要望を出すことで10分ほど手伝ってくれるというものです。 ただ、10分間サービスという名前ではあるものの、 実際のところ10分以上であっても問題なく対応してくれます。 私がサカイ引越センターを利用して引越しをした友人を手伝ったとき、彼は新居でいろいろ指示を出していたのですが、確実に10分以上の時間が経過していました。 ただ、それでも問題なく家具の移動や掃除を含めいろいろ対応してくれました。 ・不用品の廃棄処分が可能 有料にはなりますが、サカイ引越センターでは不用品の廃棄処分を代行してくれます。 引越しのとき、必ず出るものがゴミです。 こうしたゴミのうち、粗大ごみは捨てる場所に困ってしまいます。 そうしたとき、訪問見積もりのときに営業マンへ「粗大ごみを捨ててほしい」と伝えれば問題ありません。 私も以下のようにプリンターを引越し業者に捨ててもらったことがあり、非常に楽でした。 特に家電リサイクル法にひっかかる「テレビ、洗濯機、エアコン、冷蔵庫」などは適切な方法で捨てる必要があります。 これらを含め、すべて代行してくれます。 ・買取サービス なお、不用品の中でもブランド物や高級家具など、リサイクルショップで買取してもらえるものについては、サカイ引越センターにお願いすることで買取してもらえます。 捨てることでお金がかかるどころか、サカイ引越センターがリサイクルショップへ依頼することで引越し費用の足しにすることができます。 ・家電製品・家具の設置や解体・組立 家電製品や家具によっては、解体したり組み立てたりしなければいけないことがあります。 これには洗濯機や食洗器、ベッドなどさまざまです。 これらは非常に面倒ですが、オプションをつけることで作業を代行してくれます。 例えば、以下は食洗器の取り外し作業の様子になります。 こうした作業は特殊であるため、工事費用が必要になります。 今回の食洗器であれば、以下のような価格の見積もりでした。 なお、洗濯機設置であっても4,000円ほどのオプション代が必要になるため、こうした金額はどのような場合であっても必要になると考えてください。 他にもベッドの分解&組立は時間がかかるため、別料金になります。 ・エアコンの取り外しや取り付け オプションなので別料金ですが、エアコンの取り外しや取り付けにも対応しています。 通常はエアコンについても見積もりのときに引越し業者へ依頼しますが、エアコンの取り外しや取り付けは専門的な作業になるので、実際の作業は別の業者が来て行うようになります。 エアコンでは真空引きや専用工具を用いた工事などが必要であり、この部分は引越し業者が行えないため、そのための人が引越し日にやってくるのです。 引越しのとき、エアコンは別料金が発生しやすいので必ず事前に引越し内容を確認するようにしましょう。 エアコンクリーニングを含め、オプション代はそれなりの値段になります。 そのため、訪問見積もりのときに事前に営業マンと相談するようにしましょう。 ・単身パック 一人暮らしでの単身引越しでは、荷物が非常に少ないです。 そうしたとき、単身パックを考える人は多いです。 単身パックは運送業をしている引越し業者が提供するサービスですが、サカイ引越センターの場合は前述の通り「ご一緒コース」に名前が変わります。 サカイ引越センターは引越しの専門業者です。 運送業をしているわけではないですが、こうした単身パックを用意しているのです。 ただ、一般的な単身パックとは異なり、 荷物の到着日を指定できないなど制限があることは理解しなければいけません。 荷物が少なく、値段重視の人におすすめのプランです。 ・ダンボールの引き取り 引越しが終わった後、家には大量のダンボールが余ることになります。 こうしたダンボールは捨て場所に困ってしまいます。 サカイ引越センターの場合、1回1,000円(税別)でダンボールなどの資材引き取りサービスを行っています。 もちろん、資源ごみとして無料で捨てても問題ありません。 ・車やバイクの輸送 近距離なら関係ないですが、遠方への引越となると車やバイクをもっている人は輸送をお願いすることになります。 車やバイクでの遠距離移動は非常に大変だからです。 サカイ引越センターでは車やバイクの運搬にも対応しています。 