大相撲 取組 動画。 協会からのお知らせ

朝乃山の取組結果と本日の動画【2020年1月初場所】

大相撲 取組 動画

iOS版は、本日3月14日より配信を開始します。 幕内の全取組ムービーをリアルタイムで配信 本場所期間中は、幕内の各取組終了後、毎日アプリ内でムービーを公開します。 相撲に精通したライターによる各取組の解説とともに、無料会員であれば1日1動画限定で、その日の取組の様子を振り返る事ができます。 また、取組ムービーは平成22年5月場所の取組結果まで振り返る事ができ、見逃してしまった本日の取組はもちろん、話題を呼んだ過去の取組まで、スマホでいつでもどこでも相撲観戦ができます。 お気に入り力士の取組結果をリアルタイムでお知らせするプッシュ通知機能 タイトル:「大相撲」 対応端末:Android4. 0以上、iOS6. の商標または登録商標です。 の商標です。 その後予告なしに変更されることがあります。 インストール方法 日本相撲協会公式アプリ「大相撲」をダウンロードしてお楽しみになりたい方は、インストール手順をご確認ください。 iOS及びAndroidのインストール方法を手順を追っての説明になります。 , Ltd.

次の

大相撲・宇良の全取組(成績)と現在の番付、そして近況について〜近々の幕内復活期待!!

大相撲 取組 動画

復帰3場所目、順調に復調、5月場所は幕下が確実とみられています。 ちなみに… 優勝決定戦の相手は同じ木瀬部屋。 かつて宇良の付き人もやっていた東三段目64の南海力(32)。 本場所では、優勝決定戦しか見ることができない取組ですが、ある意味、順当に宇良が勝ちました。 ところで、木瀬部屋と言えば… 先場所、幕尻で幕内優勝を果たした徳勝龍が居る部屋です。 先場所は徳勝龍と宇良の同時優勝、そして、今場所は宇良の優勝。 徳勝龍と志摩ノ海。 前頭2と躍進した徳勝龍は、鶴竜から金星をあげたものの、残念ながら上位戦で力発揮できず、負け越し。 最初に 「年ごとの取組(成績)を俯瞰」し、次に 「場所ごと対戦詳細」を見てみましょう。 コメントについては、各表の末尾に簡単に記しています。 年ごとの取組(成績)を俯瞰 まず、年ごとに見て、取組(成績)を俯瞰してみましょう。 11月場所には出場しましたが、そのときには西序二段106まで下がってしまいました。 そして、11月場所は6勝1敗の好成績を残し、2020年初場所は東序二段28までジャンプアップ。 初場所の全勝優勝で、3月場所は西三段目30までとなりました。 3月場所の成績次第では幕下も見えてきました。 ところで… すでの多くの方がご存じかもしれませんが、序二段という階層がどれだけ下、低いものなのか再確認しましょう。 最高位・横綱から降順で階層(=力士の格付け)を書きますね。 横 綱 2. 大 関 3. 関 脇 4. 小 結 5. 前 頭 6. 十 両 7. 幕 下 8. 序ノ口 一人前と見なされる(=給料がもらえる)のは[6]の十両からです。 この[6]以上になって、初めて「関取」と呼ばれます。 言い方悪いですけど、[7]以下は、その他大勢。 AKBで言うと研修生です。 いや…研修生よりも格下かも…。 初場所は3連勝と好調です。 このでは、相撲ではなく、まるでレスリングなのかと思うようなシーンが多かったです。 これについては、宇良がレスリングをやっていたということも関係しているのでしょう。 ただし、それは反則ではありません。 トリッキーさは宇良の持ち味なんですね。 