日本 空港 ビルディング。 日本空港ビルデングの年収給料【大卒高卒】や30歳~65歳の年齢別・役職別【課長部長】年収推移|平均年収.jp

日本空港ビルデングとJTBは、羽田空港を起点として日本の新たな魅力づくりや交流創造、体験価値の向上につながる事業共創を見据え、包括的業務提携契約を締結|株式会社JTBのプレスリリース

日本 空港 ビルディング

決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 現預金等 46,974 29,667 32,240 42,487 87,458 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 22,506 44,536 35,315 29,498 36,359 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 109,453 106,801 100,690 117,987 292,393 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 1,416 1,763 1,812 1,889 39,637 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 37,880 39,775 42,969 47,528 28,807 総資産 資産合計。 218,229 222,542 213,026 239,389 484,654 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 49,454 54,513 46,134 47,242 133,342 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 59,171 52,062 44,080 58,784 187,912 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 109,604 115,967 122,812 133,363 163,400 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 38,918 36,359 31,994 38,728 45,136 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - 292,393 - - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 40,151 39,637 38,982 38,545 37,946 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 304,323 28,807 319,810 318,611 328,189 総資産 資産合計。 474,791 484,654 475,039 474,224 488,245 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 46,661 133,342 57,215 58,366 65,163 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 229,064 187,912 214,644 208,855 214,598 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 199,066 163,400 203,180 207,003 208,484 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 89,956 110,070 109,477 122,226 132,129 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 33,844 31,556 31,992 31,230 31,777 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 19,520 15,235 15,620 22,257 34,288 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -4,008 -7,810 -8,373 -28,474 -8,489 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 16,251 -10,759 -11,702 9,438 19,152 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - 17,617 - 13,188 - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - -26,619 - -13,978 - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - -2,200 - -8,326 - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 460位 544位 569位 433位 319位 総資産 資産合計。 588位 591位 631位 614位 406位 現預金等 412位 591位 602位 524位 322位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 555位 539位 544位 535位 477位 現預金等増減 122位 3,282位 3,456位 554位 94位 94位 決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 従業員数(単独) 42人 221人 219人 289人 295人 従業員数(連結) 2,289人 2,555人 2,665人 2,784人 2,906人 平均年齢(単独) 8歳 38. 4歳 38. 8歳 38歳 38. 6歳 平均勤続年数(単独) 14年 12. 6年 12. 8年 10. 8年 10. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