当日、専門の別会社が来て運搬してもらうことになります。 ・ピアノ(電子ピアノ)の輸送 別料金にはなりますが、ピアノ(電子ピアノ)の輸送にも対応しています。 ピアノは非常にデリケートな家具です。 また、かなり大きい家具になります。 そのために運び出しは大変ですが、サカイ引越センターでは問題なく運送してくれます。 安心保証サービスにおける保険 サカイ引越センターは大手企業であるため、保険に加入しています。 そのため、もし壁に傷がついたり、家財が壊れてしまったりしたときに補償されます。 ただ、こうした引越しに1,000円(税別)を加えることで、「引越し後の6ヵ月以内であれば、家具移動をお願いできる」「より手厚い保証を付けることができる」などのサービスがあります。 1,000円を加えることによる保険については、以下のような保証内容でも問題ないようになっています。 あなたによる家具の梱包や輸送による破損• 引越しによる家電製品の内部破損(データ消失以外)• 車両事故が発生したときの家具の破損 こうした中でも、最も大きいのはあなたが家具の荷造りをしたり、運搬したりしているときの破損についても補償してくれることです。 引越しのとき、基本は作業員が行うものの、あなた自身も作業をします。 事前に梱包が必要ですし、引越し日の当日であっても何かしら荷物が出てくるため、そうしたものをダンボールに入れなければいけません。 そうしたとき、あなたが自分で家具を壊してしまったとしても問題ないのです。 サカイ引越センターで用意してくれる梱包資材 契約書にサインして正式に引越しをお願いする場合、梱包資材を用意してくれます。 このときの梱包資材としては、以下のようなものがあります。 ダンボール、ガムテープ• 布団袋• ハンガーケース• シューズボックス ダンボールやガムテープ、布団袋などの梱包資材については、事前に送ってくれます。 せつやくコース(節約コース)を利用する場合は前もって荷造りをしておく必要があるため、梱包作業を前日までに済ませておくようにしましょう。 また、ハンガーケースやシューズボックスについては当日に用意してくれます。 そのため、洋服はハンガーにかかったままの状態で問題ありません。 以下のように、スタッフがハンガーにかかったままの状態で洋服をハンガーボックスへ移動させていきます。 なお、シューズボックスについては、要求すれば靴を入れるための箱を持ってきてくれます。 ただ、靴はダンボールの中へ事前に入れていても問題ないため、利用するかどうかはあなた次第です。 引越し料金を安くするコツ なお、サカイ引越センターを利用して訪問見積もりしてもらうとき、引越し料金を安くしてもらうように交渉しましょう。 このとき、いくつかのコツがあります。 ・午前便、午後便、フリー便などの時間指定の違い 引越しは時間指定によって値段が違ってきます。 一般的には午前が最も高く、午後の方が料金相場は安いです。 午前だと引越し時間を確定できるものの、午後便だと「午前の引越し作業が長引いた」などによって時間がズレることがよくありからです。 また、時間指定をしない フリー便であればさらに引越し料金の割引を期待できます。 ・引越し日を考える 休日に引越しが殺到するため、平日の引越しにすれば10,000円以上の値引きになるのは普通です。 そのため、積極的に有給休暇を取得して平日での引越しを実現するようにしましょう。 以下の表では、ピンクの塗りつぶし日が該当します。 また、サカイ引越センターでは「引越し日の安い日」をカレンダーで公開しています。 一般的には、月末が近づくほど引越し料金は高くなります。 ただ、3~4月などの繁忙期では例外が発生します。 いずれにしても、こうしたカレンダーを活用しながら、値引き交渉をしやすい日を指定したうえで見積もりをもらうようにしましょう。 サカイ引越センターでの見積もり&引越しをする 私は友人の引越しを手伝うとき、その友人がサカイ引越センターへ依頼したのでそのときの体験談について記していきます。 ネット上の口コミや評判だけではわからないことも含め、細かく記載していきます。 その友人は最初、アート引越センターへ依頼していました。 