スラムダンク藤真 モデル。 【翔陽編】スラムダンクのモデル選手まとめ!ナガノミツルはリアルにも登場?!

スラムダンク「山王工業」のモデル 元監督死去。

スラムダンク藤真 モデル

スラムダンクといえば、バスケットボールを通して、日本中の青少年たちに感動と希望を与えた伝説のアニメです。 そんなスラムダンクのキャラクターの中でも、特にファンを熱くさせたキャラクターが、三井寿です。 なんと、スラムダンクにたくさん登場するキャラクターのなかでも、一二を争う 大人気なキャラなんですよね。 そんな三井は、スラムダンクの名言メーカーと言われるほど、数々の名言を残しています! スラムダンクを知る世代も、知らない世代も、三井の魅力にハマること間違いなしでしょう。 というわけで、ここでは スラムダンクの三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選についてご紹介していきます。 スラムダンクの三井がファンに大人気な理由 数々の困難や葛藤と戦いながら、情熱的にバスケットボールをやってきた 三井。 そんな三井が、スラムダンクの作中で全力で バスケットボールをプレーしてきた姿には、どんな人でも感動せざるを得ません。 スラムダンクが最初に放送されてからしばらく経ったいまでも、三井はかなりたくさんのファンから人気を集めているキャラです。 スポンサーリンク あまりにも自信にあふれすぎて「オレ様」っぽく思える時もありますが、三井くらい自信にあふれていた方が勝負の世界ではちょうどいいのでしょう。 このようなことと同じで、自信があるということは、それなりに沢山の 努力をしているという事になるのです。 絶対に勝てそうにない相手とでも、諦めず戦って勝ったり、普通では絶対に打てなさそうな場面で シュートを決めてみせたり、感動的な試合がたくさんあります。 特に、高校バスケチームで最強といわれた 山王工業との試合でも、たくさんシュートを決めた三井の姿は、本当に奇跡的でしたね。 もちろん他にも、スラムダンクでは、三井が活躍する試合がたくさん登場します。 しかも、さらに意外なことに、有名な外国人のバスケットボール選手が三井のモデルになっているんです! その名も、アメリカで12年間バスケ選手として活躍した、 マーク・プライス選手です。 マーク・プライス選手といえば、三井と同じく3Pやフリースローの天才と呼ばれた選手ですね。 身長は183センチで、本場アメリカのバスケットボール選手としてはちょっと 小柄でしたが、そんなことを物ともせずに戦っていました。 いまでもアメリカのバスケットボールの歴史に、その名はしっかりと刻まれています。 それでも、バスケに打ち込む三井のカッコよすぎる姿は、人気の 理由として、外すことはできないのです! 三井のギラギラとエネルギーにあふれたまなざしや、真っ直ぐにゴールを見る表情は最高にクールですよね。 そしてもちろん、鍛え上げられた肉体も、男女問わず 憧れを抱いた人がたくさんいるでしょう! たった1つのボールに全力を投じて、真剣に駆け抜ける姿は本当にかっこいいですよね。 バスケをしている三井の姿は、爽やかさと、燃えるような 情熱的な雰囲気の両方を兼ねそなえています。 こういった三井の姿は、まちがいなく三井が大人気な理由の1つになっていることでしょう。 でも、そんな三井も、最初っから何の努力もせずに天才児だったわけではありません。 スポンサーリンク 三井は、人知れず血のにじむような努力をしてきたし、心のなかでもかなりたくさんの葛藤と戦ってきた「努力の天才」なのです。 まわりから天才児と言われ続けるプレッシャーに苦しんでいたり、自信を無くして不良になったり、さまざまな 困難を経験しています。 そんな背景があるからこそ、バスケットボールのコート場で天才とよばれる三井は、多くのファンから愛されているのでしょう。 