いなご フライヤー。 BTCトレード環境の紹介|黒マチャート・イナゴフライヤー・Bitfinex/BitMEX板情報

値動きが丸見え?!無料で使えるいなごFlyerが超便利!!

いなご フライヤー

Contents• イナゴチャートの見方 いなごFlyerにアクセスして、「Bitcoin Market Action Checker」を選択するとこんな画面になります。 パッと見、謎なんですが、 上のグラフはビットコインの取引の多さ、 下の文字列は取引所とその取引所のビットコインの値段を表しているみたいです。 取引所は「日本の取引所」も「海外の取引所」もありますね。 取引所によってビットコインの値段が全然違ってちょっと驚きです。 日本の取引所はどこも高いですね。 手数料が高いからでしょうか?ちなみに、最安でビットコインを買える取引所どこなんだろう?と思って2日くらいちらちら見ていましたがどの取引所も結構値段が変わりました。 日本の取引所の中だと、今はコインチェックが一番安い、次はビットフライヤーが一番安いとかくるくる変わっています。 ここに、手数料やスプレッドがプラスされるのでややこしいな…という印象。 で、イナゴチャートの見方の話を戻すと、日本円は数字の下の の中の値で表されています。 設定で他の通貨の単位に買えることもできます。 わかりやすくてありがたい。 次にグラフの見方です。 グラフがカラフルで、各取引所の文字の色とグラフの色が同じになっています。 このグラフのこの棒どこの取引所なんや?と思ったら、カーソルを合わせると、取引所名が表示されますよ。 すごい!! そして、次これはあってるか自信がないのですが、 中央の黒い横線より、上に伸びてる棒線が買い注文のビットコインの量で、下に伸びてる線が売り注文のビットコインの量なのかな~と思っています。 例えば、上のグラフだと、ビットフライヤーの売り注文が22コインあるのかと。 いなごFlyerは取引の量をグラフで見れると同時に、取引の量が一定数を超えると音がピコピコなります。 音は取引所毎、一定量売られた時、一定量買われたとき、音を鳴らす取引量など色々設定できます。 仮想通貨のブログやTwitterを徘徊していると、 いなごFlyerを使っている多くの人は、 グラフというよりもいなごFlyerの音で取引しなきゃ!と判断しているようでした。 取引量が急激に増えると、直後に相場が急上昇、急下降する場合が多いので、みんなが取引始める前に安い価格で買って、価格が上がり切った時に売る!という戦略です。 いなごFlyer、黒マチャート、ビットフライヤーのチャートを見ながら、ザイフやGMOコインでトレードしている人が多かったです。 ほとんどの人が スプレッドも取引所のキャンペーンによって変わるので、複数の口座を開設して使い分けをしていました。 まだの人は早めに開設しておくのがよさそうです。 <公式サイト集> あと、他にもいなごFlyerの中の人はイナゴチャートのこんな使い方もしていました。 はえ~なるほど~。 すごいです。 私もいつかこんなレベルになりたいなぁ。 イナゴチャートできれいなアビトラ42枚、30枚を観測! bfで買ってCCで売る!これだけで4万円近くの利益です。 — inagoflyer inagoflyer まとめ 今回は、いなごFlyerのイナゴチャートの見方・使い方についてまとめました。

次の

いなごFlyer(いなごフライヤー)とは?暗号資産(仮想通貨)のイナゴトレードをサポートするツールの特徴・使い方を徹底解説!