「日通」「アリさん」「クロネコヤマト」など業者はたくさんありますが、紹介制度を利用してアート引越センターの訪問見積もりを依頼したのです。 ただ、友人は「引越しは一社だけに依頼するもの」と考えていました。 そこで、私が複数業者へ見積もりを依頼するだけで簡単に値段が安くなり、提案内容もよくなることを伝えたところ、サカイ引越センターにも依頼したのです。 また、家族での引越しなので引越しの料金相場は非常に高いですが、それでも27万2,063円の見積もり(アート引越センター)から、約24万8,400円(サカイ引越センター)まで値下げされました。 本来なら、もっと複数の業者に依頼して見積もりを比較すればよかったのですが、引越し日がわりと近づいていたので友人はそのままサカイ引越センターの契約書にサインし、引越しを依頼することになりました。 ・キャンセルをして正式に依頼し直す このときはアート引越センターへの依頼を解約するわけですが、やり方は簡単です。 営業所に電話をかけるだけです。 見積書に担当営業マンの所属する営業所や電話番号が必ず記載されているため、そこへ電話するようにしましょう。 なお、営業所に電話をしたとしても電話口に出るのは事務員の方です。 営業マンではないので、気兼ねすることなく安心して電話をかけて問題ありません。 前日にキャンセルするなど直前すぎる場合以外、キャンセル料や延滞料などはかかりません。 そのため、遠慮なくキャンセルを依頼するといいです。 なお、引越し業者では日程変更も直前でなければ受け付けてくれます。 当日の引越しの様子 この日は朝8:00からの引越です。 かなり早いですが、家族での引越しでかなり時間がかかるので朝早くから引越し作業を開始するようです。 そうすると、8:10くらいに引越し業者が到着しました。 作業員のスタッフ人数は3人であり、全員に挨拶をされた後に引越し作業が開始されます。 まずは手際よく養生され、事前に荷造りしていたダンボールから運ばれていきました。 3人での作業なので、次々と進んでいきます。 そうした中、エアコンや食洗器など「特殊な作業が必要な家電製品を扱う専門業者」の方が到着しました。 引越し作業が進んでいく中、エアコンや食洗器の取り外し作業をしていきます。 荷物自体は引越し業者が運搬します。 そのため、取り外しをした後は家電製品がまとめられ、作業が終わったら専門業者は帰っていきました。 引越し作業については、ダンボール類の運搬が終わったら大型の家電製品や家具類に移ります。 専用の梱包材を用いて、トラックへと運んでいきました。 プチプチや毛布など、あらゆるものを使って家財を保護して運んでいきます。 テレビや冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、食洗器などあらゆる家具が運搬されていきました。 このとき、冷蔵庫の中身については出しておく必要があるものの、 タンスの中の洋服類については軽いのでそのままの状態で問題ありません。 なお、引越しのときは「微妙に大きさがあり、ダンボールの中には入りきらないもの」があると思います。 または、引越し日の当日まで梱包していないものも存在します。 例えばパソコンであったり、壁掛け時計であったりします。 こうした微妙な大きさの小物類については、サカイ引越センターでは以下のようなボックスに入れていき、梱包材を敷き詰めてそのまま運んでいきます。 また、玄関からの搬出が難しい家具の場合、窓から出すことになります。 こうしたものについては、特にオプション料金なしで、無料で作業を行ってくれました。 今回は賃貸アパートの一階にある部屋だったため、そのまま窓から荷物を出していきます。 ベランダからの搬出です。 かなり荷物は多かったものの、11:00くらいにはすべての荷物が運び出されました。 部屋の掃除をしてもらった後、部屋の中が空になった状態で荷物を載せたトラックが新居へ向かうことになりました。 なお、4人家族での引越しなのでトラックのサイズは非常に大きいです。 引越し場所は近く(50km以内)であるため、今回はその日のうちに引越し作業を終わらせてしまいます。 