努力もしないで完璧な天才なら、たしかにスゴイとは思えても、 共感はできないため、好きになれなかったりしちゃいますよね。 三井がここまでファンに人気なのは、三井がきちんと 努力している姿を見せているからです。 スラムダンクの三井の、伝説の名言 とっても男気にあふれていて、バスケひと筋である三井は、聞いた人々を感動させてしまうような 伝説的な名言を、数多くのこしています。 そんな時には、ぜひ三井のこの名言からパワーを分けてもらってください! 三井はどんなに強い相手と戦う時でも、決して最初から諦めたりすることはありません。 前向きに、強敵にもたちむかう姿勢は最高にカッコイイですし、実際に諦めなかったからこそ 勝つことのできた試合もありました。 いずれにせよ、最後まで諦めないことで、何かを手に入れられる!ということを教えてくれているのが、この素晴らしい名言ですね。 このころの三井は、かつての三井とはまるで別人で、見る影もありませんよね。 このように、三井が不良として荒れていた時期は、スラムダンクでもかなり印象的で、いまだに語り継がれている超有名なシーンです。 そんな不良になった三井も、かつての師である 安西先生の顔を見ると、本当はまだまだバスケットボールに触れていたいという感情があふれてしまいます! その時に、あの男らしい三井がなんとも言えない悲しい表情で言った 本音が、このセリフになります。 ボロボロになり別人のように荒れてしまった三井が、泣きながら言ったこの名言に、 感動して泣いたファンも多いのではないでしょうか? まさに、三井の感情が痛いほどに伝わってくる、伝説の名言です。 三井のこの名言からは、彼の強い自信と、精神力をうかがうことができます。 それに、三井がここまで自信を持つことができるようになるまでは、 簡単な道のりではありませんでした。 多くの困難をのりこえ、自ら 成長してきた三井だからこそ、こうして自信にあふれている姿やセリフがとてもカッコイイものに感じられるのでしょう。 しかし、そんな状態でも三井の心は決して折れたりはしませんでした。 体力的にはかなり 限界だったはずが、三井は「もうオレには リングしか見えねえ」と、驚異の集中力と根性を見せ付けます! この時の三井の、ただならぬオーラや、倒れそうになりながらも決して試合を諦めたりしない姿は本当にカッコイイものです。 なにがあっても、絶対に最後まで諦めたりしないで勝ちたいという、 強い思いがあったからこそ、三井は立っていられたのでしょう。 この名言からは、三井のバスケへの大きな 愛と、メンタルの強さがよくわかりますね。 いい脇役がいないと 主役も生きないだろ!!」 たとえば、どんなにジャンケンが強くても、弱い人に勝つだけでは、ただ「へー、強いんだね」で終わっちゃいますよね。 そうなるよりも、めちゃくちゃ強い人に勝ったほうが、「めちゃくちゃスゴイじゃん!」と思いませんか? つまり、最高に強い主役が、その強さに気がついてもらうためには、対戦相手も強くなければならないということを三井は教えてくれています。 このセリフからは、三井が「強いものは、しっかりとその強さを認められるべきだ」という 大人な考えを持っていることがうかがえますね。 バスケットボールという 勝負の世界で、全力で努力してきた三井だからこそ言えた、伝説の名言でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、スラムダンクの三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選についてお伝えしました。 とても真っ直ぐで強い心をもちながら バスケットボールに向き合い、自信に満ち溢れている三井は本当に素晴らしいキャラクターでしたね。 それに、不良になってしまった三井が、泣きながらバスケ部に復帰した時の名言も、かなり 感動的でした。