日本空港ビルデング(株)【9706】:時系列の株価推移

日本 空港 ビルディング

全国の主な空港ターミナルビル経営会社(以下、空港ビル会社)54社の2017年度決算(2017年4月-2018年3月期)の売上高は3,157億円だった。 売上高トップは旅客数増加による物品販売や飲食事業が好調だった日本空港ビルデング(羽田、1,761億円、前年度比9. 7%増)で、2位以下を大きく引き離した。 増収の空港ビル会社が43社と全体の約8割(構成比79. 6%)を占め、国内外の旅客数増を背景に好決算が相次いだ。 収益面では、経常赤字は福島空港ビルと壱岐空港ターミナルビルの2社のみで、自己資本比率50%超の空港ビル会社が8割(同83. 0%)を占めた。 一方、赤字が続く空港経営の打開策として民間資本を導入し、航空部門と非航空部門の一体経営に転換する空港が相次いでいる。 2019年も引き続き空港民営化の流れは加速する見込みで、空港経営は大きな転換点に差し掛かっている。 売上高は前年度比1割増 空港ビル会社の8割が増収 54社の2017年度決算(2017年4月-2018年3月期)の売上高の合計は3,157億円2,895万円だった。 前年度と比較が可能な53社の2017年度の売上高合計は2,671億7,620万円(前年度比9. 4%増)だった。 このうち増収は43社、減収は9社、横ばい1社で、増収が8割を占めた。 LCCの就航増加や訪日外国人の増加などで2017年度の乗降客数は国内線4. 0%増、国際線11. 1%増(対前年度比、国土交通省調べ)の伸びを示し、各空港ビル会社もこの恩恵を受けて売上が伸長した。 売上高 羽田空港が前年比1割増で断トツ、増加率トップは米子空港ビル 売上高トップは日本空港ビルデング(羽田)の1,761億6,000万円だった。 羽田空港の乗降客数(国内・国際線)は前年度比4. 8%増と2010年度以降、8年連続で増加を記録した。 これを追い風に売上高は前年度比9. 7%増加。 2位の新千歳空港ターミナルビルディング(新千歳)の3. 6倍と圧倒的なシェアを誇る。 以下、売上高10位までに都市圏へのアクセス手段として航空機利用が一般的な九州の空港ビルが6社入った。 売上高増加率トップは米子空港ビルの前年度比22. 2%増だった。 国際便の増加で乗降客数が増え、海外航空会社の施設使用料収入増や物品販売が寄与した。 2位の福岡空港ビルディングは、今年4月に民営化を控えている。 運営事業者は西日本鉄道、九州電力など地場企業を中心としたグループが決定しており、今後の事業展開に地元の期待を集めている。 経常利益 日本空港ビルデング(羽田)がトップ、赤字は福島空港ビルなど2社 2018年3月期の経常損益が判明した50社中、前年度と比較が可能な49社の経常利益合計は235億1,433万円(前年度比14. 2%増)だった。 黒字は48社で、赤字は福島空港ビルと壱岐空港ターミナルビルの2社のみだった。 経常利益額トップは日本空港ビルデングの87億6,900万円(前年度比12. 0%増)で、2位の那覇空港ビルディング(42億8,491万円)の2倍。 以下、新千歳空港ターミナルビルディング、福岡空港ビルディングと、大規模空港ビル会社が続く。 経常利益ワーストの福島空港ビルは、国際チャーター便の増加で原発事故以来、最多の乗降客数を記録。 だが、売上高増も採算確保には至らず2期連続の経常赤字となった。 ただ、東京電力の損害賠償金(3,200万円)を特別利益に計上し、最終利益は1,900万円の黒字を確保した。 経常利益率 10%以上が約6割 経常利益率ランキングでは那覇空港ターミナルビルが41. 3%でトップ。 次いで、熊本空港ビルディング(35. 4%)、鳥取空港ビル(30. 6%)、青森空港ビル(29. 3%)、釧路空港ビル(26. 2%)と続く。 経常利益率20%以上は8社(構成比16. 0%)、10%台が23社(同46. 0%)。 10%以上が約6割に達し、空港ビル会社は総じて高い収益力が特徴となっている。 自己資本比率 50%以上が8割、平均は73. 7% 自己資本比率が判明した53社のうち、80%台、90%台が各15社で最も多い。 自己資本比率50%以上は44社(構成比83. 0%)で、8割以上を占めた。 53社の自己資本比率の平均は74. 2%で、最高は壱岐空港ターミナルビルの97. 9%だった。 安定した利益構造を背景に内部留保を重ね、多くの空港ビルは高い自己資本比率を堅持している。 民営化によるターミナルビルと空港事業の一体経営進む 空港民営化は2013年施行の民活空港運営法が大きな転換点となった。 2016年7月、国管理空港として初めて民営化に踏み切った仙台空港は、従来ターミナルビルを運営していた仙台空港ビルなどを吸収合併して仙台国際空港が発足。 新たに大手私鉄の東急電鉄グループなどの企業連合が出資し、滑走路とターミナルビルの一体経営に着手した。 設立3期目の2018年3月期は売上高51億5,563万円に対し、1億993万円の最終利益を確保。 民営化以降は国際線の就航が増え、同期の乗降客数は前期比8. 8%増の343万人を記録するなど、好調ぶりが目立った。 このほか、民営化を通じて一体経営に移行した空港経営会社は、オリックスと仏空港運営の大手ヴァンシ・エアポートなどの企業連合が主体となって運営する関西エアポート(関西国際空港と伊丹空港を運営)やその子会社の関西エアポート神戸(神戸空港を運営)、三菱地所などの企業連合が運営する高松空港など4社がある。 また、2015年1月に民営化がスタートした但馬空港や2018年7月スタートの鳥取空港は、空港ビル会社が運営権を取得し、従来の空港ビル事業に加え、航空部門と一体化した空港経営に取り組んでいる。 2019年は空港民営化がさらに加速 2019年は空港民営化が一気に進む見通しだ。 4月には羽田、成田、関西国際空港に次いで国内4位の乗降客数を誇る福岡空港をはじめ、静岡空港、南紀白浜空港が民営化される。 5月には熊本空港の民営化も控えており、2019年は年間としてはこれまで最多の4空港が民営化される。 このほか、民営化が具体化しているのは北海道内の7空港(新千歳、稚内、釧路、函館、女満別、旭川、帯広)や広島空港など。 特に、北海道は羽田-新千歳などのドル箱路線を抱え、圧倒的な収益力を誇る新千歳空港に対し、その他の道内空港との格差が大きい。 2019年7月をめどに運営事業者が決定される見込みだが、民間企業による道内空港の一括運営でどのような変化が生まれるか注目される。 国土交通省が試算した国管理27空港の2017年度の空港別収支を基に、航空系事業と非航空系事業を単純合算すると、経常黒字を確保できた空港は羽田、新千歳、福岡、那覇、広島、高松、松山、熊本、大分、鹿児島、小松、徳島の12空港(構成比44. 4%)と、半数に満たない。 多くの空港でターミナルビル経営をはじめとした非航空系事業が堅調な業績で推移する一方、航空系事業は赤字体質という歪(いびつ)な構造が続いてきた。 この打開策として登場したのが、航空部門と非航空部門の一体経営と空港の民営化だ。 仙台空港をはじめ、民営化で誕生した空港経営会社の業績は堅調に推移している。 訪日観光客やLCC路線の増加などの外部要因も下支えとなり、空港民営化・一体経営の議論は今後も拡がりをみせるだろう。 一方、民間の競争原理が導入され、業績など様々な面で格差が鮮明になると、特色を打ち出せない地方空港は就航便数の縮小、廃港の選択肢さえ浮上する可能性もある。 交通インフラとしての重要性を前提に、空港の赤字脱却という命題にどう立ち向かうのか。 行政、自治体にとって難しい舵取りが迫られている。