13:00から作業を再開 引越し業者はトラックで向かい、私たちは電車で新居へ行きます。 昼の時間なので、新居の最寄り駅で昼食を取ることにしました。 おいしい蕎麦(そば)を食べていると、引越し業者から電話がかかってきました。 「既に新居についているが、いつくらいに来ますか?」と連絡がきました。 のんびり昼食を食べていたため、謝罪して素早く昼ご飯を食べ、足早に新居へ出向くことにしました。 新居は新築一戸建てです。 まだ、新しい状態の家に荷物を搬入することになります。 新築のため、庭は土があるだけの状態です。 そうした中で、養生をして新居へ荷物を運搬していきます。 通常、荷物を積むときに比べると、新居へ荷物を運び入れる時間は短いです。 ただ、今回は荷物が多かったこともあり、すべての作業が終わったのは15:00くらいでした。 全作業が終了した後、紙に作業終了のサインをします。 その後、サカイ引越センターのコールセンターにつないでもらい、電話口でも引越し作業が完了したことを告げました。 同時に引越し料金の支払いも行います。 今回はかなり高額な引越し代でしたが、事前に現金で用意していました。 クレジットカード支払いも可能ですが、クレジットカードの場合は事前に言っておく必要があります。 そして、クレジットカード利用の場合は前払い(事前決済)になります。 ただ、今回は見積もりのときに現金払いをお願いされたため、現金での支払いになります。 引越しを安くするとき、基本的に「支払い方法は現金で」とお願いされることが多く、今回もそのパターンになります。 なお、このときは同時にアンケートの依頼もされました。 アンケートを記入するかどうかは友人次第ですが、友人はきちんと書いて出すようです。 そうして、最後の挨拶をされます。 私たちは作業員にお礼を言い、荷解きの作業に戻りました。 ・心づけ(チップ)は必要ない なお、人によっては引越し業者に心づけ(チップ)が必要なのか考える人がいます。 ただ、チップは必要ありません。 サカイ引越センターで引越しをする ここでは、ネット上の口コミや評判だけではわからないことにも含めて、実体験を踏まえて解説してきました。 「アート」「日通」「アリさん」「クロネコヤマト」と多くの引越し業者がある中でも、サカイ引越センターは非常に大きな引越し専門の業者になります。 また、今回は荷造りや荷解きをすべて自分で行うプラン(せつやくコース)でしたが、 サカイ引越センターでは他にも細かくプランが分かれているため、あなたに合った引越しを選択できるようになっています。 サカイ引越センターでは個人だけでなく法人でも受け付けてくれますし、オプションに申し込めばインターネットの接続やバイク・車の運送、ピアノ移動など引越しに伴う特殊な作業についても代行してくれます。 さらには、ブランド品や家電製品の買取まで実施しています。 引越しに必要なことはサカイ引越センターで完結できるようになっています。 ただ、引越しで必須となるのがネットからの一括見積もりです。 一社だけでは不十分であり、必ず複数社から訪問見積もりをしてもらわなければいけません。 こうした作業を実施することで、ようやく相場料金よりも安い価格になり、さらには良い提案内容になります。 引越しのとき、必須となるのが「複数社から見積もりを取ること」です。 引越し価格には定価がなく、引越し業者によって見積もり額はバラバラです。 そのため複数の業者から見積もりを取るだけで、何万円も節約できます。 例えば、以下は5人家族の長距離引越しで見積もりを取ったとき、4社に見積もりを依頼しました。 このとき、最高額は438,264円でした。 一方、 最も安い業者は198,720円であり、半額以下の料金になりました。 複数業者へ依頼しないだけで、大きな損をすることになります。 ただ、自ら業者を探して電話をかけるのは大変です。 そこで、必要な情報を入力するだけで完了する一括見積もりを利用しましょう。 一般的に引越しの一括見積もりでは登録直後、たくさんの電話がかかってきます。 こうした電話が嫌でメールだけで完結したい場合、SUUMO引越し見積もりを利用しましょう。 SUUMO引越し見積もりでは 「電話番号の登録が任意」なので、メールだけで見積もりの日程調節が可能です。 