レミゼラブルストーリー。 レ・ミゼラブル ストーリー あらすじ お話って!?

【文学】ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』を解説!読みづらい原作の攻略ポイントを整理!

レミゼラブルストーリー

解説 ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」で知られ、現在は犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを舞台に、現代社会が抱えている闇をリアルに描いたドラマ。 モンフェルメイユ出身で現在もその地に暮らすラジ・リの初長編監督作品で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。 第92回アカデミー賞の国際長編映画賞にノミネートもされた。 パリ郊外に位置するモンフェルメイユの警察署。 地方出身のステファンが犯罪防止班に新しく加わることとなった。 知的で自制心のあるステファンは、未成年に対して粗暴な言動をとる気性の荒いクリス、警官である自分の力を信じて疑わないグワダとともにパトロールを開始する。 そんな中、ステファンたちは複数のグループが緊張関係にあることを察知するが、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事から、事態は取り返しのつかない大きな騒動へと発展してしまう。 2019年製作/104分/G/フランス 原題:Les miserables 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES スタッフ・キャスト フランスで社会問題になっている都市郊外のスラム化が、ヨーロッパ全土に、ひいては全世界に広がっていく。 発展から取り残された低所得者用住宅、通称バンリューには、アフリカ移民の2世、3世はもちろん、麻薬ディーラー、イスラム教徒、ロマのサーカス団たちが、一触即発の状態でひしめき合っている。 街を パトロールする警官たちはすでに正義のなんたるかを忘れ去り、差別や恐怖を通り越した荒廃が彼らの心を蝕んでいる。 ある日。 そこで発生した警官による無防備な移民少年への発砲事件が、遂に、積りに積もったフラストレーションに火を付ける時、そこにあるカオスは今の世界共通の問題であることに気づかされる。 皮肉にも、文豪ヴィクトル・ユーゴーによる代表作の舞台になった同じ街で展開する物語は、実際にそこに住む監督、ラジ・リの実体験に基づいているとか。 「レ・ミゼラブル 悲惨な人々 」と言うタイトルが、これほどまでリアルに響くとは驚きだが、監督の目は彼ら個々人ではもちろんなく、人々をそうしてしまった犯人、つまり、政治と社会に向けられている。 ビクトルユーゴーの「レ・ミゼラブル」と同じタイトルだが、ジャンバルジャンもコゼットも出てこない。 舞台は現代のパリ、その下町と言えばいいのか。 起きる出来事全てはジリジリと緊張感を高めてゆくが、エンタメ特有のカタルシスはどこにもない。 なぜならその全てが、すでに結末に対する検証だからだ。 そしてその結末は、見た者の心の中にしか存在しない。 これはひとつの寓話であり、たとえ話を用いた実験映画なのではなかろうか、とさえ感じてしまった。 突き付けられて、国も人種も関係なく我が身を振り返るための。 だが確かに人は、何もしゃべれず右も左も分からないところから、始まるのだ。 そこへどんな種をまいて育てるのか。 あらゆる地域でモメごとが勃発し続けている今、 私たちはちゃんと未来を育てられているのか。 2018年W杯優勝に沸くシャンゼリゼから始まる物語。 『あゝ無情』の舞台として有名なパリ郊外の街モンフェルメイユ。 シェルブールから異動してきた警官ステファンが配属されたのは犯罪防止班BAC。 同僚のクリスとグワダとともに街を巡回しているとロマのサーカス団と黒人グループの小競り合いに遭遇する。 サーカス団の檻からライオンの子供が黒人の少年に盗まれたと逆上する団長をなだめ、犯人探しをする3人。 あっけなく犯人の少年イッサを見つけるが・・・。 多様な民族がそれぞれのイデオロギーを保ちながらギリギリのバランスで暮らすゲットーに充満したルサンチマンに火を放つのはほんの些細な出来心。 崩壊の序曲が高らかと奏でられる中に佇むイッサの瞳に浮かぶ何かに魂が揺さぶられます。 本作全編に漲っているものに似たものは世界中に漂っていて、それはマスクをするしないのような小さな種火であってもあっという間に燃え広がる。 そんな絶望と背中合わせで生きる我々にできることは何かを終幕後にじっくり考えさせられる作品。 抜け出すことの出来ない貧困が横たわる廃墟のような街での2日間をリアルに描き出すラジ・リ監督の憤りと優しさを湛えた演出が深い余韻を残します。 今作を観ながら真っ先に思ったのが、マチュー・カソヴィッツの『憎しみ(1995)』という作品。 当時私が観ていたフランス映画と言えば、ベッソン、ルコント、ベネックスが中心だったので、フランスの貧困地区を舞台にしている作品を観るのは『憎しみ』が初めてで、酷く衝撃を受けました。 それから、約25年。 1995年からフランスの貧困地区は何も変わってなく、むしろ時代と共に更に酷くなっている印象を受けました。 貧しい大人達はなす術がなく、子供達は犯罪を犯す。 貧困層は更生のチャンスも与えられず、政府も根本的な解決をするつもりがない様にみえます。 今作が公開される少し前から新型コロナウイルスが世界中で流行しましたが、作品の中で描かれる貧困層のライフスタイルを観ていると、彼らが新型コロナウイルスの感染から身を守れない事が容易に分かります。 密集し衛生的でない住環境、仕事はサービス業が中心。 現に新型コロナの死者の大半は、貧困層と移民です。 政府が無策であれば、この新型コロナウイルスをきっかけにして、今後更に経済格差は広がり続けます。 今後の更なる経済格差の広がりは、日本も例外ではありません。 私はフランス映画を鑑賞しているのに、今作から政治が腐敗し落ち続ける日本社会を想像してしまいました。 落ちていく社会を描いた『憎しみ』で語られたラストのセリフ、『ここまでは大丈夫』のどの地点に私は日本はいるのだろうかと。 落ちていきながら何度も確かめた。 ここまでは大丈夫、ここまでは大丈夫…。 大切なのは落下ではなく、着地だ。

