ラベンダー アッシュ ブリーチ なし。 ラベンダーブラウンの髪色16選!ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像!明るい&暗い

暗めグレーアッシュ50選!ブリーチなしで楽しむナチュラル髪色集めました

ラベンダー アッシュ ブリーチ なし

いかがでしたでしょうか?ショートからロングまでいろいろな長さのラベンダーアッシュスタイルをご紹介しました。 明るくなりすぎない落ち着いたカラーですが、透明感があり、おしゃれを楽しめるカラーです。 おしゃれなだけではなく、黄色の反対色ということもあり、黄色っぽく色落ちするのを防ぎ、色持ちも良いカラーです。 また、ラベンダーアッシュだけでなく、ブリーチなしでできる、紫が入った他のヘアカラーもご紹介しました。 紫と合わせる色が違うだけで、ガラッと印象が変わります。 自分の好みや、希望の明るさに合わせてオーダーしてみてください。 きっと自分に合うラベンダーカラーが見つかるはずです。 今回ご紹介した画像のヘアカラーは、ブリーチなしで綺麗な色味が出るので、カラーを初めてする人や、会社や学校の都合で明るくなりすぎたら困る人にもおすすめです。 いろいろな表情をつくり出してくれるラベンダーカラー、是非挑戦してみてください。 以下の記事もおすすめです。

次の

ラベンダーアッシュではブリーチなしでできる?色落ちを楽しめる暗めカラー|feely(フィーリー)

ラベンダー アッシュ ブリーチ なし

ブリーチなしでもキレイに、透明感たっぷりに染め上げる「ラベンダーアッシュ」をトーン別にご紹介します。 女性らしさを引き立たせるヘアカラーで優しさとやわらかさをプラス。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。 後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。 襟足は首に沿うようにカット。 前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。 カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。 透明感やツヤ感が際立つ色 【How toベース&カラー】 裾は胸丈、前上がりでもみあげに繋がるようにカット。 くびれを作りやすくするため、トップと表面にレイヤーを入れ軽さを出す。 前髪はうすく取り隙間を作りながら目の下でカット。 前髪とサイドは自然に繋げる。 カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 ブルーカラーが入っているので、透明感やツヤ感が際立つ色に仕上がる。 トーンを抑えつつ、透明感やツヤ感のあるカラーで明るく見せることがマスト。 大人女子にしっくりくる9トーンカラー 愛らしく女性らしいスタイル 【How toベース&カラー】 襟足をあご下1cmに設定し、グラデーションベースでカットし、重めのレイヤーを入れる。 後頭部の丸みを強調させるよう、襟足は短め。 また、すっきりとした襟足は、タートルといった襟元の高いファッションにもぴったり。 カラーは9レベルのラベンダーアッシュをチョイス。 黄色を打ち消すペールトーンのパープルをMIXすることで、ツヤと透明感のあるカラーリング。 おしゃれで上品な発色 【How toベース&カラー】 肩上でカットしたボブベース。 毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作る。 前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流す。 カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。 ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。 ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えない。 またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。 黄みも抑えるので上品な発色をKEEP。 男ウケも狙える万能ヘア! 【How toベース&カラー】 サイドは平行で顔周りはやや前下がり、自然にハネる鎖骨にかかる長さでカット。 ハチ部分に少しだけレイヤーを入れ、表面に軽さを出す。 毛先にはレイヤーを入れず重たさを残すのが今どき。 前髪は薄めに取り、目にかかる長さにカット。 こめかみに落ちる毛束はやや長めにカットし、自然にサイドに繋げる。 カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。 ラベンダーが黄みを抑え色ヌケを防ぎ、上品な艶ブラウンを長続きさせる。 おしゃれに決まる明るめ10トーンカラー 大人の品格漂う 【How toベース&カラー】 ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。 美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れる。 前髪はリップラインで、薄めにカット。 もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量を調整。 カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。 赤みを抑えてツヤ感があるおすすめのカラー。 自然と立体感を演出 【How toベース&カラー】 あご下のワンレングスベース。 後頭部などボリュームの出やすい部分の内側にグラデーションカットを入れると、毛が頭に沿うようにまとまりコンパクトに。 レイヤーを入れると毛先が外にいきボリュームが出やすくなるので避けて。 前髪は目の上で薄く取り、隙間ができるようにカット。 眉尻の毛束はやや長めにカットしサイドに流すと小顔に見える。 カラーは10トーンのラベンダーアッシュ。 赤みを抑えた透け感のあるアッシュで、重たい印象を与えない。 光の加減で陰影ができるカラーなので自然と立体感を演出できる。

次の

ブリーチなしでできるラベンダーアッシュのヘアスタイルまとめ|feely(フィーリー)