電話が嫌な場合、リクルート社が運営するSUUMO引越し見積もりが最適です。 引越し侍ではアート、サカイ、日通、アリさんなどの大手が登録しており、入力作業は 30秒で終わります。 無料で利用できるサービスなので気軽に利用できます。 さらに大手だけでなく、中小の引越し業者も登録しているので低価格な引越しが可能になります。 最大15社まで見積依頼でき、できるだけ複数の業者の見積もりを取り、最安値で引越しをしたい人に適しています。 おすすめの人気記事 ・引越し料金を値切り、最安値の引越しを実現する時期や価格交渉術 引越し価格を安くするためには、適切な方法が存在します。 見積もりを比較するのは当然として、 例えば休日ではなく平日の引越しにするだけで、1万円以上の値引きは簡単です。 また、同じ日であっても 午前の引越しを午後にするだけでも値引きが可能です。 こうした価格交渉術について解説しています。 ただ、残念ながらこうした割引はまったく意味がありません。 引越しには定価が存在しないからです。 この事実を認識すると、なぜ引越しで何社もの見積もりを取らなければいけないのか理解できるようになります。 格安引越しをするためにも、知識をつけなければいけません。 追加料金が必要になり、非常に高額な引越しになるのです。 ただ、訪問見積もりではどのような流れになるのでしょうか。 またどう接すればいいのでしょうか。 引越し業者の営業マンが訪問に来たときの対処法について確認していきます。 そこで、 ほとんどの人が一括見積サイトを利用します。 ただ、そのような見積もり比較サイトが適切なのでしょうか。 利用方法に違いはあるのでしょうか。 これらを明らかにしていきながら、おすすめの見積もり比較サイトを紹介していきます。

次の

サカイ引越センター アルバイトの口コミ・評判 | みん評

引越しのサカイ 評判

引越しの際、「やっぱり業者は安心できる大手がいい!」と考えている人もいるはずです。 大手のなかでも、「サカイ引越センター」と「アリさんマークの引越社」は良く比較対象になります。 それでは、この2社を比べると、料金に差はあるのでしょうか。 また、評判が良いのはどちらでしょうか。 サカイとアリさん2社の料金を比べると、若干アリさんのほうが相場は安いです。 ただし、3~4月の引越しシーズンになると、アリさんの料金はかなり強気の設定になるため、サカイよりも高くなります。 2社の口コミを見てみると、作業においてはどちらも高評価です。 ただ、スタッフの接客対応においては、サカイのほうが評価はやや高めです。 このページでは、「サカイ引越センター」と「アリさんマークの引越社」を検討しやすくするために、各社のプランや料金、評判を比較します。 また、見積もりを安くするコツもあわせて紹介したいと思います。 この記事のもくじ• 単身向け引越しプランを比較 それでは、まず「単身向けのプラン」から比較してみましょう。 ただし、 小物の荷造り・荷ほどきは自分でやる必要があります。 ですから、「時間に余裕がある」「費用を抑えたい」という人に向いているプランです。 非常にコンパクトなプランのうえ、専用のトラックをチャーターするわけではないため、通常と比べて費用はかなり安くなります。 ただし、BOXサイズが決まっているため、荷物量が制限されます。 また、小口引越便サービスは、「 関東~関西間」の引越ししか対応していません。 ですから、利用できるのは、「 関東~関西間で引っ越す荷物が少なめの単身者」ということになります。 ただし、条件としては、「 同一市区内の5km以内の引越し」に限ります。 また、引越しの日時が指定できないため、スケジュールが決まっている人には不便かもしれません。 このように、サカイやアリさんに限らず、各社には単身向けの引越しプランが用意されています。 とはいえ、それぞれのプランの特徴を細かく知る必要はありません。 なぜなら、基本的には、どこの業者もあなたの要望に合ったプランを提案してくれるからです。 ですから、訪問見積もりの際に要望をきちんと伝え、相談に乗ってもらうことが大切です。 