次の

【初心者向け】帝劇レ・ミゼラブルってどんなミュージカル?あらすじ・登場人物紹介・豆知識など作品の魅力をわかりやすく解説

レミゼラブルストーリー

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 「グレイテスト・ショーマン」の明るいキャラクターとは対照的に悲しい運命を背負ったキャラクターでもありますが、その魂の歌声に感動するはずです。 この映画は、「レ・ミゼラブル」のストーリーを少し知ってから観る方が映画を楽しめると思います。 そんな方は、映画を観る前に、映画「レ・ミゼラブル」のあらすじを読んで欲しいと思います。 まずは、私の感想の前に、映画「レ・ミゼラブル」のあらすじからです。 ヒュー・ジャックマン演じる ジャン・バルジャン は19年間投獄されており、やっと仮釈放の日がやってきました。 19年間も投獄された罪とは子供のためにたった1つのパンを盗んだ罪でした。 司教は仮釈放されたバルジャンを協会に受け入れ、食事を与えました。 しかしジャン・バルジャンは銀食器を盗んで逃亡します。 すぐに警官に捕まったバルジャンに対し、司教は銀食器は自分があげたものだと言います。 司教、神の優しさを受けたバルジャンは新たな名前になり正しく生きていくことを誓うのでした。 マドレーヌと名前を変えたバルジャンは市長になっていました。 彼の工場の女性従業員 アン・ハサン演じる ファンティーヌ は、娘を宿屋に預けている事実が暴露されます。 これが工場長を怒らせてしまい、ファンティーヌは工場を解雇され売春婦に成り下がっていきます。 娘のために自分の髪も歯も売り払っていました。 そして客の男に襲われそうになったところをバルジャンは助けて病院へ運びます。 しかし彼女は息絶えてしまいます。 死の直前、ファンティーヌはバルジャンに娘コゼットのことを託します。 バルジャンは ラッセル・クロウ演じる ジャベール警部 から、逃亡していたジャン・バルジャンが逮捕されたことを聞きます。 自分のかわりに無実の人間が犠牲になっていることに心を痛めたバルジャンは、市長である自分がジャン・バルジャンであることを明かします。 そしてジャン・バルジャンはファンティーヌとの約束を守るためにまた逃亡します。 ファンティーヌの娘コゼットは、宿屋の主人テナルディエからひどい扱いを受けていました。 バルジャンはテナルディエにお金を払いコゼットを引き取るのでした。 1832年、若者たちは王政に立ち向かうべく活動をしていました。 その中の1人である エディ・レッドメイン演じる青年 マリウス は、美しく成長した アマンダ・サイフリッド演じる コゼット を見かけて一目ぼれします。 街ではジャベールが再度逃がしてしまったバルジャンの行方を追い続けていました。 街でジャベールに気配を感じられてしまったバルジャンはコゼットを連れて街を離れることにします。 マリウスはコゼットの行方を追ってやってきました。 惹かれ合うコゼットとマリウスは愛を確かめ合いますが、コゼットが街を離れてしまうことを知り絶望します。 そして、仲間の青年達とともに革命を起こします。 混乱の中、スパイとして青年たちに近づいたジャベール が青年たちに捕まります。 バルジャン は青年たちにジャベールの身柄を渡すように説得し、バルジャンはジャベールを逃がします。 