海上 自衛隊 人事。 海上自衛隊

海将・海将補 氏名一覧 【期別順】

海上 自衛隊 人事

短艇競技 約150名の一般(者が半数と等卒業者が半数)、出身の飛行幹部候補生、海上自衛隊の部隊等で勤務しているの中から選抜された一般幹部候補生(部内)、・の中から選抜された、及び一般の医科歯科大学の出身者からなる医科歯科看護幹部候補生等の教育を行っている。 教育期間は、課程により異なり、一般幹部候補生課程は最も長い1年間で、医科歯科看護幹部候補生課程 は6週間の教育期間となる。 卒業後、(卒及び医科歯科幹部候補生は)に任官する。 海軍兵学校の生徒館を校舎の一部として使用している他、対抗の競技である「」の実施など海軍兵学校の伝統が継承されているといわれている。 また、一般幹部候補生課程は同期間の連携を重視する旧海軍の伝統に基づき、防衛大学校出身者と一般大学等出身者とを混合した教育を行っている。 自衛隊の中でも非常に規律に厳しいため、『気違い部落』と呼ばれていることもあるという。 からも連絡官(2019年時点では )が派遣されている。 沿革 [ ] 卒業行進• (昭和28年)• :第1期幹部候補生教育が(の跡地(現・))において開始。 :同所に警備隊術科学校が新設され、幹部候補生教育も同校に移管。 (昭和29年):海上自衛隊が発足し、警備隊術科学校が海上自衛隊術科学校に改称。 (昭和31年)• :海上自衛隊術科学校が江田島に移転。 3月:幹部候補生教育は、海上自衛隊術科学校(江田島)に移管。 (昭和32年):海上自衛隊幹部候補生学校が設立。 (昭和33年)• 2月1日:第1・第2学生隊が新設。 8月23日:幹部予定者課程教育が開始。 (昭和34年)8月1日:学生隊本部(学生隊幹事)が新設。 (昭和35年)• 2月1日:教育部が新設。 8月13日:操縦幹部候補生講習が開始。 8月16日:公募幹部課程教育が開始。 (昭和37年)1月9日:操縦幹部候補生課程教育が開始。 (昭和40年)3月25日:学校長が「海将補」から「海将」に改まる。 (昭和42年)7月5日:一般幹部候補生(部内課程)教育が開始。 (昭和43年)10月1日:副校長が新設。 (昭和44年)10月4日:操縦幹部候補生課程が飛行幹部候補生課程に改称。 (昭和47年)7月6日:第3学生隊が新設。 (昭和51年)4月6日:一般幹部候補生(婦人課程)教育が開始。 (昭和55年)4月18日:医科歯科幹部候補生課程教育が開始。 (昭和62年)5月21日:学校長が「海将」から「海将補」に改まる。 (平成 08年)5月11日:教官室に主任教官が4人置かれる。 (平成30年)4月2日:医科歯科看護幹部候補生課程教育が開始。 組織編成 [ ] 表桟橋• 総務課• 教育部(教育部長は学生隊長を兼務する場合がある)• 教務課• 教官室• 普通学科• 統率科• 砲雷科• 運用科• 航海船務科• 機関科• 経理補給科• 航空科• 技術科• 体育科• 学生隊• 学生隊本部• 第1学生隊• 第2学生隊(第2学生隊長は第3学生隊長を兼務)• 第3学生隊• 主任教官(4人)• 学校教官• 10 1958. 1 付 2 1958. 16 1959. 1 司令 3 續 平 1959. 1 1960. 17 幹部候補生学校附 海上自衛隊第2術科学校長 就任時1等海佐 1959. 1 海将補昇任 4 佐藤文雄 1960. 1 1962. 15 海兵59期 副校長 司令 就任時1等海佐 1961. 31 海将補昇任 5 瀧川孝司 1962. 16 1962. 30 海兵59期 第2護衛隊群司令 司令官 6 市來崎秀丸 1962. 1 1964. 1から第1術科学校長兼任 7 佐藤文雄 1964. 16 1964. 15 海兵59期 第2護衛隊群司令 再任 8 岡本晴年 1964. 16 1965. 15 海兵60期 司令 司令官 1965. 1 海将昇任 9 伍賀守雄 1965. 16 1966. 16 自衛艦隊司令部付 海上幕僚副長 1966. 1 海将昇任 10 富田敏彦 (海将) 1966. 30 1966. 30 海兵59期 海上自衛隊第1術科学校長専任 兼補解除 11 1966. 1 1968. 31 海機42期 第4幕僚室長 1967. 1 海将昇任 12 筑土龍男 1968. 1 1968. 30 海兵63期 統合幕僚会議事務局 第5幕僚室長 呉地方総監 13 大川秀四郎 1968. 31 1969. 16 呉地方総監部付 海上自衛隊第1術科学校長 1969. 1 海将昇任 14 本村哲郎 (海将) 1970. 1 1972. 1 呉地方総監部付 海上幕僚副長 15 今井梅一 (海将) 1972. 16 1973. 16 海上幕僚監部付 舞鶴地方総監 16 石榑信敏 (海将) 1973. 1 1974. 16 海上幕僚監部付 舞鶴地方総監 17 香取頴男 1974. 5 1976. 30 海兵70期 海上幕僚監部調査部長 呉地方総監 1975. 