楽に 死ぬ。 確実に死ぬ方法を教えて下さい。

【死にたい】楽な死に方や自殺方法を探す方へ【助けて】

楽に 死ぬ

塩素系洗浄剤には「まぜるな危険」の表示が義務づけられている 最近、経験した家庭用洗剤を用いたガス中毒症による自殺の症例を報告したい。 患者は70歳代男性。 うつ病の診断により精神科で薬物治療中であり、これまで盛んに「死にたい」と妻や息子に訴えていたという。 ある晩、自宅でひとりになった時、患者はまず精神科で処方されていた睡眠薬を約20錠飲んだ。 そして、浴室にガムテープを張り巡らせて密閉状態にしてから、浴槽内でトイレ洗剤のサンポール(塩酸が主成分)と台所洗剤のキッチンハイター(次亜塩素酸が含有されている)を水に混ぜ、発生したガスを吸引し自殺を図った。 約50分後、外出していた妻と息子が帰宅すると、浴室内から刺激臭がするのに気がついた。 患者はもうろうとした状態で、呼吸は浅く、息苦しさを訴えていた。 ただちに換気を試みて、救急車を要請。 妻と息子も息苦しくなり浴室を出た。 約15分後に救急隊が駆け付け、浴槽内にサンポールとキッチンハイターを発見し、患者が吸引したのは塩素ガスであると判断。 「決して苦痛を伴うことが無く、楽に目的を完遂できる方法はあり得ない」 スーパーや薬局で売られている家庭用洗剤を用いた中毒自殺が社会問題となり、現在、家庭用品品質表示法によって、塩素系洗浄剤には「まぜるな危険:酸性タイプの製品とまぜると有害な塩素ガスが出て危険」の表示が義務づけられ、注意を喚起している。 塩酸を含むトイレやタイルの洗浄剤と、次亜塩素酸を含む漂白剤やカビ取り剤を混ぜると、塩素ガスが発生する。 塩素ガスを吸引すると、気道粘膜の水分と接触することにより反応して、塩酸や次亜塩素酸が産生されて、呼吸困難、頻呼吸、喘鳴(ぜんめい)、咳を訴え、胸が熱くなる。 さらに、目が痛くなり、声がかれるなどの症状も呈する。 そのほかに、頭痛、嘔吐、脱力感なども認められる。 この患者は、確実に自殺可能な状態を作り上げて実行した。 うつ病のために常日頃からの希死念慮(死にたいとの強い意志)を抱き、塩素ガスを吸引する前に大量の睡眠薬を飲んだことも、更に状態を悪化させたと思われる。 塩素ガスなどの気体を吸引した中毒症では、吸引した時間の長さ、十分な換気ができないなどの環境状態が、患者の生死に影響する。 また、高齢者や気管支喘息などの慢性肺疾患を有する患者が塩素ガスを吸引すると、重篤になりやすい。 近年、『完全自殺マニュアル』といった書籍やインターネットなどで、自殺方法に関する情報を簡単に収集することができるようになった。 そのような記事の中には「この方法は苦しむことなく、確実に死に至る」などと、あたかも自殺を奨励するがごとくの内容を認めることがある。 しかし、そんなことはない。 筆者は数多くの自殺企図した急性薬物、化学薬品中毒の患者に対しての治療を行ってきたが、「決して苦痛を伴うことが無く、楽に目的を完遂できる方法はあり得ない」と申し上げたい。 また、塩素は、化学兵器として、テロなどの目的で使用される可能性もあり、今後十分留意すべきであることも言い添えておきたい。 (文=横山隆 札幌中央病院腎臓内科・透析センター長).

