あちゃ め ろ みっ き ー。 あちゃ

あちゃ~っ

あちゃ め ろ みっ き ー

良く出来たアニメですね(棒読み) えー。 すごく良く出来てるんだけど、やっぱり絵だから質感は表現できても、重量感がまるで無いというか、例えば蹴られた地面の弾力だったり、握った手の皮膚のたわみだったり、そういったものが無いとリアルには感じられないってのに、これを観てあっち行っちゃって戻って来れない人が居るって?なんで? ストーリーもなんつーか、じゃダメなのかとかの映画化はどうなったんだろうとか色々考えちゃって、極めつけはラストで映画のテーマに対する回答が何も無いのに主人公が逃げたのにはびっくりしました。 そっちかよ!って思わず三村になりそうになった。 そういえばもやさまが日曜に移ってからは、まだ見てないな。 んなこたあどうでもいい。 きっとこれは3Dってすごいのに、そもそも映画が3Dで作られる必要があるのかどうかを問おうとしちゃったりする映画なんだな、と思いました。 あちゃぱー。 女史は素敵でした。 相変わらず。 何歳よ? rk9.

次の

FFT感想 : あちゃぽブログ

あちゃ め ろ みっ き ー

シマノ ROLLER BRAKE BR-IM35 Made in Japan ローラーブレーキは、ちょい高級ママチャリに採用されている後輪用ブレーキ。 低速で走るママチャリには天候などの環境にも左右されにくく、安定した制御を長期間維持できる。 メンテもグリスだけを補充すればよいので、ブレーキとしては楽な方だ。 耐久性も抜群なので消耗品の交換も必要ない。 ということで、ママチャリには理想的なブレーキに近いのだが、ブレーキの重量が重い。 またブレーキのドラムはハブと一緒に回転するのだが、そのドラムとシューの間にはそれなりの摩擦が常にあるので、何かと軽やかではなくなる。 肝心のブレーキの効きは、ジワッと効く感じで、ガツンという制御力はない。 なんとなくふにゃっとしているが、低速で走っている分には大きな問題はない。 また後輪がロックすることもなさそうなので、そういう意味では何も知らずに適当に使っていても安全という印象。 このローラーブレーキは、あくまでもメンテなんてしないという人に向けて開発されたブレーキ。 そういう意味では個人的にはイマイチのブレーキなのだが、構造的には面白そうなので、そういう楽しみ方をしたいと思う。 構造 複雑というほどではないが、それなりにパーツ点数はある。 中央のカムを少し回転させると、ローラーが外方向に押し出されて、金属シューを押す。 これがドラムの内側に強力に接触することでブレーキとして機能する。 詳しい方から、コメントが入ってました。 そのコメントを載せておきます。 グリスは専用品を使いましょうということで。 ローラーブレーキ 分解&グリスアップ の 使用するグリスはシマノの専用品をお勧めします。 ローラーブレーキにはシュー(摩擦材)が見かけ上存在しません。 シューに見えるのは鉄そのものであり「ベース」に過ぎません。 では何が摩擦材なのかというと特殊な成分が混入された専用グリスが制動時に摩擦材として働くのです。 通常のグリスではこの働きが全くないので摩耗が一気に進む恐れがあります。

次の

トヨフク子供服店

あちゃ め ろ みっ き ー

良く出来たアニメですね(棒読み) えー。 すごく良く出来てるんだけど、やっぱり絵だから質感は表現できても、重量感がまるで無いというか、例えば蹴られた地面の弾力だったり、握った手の皮膚のたわみだったり、そういったものが無いとリアルには感じられないってのに、これを観てあっち行っちゃって戻って来れない人が居るって?なんで? ストーリーもなんつーか、じゃダメなのかとかの映画化はどうなったんだろうとか色々考えちゃって、極めつけはラストで映画のテーマに対する回答が何も無いのに主人公が逃げたのにはびっくりしました。 そっちかよ!って思わず三村になりそうになった。 そういえばもやさまが日曜に移ってからは、まだ見てないな。 んなこたあどうでもいい。 きっとこれは3Dってすごいのに、そもそも映画が3Dで作られる必要があるのかどうかを問おうとしちゃったりする映画なんだな、と思いました。 あちゃぱー。 女史は素敵でした。 相変わらず。 何歳よ? rk9.

次の