土踏まず かゆい。 土踏まずにかゆい湿疹が出来た!【5つの原因はコレです】

足の裏が熱い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

土踏まず かゆい

足の裏は「第2の心臓」と呼ばれるくらい健康のバロメーターになります。 足つぼをした後に、血行が良くなってかゆくなる経験をした人があるかもしれません。 では、何もしていない時に土踏まずがかゆくなるのはなぜなのでしょうか? 先ずは、足の裏を観察してみましょう。 暖かい所(お布団に入って温まった時など)で痒みが生じる事が多く、皮膚科での診察と治療薬が役立ちます。 ・汗疱 手や足の裏に出来る湿疹で、汗をよくかく事が原因で発症してしまいます。 汗疱は他の人にうつる心配がありませんが、放置すると症状が悪化します。 それが原因で、水虫(通常かゆみを伴わない)やカサカサでストッキングが破れてしまう、といったトラブルが生じてしまいます。 上記のような症状に当てはまらない場合ではどうでしょうか? ここでは、皮膚の症状に関わらず土踏まずがかゆくなるいくつかの原因を見ていきます。 女性であれば生理に伴って、体の水分や鉄分が急激に変動する事があり、めまい・立ちくらみ・頭痛・背中の痛みなどと共に、足の裏がかゆくなると言った症状を出す事があります。 これは、人それぞれで症状の大小があります。 また、その月は何もなくても、次の月には症状がひどく出るといった事も大いに考えられます。 総合的に観察して、一度専門医に診てもらう事も出来るかもしれません。 一日のうち遅い時間3時以降にカフェインを摂る事を控えるなどの実際的な方法を取る事が出来るかもしれません。 手足に発疹やかゆみが出る場合には、最近飲んだ薬や新しく変わった薬をチェックしましょう。 特に、疲れている時では余分に負担を掛けてしまいますから気を付けなければなりません。 では、土踏まずのかゆみが関わっている内臓の病気について最後に見ていきましょう。 特徴としては、眠れないほどのかゆみ・イライラ・火照り・機嫌が悪くなるなどの症状があります。 年齢を問わず発症しますから、子供でも気を付けて観察しておきましょう。 肝臓の辺りを背中から押さえてみて、違和感や痛みがあれば一度内科のチェックしてもらう事をおすすめします。 パーキンソンはとても難しい病気ですから、足のかゆみを感じて気になったら、神経内科や脳神経科を受診して診てもらいましょう。 糖尿病の症状としては、喉が渇く・頻尿・疲れやすいなどの症状と共に、全身のかゆみを伴う場合では一度内科または糖尿病の専門医に検査を依頼してもらいましょう。

