平成 何 年 今。 何年生まれはいま何歳がわかる年齢早見表

平成何年

平成 何 年 今

回答 財(モノ)やサービスの種類によって、価格の上昇率がまちまちであるため、お金の価値を単純に比較することはなかなか困難です。 そこで、「今のは、昭和40年と比べてどのくらいの水準なのか?」という質問に置き換え、いくつかの数字を使って考えてみましょう。 昭和40年当時に1万円で取引されていた物が、現在は何円ぐらいなのか、ということから、大体の価値が見えてきます。 ここでは、企業物価指数およびが1つの参考材料になります。 企業物価指数を見ると、令和元年の物価は昭和40年の約2. 1倍なので、昭和40年の1万円は令和元年の約2. 1万円に相当する計算になります。 また、消費者物価指数では約4. 2倍なので、約4. 2万円に相当するという計算になります(計算式の(1)、(2)を参照)。 このように価格上昇率のモノサシとして何を使うかで計算結果はまちまちですので、あくまでも参考計数として考えてください。 計算式 (1)企業物価指数(国内企業物価指数) 101. 2(昭和40年)= 2. 1倍 (2)消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合) 102. 4(昭和40年)= 4. 2倍 参考• 「企業物価指数」と「消費者物価指数」の違いについて 「企業物価指数(国内企業物価指数)」は国内において企業同士で取引される「財(モノ)」の価格を、「消費者物価指数」は小売段階における「財」と「サービス」両方の価格を対象としている点で、モノサシの種類が異なります。 また、同じ「企業物価指数」でも、明治時代までさかのぼれる「戦前基準指数」は、国内品(国内で生産され、国内向けに出荷された商品)だけでなく、輸出品、輸入品も含む概念であるため、その動きには、海外需要の増加による輸出品価格の上昇など、国内要因以外の様々な要因が反映されています。 表 企業物価指数と消費者物価指数 企業間で取引される際の財の価格 (サービスは含まない) 消費者が購入する際の財およびサービスの価格 企業物価指数 消費者物価指数 <平成27(2015)年平均=100> 国内企業物価指数 <平成27(2015)年平均=100> 戦前基準指数 <昭和9年(1934)~11年(1936)平均=1> 総合 持家の帰属家賃を除く総合 年平均 年平均 年平均 年平均 明治34年 1901 —— 0. 469 —— —— 35年 1902 —— 0. 474 —— —— 36年 1903 —— 0. 504 —— —— 37年 1904 —— 0. 530 —— —— 38年 1905 —— 0. 569 —— —— 39年 1906 —— 0. 586 —— —— 40年 1907 —— 0. 632 —— —— 41年 1908 —— 0. 609 —— —— 42年 1909 —— 0. 581 —— —— 43年 1910 —— 0. 588 —— —— 44年 1911 —— 0. 610 —— —— 45年 1912 —— 0. 646 —— —— 大正2年 1913 —— 0. 647 —— —— 3年 1914 —— 0. 618 —— —— 4年 1915 —— 0. 625 —— —— 5年 1916 —— 0. 756 —— —— 6年 1917 —— 0. 951 —— —— 7年 1918 —— 1. 246 —— —— 8年 1919 —— 1. 526 —— —— 9年 1920 —— 1. 678 —— —— 10年 1921 —— 1. 296 —— —— 11年 1922 —— 1. 266 —— —— 12年 1923 —— 1. 288 —— —— 13年 1924 —— 1. 336 —— —— 14年 1925 —— 1. 305 —— —— 15年 1926 —— 1. 157 —— —— 昭和2年 1927 —— 1. 099 —— —— 3年 1928 —— 1. 106 —— —— 4年 1929 —— 1. 075 —— —— 5年 1930 —— 0. 885 —— —— 6年 1931 —— 0. 748 —— —— 7年 1932 —— 0. 830 —— —— 8年 1933 —— 0. 951 —— —— 9年 1934 —— 0. 969 —— —— 10年 1935 —— 0. 994 —— —— 11年 1936 —— 1. 036 —— —— 12年 1937 —— 1. 258 —— —— 13年 1938 —— 1. 327 —— —— 14年 1939 —— 1. 