しかし… そのトリッキーでアクロバティックなスタイルは、大学時代よりも大きく体重を増やしたということもあり、想像以上に大きな負担を「宇良の膝」へ与えてしまったのでしょう。 宇良は、この怪我が元となり、翌・2017年9月場所は途中休場。 そして、2017年11月場所から連続5場所全休となります。 ほぼ1年を怪我のため棒に振ったことになります。 連続5場所全休ですから、番付は、幕内から三段目まで急陥落です。 その深刻な怪我が完治したのでしょうか。 2018年9月場所、東三段目91枚目で本割復活。 そして、その翌場所・2018年11月には全勝で三段目優勝を果たします。 しかし… やはり、宇良の怪我は完治していなかったのです。 あるいは、全勝優勝の活躍の影で、怪我を再発させてしまった…。 宇良は2019年初場所、5番とったところで途中休場となり、そして4連続全休となったわけです。 実は… 宇良は、2019年初場所において、今年の目標を聞かれ「右膝を治し、もっと完璧にしたい」と話していました。 以下の文章は、以前書いたものですが、そのままで記載しています。 宇良の直近の近況については、公式情報が見当たりません。 2019年2月4日付けのデイリースポーツによれば宇良は「土俵でもう一回頑張りたい。 ここでは終われない。 元気です。 」と述べたといいます。 しかし… 2019年の3月場所、5月場所は連続の全休となってしまいました。 また、別の情報(3月中旬)によると、 宇良は2月下旬に大阪府内の病院で右膝の手術を受けたとの報道がありました。 具体的には、2019年初場所で古傷の右膝前十字靱帯を断裂してしまい、そのための修復手術でした。 木瀬部屋の師匠からは、「半年間はリハビリをさせて、復帰は早くても9月の秋場所以降」との言質がありました。 すでにツイートが閲覧できないのですが、元力士「普天王」(ふてんおう)さんのツイートに重要な情報がありました。 それは… 「(宇良の)復帰は早くて九州かな」 というものです。 九州とは、もちろん2019年11月場所のこと。 これが本当なら、3月中旬の情報にあった師匠の言質「復帰は早くて9月」は、もう少し遅くなるということなのでしょう。 復帰は来年になるかもしれません。 怪我を治すことを優先に「部屋も本人も」本気で長期的視点で取り組んでいるという証拠です。 そして… ご存じの通り、11月場所で復活。 良かった、良かった。 ところで… 宇良のアドバンテージは、序二段や序ノ口まで落ちても、怪我さえ治れば、宇良にとっては敵無し状態だろうというこ。 まとめ 小兵力士が大型力士に勝つ。 これ大相撲の醍醐味のひとつかもしれません。 それを体現して見せてくれる宇良は人気力士です。 その人気は絶大で、だからこそ、怪我のため序二段まで番付を急激に落としても、「宇良復活」を望む声は大きいのです。 この記事では、宇良の全取組(成績)を振り返るとともに、現在の番付も確認し、そして、近況について調べたところをまとめてみました。 所属は、ジョージア出身の臥牙丸などがいる木瀬部屋所属。 4020gで生まれた宇良、4歳から相撲を始めます。 途中端折って、関西学院大学に進学し、1年時には全国学生相撲個人体重別選手権65kg未満級で優勝、2013年にはロシアで開催の第2回ワールドコンバットゲームズ相撲軽量級で世界一に輝きます。 しかし、いかんせん体重が少ない。 大相撲力士としては背も小さい…。 それでも宇良は大学卒業後の進路として、大相撲界入りを決断し、木瀬部屋入門するに至るのです。 小兵力士・宇良誕生。 初土俵は2015年3月です。

