日本のアパレル企業売上ランキング。 アパレル業界 純利益ランキング(2018

アパレル系セレクトショップ業界の売上高ランキング/展望など

日本のアパレル企業売上ランキング

ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP1位〜10位 ファッション・アパレルEC売上高ランキングのTOP1位〜10位です。 ここにランクインしている企業の売上高は、832億円~219億円となっています。 各企業のEC化率も「」で紹介しているので、ぜひご参考いただけると嬉しいです。 1位は ユニクロで、2018年度決算時は832億円(前年比32. 0%増)となっています。 ユニクロは実店舗とECサイトを連動させたセールを毎週行って、さらにサービスレベルを強化、 ECで注文した商品を店舗で受け取れる「店舗受取サービス」の利用が注文全体の44%まで高まったそうです。 2位以降は、LOWRYS FARMなどを展開する アダストリアが前年比16%増加の405億円、3位はJOURNAL STANDARDやIENAを展開している ベイクルーズが、前年比18%増加の395億円となっています。 4位以降は、東京スタイルやサンエー・インターナショナルなどのTISホールディングス、ワールド、前回2位の千趣会などがランクインしています。 多くのECサイトが前年比2ケタ成長で売上高を伸ばしているということが驚きです。 要因としては実店舗を絡めたオムニチャネル施策に注力していて、実店舗とECを絡めた施策を行っているからです。 ランクインしている企業は、国内EC事業者の全ジャンルのランキングでも上位にランクインしているので「」もご覧ください。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP11位〜20位 11位以降になってくると、 売上高は200億円~115億円というレンジになってきます。 自社のブランドを集めたECポータルサイトを展開するワールドやパル、マークスタイラ社がランクインつつも、 総合通販事業を行っていたベルーナやショップチャンネルなどもランクインしてきています。 注目なのがGLADD(グラッド)で、EC売上高200億円となり、14位にランクインしているパルは前年比38. 2%で売上は152億円と、大きく前年を上回っています。 パルは店舗スタッフのコーディネートを投稿し、ECサイトへの集客や購入率アップの施策を行っており、S NSや投稿写真の成果でスタッフを評価する仕組みを導入したことも成功の要因です。 20位にランクインしているABCマートは大規模なオムニチャネル施策を行っており、顧客データ連携はもちろん、在庫を一元管理し、店舗で在庫がない場合はECから出荷するなどオムニチャネルの強化を行っています。 最近は社内スタッフ向けのアプリを展開しており、他店舗の在庫参照が行えたり、個人の売上をランキングで可視化することを行っています。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP21位〜30位 続いて21位〜30位のファッション・アパレルEC売上高ランキングのご紹介です。 売上高のレンジとしては、 115億円~72億円となり、若干ターゲットの年齢層が若くなり、20代〜を中心としたアパレル企業が多くランクインしています。 23位のストライプインターナショナルは、EC売上高は約100億円となっています。 自社ブランドのECポータルだけでなく、大人のためのECデパートメント「STRIPE DEPARTMENT(ストライプデパートメント)」も展開しており、最近では 「DaaS ダース 」 という百貨店にECプラットフォームを提供して、百貨店ECサイトの運営をストライプデパートメントが代行するサービスも行っています。 24位のマッシュホールディングスは、推定売上高90億円となっています。 メインのECポータルである「ウサギオンライン」だけでなく、2019年には人気ブランドのsnidelやgelato piqueをはじめとしたブランド直販のECサイトもオープンしています。 さらにジュンと合弁会社「スタイルヴォイスドットコム」を立ち上げて、ファッションやビューティー、フードなど、幅広い商品を展開するECモールの立ち上げも行っています。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP31位〜40位 30位〜40位にランクインしている企業の売上高は、 69億円〜53億円となっています。 注目は前年比36. ちなみにRadyは私がファッション系の仕事をしていたときに、某ファッションビルのオープンに行ったのですが、お店が派手でビックリした記憶があります。 バーバリー問題もある程度落ち着いた三陽商会も、デジタルへの投資を強化していることもあり、前年比6. 38位のジャックロードは中野にある老舗のブランド時計ショップで、売上高は53億円です。 ロレックスやオメガなどの高級時計を中心に、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドも扱っています。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP40位〜50位 40位〜50位にランクインしている企業の売上高は 51億円〜42億円となっています。 ランクインしている企業は、カジュアルのウィゴーやDHOLICなど、ターゲット年齢層が10代〜20代前半と下がっている印象があります。 41位には最年少アパレル上場社長で有名なTOKYO BASEが、前年比4. 2%増加の51億円となっています。 メイン事業のSTUDIOSだけでなく、UNITED TOKYOやPUBLIC TOKYOなど新事業もECサイトの売上アップに寄与しています。 ベビーやジュニア向けのアパレル企業もランクインしており、49位にはナルミヤ・インターナショナルが前年比25. 3%でランクイン、50位には西松屋が前年比25. 7%の42億円でランクインしています。 ファッション・アパレルECサイトランキングまとめ ここまでご覧いただきありがとうございます。 ファッション・アパレルECの売上高ランキングとしては、ユニクロが3年連続1位となっていて、 832億円(前年比32. 0%増)となっています。 セレクト系アパレル企業であるベイクルーズやユナイテッドアローズ、アーバンリサーチなどが追随し、多数のブランドを運営している大手アパレルメーカーである、アダストリア、TSIホールディングス、オンワードなどがブランドの力を合わせて上位にランクインしています。 上位にランクインしている共通点としては、ZOZOやマガシークなどのモールでの販売戦略を行いながら、顧客データ統合、在庫統合をはじめ、自社ECサイトを軸としたオムニチャネル化を行っているということですね。 ぜひこのランキングを参考にしていただいて、多くの企業のEC戦略を学んでいきましょう!.