ラベンダー アッシュ ブリーチ なし

画像引用元: ラベンダーアッシュは、カラー剤の調整次第で明るめのピンク系にも、淡い黒髪にも見せられるのが特徴です。 暗めのカラーならブリーチなしでもキレイに染められるので、髪を傷めたくない人にも人気です。 ラベンダー色の特徴は透明感が出ることですが、暗めのカラーにしても透け感のあるふんわりした質感に見せてくれるので、地味な印象になりません。 ただの黒髪も、暗めのラベンダーアッシュを入れれば淡い色の印象になってぐんと垢抜けて見えるので、 雰囲気を少しだけ変えてみたいと言う人にもおすすめです。 髪の赤みを消せる ラベンダーアッシュのような青みのあるカラーは、髪の赤みを消してくれるということも特徴の一つです。 日本人の髪は、カラーリングを繰り返すと髪の毛に赤みが残り、消えにくいという傾向を持っています。 そのため、赤っぽくなった髪が元に戻らないという悩みを抱える人も多いでしょう。 ラベンダーアッシュを重ねれば、気になる赤みを抑えて落ち着いたグレートーンの髪に変化させてくれるので、全体的な印象もかなり変わります。 ブリーチなしのメリット ラベンダーアッシュは、ブリーチをするかどうかで仕上がりの印象が違ってきます。 元の髪色にもよりますが、ブリーチをする一番のメリットは、発色が良くなることです。 それでは、ブリーチをしないメリットにはどういったことがあるのでしょうか? 髪へのダメージを最小限に抑える 画像引用元: ブリーチをしない最大のメリットは、ヘアカラーによる髪へのダメージを最小限に抑えられることです。 ブリーチは、カラー剤の発色を良くする効果が高い分、髪への負担が大きく、傷みの原因になります。 肌への刺激も強いので、敏感肌の人は肌荒れを起こするリスクもあります。 しかし、ラベンダーアッシュならブリーチなしでもキレイに仕上がります。 健康な髪質を保ちたいなら、ブリーチなしという選択もできることを知っておきましょう。 色の落ち方は変わらない ブリーチをすると、色落ちが気になりやすいという特徴もあります。 実際、ブリーチしてもしなくても、色が落ちるスピード自体は変わりません。 しかし、ブリーチで色を抜いた後の髪にカラーを乗せると、元の髪の色が明るいため色褪せが目立ちやすくなります。 ブリーチなしの場合、暗めに仕上がる分、色落ちの変化が見えにくいので、カラーが長持ちする感覚になるのです。 染め直しの回数が少なく済むということも、ブリーチなしのメリットの一つと言えます。 画像引用元: 地毛が明るい人は、ブリーチをしなくてもラベンダーアッシュの色味を綺麗に見せることができます。 ブリーチをしないことによって髪のダメージを減らせるため、カラーの繰り返しで髪のパサつきが気になる人にも安心ですよね。 画像のようなストレートロングも、パサついた髪だとうまくまとまらず、だらしない印象になりがちです。 ブリーチなしなら髪のダメージを広げる心配も少ないので、スタイリングが楽になるというメリットもあります。 より透明感を求めるならブリーチがおすすめ ラベンダーアッシュの透明感をより感じられる色味にしたいなら、ブリーチがおすすめです。 ブリーチすることによってラベンダーアッシュの発色がより良くなるので、画像のヘアのように透けるような質感と色味が実現します。 切りっぱなしのカットにウェーブを組み合わせた、空気感のあるスタイルが色の魅力をさらに引き立てていますよね。 ケアブリーチという比較的髪への負担が少ない方法で染めているので、ダメージを最小限にすることが可能になります。 重たい印象の黒髪ロングもラベンダーアッシュで軽い印象に 画像引用元: 黒髪ロングは幼く見えてしまったり、重たく見えて野暮ったい印象になったりしがちですが、 ラベンダーアッシュなら軽い印象に変えてくれます。 画像のヘアのようにゆるいウェーブをつけると、 動きが出てよりふんわりした質感になり、自然なツヤ感が目立つのでおすすめです。 ロングヘアはそのままでももちろん素敵ですが、アップにしても巻いても透明感が強調されてスタイルが決まりやすいので、いろんなアレンジに挑戦してみて下さい。 まとめ 人気のアッシュ系の中でも、大人っぽさと可愛らしさを兼ね備えたラベンダーアッシュは、シンプルな黒髪を垢ぬけた印象に変えてくれる優秀カラーです。 ブリーチなしでもキレイに発色し、髪に透明感を与えてくれるのも優れたポイントですね。 ブリーチありならさらに色味が出ますが、髪への負担がかかることも考慮して、どちらかを選択しましょう。 迷ったら、ハイライトやメッシュなど、部分的に色を入れて印象を確かめてみるのもおすすめです。

次の