ニアリー イコール と は。 ニアリーイコールについて

ニアリーイコールとはどんな意味?ビジネスではどう使う?英語や入力方法も解説

ニアリー イコール と は

数学の授業で、誰もが「イコール」という言葉を習ったと思いますが、「ニアリーイコール」についてはどうでしょうか。 実は、いずれも社会人になってからも使用する言葉なのです。 ニアリーイコールを正しく使えていますか? そこで本稿では、「ニアリーイコール」の意味や使い方について解説します。 ニアリーイコールの意味と記号 ニアリーイコールとは、「おおよそ等しい」「ほとんど等しい」という意味の言葉で、英語では【nearly equal】と書きます。 ニアリーイコールの使い方 ビジネスシーンでは、主に会話の中で使用します。 「AとBはニアリーイコールですね」と言えば、「AとBはほとんど同じですね」「AとBは非常に類似していますね」といった意味になります。 文章で使用するのは、何らかの数値を表すときでしょう。 例えば、10円を3人で分ける場合、一人3. 333333…円となり割り切れません。 3円」とすっきりと表記することができます。 また、ある商品の重さの平均値を算出したところ、真の値が「1,327. 4623g」となったとします。 真の値を書こうと思えば書けますが、見るにも読むにも面倒な上に、そこまで精密な数値を必要としない場合もあるでしょう。 もちろん、「約」に置き換えることも可能です。 ニアリーイコールの例文 ・従来のものと、機能的にはニアリーイコールですね。 ・A社の製品とイコールとは言わないまでも、ニアリーイコールだと思います。 ・どちらの車も金額的にはニアリーイコールですから、あとは好みですね。 それぞれ、以下の方法で出すことが可能です。 パソコンの場合 ・日本語入力モードで「いこーる」と入力し、スペースキーで変換する。 スマホ等のフリック入力の場合 ・数字入力モードで『6』を上方向にフリックし、出てきた候補から選んでタップする。 ・日本語入力モードで「にありーいこーる」と入力して変換する。 外資系企業とのビジネスでは利用を避けたいですが、その一方で、日本では一般的な言葉として認識されています。 日本の企業で働く以上、どんな意味なのか、しっかりと頭に入れておきましょう。

次の

「ニアリーイコール」の意味と使い方

ニアリー イコール と は

33』といった表現をします。 また、売り上げに関する利率を出した際『10. 25498』など、小数点以下の数字が多くなることもよくあります。 2』など、ニアリーイコールを使って見た目をスッキリさせる場合が多いです。 英語では『approximately equal』と表現することは前述しましたよね?そのため、『AとBはほとんど等しいです』は次のようになるわけです。 ニアリーイコールの入力方法 手でニアリーイコールを書くのは簡単です。 しかし、パソコンでの書類作成が当たり前になった現代においては 特殊記号も探し出して正確に入力しなければなりません。 そこで、パソコン、スマートフォン、それぞれの入力方法について簡単にまとめてみました。 パソコンでの入力方法 Windowsでは、『いこーる』と入力して変換する方法もありますが、 shiftキーを押しながら『0』の右隣のキーを押して『=』を出し、変換していくのが一番楽かもしれません。 また、ニアリーイコールの記号をmacで入力する方法は、『きごう』とキーボードで入れて変換していくのが一般的です。 そのほか、記号一覧の中から探していく方法もあるので、両方覚えておくと便利ですね。 スマートフォンでの入力方法 スマートフォンでもいろんな作業ができるようになった現代においては、さまざまな文字や記号を入力しなければいけない場面も増えたはずです。 日本で主流である、iPhoneとAndroidについて見てみましょう。 まずは iPhone。 また、『ニアリー』と入力しても予測変換で表示されるので、両方覚えておくと便利です。 Androidでは、『きごう』と入力して予測変換から選ぶと簡単です。 また、『記号』に変換してフリック画面の『記号』を選び、『数式・学術』の中から選ぶ方法もあります。 [ビジネス版]ニアリーイコールの使い方・例文 冒頭の会話例でどんな使い方をするのかはイメージできたかもしれません。 しかし、 間違って使わないよう、ここでもう少し例文を使ってチェックしておきましょう。

次の

BLUE ENCOUNT メジャー1stアルバム『≒』(ニアリーイコール)発売!|HMV&BOOKS online

ニアリー イコール と は

例えば、ある料理のレシピで 3 人分の料理を作るのに食塩 10 g を使用すると書かれていたとします。 このレシピを使って 1 人分の料理を作るには、3 分の 1 の量の食塩が必要になりますね?その重さを計算すると次のようになります。 3333… 10 を 3 で割り切ることはできないので、小数点以下は 3 が永遠に続く小数となります(循環小数)。 しかし、はかりで量れる重さは、ふつう 0. 1 g ずつくらいです。 そこで、基本的には 3. 3333… g の小数第 2 位を四捨五入した 3. 3 g を使用することになるでしょう。 3 以上がニアリーイコールの使い方です。 ここでは料理の例を挙げましたが、実際、料理の場合はこれほど厳密である必要はないでしょう。 目分量でだいたいの重さを量っても特に問題ないので、小数点以下の重さまで気にすることはないと思います。 しかし、化学の実験で試薬の重さを量ったり、建物を作る材料の長さを計算したりするときには、ある有効数字のもとで近似的な計算をする必要があります。 次の手順で変換します。 「=」を入力する•

次の