次の

アパレル業界の売上高ランキングTOP5【日本・世界】|動向や仕事内容

日本のアパレル企業売上ランキング

上場市場、業種で条件を絞ってランキングが可能です。 ランクインしている企業の最新株価・前日比・目標株価も掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【最新版】世界・日本のIT企業ランキング!【年収・売上高】

日本のアパレル企業売上ランキング

世界の大手アパレル専門店各社の2018年度の売上高や利益などをまとめる機会ができましたので、毎年恒例になりました売上高のランキングTOP10を共有させていただきます。 1円、スウェーデンクローナ=12. 0円、US$=108. 9円、英国£=142. 8円で換算しています。 順位 社名 本社;決算期 売上高 前年増減 営業利益 営業利益率 期末店舗数 基幹業態 1位 インディテックス (西;2019. 以下 ランキングに対する解説です。 継続的な増収増益となったのはZARAのインディテックス(以後ZARA)、ユニクロのファーストリテイリング(以後ユニクロ)およびプライマークの3社です。 このうちZARAとユニクロの好調と他社の苦戦の要因をいくつかの視点から考察してみます。 まず、増収増益を続ける1位のZARAと増収ながら大幅減益を喫した2位のH&Mの違いです。 同じトレンドファッションを低価格販売するファストファッションを提供する両社の明暗はどこにあったのか?というと、 価格戦略、サプライチェーンマネジメント、デジタルシフトの3点の違いにあったようです。 前者が更なる低価格競争のレッドオーシャンに巻き込まれるのに対して、後者はむしろ商品や品質での勝負ができます。 続いてユニクロについては、寒波によって秋冬商材が売れ、夏気温の早期化によって夏物が定価のままでよく売れるなど、天候に助けられたことは事実です。 一方で、成熟期に入って久しいユニクロ国内事業を、それを見越して、早くから手を打って来たユニクロ海外事業、特に中国事業がカバーできるようになったことは大きいですね。 現在では、海外事業は中国を中心に2ケタ増の成長軌道に乗り、国内ユニクロ事業を上回る収益力をつけています。 低迷、リストラが続く、米GAP、Lブランズ、英NEXT、日本のしまむらに共通して言えるのは成熟マーケットである母国の国内売上に頼り過ぎていることが挙げられます。 業態が市場で成熟するにあたって、消費の変化に対して次の新しい成長ドライバーを用意できなければ・・・ 企業として増収増益を継続できないことは言うまでもありません。 時代の転換期にZARAとユニクロのグローバル戦略やデジタルシフトと 一方、低迷した競合企業の明暗は多くの国内市場のみに頼る流通企業の教訓になるのではないでしょうか? 2017年のランキングは>>> 2019年のランキングは>>> 執筆: 【お知らせ】次のステージに向けての業務再構築支援~ZOOMを使った オンラインアドバイザーサービス承ります。

次の