466 —— —— 15年 1940 —— 1. 641 —— —— 16年 1941 —— 1. 758 —— —— 17年 1942 —— 1. 912 —— —— 18年 1943 —— 2. 046 —— —— 19年 1944 —— 2. 319 —— —— 20年 1945 —— 3. 503 —— —— 21年 1946 —— 16. 27 —— —— 22年 1947 —— 48. 15 —— 5. 4 23年 1948 —— 127. 9 —— 9. 9 24年 1949 —— 208. 8 —— 13. 1 25年 1950 —— 246. 8 —— 12. 2 26年 1951 —— 342. 5 —— 14. 3 27年 1952 —— 349. 2 —— 15. 1 28年 1953 —— 351. 6 —— 16. 1 29年 1954 —— 349. 2 —— 17. 1 30年 1955 —— 343. 0 —— 16. 9 31年 1956 —— 358. 0 —— 17. 0 32年 1957 —— 368. 8 —— 17. 5 33年 1958 —— 344. 8 —— 17. 4 34年 1959 —— 348. 3 —— 17. 6 35年 1960 48. 1 352. 1 —— 18. 3 36年 1961 48. 7 355. 7 —— 19. 3 37年 1962 47. 8 349. 7 —— 20. 6 38年 1963 48. 6 356. 0 —— 22. 1 39年 1964 48. 6 356. 7 —— 23. 0 40年 1965 49. 2 359. 4 —— 24. 4 41年 1966 50. 3 368. 1 —— 25. 7 42年 1967 51. 7 374. 7 —— 26. 7 43年 1968 52. 2 377. 9 —— 28. 2 44年 1969 53. 1 385. 9 —— 29. 7 45年 1970 54. 9 399. 9 31. 5 32. 0 46年 1971 54. 4 396. 8 33. 5 33. 9 47年 1972 55. 3 400. 0 35. 2 35. 4 48年 1973 64. 0 463. 3 39. 3 39. 6 49年 1974 81. 6 608. 7 48. 4 49. 2 50年 1975 83. 9 626. 8 54. 0 55. 0 51年 1976 88. 6 658. 4 59. 1 60. 2 52年 1977 91. 5 670. 8 63. 9 65. 0 53年 1978 91. 0 653. 8 66. 7 67. 5 54年 1979 95. 6 701. 5 69. 1 69. 9 55年 1980 109. 9 826. 1 74. 5 75. 5 56年 1981 111. 4 837. 7 78. 1 79. 2 57年 1982 111. 9 852. 7 80. 3 81. 3 58年 1983 111. 2 833. 7 81. 8 82. 8 59年 1984 111. 3 831. 5 83. 6 84. 7 60年 1985 110. 5 822. 4 85. 4 86. 4 61年 1986 105. 3 747. 3 85. 9 86. 7 62年 1987 102. 0 719. 3 85. 9 86. 6 63年 1988 101. 5 712. 1 86. 5 87. 0 平成元年 1989 103. 3 730. 4 88. 5 89. 0 2年 1990 104. 9 745. 4 91. 2 91. 7 3年 1991 106. 0 741. 3 94. 3 94. 8 4年 1992 105. 0 729. 3 95. 8 96. 3 5年 1993 103. 4 708. 1 97. 1 97. 4 6年 1994 101. 7 693. 7 97. 7 97. 9 7年 1995 100. 8 687. 2 97. 6 97. 6 8年 1996 99. 2 688. 0 97. 7 97. 6 9年 1997 99. 8 698. 4 99. 5 99. 2 10年 1998 98. 3 687. 5 100. 1 99. 9 11年 1999 96. 9 664. 3 99. 8 99. 5 12年 2000 96. 9 664. 2 99. 1 98. 6 13年 2001 94. 7 658. 0 98. 4 97. 7 14年 2002 92. 8 645. 7 97. 5 96. 6 15年 2003 91. 