サカイとアリさんの口コミ評判を比較 引越し業者を選ぶうえで、実際に利用した人の口コミは大きな判断材料になるはずです。 ここでは、サカイとアリさん2社の評判を比較してみましょう。 サカイ引越センターの口コミ・評判まとめ• 他社に比べて料金が安かった• 作業の丁寧さに欠けたのが残念• 作業が予定より早く終わって助かった• 他社の料金と大差なし。 作業の早さはさすが• 営業マンの対応が悪く、あとから見積もりの金額を変えられた• 急な変更にも融通を利かせてくれた• 料金が安くても作業が雑だったので後悔した• ただ、サカイの料金が高いというわけではありません。 どちらも他社に負けないように安くしてくれる場合が多いです。 ただ、サービスの質や対応の良さは、サカイのほうが評価は高いです。 引越し業者を選ぶとき、何を重視するかは人それぞれです。 しかし、 利用者の満足度からすると、「安くても対応が悪い業者」はやめたほうが良いです。 いずれにしても、口コミはその人の個人的な意見ですし、対応するスタッフによって評価は大きく分かれます。 ですから、実際に見積もりを取ったり、営業マンの対応を見たりして、あなた自身がどう感じたかが重要です。 サカイとアリさんの引越し料金を比較 それでは、一番気になる料金を比較してみましょう。 なお、引越し料金は、シーズンになるとかなり割高になります。 そのため、下記の料金相場は、「5~2月」と「3~4月」に分けて載せています。 5月~2月(通常期)の料金相場を比較 【荷物が少なめの場合】 サカイ引越センター アリさんマークの引越社 同一市区内(~15km) 30,000円 25,000円 同一都道府県内(~50km) 30,000円 29,400円 同一地方内(~200km) 35,500円 35,500円 近隣地方(~500km) 55,000円 48,500円 遠距離地方(500km~) 60,400円 54,000円 【荷物が多めの場合】 サカイ引越センター アリさんマークの引越社 同一市区内(~15km) 38,700円 32,700円 同一都道府県内(~50km) 38,800円 37,800円 同一地方内(~200km) 53,500円 43,000円 近隣地方(~500km) 70,700円 67,500円 遠距離地方(500km~) 105,000円 88,200円 3月~4月(繁忙期)の料金相場を比較 【荷物が少なめの場合】 サカイ引越センター アリさんマークの引越社 同一市区内(~15km) 32,000円 32,400円 同一都道府県内(~50km) 50,000円 50,000円 同一地方内(~200km) 49,600円 47,850円 近隣地方(~500km) 85,800円 150,000円 遠距離地方(500km~) 75,000円 130,000円 【荷物が多めの場合】 サカイ引越センター アリさんマークの引越社 同一市区内(~15km) 43,600円 52,500円 同一都道府県内(~50km) 49,800円 54,000円 同一地方内(~200km) 65,800円 88,500円 近隣地方(~500km) 86,500円 122,500円 遠距離地方(500km~) 134,500円 180,000円• サカイとアリさん2社の料金相場を比べると、 通常期の場合は、アリさんのほうがやや安いです。 しかし、 繁忙期になると、アリさんの料金設定はかなり強気になるため、サカイよりも高くなります。 上記の金額はあくまでも目安ですから、実際はさまざまな条件によって料金は大きく変わります。 ですから、実際に見積もりを取ってから安いか高いかを判断するようにしてください。 サカイとアリさんを競合させて値引き交渉にチャンレジ! 上記の料金相場を見ると、引越しシーズン以外は、アリさんのほうが少し安くなっています。 しかしながら、私も以前、サカイとアリさんの2社から見積もりを取りましたが、 交渉の末、結果的にサカイのほうが安くなりました。 そのときの一連の流れをまとめると、以下のとおりです。 結果として、「 17,000円」の値引きに成功しました。 とはいえ、他社を引き合いに出して交渉すれば、値引きしてもらうのは簡単でした。 