次の

【今から読む】『スラムダンク』入門者に語るあらすじと魅力

スラムダンク藤真 モデル

仙道彰は「ストリートボーラー JUN」!? 1年生の時から陵南のエースとして活躍するオールラウンダー。 実は、仙道のモデルはNBAプレイヤーじゃないかもしれません。 日本人のストリートボーラーである「 JUN」という人が仙道のモデルだとされています。 顔立ちや髪型は仙道そっくりで、クールな性格で視野が広いという点もよく似ています。 福田吉兆は「ラトレル・スプリーウェル」!? ディフェンスに難があるもののオフェンス力抜群が売りの陵南のパワーフォワード。 福田のモデルは元ゴールデンステイトウォーリアーズの ラトレル・スプリーウェルでしょう。 共にずば抜けた運動能力とオフェンス力が武器で、ディフェンス力がやや劣っているのも同じです。 素行が悪く、福田は練習試合で監督に暴力行為を、スプリーウェルも監督への暴力行為で共に謹慎処分を課されたことがあります。 牧伸一は「マジック・ジョンソン」!? 色黒で、高校生とは思えない老け顔のため、桜木から「 じい」と呼ばれていた 海南大付属の司令塔。 牧のモデルは、元ロサンゼルスレーカーズの マジック・ジョンソンだとされています。 海南大付属のユニフォームが白地に紫と黄色で、レーカーズのユニフォームカラーと同じです。 さらに共にポジションが指令塔であるPGであることから、牧のモデルはマジックジョンソンだとされています。 神宗一郎は「レジー・ミラー」!? 入学当初はセンターだったが、努力の積み重ねで全国屈指のスリーポイントシューターへと成長した男。 神のモデルは元インディアナペイサーズの レジー・ミラーでしょう。 共に3Pシュートを武器に活躍したことが一番の理由です。 また、足の細さや手の長さ、シュートフォームがよく似ていることも理由に挙げられます。 清田信長は「ショーン・ケンプ」!? 低身長ながら驚異的な跳躍力でダンクを炸裂させる海南大付属の1年生レギュラー、通称「野猿」。 清田のモデルは元シアトルスーパーソニックスの ショーン・ケンプだとされています。 身長は違いますが、派手なダンクをするところとダンク後のパフォーマンスをするところがよく似ています。 また、2人ともやんちゃな性格であるという点も同じです。 藤真健司は「ラリー・バード」!? 監督兼選手として翔陽を支えるキャプテン。 藤間のモデルは元ボストンセルティックスの ラリー・バードだとされています。 翔陽のユニフォームが緑地に白で、セルティックスのユニフォームカラーと同じです。 バードは監督は兼務していませんが、チームの中心であることは藤間と同じです。 さらに、頭の後部から打つ独特なシュートフォームが似ていることも理由として挙げられます。 花形透は「ブラッド・ドアティ」!? 黒縁眼鏡がトレードマークで、フェイダウェイシュートを得意とする翔陽のセンター。 花形のモデルは、元クリーブランドキャバリアーズの ブラッド・ドアティとされています。 共にセンタープレーヤーながらパワープレーよりも、技巧派なプレーを得意としています。 また、真面目で紳士的な性格もよく似ています。 森重寛は「シャキール・オニール」!? 1年生ながら199cmの長身を生かし、名朋工業のインサイドに君臨する大型センター。 森重のモデルは、オーランドマジックやロサンゼルスレイカーズで活躍した シャキール・オニールだとされています。 共にセンターとして、パワフルなプレイで観客を魅了するとろが似ています。 また、ダンクシュートが大好きで、選手が密集していてもお構いなしにダンクをする姿がそっくりです。 沢北栄治は「アンファニー・ハーダウェイ」!? 山王工業のエースとして湘北の前に立ちふさがった最強の点取り屋。 沢北のモデルは元フェニックスサンズの アンファニー・ハーダウェイだとされています。 共にチームの点取り屋として活躍し、高い運動能力を生かした様々な得点パターンを持っています。 また、沢北のルックスがハーダウェイによく似ています。 豊玉高校は「オーランドマジック」 インターハイ1回戦で湘北が対戦した大阪府第2代表の豊玉高校。 ユニフォームのモデルは オーランドマジックだとされています。 青地のユニフォームがマジックとよく似てます。 山王工業は「秋田県立能代工業高校」 高校バスケ界の盟主・山王工業のモデルは日本の高校だとされています。 それが、 秋田県立能代工業高校です。 能代工業は全国制覇が全国最多58回を誇るバスケットボールの名門校です。 ユニフォームのデザインがよく似ていて、高校バスケ界最強のチームという点もよく似ています。 まとめ 今回は、湘北のライバルチームの登場人物のモデルをご紹介しました。 しかし、これはあくまでも推測であるため、実際にそのプレーヤーがモデルになったのかは明らかではありません。 ですが、各登場人物がここまで特徴を捉えているため、ほぼ間違いないと思います。 この記事を読んだ後に、もう一度『 SLAM DUNK』を読んでみてください。

次の

【完全版】バスケ漫画スラムダンクのモデル選手は?共通点を交えながら解説!