次の

大相撲・宇良の全取組(成績)と現在の番付、そして近況について〜近々の幕内復活期待!!

大相撲 取組 動画

復帰3場所目、順調に復調、5月場所は幕下が確実とみられています。 ちなみに… 優勝決定戦の相手は同じ木瀬部屋。 かつて宇良の付き人もやっていた東三段目64の南海力(32)。 本場所では、優勝決定戦しか見ることができない取組ですが、ある意味、順当に宇良が勝ちました。 ところで、木瀬部屋と言えば… 先場所、幕尻で幕内優勝を果たした徳勝龍が居る部屋です。 先場所は徳勝龍と宇良の同時優勝、そして、今場所は宇良の優勝。 徳勝龍と志摩ノ海。 前頭2と躍進した徳勝龍は、鶴竜から金星をあげたものの、残念ながら上位戦で力発揮できず、負け越し。 最初に 「年ごとの取組(成績)を俯瞰」し、次に 「場所ごと対戦詳細」を見てみましょう。 コメントについては、各表の末尾に簡単に記しています。 年ごとの取組(成績)を俯瞰 まず、年ごとに見て、取組(成績)を俯瞰してみましょう。 11月場所には出場しましたが、そのときには西序二段106まで下がってしまいました。 そして、11月場所は6勝1敗の好成績を残し、2020年初場所は東序二段28までジャンプアップ。 初場所の全勝優勝で、3月場所は西三段目30までとなりました。 3月場所の成績次第では幕下も見えてきました。 ところで… すでの多くの方がご存じかもしれませんが、序二段という階層がどれだけ下、低いものなのか再確認しましょう。 最高位・横綱から降順で階層(=力士の格付け)を書きますね。 横 綱 2. 大 関 3. 関 脇 4. 小 結 5. 前 頭 6. 十 両 7. 幕 下 8. 序ノ口 一人前と見なされる(=給料がもらえる)のは[6]の十両からです。 この[6]以上になって、初めて「関取」と呼ばれます。 言い方悪いですけど、[7]以下は、その他大勢。 AKBで言うと研修生です。 いや…研修生よりも格下かも…。 初場所は3連勝と好調です。 このでは、相撲ではなく、まるでレスリングなのかと思うようなシーンが多かったです。 これについては、宇良がレスリングをやっていたということも関係しているのでしょう。 ただし、それは反則ではありません。 トリッキーさは宇良の持ち味なんですね。 しかし… そのトリッキーでアクロバティックなスタイルは、大学時代よりも大きく体重を増やしたということもあり、想像以上に大きな負担を「宇良の膝」へ与えてしまったのでしょう。 宇良は、この怪我が元となり、翌・2017年9月場所は途中休場。 そして、2017年11月場所から連続5場所全休となります。 ほぼ1年を怪我のため棒に振ったことになります。 連続5場所全休ですから、番付は、幕内から三段目まで急陥落です。 その深刻な怪我が完治したのでしょうか。 2018年9月場所、東三段目91枚目で本割復活。 そして、その翌場所・2018年11月には全勝で三段目優勝を果たします。 しかし… やはり、宇良の怪我は完治していなかったのです。 あるいは、全勝優勝の活躍の影で、怪我を再発させてしまった…。 宇良は2019年初場所、5番とったところで途中休場となり、そして4連続全休となったわけです。 実は… 宇良は、2019年初場所において、今年の目標を聞かれ「右膝を治し、もっと完璧にしたい」と話していました。 以下の文章は、以前書いたものですが、そのままで記載しています。 宇良の直近の近況については、公式情報が見当たりません。 2019年2月4日付けのデイリースポーツによれば宇良は「土俵でもう一回頑張りたい。 ここでは終われない。 元気です。 」と述べたといいます。 しかし… 2019年の3月場所、5月場所は連続の全休となってしまいました。 また、別の情報(3月中旬)によると、 宇良は2月下旬に大阪府内の病院で右膝の手術を受けたとの報道がありました。 具体的には、2019年初場所で古傷の右膝前十字靱帯を断裂してしまい、そのための修復手術でした。 木瀬部屋の師匠からは、「半年間はリハビリをさせて、復帰は早くても9月の秋場所以降」との言質がありました。 すでにツイートが閲覧できないのですが、元力士「普天王」(ふてんおう)さんのツイートに重要な情報がありました。 それは… 「(宇良の)復帰は早くて九州かな」 というものです。 九州とは、もちろん2019年11月場所のこと。 これが本当なら、3月中旬の情報にあった師匠の言質「復帰は早くて9月」は、もう少し遅くなるということなのでしょう。 復帰は来年になるかもしれません。 怪我を治すことを優先に「部屋も本人も」本気で長期的視点で取り組んでいるという証拠です。 そして… ご存じの通り、11月場所で復活。 良かった、良かった。 ところで… 宇良のアドバンテージは、序二段や序ノ口まで落ちても、怪我さえ治れば、宇良にとっては敵無し状態だろうというこ。 まとめ 小兵力士が大型力士に勝つ。 これ大相撲の醍醐味のひとつかもしれません。 それを体現して見せてくれる宇良は人気力士です。 その人気は絶大で、だからこそ、怪我のため序二段まで番付を急激に落としても、「宇良復活」を望む声は大きいのです。 この記事では、宇良の全取組(成績)を振り返るとともに、現在の番付も確認し、そして、近況について調べたところをまとめてみました。 所属は、ジョージア出身の臥牙丸などがいる木瀬部屋所属。 4020gで生まれた宇良、4歳から相撲を始めます。 途中端折って、関西学院大学に進学し、1年時には全国学生相撲個人体重別選手権65kg未満級で優勝、2013年にはロシアで開催の第2回ワールドコンバットゲームズ相撲軽量級で世界一に輝きます。 しかし、いかんせん体重が少ない。 大相撲力士としては背も小さい…。 それでも宇良は大学卒業後の進路として、大相撲界入りを決断し、木瀬部屋入門するに至るのです。 小兵力士・宇良誕生。 初土俵は2015年3月です。

次の