いなご フライヤー

チャートの見方 サイトのトップページにチャートが表示れており、棒グラフが売買の注文量を示しています。 中央の0の線より上は「買い」、下は「売り」を表しており、グラフの色は下にある各取引所一覧と対応しています。 各取引所の数字はビットコイン(BTC)価格を示しています。 出典: 大量に売買されるとアラートログと呼ばれるログに履歴が表示されます。 ここには70コイン以上の取引があった際に記録されます。 出典: 音の設定 いなごフライヤーではアラート音を設定する事ができ、このアラート音はイナゴ音と呼ばれています。 トップページから下にスクロールすると以下の画面が表示され、取引所と通貨ペア、取引所毎の通知のオンオフ、売られた時の音の種類、買われた時の音の種類、何コイン以上で売買されたら通知をするかといった項目をそれぞれ設定できます。 出典: Chart Column Setting Chart Column Settingは棒グラフの設定ができます。 Seconds Per Columnでグラフの更新速度を1秒から60秒の単位で変更でき、Column Countで表示する棒グラフの数を5本から180本の単位で変更できます。 出典: Alert Setting Alert Settingではイナゴ発生の観測時間を10秒から60秒間隔で設定する事ができ、イナゴが発生していた場合にはアラート音で通知します。 出典: Alert Sound Setting Alert Sound Settingはアラート音全体の設定をする事ができます。 アラート音のオンオフ以外にSound Comboという機能が付いており、これをオンにするとアラートが沢山鳴った時に一時的に再生速度が速くなります。 出典: SoundPlaygroundではより細かく設定する事ができ、全体の音量、再生速度を調整できます。 アラート音毎に音量や再生速度を設定する事もできます。 出典: View Setting ViewSettingはグラフの表示について設定できます。 Chart Heightでグラフの高さを、Y Axis FixedをオンにするとY軸の目盛を設定する事ができます。 出典: Alert Log Alert Logは、上で説明した大量売買の履歴であるアラートログに表示する言語を設定できます。 出典: Send Alert JSON Message POST Send Alert JSON Message POST は、アラートログの履歴を外部サーバーに転送できる機能です。 ユーザーが自身でサーバーとWebアプリを用意すると自動売買プログラムで取引を行う事ができるようになるとの事です。 出典: PriceBoard SubRateCurrency PriceBord SubRateCurrencyでは、取引所一覧に乗っているBTC価格に表示する通貨を変更できます。 出典: Slackと連携 いなごフライヤーはアプリをリリースしていませんが、ビジネス向けチャットツールであるSlackと連携する事ができます。 SlackはAPI技術によって様々なアプリやツールと連携でき、いなごフライヤーと連携する事で通知をスマホで確認できるようになります。 【2位】 最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所 【急上昇!】 東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる! 【1位】 現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。 取引手数料無料! 【2位】 ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所! 【3位】 一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単に リップルなどの人気銘柄の売買ができる!.

次の

いなごFlyer(いなごフライヤー)とは?暗号資産(仮想通貨)のイナゴトレードをサポートするツールの特徴・使い方を徹底解説!