そもそも、引越し料金には「定価」がありません。 ですから、このとおり、引越し料金は「 値引きが前提」のようなところがあります。 言い換えれば、最初に提示される金額は「高め」になっているケースがほとんどです。 したがって、 値引き交渉をしないと確実に損をします。 しかし、値引き交渉すれば、料金が安くなるのも確かです。 ですから、値引き交渉を積極的にチャレンジすることをおすすめします。 サカイとアリさんよりも安い引越し業者が見つかることも! ただし、単に「値引きしてほしい」といっても、せいぜい2,000~3,000円程度しか値下げしてもらえません。 肝心なのは、「他社の金額」を引き合いに出すことです。 そうすれば、大幅な値引きが可能になります。 その場合は、大手引越し業者の見積もりをまとめて比較できる「 一括見積もりサービス」が便利です。 1分程度の簡単な申し込みで、 各社の料金をすぐに比較できます。 さらに、業者のほうから訪問見積もりの案内をしてくれるため、こちらからわざわざ連絡する手間がかかりません。 ですから、一括見積もりサービスを使えば、大手業者の見積もりを効率よく比較できます。 一括見積もりは 無料のサービスなので、「業者選びで損はしたくない!」という人は、ぜひ活用してみてください。 それぞれの評判には賛否両論ありますが、まとめると「安いのはアリさん」で、「サービスが良いのはサカイ」です。 あくまでも口コミの総評ですが、このような傾向が強いのは確かです。 ただし、私は以前、この2社から見積もりを取ったことがありますが、値引き交渉の末、結果的に安かったのはサカイのほうです。 前述のように、各社の料金を引き合いに出せば、値引きしてもらうことは簡単です。 そこで重要になるのが、「見積もりの比較」です。 それぞれで見積もりを取れば、 料金やサービス内容を比べられるのはもちろんのこと、値引き交渉にもかなり有利です。 ですから、引越し業者を選ぶときは、一括見積もりサービスを利用して、大手の見積もりをまとめて比較することをおすすめします。 引越し料金をできるだけ安く抑えたくても、どの業者を選べばいいか迷いますよね。 そこでオススメなのが 『 一括見積もりサービス』です。 一括見積もりとは、複数社にまとめて見積もりの依頼ができるサービスのこと。 カンタンな情報を入力するだけで、 各社の概算料金をWeb上ですぐにチェックできます。 ですので、「少しでも安い業者を選びたい!」という方にはとても便利なサービスです。 実際に私もサービスを利用したことがありますが、一人暮らしの引っ越しでも、一番高い業者と一番安い業者の差は 5万3,000円にもなりました! 依頼内容はいっしょなのに、引越し業者によって料金がこんなに違うなんて・・・。 もちろん、サービス内容にも納得した上で、一番安い業者を選びました。 一括見積もりは無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。 一番安い業者がすぐに見つかる! サカイやアート、アークなど、有名会社からまとめて見積もりを取れるのが 『 引越し達人』です。 〈引越し達人の特徴〉• 大手から地域密着まで全国210社以上と提携• 最短30秒のカンタン入力で、各社の料金をWeb上で比較• 引越し料金が最大55%OFF• サービス内容や口コミもその場でチェック• お得な限定特典が豊富• 見積もりだけでもOK• 完全無料 『引越し達人』は各社の料金をウェブ上ですぐにチェックできるので、1番安い引越し業者が一発で見つかります。 引っ越し費用をできるだけ抑えたい方は、最大55%オフになる『引越し達人』で料金を比較してみてくださいね。 一番安い引越し業者が見つかる! SUUMO(スーモ) 電話登録ナシで一括見積もりできる! こちらは、リクルートが運営する 『 スーモ』の一括見積もりサービスです。 『スーモ』の特徴は、電話番号の登録が【任意】になっていること。 引越し業者とのやりとりをメールで済ませることができます。 「引越し業者からの営業電話に対応したくない!」という方には、スーモの一括見積もりサービスをおすすめします。 電話登録ナシで一括見積もりをゲットする.

次の