次の

簡単に死ぬには / www.cygnus.com#人力検索はてな

楽に 死ぬ

数年前に兄がした。 いつもをにしていて、でもなんとなくには「あぁのかな」って思ってた。 を決めたような顔でもなく、でもなく、親いつようにこれどうするのか、という問いに対し 「かけないように死に」と言い残してちゃんと死んだ。 兄の苦しみは当時のにはわなかった。 とにかくで、両親の注意は兄に惹きつけられていて、私は兄のを日々聞きながら、生きてきた。 親にこれ以上をかけないように、堅実に生きようとして真面目べきだと感じていた。 と違って、へいくことも、働くことも、人と接することが満足にできない兄が鬱陶った。 ができることをなぜできないのか。 人が出来て当たり前のことが何一つできない。 そんな兄のをいつも車ので、運転する父聞きながら、だったらもう家追い出しなよといった、「つはだ。 だと考えて接しないと、やっていけない」といった父のも、当時はわなかった。 なんだ、って。 どんなに辛くてもへいったしもで見つけたし、なんかうけずにしたし、人付き合いが苦手でもそれなりにやってきた。 それなのに兄は「」ので済のか、と。 兄が死んで数年たって、になったを訪ねて、なんとなく兄の部屋に入った。 兄はずっとひきこもっていたので、部屋がどうなっていたのかなんて知らなかったけれど、とても綺麗にしていたようだった。 大好きなや、。 がないくせに誰にこんな買ってもらったのか、とおもったら親ではなく当時になっていたもらってたらしい。 兄は壊滅的に人付き合いはできないけれど、悪い人ではなくて、「どうにかしてやらなきゃ」と思わせるようなだった。 だきっと私もそこまで辛くあたることはなかった。 を繰り返す兄だったけれど、この人はかまって欲しくて言うのではなくて、本当に消えそうだ、と思「そんなこといわないでよ」「お兄ちゃんがいなくなったら寂しい」と言った。 だった。 兄は何も悪くない。 私は途中気づいてた。 でもある日、兄は消えた。 いなくなってすぐが衝撃的で、私は何もする気にならなくて、をかすためにわざわざ忙しくした。 になって、が辛くなってきた。 は楽ったのに、仲良くなりすぎた為に、色々ギスしはじめた。 悪口ではないんだけれど、人のをでで盛り上がるようながあって、誰かが上げられてる度に、も言うべきなのか?と思ったけれど、思りに返ってくるかな、と思っらあそういったことに入り込むことはやめた。 きっとこうやって人に対するを言っている人は少なずのことも言っているはずだ、と思うと胸がざわざわして。 誰かを貶めて悦びを得てを繋げるのは、嫌だった。 本当にそうだと思っていたしても、の心の中にとどめておくべきなんだ、もし吐き出したいと思っても、それは同じ繋がりのあるではなくて、にでも話しておけばよかったのかな、と思う。 でも悪口って結局はを得てを得たいだけだ、どうしても身近なを巻き込んでいくのだろうな、と思った。 も何か言われているのだろうなぁとは薄々察しながらを過ごし、ある日それが確定的になった。 誰がそういったのか、というは拭えず、様々なを考えて抜け出したいと考えた。 なところもある、これも罰なんだろうなぁと考えて抜け出すためのをあれこれ考えるのだけれど、考えて浮かぶ度に、何もかもが嫌になってきた。 周りみればんだと思う。 抱え込むほど辛い悩みではないと思う。 でも考えれば考えるほど辛くて、抜け出したくて、を巻き戻せるならあの日に戻したいと思う。 兄の部屋でを見つけた。 兄はお世辞にも字がうまくなかっら、まさにが走るようなその文字で色々書いてあったけれど、こんなになって兄のを見つけて読んで、ああ、と兄のしたがわかってきた。 ほどのに値することは人にとってそれぞれ違って、溢れ出るを人によって違う。 ほどのことか、って思っていたけれど、彼が感じていたは、今は私が感じているに等ったのかもしれない。 こんなに悩み苦しむのであれば、としての「死」は悩みや苦しみされる最良のにすら思えてきた。 お兄ちゃんの心は、死んでラクになったのだろうか。 お兄ちゃんに聞けるのであれば、「ラクになりまし?」と聞きたい。 ことはよく考えるけれど、今に引きずられて中々考えることはなかった。 それ以上に怖かった。 何もない無のなんて、今あるに比べたら恐ろしいくらいの恐怖だと感じていら。 でもお兄ちゃんが救いを求めていった「死」にこそ今は助あるのではないかとの淵で考えてる。 残された人になって、お兄ちゃんに今会いたいって心思う。 はラクになったの? 少なくともこのクソみたいにぐるぐると悩む日々はされたんだろうと思うけれど、きっと死の先に私の求める答えはない。