9 637. 3 97. 2 96. 3 16年 2004 93. 1 644. 7 97. 2 96. 3 17年 2005 94. 6 665. 0 96. 9 95. 9 18年 2006 96. 7 692. 7 97. 2 96. 2 19年 2007 98. 4 711. 9 97. 2 96. 3 20年 2008 102. 9 736. 6 98. 6 97. 8 21年 2009 97. 5 664. 4 97. 2 96. 4 22年 2010 97. 4 668. 5 96. 5 95. 6 23年 2011 98. 8 680. 9 96. 3 95. 4 24年 2012 98. 0 674. 4 96. 2 95. 4 25年 2013 99. 2 711. 1 96. 6 95. 8 26年 2014 102. 4 735. 4 99. 2 99. 0 27年 2015 100. 0 710. 0 100. 0 100. 0 28年 2016 96. 5 658. 2 99. 9 99. 9 29年 2017 98. 7 687. 8 100. 4 100. 5 30年 2018 101. 3 710. 6 101. 3 101. 7 令和元年 2019 101. 5 698. 8 101. 8 102. 3 出所• 日本銀行調査統計局「企業物価指数」• 総務省統計局「消費者物価指数」 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の

何年生まれはいま何歳がわかる年齢早見表

平成 何 年 今

回答 財(モノ)やサービスの種類によって、価格の上昇率がまちまちであるため、お金の価値を単純に比較することはなかなか困難です。 そこで、「今のは、昭和40年と比べてどのくらいの水準なのか?」という質問に置き換え、いくつかの数字を使って考えてみましょう。 昭和40年当時に1万円で取引されていた物が、現在は何円ぐらいなのか、ということから、大体の価値が見えてきます。 ここでは、企業物価指数およびが1つの参考材料になります。 企業物価指数を見ると、令和元年の物価は昭和40年の約2. 1倍なので、昭和40年の1万円は令和元年の約2. 1万円に相当する計算になります。 また、消費者物価指数では約4. 2倍なので、約4. 2万円に相当するという計算になります(計算式の(1)、(2)を参照)。 このように価格上昇率のモノサシとして何を使うかで計算結果はまちまちですので、あくまでも参考計数として考えてください。 計算式 (1)企業物価指数(国内企業物価指数) 101. 2(昭和40年)= 2. 1倍 (2)消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合) 102. 4(昭和40年)= 4. 2倍 参考• 「企業物価指数」と「消費者物価指数」の違いについて 「企業物価指数(国内企業物価指数)」は国内において企業同士で取引される「財(モノ)」の価格を、「消費者物価指数」は小売段階における「財」と「サービス」両方の価格を対象としている点で、モノサシの種類が異なります。 また、同じ「企業物価指数」でも、明治時代までさかのぼれる「戦前基準指数」は、国内品(国内で生産され、国内向けに出荷された商品)だけでなく、輸出品、輸入品も含む概念であるため、その動きには、海外需要の増加による輸出品価格の上昇など、国内要因以外の様々な要因が反映されています。 表 企業物価指数と消費者物価指数 企業間で取引される際の財の価格 (サービスは含まない) 消費者が購入する際の財およびサービスの価格 企業物価指数 消費者物価指数 <平成27(2015)年平均=100> 国内企業物価指数 <平成27(2015)年平均=100> 戦前基準指数 <昭和9年(1934)~11年(1936)平均=1> 総合 持家の帰属家賃を除く総合 年平均 年平均 年平均 年平均 明治34年 1901 —— 0. 469 —— —— 35年 1902 —— 0. 474 —— —— 36年 1903 —— 0. 504 —— —— 37年 1904 —— 0. 530 —— —— 38年 1905 —— 0. 569 —— —— 39年 1906 —— 0. 586 —— —— 40年 1907 —— 0. 632 —— —— 41年 1908 —— 0. 609 —— —— 42年 1909 —— 0. 581 —— —— 43年 1910 —— 0. 588 —— —— 44年 1911 —— 0. 610 —— —— 45年 1912 —— 0. 