スラムダンク藤真 モデル

スラムダンク上手さランキング 上手さの指標としてまず技術・体力・精神力そして将来性も考えて評価していいこうと思います。 10位 土屋 淳 大栄学園4番 実際にバスケをしている描写は少ないですがあの豊玉を破って大阪1位になったチームのエースということでランクイン 目の肥えてる記者がAランクにした豊玉を破ったわけですから土屋は山王並と言っても過言ではありません。 仙道タイプらしいんで統率力や存在感のあるプレイヤーなんでしょう。 10位 諸星 大 愛和学院4番 初登場は担架で運ばれているシーンの諸星 愛知の星ということで注目されていましたが残念ながら愛知2位 森重がいないときですけど、復活したときには猛追するくらいですから得点力のある選手なんでしょう。 沢北を止めることを監督に期待されてましたし、何より牧に注目されてるということでこの順位 9位 藤真 健司 翔陽高校4番 1番意味のわかんないプレイヤー藤真 いつも牧のせいでナンバー2という感じですが、神奈川の2位なのになぜか監督がいない。 部員も多いことから明らかに選手を集めているのに監督がいない。 そしてなぜか藤真が監督役 最初は指示のために控えになってますがどう考えても最初から出た方がいいのに 宮城も尊敬しているしエースキラーの被害にもあってるのでこの順位 でもうーん・・・ 8位 森重 寛 名朋工業15番 愛知のルーキー森重 コイツの順位が1番迷いました。 もうちょい上でいいかなって ただまあ赤木はまだムリかなという理由でこの後登場する赤城より下の順位です。 圧倒的な体格で、愛知でも1位になり全国大会でも湘北と練習試合で善戦した常誠をフルボッコにしています。 ほぼ森重1強という感じなんですが、キャリアの浅さからファールアウトするし余計なファールも多い バスケ歴は1年そこそこなのに全国大会でトリプルダブルとかやっちゃう。 7位 流川 楓 湘北高校11番 湘北のエース流川 得点力・キレもそうですがなにより爆発力がすごいで。 試合によっては仙道とも並ぶし沢北も追い込みます。 しかし体力が無いのとディフェンスが下手なのでこの順位 神奈川のベスト5で神奈川の得点ランキング2位最後にはジュニア日本代表に選ばれています。 6位 赤木 剛憲 湘北高校4番 湘北の大黒柱センター赤木 その存在は圧倒的でチームのピンチを何度も救ってきました。 ケガをしても試合に出続ける精神力強さも持っています。 しかし河田にフルボッコにされています。 5位 牧 紳一 海南高校4番 神奈川ナンバーワンのガード牧 深津とは違い自分からがんがん得点を取るガード どんなに身体をあてられてファウルを貰っても最後はカウントを取りきる強さとボディバランスもあります。 2年のときに深津にやられている描写があるのでこの順位にしました。 インターハイでは2位になりサーフィンが趣味 4位 深津 一成 山王工業4番 最強山王のガード深津 冷静沈着で黒子にも徹することができますし自ら得点も取ることができます。 まさに理想のガードという感じ 語尾にピョンとかつけちゃう。 3位 仙道 彰 陵南高校7番 陵南のエース仙道 僕がスラムダンクの中で1番好きなキャラクターになります。 実力、存在感、統率力と完璧なプレイヤーです。 湘北のエース流川よりも実力そ示し海南戦では牧を圧倒してたとかしてないとか 陵南にもっといいプレイヤーがいれば全国にきっと出ていたはず。 2位 沢北 栄治 山王工業9番 最強山王のエース沢北 圧倒的得点能力と1on1の強さはピカイチ ダブルクラッチも軽々こなすボディバランスやヘナチョコシュートと言われるフローターシュートも打てる多才さ、スリーポイントも打てて決めるときには決める勝負強さも備えています。 ただちょっとムラッ気があるのが玉に瑕 集中した時は間違いなく一流のプレイヤーです。 1位 河田 雅史 山王工業7番 最強山王のセンター河田 圧倒的な存在感と抜群の安定感を備えていて高校生とは思えない落ち着きぶり 大学生オールスターと言われた仮想湘北もボコボコにします。 湘北戦でもあの赤木を完璧に押さえ込みリバウンドの強い野辺からリバウンドを取る桜木からリバウンドも取ります。 試合中に相手を分析する頭の良さもありシュートレンジも広い ガード・フォワード・センター全てをこなす完璧のプレイヤーです。 まとめ どうでしょうか? 1位は河田にしましたが作中の存在感や安定感は沢北よりも圧倒的だったと思います。 主人公の桜木にも最後まで立ちはだかりました。 ぶっちゃけこのランキングかなり迷いました。 明日やったら違う順位になると思います。 みなさんはどのキャラが1位になりますか?.

次の