次の

確実に死ぬ方法を教えて下さい。

楽に 死ぬ

簡単に死ぬ方法は、実に簡単です。 実に多くの人々が、簡単な死を選ばず、困難な死を選択しています。 上記、私のダイアリーでは、様々な死を取り上げています。 死を大事業と考えている人々の死です。 死の反対は生ですね。 生きようなどと思うから死にたくもなるのですね。 生も死も超越してしまえばいいのではないでしょうか。 雀 スズメ は、生も死も考えないから、楽々死んで行けるのですね。 薬など使って死のうなどと思うのは人間だけで、しかも死に損なって、苦しむのですね。 生も死も一つ、生きたいと思ったって死ぬ時は死にます。 死ぬことは簡単です。 簡単に死ねます。 あなたにも私にも死は訪れます。 その時は死ぬしかないのです。 生き延びられません。 あえて簡単に死ぬ秘訣はと云えば、生きようなどとは思わないだけでいいのです。 スズメのように、チュンチュンと軽い足取りではねていれば、人生なんて、楽珍なものですね。 考えないで、ただひたすら生きる、これが簡単に死ぬ方法です。 建設業における労働災害 何をもって『簡単』とされるかはわかりませんが、いくつかの状況を仮定した場合、 回答として『労働死亡災害』が挙げられます。 リンク先は、ある年のデータをモデルに建設業に於ける労災発生率の高さを解説した ページですが、同業種は数十年間相変わらず我が国に於ける労災発生業種の一位の位置に おり、特に労働死亡災害の発生率においては、次点の倍以上の発生率をみています。 私の経験から言えば、仕事に熱中する人ほど、労災に遭遇する事が多いようです。 私の 身の回りで起きた、墜落・感電・熱中症(熱射病)による死亡事故が、やはりこういった 仕事熱心な人達による災害でした。 ですので、こういう死亡災害の発生率の多い職場に従事し、一つの仕事に没頭していると、 死亡災害に遭う率も格段に高くなるという意味で、『簡単に死』ねる、と言えます。 urlはダミーです。 吉野朔実さんの著書 「この本によって自殺者は増えるだろうか?」によると、「自殺というのは生きることと同じくらい面倒」らしいです。 「身近で手軽な死」というのが キーワードみたいです。 自殺にしろ 他殺にしろ、戦争でさえも。 石田衣良は上記著で 「どれほど些細な理由でも自殺できるし その反対にどれほどくだらない目的でも 生きていくことができる」そうです。 養老さんの「死の壁」では「死」を 「取り戻せないもの」と定義しています。 質問者へ回答をした者ですが、コピーを保存してありませんでしたので、私の回答を開示して下さい。 事務局は質問だけで、回答を軽視しているのでしょうか。 その回答者の意志を無視することは、回答者を愚弄しているとも考えられます。 はてな利用規約 第5条(ユーザーの責任)第2項より 「本サービス上においてユーザーが自己のユーザー名のもとに開示した、質問及び回答、掲示板への発言等全ての情報に関する責任は、ユーザー各自にあります。 従って、当社はユーザーが本サービスにおいて開示した質問や回答、掲示板への発言等の内容について、一切の責任を負いません。 」 「全ての情報に関する責任」の範囲はいささかアイマイですが、取りあえずこれまでの所、ログを保存しておくのはユーザーの自己責任の範囲であったかと思います。 また、「質問に対する答を求める」というサイトの目的から言って、質問者が必要と認める情報が得られればそこで閲覧を打ち切ることは充分考えられる行為であり、またそれはシステム上可能であるのですから、回答者として「全ての回答は開示されるはずだ」という期待は、明らかに得られません。 ログを保存しておかれなかったことはお気の毒ですが、あきらめるか、または授業料と思って(それにしても回答数が多いですが)ポイントを支払いオープンするしかないと思います。 ちなみに、同様の失意を感じている回答者は(私を含めて)もちろん多数いると思います。 しかし、下のURLのような企画をされる方もおられますので、「はてな」に失望のみを感じられるよりも、ご自分が「はてな」に対して何ができるか?を考えて頂いた方が建設的ではないかと思います。 最後に、事務局への問いかけは、メールの方が良いと思います。 hatena.

次の