次の

会社概要|日本空港ビルデング株式会社

日本 空港 ビルディング

日本空港ビルデングの年収は647万円が平均年収です。 (有価証券報告書調べ) 日本空港ビルデングの年収の平均は、 647万円でした。 () 年度別の年収は 平成28年:643万円 平成27年:637万円 平成26年:673万円 平成25年:613万円 平成24年:649万円 平成23年:620万円 平成22年:697万円 ここ数年での年収推移は 613万円(最低)~697万円(最高)となっています。 給料:約41万円 日本空港ビルデングとは:日本空港ビルデングは東京都に本社を置く企業です。 羽田空港を中心に、空港関連の事業を多数行っています。 本社所在地:東京都大田区羽田空港3丁目3-2第1旅客ターミナルビル 日本空港ビルデングの設立時期:1953年7月20日 日本空港ビルデングの初任給 日本空港ビルデングの初任給を見てみると、 21万円(大卒) 21万円(院卒) となっていました。 年齢 男性 女性 20~24歳 306万円 306万円 25~29歳 534万円 424万円 30~34歳 497万円 443万円 35~39歳 514万円 458万円 40~44歳 591万円 510万円 45~49歳 675万円 585万円 50~54歳 744万円 648万円 55~59歳 737万円 641万円 60~65歳 476万円 411万円 働き盛りの30代の男女の年収を比較してみると、男性の方が女性よりも -8万円多く貰っている結果となりました。 日本空港ビルデングの年収ピラミッドで階層を知ろう 男女年齢別の年収をみてみましたが、次は日本空港ビルデングの社員は年代によってどの年収層にいるのかを年収ピラミッドで表しました。 あなたの年代と是非比較してみてください。 性別 平均年収 平均月額給与 男性の平均年収 695万円 42万円 女性の平均年収 524万円 32万円 日本空港ビルデングの30代・40代・50代の年代別年収 日本空港ビルデングの年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 543万円~(推定) 40代で 631万円~(推定) 50代で 758万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 210万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 日本空港ビルデングの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 27,153万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が17,417万円なので、平均生涯賃金からの増減は 9,503万円です。 日本空港ビルデングの仕事内容・企業ランキング・関連企業 【日本空港ビルデングの仕事内容】 仕事は、羽田空港を中心とした空港関連事業です。 羽田空港・成田空港では施設管理運営業・物品販売業・飲食業を、関西国際空港・中部国際空港では物品販売業を行っています。 空港をより一層安心・安全な場所にすると共に、さらに魅力的な場所にするために事業を行っています。 【企業ランキング】 上場企業ランキング:売上高568位 純利益524位 総資産606位 2ch企業偏差値ランキングでは掲載がありませんでした。 【日本空港ビルデングのグループ企業や関連企業】 ・日本空港テクノ株式会社 ・羽田エアポートセキュリティー株式会社 ・株式会社櫻商会 ・株式会社ビッグウイング ・羽田旅客サービス株式会社 ・ジャパン・エアポート・グランドハンドリング株式会社 ・株式会社羽田エアポートエンタープライズ ・国際協商株式会社 ・株式会社日本空港ロジテム ・羽双(成都)商貿有限公司 ・株式会社浜眞 ・株式会社Japan Duty Free Fa-So-La三越伊勢丹 ・Air BIC株式会社 ・東京エアポートレストラン株式会社 ・コスモ企業株式会社 ・株式会社シー・ティ・ティ ・会館開発株式会社 日本空港ビルデング社員の生活スタイル 日本空港ビルデングの平均年収から考えると下記のような生活スタイルが考えられます。 ・ 関連コンテンツ 不動産系企業年収一覧 不動産系企業の年収をまとめています。 建設系企業年収一覧 建設系企業の年収をまとめています。

次の