646 —— —— 大正2年 1913 —— 0. 647 —— —— 3年 1914 —— 0. 618 —— —— 4年 1915 —— 0. 625 —— —— 5年 1916 —— 0. 756 —— —— 6年 1917 —— 0. 951 —— —— 7年 1918 —— 1. 246 —— —— 8年 1919 —— 1. 526 —— —— 9年 1920 —— 1. 678 —— —— 10年 1921 —— 1. 296 —— —— 11年 1922 —— 1. 266 —— —— 12年 1923 —— 1. 288 —— —— 13年 1924 —— 1. 336 —— —— 14年 1925 —— 1. 305 —— —— 15年 1926 —— 1. 157 —— —— 昭和2年 1927 —— 1. 099 —— —— 3年 1928 —— 1. 106 —— —— 4年 1929 —— 1. 075 —— —— 5年 1930 —— 0. 885 —— —— 6年 1931 —— 0. 748 —— —— 7年 1932 —— 0. 830 —— —— 8年 1933 —— 0. 951 —— —— 9年 1934 —— 0. 969 —— —— 10年 1935 —— 0. 994 —— —— 11年 1936 —— 1. 036 —— —— 12年 1937 —— 1. 258 —— —— 13年 1938 —— 1. 327 —— —— 14年 1939 —— 1. 466 —— —— 15年 1940 —— 1. 641 —— —— 16年 1941 —— 1. 758 —— —— 17年 1942 —— 1. 912 —— —— 18年 1943 —— 2. 046 —— —— 19年 1944 —— 2. 319 —— —— 20年 1945 —— 3. 503 —— —— 21年 1946 —— 16. 27 —— —— 22年 1947 —— 48. 15 —— 5. 4 23年 1948 —— 127. 9 —— 9. 9 24年 1949 —— 208. 8 —— 13. 1 25年 1950 —— 246. 8 —— 12. 2 26年 1951 —— 342. 5 —— 14. 3 27年 1952 —— 349. 2 —— 15. 1 28年 1953 —— 351. 6 —— 16. 1 29年 1954 —— 349. 2 —— 17. 1 30年 1955 —— 343. 0 —— 16. 9 31年 1956 —— 358. 0 —— 17. 0 32年 1957 —— 368. 8 —— 17. 5 33年 1958 —— 344. 8 —— 17. 4 34年 1959 —— 348. 3 —— 17. 6 35年 1960 48. 1 352. 1 —— 18. 3 36年 1961 48. 7 355. 7 —— 19. 3 37年 1962 47. 8 349. 7 —— 20. 6 38年 1963 48. 6 356. 0 —— 22. 1 39年 1964 48. 6 356. 7 —— 23. 0 40年 1965 49. 2 359. 4 —— 24. 4 41年 1966 50. 3 368. 1 —— 25. 7 42年 1967 51. 7 374. 7 —— 26. 7 43年 1968 52. 2 377. 9 —— 28. 2 44年 1969 53. 1 385. 9 —— 29. 7 45年 1970 54. 9 399. 9 31. 5 32. 0 46年 1971 54. 4 396. 8 33. 5 33. 9 47年 1972 55. 3 400. 0 35. 2 35. 4 48年 1973 64. 0 463. 3 39. 3 39. 6 49年 1974 81. 6 608. 7 48. 4 49. 2 50年 1975 83. 9 626. 8 54. 0 55. 0 51年 1976 88. 6 658. 4 59. 1 60. 2 52年 1977 91. 5 670. 8 63. 9 65. 0 53年 1978 91. 0 653. 8 66. 7 67. 5 54年 1979 95. 6 701. 5 69. 1 69. 9 55年 1980 109. 9 826. 1 74. 5 75. 5 56年 1981 111. 4 837. 7 78. 1 79. 2 57年 1982 111. 9 852. 7 80. 3 81. 3 58年 1983 111. 2 833. 7 81. 