17 海将昇任 18 小松崎正道 (海将) 1976. 1 1978. 15 海兵72期 海上幕僚監部調査部長 呉地方総監 19 松井 操 (海将) 1978. 16 1979. 21 海兵73期 海上幕僚監部監察官 大湊地方総監 20 中川英二 (海将) 1979. 22 1980. 6 海機54期 副本部長 (調達管理第一担当) 退職 21 藤川常夫 (海将) 1980. 7 1981. 30 海兵75期 海上幕僚監部調査部長 司令官 22 田村 豊 (海将) 1981. 1 1982. 29 海上幕僚監部付 海上自衛隊幹部学校長 23 佐藤英夫 (海将) 1982. 1 1983. 11 海上幕僚監部付 呉地方総監 24 岡田 憲 1983. 20 1984. 16 1期・ 4期幹候 練習艦隊司令官 舞鶴地方総監 1984. 7 海将昇任 25 鈴木 眞 1984. 17 1987. 26 ・ 2期幹候 横須賀地方総監部幕僚長 退職 1985. 1 海将昇任 26 伊藤達二 1987. 27 1988. 6 2期 司令 海上自衛隊幹部学校長 27 手塚正水 1988. 7 1989. 16 海上幕僚監部付 舞鶴地方総監 28 佐々木邦秀 1989. 31 1990. 8 防大3期 司令 退職 29 内田 徹 1990. 9 1993. 31 防大4期 海上幕僚監部監理部長 退職 30 松村清人 1993. 1 1995. 22 防大6期 第1航空群司令 退職 31 功刀正文 1995. 23 1997. 22 防大9期 第21航空群司令 横須賀地方総監部幕僚長 32 勝山 拓 1997. 23 1999. 28 防大12期 練習艦隊司令官 海上幕僚監部装備部長 33 尾崎通夫 1999. 29 2001. 10 防大13期 海上自衛隊幹部学校副校長 大湊地方総監 34 半田謙次郎 2001. 11 2002. 21 防大17期 司令 海上幕僚監部人事教育部長 35 保井信治 2002. 22 2004. 3 海上幕僚監部付 司令官 36 松岡貞義 2004. 30 2006. 26 防大18期 司令 大湊地方総監 37 柴田雅裕 2006. 27 2007. 5 海上幕僚監部付 司令 38 宮﨑行隆 2007. 4 2009. 29 防大20期 司令 海上自衛隊第1術科学校長 39 野井健治 2009. 30 2010. 29 防大20期 第5航空群司令 退職 40 堂下哲郎 2010. 30 2011. 4 防大26期 第3護衛隊群司令 監察官 41 坂田竜三 2011. 5 2012. 25 防大26期 統合幕僚監部指揮通信システム部長 横須賀地方総監部幕僚長 42 池 太郎 2012. 26 2014. 14 防大27期 舞鶴地方総監部幕僚長 司令官 43 杉本孝幸 2014. 15 2016. 22 防大29期 防衛監察本部監察官 横須賀地方総監部幕僚長 44 真殿知彦 2016. 23 2017. 7 防大33期 司令 防衛計画部副部長 45 齋藤 聡 2017. 8 2018. 31 防大33期 護衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部防衛部長 46 南 孝宜 2018. 1 2019. 22 防大29期 防衛監察本部監察官 退職 47 大判英之 2019. 23 防大30期 第2護衛隊群司令 不祥事 [ ] 幹部候補生学校に入校していた36歳の男性が、中旬頃に同期の20歳代の男性の顔面を殴るなどした。 他にもこの海曹長は、被害男性に対し人格否定の暴言や暴力を繰り返していたとされ、他に暴力行為などで4度の処分歴があったとされる。 被害男性はこれらが元で状態となり、未遂事件も起こすなどし、最終的には退校を余儀無くされた。 警務隊は加害者の海曹長をに容疑で(その後)し、10分の1のとしたが、「職務に関連しない私的行為であり、この場合は以上に限り公表する」などを理由として、に報道されるまで公表していなかった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2019年8月17日閲覧。 www. mod. 海上自衛隊幹部候補生学校. 2019年8月18日閲覧。 - 海上自衛隊幹部候補生学校• www. mod. 海上自衛隊幹部候補生学校. 2019年8月18日閲覧。 - 海上自衛隊幹部候補生学校• 2013年2月19日閲覧。 2013年2月19日閲覧。 2013年2月19日閲覧。 [ ] 2014年3月10日• 海上自衛隊幹部候補生学校のあゆみ : 1957~2007 50周年記念 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 幹部候補生 [ ]• 同一敷地内 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