青年たちは軍の攻撃を受けて死んでしまいます。 ジャベールは長年追い続けていたバルジャンに助けられたことで、バルジャンの崇高さを思い知り葛藤します。 ついにジャベールは自殺してしまいます。 マリウス とコゼット は結婚します。 バルジャンは囚人だった事実をマリウスだけに伝え、修道院で隠れて一生を終えようとしていました。 バルジャンの居場所を突き止めたマリウスとコゼットは、バルジャン が息を引き取るのを見守るのでした。 映画「レ・ミゼラブル」のあらすじでした。 では、次は、「レ・ミゼラブル」を見た私の感想です。 スポンサーリンク 映画「レ・ミゼラブル」の感想:ヒュー・ジャックマンの俳優魂とアン・ハサウェイの女優魂 何度も舞台や映画が作られてきた名作「レ・ミゼラブル」を「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督がミュージカル映画として作り上げた作品です。 アカデミー賞では作品賞をはじめ多くの部門にノミネートされ、アン・ハサウェイが見事助演女優賞を獲得しました。 アン・ハサウェイが演じたファンティーヌ は、以前、ミュージカル女優だったアン・ハサウェイの母が演じた役柄です。 アン・ハサウェイは、この娼婦に転落する悲劇の女性を演じるために約11キロも減量してこの役に望見ました。 おまけに美しい髪をバッサリ切って丸刈りにすることも決意しました。 そして、映画の中で熱唱した名曲「夢やぶれて」。 綺麗な歌声と言うだけでなく、心から歌った魂の歌です。 スキンヘッドになり、歌の猛特訓をして挑んだアン・ハサウェイ。 アン・ハサウェイって、可愛いだけの女優さんだと思っていた私は、この映画でアン・ハサウェイの女優魂を見せてもらい見直しました。 主演のヒュー・ジャックマンも受賞は逃しましたが主演男優賞にノミネートされました。 それまで「X-MEN」のイメージが強く、アクションスターとしての人気が強かったヒュー・ジャックマンですが、素晴らしい歌唱力、演技力が世界的に認められることになりました。 俳優魂、女優魂がぶつかり合う迫力のあるミュージカル映画でした。 映画「レ・ミゼラブル」の感想:ストーリーが少し難解! しかし、「レ・ミゼラブル」のストーリーを知らない方にとっては少し理解が難しい映画だったかもしれません。 どうしてもミュージカルの場面が多くなるので、細かい説明は省略されているところが多かったように思います。 ストーリーの細かい部分までは描き切れないところがミュージカル映画の良いところでもあり難点でもありますね。 私は、昔、昔、小説で「レ・ミゼラブル」を読みました。 >> でも、遠い昔のことなので、どんなストーリーだったかもすっかり忘れていました。 映画を見たあと、ちょっとあらすじをたどって見て、理解できた部分もあります。 説明不足のために分かりづらいところもありますが、無駄にダラダラ説明をしなくても感動のパフォーマンスでカバーできるところもあると思います。 「グレイテスト・ショーマン」で初めてヒュー・ジャックマンの歌声を聞いたという方は、ぜひこの「レ・ミゼラブル」もご覧になってくださいね。 まだ映画「レ・ミゼラブル」を観てない方は、今なら無料で下記の2つの動画配信サービスで見られます。 162• 330• 141• 141•