8 82. 8 59年 1984 111. 3 831. 5 83. 6 84. 7 60年 1985 110. 5 822. 4 85. 4 86. 4 61年 1986 105. 3 747. 3 85. 9 86. 7 62年 1987 102. 0 719. 3 85. 9 86. 6 63年 1988 101. 5 712. 1 86. 5 87. 0 平成元年 1989 103. 3 730. 4 88. 5 89. 0 2年 1990 104. 9 745. 4 91. 2 91. 7 3年 1991 106. 0 741. 3 94. 3 94. 8 4年 1992 105. 0 729. 3 95. 8 96. 3 5年 1993 103. 4 708. 1 97. 1 97. 4 6年 1994 101. 7 693. 7 97. 7 97. 9 7年 1995 100. 8 687. 2 97. 6 97. 6 8年 1996 99. 2 688. 0 97. 7 97. 6 9年 1997 99. 8 698. 4 99. 5 99. 2 10年 1998 98. 3 687. 5 100. 1 99. 9 11年 1999 96. 9 664. 3 99. 8 99. 5 12年 2000 96. 9 664. 2 99. 1 98. 6 13年 2001 94. 7 658. 0 98. 4 97. 7 14年 2002 92. 8 645. 7 97. 5 96. 6 15年 2003 91. 9 637. 3 97. 2 96. 3 16年 2004 93. 1 644. 7 97. 2 96. 3 17年 2005 94. 6 665. 0 96. 9 95. 9 18年 2006 96. 7 692. 7 97. 2 96. 2 19年 2007 98. 4 711. 9 97. 2 96. 3 20年 2008 102. 9 736. 6 98. 6 97. 8 21年 2009 97. 5 664. 4 97. 2 96. 4 22年 2010 97. 4 668. 5 96. 5 95. 6 23年 2011 98. 8 680. 9 96. 3 95. 4 24年 2012 98. 0 674. 4 96. 2 95. 4 25年 2013 99. 2 711. 1 96. 6 95. 8 26年 2014 102. 4 735. 4 99. 2 99. 0 27年 2015 100. 0 710. 0 100. 0 100. 0 28年 2016 96. 5 658. 2 99. 9 99. 9 29年 2017 98. 7 687. 8 100. 4 100. 5 30年 2018 101. 3 710. 6 101. 3 101. 7 令和元年 2019 101. 5 698. 8 101. 8 102. 3 出所• 日本銀行調査統計局「企業物価指数」• 総務省統計局「消費者物価指数」 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の

今日は平成何年?

平成 何 年 今

回答 財(モノ)やサービスの種類によって、価格の上昇率がまちまちであるため、お金の価値を単純に比較することはなかなか困難です。 そこで、「今のは、昭和40年と比べてどのくらいの水準なのか?」という質問に置き換え、いくつかの数字を使って考えてみましょう。 昭和40年当時に1万円で取引されていた物が、現在は何円ぐらいなのか、ということから、大体の価値が見えてきます。 ここでは、企業物価指数およびが1つの参考材料になります。 企業物価指数を見ると、令和元年の物価は昭和40年の約2. 1倍なので、昭和40年の1万円は令和元年の約2. 1万円に相当する計算になります。 また、消費者物価指数では約4. 2倍なので、約4. 2万円に相当するという計算になります(計算式の(1)、(2)を参照)。 このように価格上昇率のモノサシとして何を使うかで計算結果はまちまちですので、あくまでも参考計数として考えてください。 計算式 (1)企業物価指数(国内企業物価指数) 101. 2(昭和40年)= 2. 1倍 (2)消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合) 102. 4(昭和40年)= 4. 2倍 参考• 「企業物価指数」と「消費者物価指数」の違いについて 「企業物価指数(国内企業物価指数)」は国内において企業同士で取引される「財(モノ)」の価格を、「消費者物価指数」は小売段階における「財」と「サービス」両方の価格を対象としている点で、モノサシの種類が異なります。 