防衛省・自衛隊:人事発令|2019(平成31・令和元)年

海上 自衛隊 人事

概要 [ ] の防衛及び警備に関する計画の立案に関する事務等を掌ることを任務とする、防衛省に置かれる特別の機関である。 海上幕僚監部の長はである。 海上幕僚監部は(旧軍ではが担当)・(旧軍ではが担当)事項双方を職掌としている。 主に海上自衛官によって構成され、いわゆる背広組()中心の防衛省内部部局(内局)とともに、専門的知見に基づきを補佐する役割を担う。 沿革 [ ]• (昭和27年)• :の機関としてが創設。 「が制定。 中央機構として海上警備隊総監部がの海上保安庁内に設置された。 長は 海上警備隊総監()。 総監部組織として 海上警備隊副総監、総務部、警備部、経理補給部、技術部が置かれた。 :の創設により、海上警備隊がに改められとともに同庁に統合。 「保安庁第二幕僚監部組織規定」(昭和27年総理府令第48号)が制定。 長は 第二幕僚長()。 第二幕僚監部には総務部、警備部、航路啓開部、経理補給部、技術部が置かれた。 :第二幕僚監部がの保安庁庁舎へ移転。 (昭和28年):第二幕僚監部の改組( 第二幕僚副長(警備監又は警備監補)及び調査部、通信所が新設。 航路啓開部が廃止)。 (昭和29年):が創設され、海上自衛隊が発足。 防衛庁組織令(昭和29年政令第178号)が制定。 長は 海上幕僚長(海将)。 海上幕僚監部には 海上幕僚副長(海将)及び総務部、防衛部、調査部、経理補給部、技術部、通信所が置かれた。 (昭和30年):通信所を廃止。 (昭和31年):海上幕僚監部が越中島から霞が関庁舎に移転。 (昭和35年):海上幕僚監部が霞が関から庁舎に移転。 (昭和37年):組織改編により「」を新設。 (昭和40年):衛生課が「衛生部」に昇格。 (昭和55年):総務部に「法務課」を新設。 (昭和57年):防衛部に「装備体系課」を新設。 (昭和62年):防衛部に「施設課」を新設。 (昭和63年):組織改編が行われ、総務部、経理補給部、衛生部を廃止。 「監理部」、「人事教育部」、「装備部」、「首席衛生官」を新設。 6部21課の規模は変わらず。 (平成 02年):人事教育部に「援護業務課」を新設。 (平成10年):人事教育部人事課を廃止し、「人事計画課」と「補任課」を新設。 (平成12年)• :海上幕僚監部が庁舎に移転。 :防衛部通信課を廃止し、「指揮通信課」を新設。 (平成14年):監理部法務課を廃止し、監理部に「首席法務官」を新設。 (平成18年):組織改編が行われ、監理部は「総務部」に、調査部は「指揮通信情報部」にそれぞれ改編し、「首席会計監査官」を新設。 (平成26年):装備部艦船課及び武器課を廃止し、「艦船・武器課」に集約(4個課編成から3個課編成へ)• (平成27年):新編に伴い装備部及び技術部を廃止し、「装備計画部」に改組• (令和 02年)4月1日:組織改編。 総務部総務課の文書班と情報公開・個人情報保護室を統合し、「行政文書管理室」を新設。 人事教育部人事計画課の募集班を廃止し、「募集推進班」を新設。 組織編成 [ ]• 総務部(部長及び副部長:将補(二))• 総務課• 経理課• 人事教育部(部長:将補(一))• 人事計画課• 補任課• 厚生課• 援護業務課• 教育課• 防衛部(部長:将補(一))• 防衛課• 装備体系課• 運用支援課• 施設課• 指揮通信情報部(部長:将補(二))• 指揮通信課• 情報課• 情報班、情報保全室• 装備計画部(部長:将補(一))• 装備需品課• 艦船・武器課• 航空機課• (将補(二))• (1佐(一))• 首席会計監査官(1佐(一))•