次の

足の裏が痒い!夜だけ辛くて眠れない対処法

土踏まず かゆい

土踏まずがかゆい原因 小水疱型水虫(しょうすいほうがたみずむし) 水虫というと、足の指の間にできるイメージが強いかもしれませんが、 土踏まずがかゆくなる水虫もあります。 具体的には、土踏まずや足の側面に米粒ほどの水泡ができ、強いかゆみを伴います。 小水疱型水虫は、かゆみが強いのが特徴のため、かかるとただのかぶれではないことは分かることが多いです。 対処法 市販薬でも対処できますが、早く治したいのであれば 皮膚科の受診が1番です。 水虫は完治するまでに、根気のあるケアが必要です。 皮膚科を受診し、医師の指示に従って、自宅でもケアを行いましょう。 自己判断で途中で治療を中止してしまうと、再発の恐れがあります。 症状が治まった後も、土踏まずの様子は注意して観察してくださいね。 また、なかなか皮膚科に行けない状況であれば、下記の 水虫に効く市販薬を参考にしてみてください。 ムズムズ症候群 ムズムズ症候群とは、 脳内のドーパミンが正常に働いていない影響で、土踏まずやふくらはぎなどに、虫が這うようなムズムズしたかゆい感覚が表れる症状です。 軽度ではなんとなく土踏まずがムズムズする程度ですが、重度になると、かゆくて夜も眠れないほどの人もいます。 対処法 直接皮膚に異常があるわけではなく、主な原因は 鉄不足やストレスであることが多いので、積極的に鉄分を摂り、病院を受診する場合は「神経内科」「睡眠外来」「精神科」を受診することをおすすめします。 かぶれ かかとや足の指の裏に比べると、土踏まずの皮膚はやわらかく、デリケートです。 なので土踏まずは、外部からの異物の刺激により、 かぶれやすいと言えるでしょう。 ちなみにかぶれとは「接触性皮膚炎」といい、原因は、土踏まずが何らかの物質によりかぶれて、かゆみを発症しているからかもしれません。 考えられる物質としては、• サンダル• 医薬品• 動物 などが挙げられます。 対処法 かぶれを発症させて、原因が分からないまま放置してしまうと、気がつかないうちにどんどん重傷化する可能性もありますので、土踏まずが、普段とは違う何かに触れた後にかゆみが出た場合は、 何に触れたのか、振り返ってみましょう。 またかぶれがひどい場合は、 皮膚科を受診し、処方された薬でかゆみを抑えましょう。 ダニ 土踏まずがかゆい原因として、 ダニに噛まれたということも挙げられます。 症状としては、赤い小さなブツブツができ、ひどいと水ぶくれができる場合もあります。 ダニは、やわらかい皮膚を好みますので、土踏まずは格好の餌食となります。 かゆみだけでなく、痛みを伴う場合もあります。 対処法 ダニに噛まれた場合、「ムヒアルファEX」など市販薬でも効果的なものがありますが、自己判断では、なかなかダニに噛まれたということは判別つかないことも多いので、 皮膚科の受診が1番です。 ダニの予防としては、 こまめに掃除機をかけること、 布団乾燥機を使うことなどが効果的ですよ。 血行が急によくなった 土踏まずの皮膚は、他の足の裏の部分に比べてとてもやわらかいため、外気温の影響も受けやすくあります。 冷えた場所から温かい場所に移動した時、土踏まずがかゆくなる場合があります。 また、 足裏マッサージをした後も、土踏まずがかゆくなること、ありませんか? このように、血行が急によくなると、土踏まずがかゆくなることは多くあります。 この場合、かゆみは一時的なものなので、時間が経てば治まることがほとんどです。 まとめ 土踏まずがかゆい原因には、様々なことが考えられます。 普段何かと見落としがちな足の裏の様子ですが、土踏まずは特に皮膚もデリケートです。 かゆみが表れたら、なるべく早めに対処することが大切ですよ。