また、同じ「企業物価指数」でも、明治時代までさかのぼれる「戦前基準指数」は、国内品(国内で生産され、国内向けに出荷された商品)だけでなく、輸出品、輸入品も含む概念であるため、その動きには、海外需要の増加による輸出品価格の上昇など、国内要因以外の様々な要因が反映されています。 表 企業物価指数と消費者物価指数 企業間で取引される際の財の価格 (サービスは含まない) 消費者が購入する際の財およびサービスの価格 企業物価指数 消費者物価指数 <平成27(2015)年平均=100> 国内企業物価指数 <平成27(2015)年平均=100> 戦前基準指数 <昭和9年(1934)~11年(1936)平均=1> 総合 持家の帰属家賃を除く総合 年平均 年平均 年平均 年平均 明治34年 1901 —— 0. 469 —— —— 35年 1902 —— 0. 474 —— —— 36年 1903 —— 0. 504 —— —— 37年 1904 —— 0. 530 —— —— 38年 1905 —— 0. 569 —— —— 39年 1906 —— 0. 586 —— —— 40年 1907 —— 0. 632 —— —— 41年 1908 —— 0. 609 —— —— 42年 1909 —— 0. 581 —— —— 43年 1910 —— 0. 588 —— —— 44年 1911 —— 0. 610 —— —— 45年 1912 —— 0. 646 —— —— 大正2年 1913 —— 0. 647 —— —— 3年 1914 —— 0. 618 —— —— 4年 1915 —— 0. 625 —— —— 5年 1916 —— 0. 756 —— —— 6年 1917 —— 0. 951 —— —— 7年 1918 —— 1. 246 —— —— 8年 1919 —— 1. 526 —— —— 9年 1920 —— 1. 678 —— —— 10年 1921 —— 1. 296 —— —— 11年 1922 —— 1. 266 —— —— 12年 1923 —— 1. 288 —— —— 13年 1924 —— 1. 336 —— —— 14年 1925 —— 1. 305 —— —— 15年 1926 —— 1. 157 —— —— 昭和2年 1927 —— 1. 099 —— —— 3年 1928 —— 1. 106 —— —— 4年 1929 —— 1. 075 —— —— 5年 1930 —— 0. 885 —— —— 6年 1931 —— 0. 748 —— —— 7年 1932 —— 0. 830 —— —— 8年 1933 —— 0. 951 —— —— 9年 1934 —— 0. 969 —— —— 10年 1935 —— 0. 994 —— —— 11年 1936 —— 1. 036 —— —— 12年 1937 —— 1. 258 —— —— 13年 1938 —— 1. 327 —— —— 14年 1939 —— 1. 466 —— —— 15年 1940 —— 1. 641 —— —— 16年 1941 —— 1. 758 —— —— 17年 1942 —— 1. 912 —— —— 18年 1943 —— 2. 046 —— —— 19年 1944 —— 2. 319 —— —— 20年 1945 —— 3. 503 —— —— 21年 1946 —— 16. 27 —— —— 22年 1947 —— 48. 15 —— 5. 4 23年 1948 —— 127. 9 —— 9. 9 24年 1949 —— 208. 8 —— 13. 1 25年 1950 —— 246. 8 —— 12. 2 26年 1951 —— 342. 5 —— 14. 3 27年 1952 —— 349. 2 —— 15. 1 28年 1953 —— 351. 6 —— 16. 1 29年 1954 —— 349. 2 —— 17. 1 30年 1955 —— 343. 0 —— 16. 9 31年 1956 —— 358. 0 —— 17. 0 32年 1957 —— 368. 8 —— 17. 5 33年 1958 —— 344. 8 —— 17. 4 34年 1959 —— 348. 3 —— 17. 6 35年 1960 48. 1 352. 1 —— 18. 3 36年 1961 48. 7 355. 7 —— 19. 3 37年 1962 47. 8 349. 7 —— 20. 6 38年 1963 48. 6 356. 0 —— 22. 