次の

海将補人事|2019年12月・海上自衛隊

海上 自衛隊 人事

概要 [ ] の防衛及び警備に関する計画の立案に関する事務等を掌ることを任務とする、防衛省に置かれる特別の機関である。 海上幕僚監部の長はである。 海上幕僚監部は(旧軍ではが担当)・(旧軍ではが担当)事項双方を職掌としている。 主に海上自衛官によって構成され、いわゆる背広組()中心の防衛省内部部局(内局)とともに、専門的知見に基づきを補佐する役割を担う。 沿革 [ ]• (昭和27年)• :の機関としてが創設。 「が制定。 中央機構として海上警備隊総監部がの海上保安庁内に設置された。 長は 海上警備隊総監()。 総監部組織として 海上警備隊副総監、総務部、警備部、経理補給部、技術部が置かれた。 :の創設により、海上警備隊がに改められとともに同庁に統合。 「保安庁第二幕僚監部組織規定」(昭和27年総理府令第48号)が制定。 長は 第二幕僚長()。 第二幕僚監部には総務部、警備部、航路啓開部、経理補給部、技術部が置かれた。 :第二幕僚監部がの保安庁庁舎へ移転。 (昭和28年):第二幕僚監部の改組( 第二幕僚副長(警備監又は警備監補)及び調査部、通信所が新設。 航路啓開部が廃止)。 (昭和29年):が創設され、海上自衛隊が発足。 防衛庁組織令(昭和29年政令第178号)が制定。 長は 海上幕僚長(海将)。 海上幕僚監部には 海上幕僚副長(海将)及び総務部、防衛部、調査部、経理補給部、技術部、通信所が置かれた。 (昭和30年):通信所を廃止。 (昭和31年):海上幕僚監部が越中島から霞が関庁舎に移転。 (昭和35年):海上幕僚監部が霞が関から庁舎に移転。 (昭和37年):組織改編により「」を新設。 (昭和40年):衛生課が「衛生部」に昇格。 (昭和55年):総務部に「法務課」を新設。 (昭和57年):防衛部に「装備体系課」を新設。 (昭和62年):防衛部に「施設課」を新設。 (昭和63年):組織改編が行われ、総務部、経理補給部、衛生部を廃止。 「監理部」、「人事教育部」、「装備部」、「首席衛生官」を新設。 6部21課の規模は変わらず。 (平成 02年):人事教育部に「援護業務課」を新設。 (平成10年):人事教育部人事課を廃止し、「人事計画課」と「補任課」を新設。 (平成12年)• :海上幕僚監部が庁舎に移転。 :防衛部通信課を廃止し、「指揮通信課」を新設。 (平成14年):監理部法務課を廃止し、監理部に「首席法務官」を新設。 (平成18年):組織改編が行われ、監理部は「総務部」に、調査部は「指揮通信情報部」にそれぞれ改編し、「首席会計監査官」を新設。 (平成26年):装備部艦船課及び武器課を廃止し、「艦船・武器課」に集約(4個課編成から3個課編成へ)• (平成27年):新編に伴い装備部及び技術部を廃止し、「装備計画部」に改組• (令和 02年)4月1日:組織改編。 総務部総務課の文書班と情報公開・個人情報保護室を統合し、「行政文書管理室」を新設。 人事教育部人事計画課の募集班を廃止し、「募集推進班」を新設。 組織編成 [ ]• 総務部(部長及び副部長:将補(二))• 総務課• 経理課• 人事教育部(部長:将補(一))• 人事計画課• 補任課• 厚生課• 援護業務課• 教育課• 防衛部(部長:将補(一))• 防衛課• 装備体系課• 運用支援課• 施設課• 指揮通信情報部(部長:将補(二))• 指揮通信課• 情報課• 情報班、情報保全室• 装備計画部(部長:将補(一))• 装備需品課• 艦船・武器課• 航空機課• (将補(二))• (1佐(一))• 首席会計監査官(1佐(一))•

次の