次の

【初心者向け】帝劇レ・ミゼラブルってどんなミュージカル?あらすじ・登場人物紹介・豆知識など作品の魅力をわかりやすく解説

レミゼラブルストーリー

引用元:. 2013年のミュージカル レ・ミゼラブルをもとに流れを大まかに書きました。 レ・ミゼラブル ストーリー 格差と貧困などにあえぐ民衆が自由を求めて立ち上がろうとしていた19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間投獄されていたバルジャン。 仮釈放をされたが、行く場所や当てもなく白い目で見られる始末。 そんな状況で、再び盗みを働いてしまったがある司教様に助けられ、この出来事を境に本当に生まれ変わろうと決意。 その後、バルジャンはマドレーヌと名前をかえ市長の地位についていた。 そんな中で囚人の見張り役から警官に職を変えていたジャベールが、ある出来事・事件をみて、マドレーヌと名乗っている男はバルジャンだということに気づき、執拗においかけるようになる。 そんなジャベールとバルジャンの追いかけっこ?騒動の中で知り合う、ファンテーヌ。 バルジャンが工場をやめさせられていてファンテーヌは売春婦として身を落としてしまい人生を自分が狂わせてしまったということが大きくバルジャンの心を動かし、ファンテーヌから愛娘コゼットを託され、ファンテーヌにそして、神様に必ずコゼットを守ると誓う。 そんなバルジャンは、ジャベールの追跡をかわし、コゼットを助けに行く。 ただコゼットは、テナルディエ夫妻の営む宿屋でとしてただ働かさせられていて、テナルディエの娘(エポニーヌ)からも軽蔑されていた。 そんな状況に、怒り、テナルディエ夫妻の要求通りバルジャンが1500フランを渡し奪還して、パリへ逃亡します。 それから時間がたち、バルジャンはコゼットに対して可能な限りの愛を注ぎ込み、美しく気品のあふれた娘に育て上げた。 そんなか、パリの下町では学生たち(マリウスやアンジョラス)が革命を起こそうと志す学生がひしめめいていた。 バルジャンとコゼットがその近くでパーティに参加する移動中、そこに偶然にテナルディエ夫婦が通りかかり私たちのコゼットを盗んだ奴だと騒ぎを起こす。 そこに、現れる警官ジャベール。 そこに、不意にマリウスとコゼットが運命的な出会いを果たす。 マリウスとコゼットは二人とも一目ぼれ。 ただ、バルジャンはジャベールから逃れるためににコゼットを引き連れてその場を去ります。 マリウスは、去った後もコゼットを忘れられない(コゼットも実はマリウスを忘れられない)。 だけど、革命を起こそうと躍起になっている学生のアンジョラスたちを引っ張っていかなくてはいけないという、狭間で苦しみますが、幼馴染のエポニーヌ(エポニーヌはマリウスに片思い)に一目ぼれをした娘の居場所を探すようにお願いする。 マリウスを好きなエポニーヌは、かつてコゼットを働かせていたテナルディエ夫婦の娘です。 しかし、彼女はマリウスの手助けをします。 同時進行で、ジャベールがバルジャンの居所を突き止めまた、逃げなくてはいけなくなります。 その、逃げていく中でバルジャンがコゼットに渡さず手紙を読み、コゼットとマリウスは愛し合っていることを、そして、今まさに学生たちが蜂起し革命を起こそうとしていることを知ります。 バルジャンは、愛するコゼットのため、マリウスを死なせないために革命(学生たちの負けが決まっていた?)が起きようとしているパリの下町へ一人で向かいます。 そして、市民蜂起がはじまる。 マリウスを救うため学生側の隠れ家に潜入していたジャン・バルジャンは、学生たちに捕まっていた宿敵ジャベールを助け逃がします。 しかし、マリウスたちの市民蜂起は失敗に終わり、エポニーヌや仲間は次々と殺されてしまいます。 そして、負傷し失神していたマリウスをバルジャン自身も撃たれてけがをしているにも関わらず、かついで下水道へ逃げます。 バルジャンは学生の市民蜂起の終了の跡にあらわれ、バルジャンの姿を探し、途中でジャベールに見つけますが逃します。 その後悩んだジャヴェールは投身自殺します。 バルジャンの救出によって命が助かったマリウスは、コゼットと結婚し、マリウスに素性を明かしたバルジャンはコゼットから離れますが、最終的にはコゼットにマリウスが本当の事を話しかけつけます。 そして最後はコゼットとマリウス・司教に見守られながらバルジャンはその生涯を閉じます。 以上が、ストーリーになります。 YouTubeなどでもプロモーションがありますので是非見てみてください。

次の