1 39年 1964 48. 6 356. 7 —— 23. 0 40年 1965 49. 2 359. 4 —— 24. 4 41年 1966 50. 3 368. 1 —— 25. 7 42年 1967 51. 7 374. 7 —— 26. 7 43年 1968 52. 2 377. 9 —— 28. 2 44年 1969 53. 1 385. 9 —— 29. 7 45年 1970 54. 9 399. 9 31. 5 32. 0 46年 1971 54. 4 396. 8 33. 5 33. 9 47年 1972 55. 3 400. 0 35. 2 35. 4 48年 1973 64. 0 463. 3 39. 3 39. 6 49年 1974 81. 6 608. 7 48. 4 49. 2 50年 1975 83. 9 626. 8 54. 0 55. 0 51年 1976 88. 6 658. 4 59. 1 60. 2 52年 1977 91. 5 670. 8 63. 9 65. 0 53年 1978 91. 0 653. 8 66. 7 67. 5 54年 1979 95. 6 701. 5 69. 1 69. 9 55年 1980 109. 9 826. 1 74. 5 75. 5 56年 1981 111. 4 837. 7 78. 1 79. 2 57年 1982 111. 9 852. 7 80. 3 81. 3 58年 1983 111. 2 833. 7 81. 8 82. 8 59年 1984 111. 3 831. 5 83. 6 84. 7 60年 1985 110. 5 822. 4 85. 4 86. 4 61年 1986 105. 3 747. 3 85. 9 86. 7 62年 1987 102. 0 719. 3 85. 9 86. 6 63年 1988 101. 5 712. 1 86. 5 87. 0 平成元年 1989 103. 3 730. 4 88. 5 89. 0 2年 1990 104. 9 745. 4 91. 2 91. 7 3年 1991 106. 0 741. 3 94. 3 94. 8 4年 1992 105. 0 729. 3 95. 8 96. 3 5年 1993 103. 4 708. 1 97. 1 97. 4 6年 1994 101. 7 693. 7 97. 7 97. 9 7年 1995 100. 8 687. 2 97. 6 97. 6 8年 1996 99. 2 688. 0 97. 7 97. 6 9年 1997 99. 8 698. 4 99. 5 99. 2 10年 1998 98. 3 687. 5 100. 1 99. 9 11年 1999 96. 9 664. 3 99. 8 99. 5 12年 2000 96. 9 664. 2 99. 1 98. 6 13年 2001 94. 7 658. 0 98. 4 97. 7 14年 2002 92. 8 645. 7 97. 5 96. 6 15年 2003 91. 9 637. 3 97. 2 96. 3 16年 2004 93. 1 644. 7 97. 2 96. 3 17年 2005 94. 6 665. 0 96. 9 95. 9 18年 2006 96. 7 692. 7 97. 2 96. 2 19年 2007 98. 4 711. 9 97. 2 96. 3 20年 2008 102. 9 736. 6 98. 6 97. 8 21年 2009 97. 5 664. 4 97. 2 96. 4 22年 2010 97. 4 668. 5 96. 5 95. 6 23年 2011 98. 8 680. 9 96. 3 95. 4 24年 2012 98. 0 674. 4 96. 2 95. 4 25年 2013 99. 2 711. 1 96. 6 95. 8 26年 2014 102. 4 735. 4 99. 2 99. 0 27年 2015 100. 0 710. 0 100. 0 100. 0 28年 2016 96. 5 658. 2 99. 9 99. 9 29年 2017 98. 7 687. 8 100. 4 100. 5 30年 2018 101. 3 710. 6 101. 3 101. 7 令和元年 2019 101. 5 698. 8 101. 8 102. 3 出所• 日本銀行調査統計局「企業物価指数」• 総務省統計局「消費者物価指数」 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の