いなご フライヤー

DECO BOARDの機能紹介 で使える機能を紹介します。 URLにアクセスするだけで誰でも使うことができるので無料です。 によると、板情報ほぼタイムラグなしで表示されます。 この板情報たちをじーっと見ていると非常に勉強になります。 なぜなら、3つの取引所、 特にbitfinexとBitMEXでは頻繁に巨大な見せ板や蓋が出現し、価格チャートをコントロールしようとする大口トレーダーの存在が透けて見えるからです。 大きな見せ板や壁が出現すれば、 テープリーディングという手法でいち早く価格操作の予兆を察知できるので、それだけでトレードを有利に進めることが出来ます。 bitFlyer Divergence: bitFlyer現物価格とbitFlyer FX価格との 乖離率です。 ちなみにSPOTは現物BTC価格です。 BitMEX Funding Rate: 資金調達率と 次回資金調達率の予測値です。 時計アイコンは資金調達が発生するまでの残り時間です。 Bitfinex Lending Rate FRR : BTCとUSDの 貸出金利 レンディングレート です。 ビットフィネクスではビットコインFXをする際にこの金利が発生します。 という、ビットコイン価格に大きく影響を与える3大金利も併せて表示してくれるので、これがなかなか 侮れないほど活躍します。 おおざっぱにですが、各取引所の指標の参考方法を載せておきます。 取引所名 指標の見方 bitflyerの剥離率 マイナス剥離なら上昇、プラス剥離なら下落傾向。 BitMEXの資金調達率 マイナスなら上昇、プラスなら下落傾向。 bitfinexの貸出金利 金利が高い場合にボラ 値幅 増加傾向。 詳しくは後述します。 これによって、 チャート版もあるという、クロマチャートの代替になりえるゼロレイテンシチャートがリリースされました。 インストールして使う感じです。 無料 DECO BOARDと合わせて使うと相性がいいかも。 板情報のグルーピング機能 各取引所ごとに、板表示の単位を変えることが出来ます。 ビットフライヤーは円単位、BitMEXとbitfinexはドル単位になっています。 デフォルトの黒の方が目に優しいのでオススメですけどね。 歩み値を取引所別に表示する 歩み値画面の上部で、デフォルトでは3取引所合計の歩み値が表示されていますが、取引所ごとに含める・含めないを切り替えることが出来ます。 DECO BOARDを使ったトレード戦術 主にスキャルピングトレードで使うことが多いと思います。 見せ板や壁の出現から値動きを予測する リアルタイム板情報で見せ板や蓋の存在の有無を確認し、リアルタイム出来高表示で、巨大な成行売買を合図にエントリーする、というような使い方です。 見せ板や蓋が確認できた時には、大口 マーケットメイカー が価格を変動させる予兆です。 局面でどちら方向に動かしたいのか見極めます。 見せ板や蓋の存在がどのように価格に影響してくるのかは、以下のテープリーディングの記事で詳しく解説しているので読んでみてください。 取引所の指標から相場観を判断する 次に、金利を確認します。 bitfinexの金利・ bitflyerの剥離率、 BitMEXの資金調達率という、ビットコイン価格に大きく影響を与える3大金利があります。 これらは、ビットコイン現物とビットコインFX(先物)との価格の剥離を是正する狙いで設けられているスワップ手数料の一種なのですが、これを同時に確認できるということは、今市場でのビットコインFXの価格が上下どちらに、どれだけ剥離しているのかということが把握できます。 先ほども載せた表ですが、おおざっぱな各取引所の指標の参考方法です。 取引所名 指標の見方 bitflyerの剥離率 マイナス剥離なら上昇、プラス剥離なら下落につながります。 【理由】約定時、手数料の授受によって剥離を埋める方向に先物が現物に収束する為 BitMEXの資金調達率 マイナスなら上昇、プラスなら下落につながります。 【理由】高金利を回避するレンディング買い戻しなど動きが出る為 どれかの取引所の指標をチェックし忘れていて見逃してしまうというようなことがなくなるのも大きなメリットですね。 エントリーする場合には、日足など上位足のトレンドや、これらの指標を参考に、 「これは順張りなのか・逆張りなのか」を意識してトレードするとより勝率の高いトレードになると思います。 DECO BOARDのトラブル対処 DECOBOARDで稀に確認されている不具合やよくある疑問をご紹介します。 bitFlyerの板情報が直近しか表示されない ビットフライヤーの板情報だけ下の画像のように直近価格以外が表示されない不具合が発生することがあるそうです。 この現象が発生した場合は、ブラウザをGoogle Chromeに切り替え、拡張機能をインストールすることで改善します、が、今はアップデートで修正されたのかプラグインが見つかりませんでした。 DECOBOARTD Extension スマホで正常に表示されない DECOBOARDはスマホ非対応です。 なのでスマホでアクセスをしても正常に表示されません。 スマホでは板情報や約定状況などがずれたり見ることができないことがあります。 タブレットであればブラウザ幅を広げることで解消できますが、基本的にパソコンから見ることを想定されて作られています。 まとめ ビットコインFXトレードにもはや必須のツールDECOBOARD デコボード について解説してみました。 総合板情報により見せ板や壁の発見が容易• 金利一覧により相場状況が把握しやすい• 歩み値と出来高により大口成行売買がすぐ察知できる というアドバンテージを得られるので、特にビットコインFXのスキャルピングに最適な武器であることがわかると思います。 ただ、出来高のリアルタイム表示は別ツールのイナゴフライヤーを使ったほうが色々詳細設定をいじれるのでいいかもしれません。 なのでDECO BOARD単独で使うよりは、チャート機能ならクロマチャート、出来高はイナゴフライヤーなど併用するのがいいでしょう。 一つのツールにこだわらず、柔軟な戦略の方が応用も効くのでオススメです。 他にもいろんなツールがあるので、ぜひ自分のトレードスタイルにあった手法を見つけて、相場で勝てるようになりましょう!.

次の