アンジェス株価見込み。 仕手株 アンジェス 4563

Yahoo!ファイナンス

アンジェス株価見込み

1日前 masaki. 0314. 0629 1日前 hidemi123 コメント[1] 2日前 大阪小児や コメント[2] 2日前 小松裕 2日前 TOP VALU 2日前 投資初心者カズ 3日前 Wゴッツ 4日前 昇華の道 5日前 まつたけ7 5日前 コ鉄 6日前 本気のくまにゃん バーチャルです。 現在は【売り】 予想株価 1,179円 と判断されています。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

アンジェス(4563)株価どこまで上がるのか?

アンジェス株価見込み

大阪大医学部、森下竜一教授創業の創薬ベンチャー。 遺伝子治療薬を開発。 難病治療薬の販売も行っています。 このチャートから推測できることは、低迷した株を保有し、急騰したタイミングで売る銘柄とも見れます。 ただし、長期的に低迷の株を保有することは危険性もあり、博打とも見れます。 経常利益の推移 2020年は現時点では不明。 2016年:-4. 8 億円 2017年:-3. 3 億円 2018年:-3. 0 億円 2019年:-3. 2 億円 2020年:- ベンチャーには多い事ですが、利益を出せていません。 財務状況 自己資本比率:95. 赤字で利益が出せていません。 アンジェスの株主優待 アンジェスの株主優待は、100株以上保有でアンジェスが発行している「株主優待割引対象商品カタログ」から商品の引き換え権利があります。 アンジェスの今後 アンジェスと大阪大学が進める新型コロナウイルス感染を予防するワクチン開発プロジェクトが国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の公募事業に採択。 研究開発費として20億円を受け取ることになり、株価が再び高騰しました。 アンジェスはマザーズ市場でもコロナ関連銘柄として急騰しており、マザーズ市場で時価総額3位に再浮上しました。 また、AGCの子会社AGC BiologicsとCytiva グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン が新型コロナウィルスの開発に参画することに。 新型コロナウイルスのワクチン研究がどこまで進むかが鍵となります。 2020年7月にもワクチンの治験開始予定です。 まとめ 新型コロナウィルス関連銘柄として、期待されているアンジェス。 コロナウィルスの研究が功を奏し成功となれば、株価は更なる高騰もありえます。 しかし、元々は利益が出せていない体質、過去にインサイダーもあった事を考えると決して安心できる銘柄とは言えません。 結論としては、様子見。 短期的には空売りも。

次の

アンジェス (4563) : 株価/予想・目標株価 [AnGes]

アンジェス株価見込み

アンジェスがデコイオリゴ アトピー性皮膚炎治療薬の治験失敗を発表! アンジェスはアトピー性皮膚炎治療薬の開発に取り組んでいました。 会社としても期待していた製品で、一時はメドレックスと貼付剤化にも取り組んでいましたね。 しかしプラセボとの間で有効性の有意差を示せず。 バイオ企業のフェイズ3失敗が続いており、株主のバイオ株離れも進むかもしれません。 とはいえ、このアンジェスの結果については予想できたことでした。 というのも前段階のフェイズ2でも主要評価項目である「皮膚症状スコア」において、 統計学的な有意差を得られていなかったからです。 にも拘わらずアンジェスは多額の資金をかけてフェイズ3へと突撃しました。 ワタクシも会社の戦略には疑問を持っていましたが、やっぱり結果は失敗。 アキュセラにしてもそうですが、バイオは前段階の治験結果が微妙でも普通に突っ込んでいきますね。。。 でもそれで成功したところってあんまり記憶にない。 やっぱりフェイズ2で圧倒的な有意差を示したところじゃないと怖くて買えないですわ。 これでアンジェスはHGF遺伝子治療薬がダメだったら本当に 会社の存続はどうするんですかね。 もうそんな多額のお金も集まらないだろうし。。 リスクの高いバイオ株の中でも一番リスクの高い銘柄かもしれません……。 その割にまだまだ株価は高いし。。 株価は暴落中!いまだ寄らず! デコイオリゴの失敗を受けてアンジェスの暴落が続いています。 ダメ元でフェイズ3まで持ってった感じなんで、たぶん厳しいだろうなと思ってましたが、結構みんな期待してたんですねえ……。 確かに時価総額もめちゃくちゃ高かったですし、うん。 期待されてたんだな。 財務も相当やばい状況の中、株価だけが過熱していましたので、これをきっかけに大きく下げてくるでしょう。 これで実質、 最重要パイプラインの遺伝子治療薬1本になっちゃいましたので、ちょっとまだ下げ止まりそうにないと思いますがどうなることか。 しっかし今期の赤字64億って半端ないですね。。 キャッシュが全然足りないので増資するんでしょうが、集まるのか。 老舗バイオとして 他社へ与える影響も大きいですので、なんとかここから復活してほしいと思います。 まとめ 失敗が続くバイオ業界。 特にフェイズ3は当たれば天国、外れば今までの莫大な治験費用も全部パーになる大地獄という厳しい世界。 フェイズ2の結果などから自分なりに成功確率を考えて投資することが大切ですね。 特に今回のアンジェスの場合はフェイズ2でも芳しくない結果でしたから。 時価総額、上市確率、上市後の売上見込み……こんなところは当然抑えておくポイントになるでしょう。 少なくてもビビりなワタクシは治験結果持越しはなかなかできないなあ。。。 怖すぎますわ。 ともわれ外部環境が好転すればよいですね。 さあメドレックさんの(以下略) それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の