次の

足の裏の痒みが土踏まずに出る原因と水泡・ブツブツが出る症状

土踏まず かゆい

気になる所から確認してみよう• 土踏まずがかゆい原因 足白癬(あしはくせん) カビの一種白癬菌による感染症です。 タイプによって3つに分けられます。 足の指や間にでき、赤身をおびて皮がむける 趾間型(しかんがた)、水疱ができかゆい 小水疱型水虫、足の裏・かかとが乾燥して硬くなりひび割れたりする 角質増殖型があります。 症状は単独ではなく複数が同時に起こることもまれではありません。 カビによるものなので、繁殖しやすい 高温多湿の夏場には多く発生します。 足の裏を清潔にしておけば防げるので、こまめに足を洗うことが予防になります。 カンジダ菌 カビの仲間の真菌の一種です。 真菌は普段から皮膚にいる常在菌で、害を及ぼすことはありません。 しかし風邪やストレス、疲労が引き金になって 免疫力が下がったときに、カンジダ菌が繁殖してかゆみを起こしたりします。 ダニ ヒゼンダニはヒトの皮膚に寄生します。 侵入されると激しいかゆみがあり、痛み、水ぶくれもあります。 手首、肘、足の皮膚に食いついて中に入り繁殖します。 この症状を 疥癬(かいせん)とよび、感染するので注意が必要です。 他に家の中には イエダニとか ツメダニもいて、咬まれると赤い発疹、ブツブツができかゆくなります。 この場合は水ぶくれはありません。 ダニによる湿疹についてはこちらを見て参考にして下さい。 押したり温度変化によって血行がよくなり、血管がひろがって柔らかい足の裏を刺激することでかゆみが出ます。 時々は外気にさらして蒸れを解消しましょう。 スポンサーリンク 土踏まずがかゆくなる病気 汗疱(かんぽう) 汗疱は、 異汗性湿疹とか 汗疱状湿疹ともいいます。 小さい水疱がたくさんできて、強いかゆみを伴います。 できるのは足の裏に限ったことではなく、手のひら、手の指の間などにもよくできます。 水虫に似て間違えやすいのですが、白癬菌によるものではありません。 季節的には汗が出やすくなる春から夏にかけて多くなり、はっきりした原因は解明されていません。 多汗体質やストレス、アレルギー、発汗に関わる自律神経の乱れなどが考えられます。 接触性皮膚炎 いわゆる かぶれです。 何かに触れたことが原因になります。 足の土踏まずはやわらかく、刺激に敏感なので、かゆみが起こりやすくなります。 原因の80%は触れたものの刺激で起こる 刺激性接触皮膚炎です。 油や洗剤、石鹸、昆虫の毒などが原因になっています。 あとは原因物質が皮膚につくことでアレルギーが起こる、 アレルギー性接触皮膚炎で、原因物質は数千におよぶといわれます。 いずれも原因物質を避けることが対処になります。 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 手のひらや足の裏に水疱ができて皮がむけます。 白や黄色の膿のように見えることもあります。 水疱は 無菌性膿瘍(むきんせいのうよう)といい、中に菌はいないのでつぶしても移ることはありません。 かゆみは次第に収まりかさぶたになって、最後はそれが剥がれ落ちて治ります。 水疱の正体は、 皮膚の新陳代謝の速度が異常に早くなって、自分の細胞が固まりになったものです。 原因はまだ解明されていません。 金属アレルギーとか喫煙、水虫のような菌が原因とするなどの説があります。 ムズムズ脚症候群 脳内のドパミンの分泌が異常になって起こります。 土踏まずやふくらはぎに、虫が這うようなムズムズした感覚が起こります。 始めの内はなんとなく土踏まずがムズムズする感じですが、進行するとかゆみが強くなって、夜眠れないようになることもあります。 スポンサーリンク 土踏まずのかゆみの治療法 足白癬、カンジダ菌が原因の場合 カビに感染したことが原因なので、 まず菌の確認が必要です。 そのうえで適切な内服薬や外用薬で治療するので、まず受診して診断してもらうことになります。 自己判断は無理なので、異常があったらまず 皮膚科へいきましょう。 治療は一か月以上にわたる長期間になります。 毎日入浴して足を清潔にして、日中はつとめて足の乾燥を心がけます。 ダニの場合 ヒゼンダニに取りつかれると厄介ですが、これに限らずダニかどうかは判断がむずかしいので、 皮膚科へ行かないと対処できません。 ダニらしいと感じたらとにかく皮膚科を受診するのが一番の対処法です。 イエダニ、コナダニとわかった場合は市販薬でも対処可能です。 ムヒアルファEXなどが効果的です。 ダニの予防としては、 家の中にこまめに掃除機をかけるとか、熱に弱いのでふとん乾燥機を使うのも有効です。 シーツや枕カバーはアイロンをかけましょう。 ムヒアルファEXの効能についてくわしくはこちらを見て参考にして下さい。 【関連記事】 汗疱、掌蹠膿疱症の場合 感染ではなく、原因も現在のところ特定できていないので、対症療法になります。 皮膚科を受診して、適切なステロイド外用薬、尿素配合軟膏、ビタミンD3などの外用療法が基本になります。 汗疱は水虫や単なる湿疹と間違えやすく、自己判断は症状を悪化させます。 水疱ができてかゆくなったら、まず皮膚科を受診しましょう。 汗疱の水疱は、皮膚科ではつぶさないように指導されますが、歩くうちにつぶれて不潔になりがちです。 自分でつぶすと同時に消毒し、馬油などで保湿すると早く治ります。 掌蹠膿疱症の場合は病巣感染を抑えるために抗生剤の長期内服も行われます。 治療は長期にわたることが多く、3年以上続くことも珍しくありません。 【関連記事】 接触性皮膚炎(かぶれ)の場合 土踏まずにかゆみ、かぶれが出た場合は何にかぶれたのかを思い出してみましょう。 足の裏に直接触れるものは種類がそう多くないので、比較的思い出しやすくなります。 推定できたらそれを近づけないのが一番です。 かぶれがひどければ 皮膚科で薬を出してもらいましょう。 ムズムズ脚症候群の場合 皮膚に異常はなく脳分泌が原因なので、担当は 「神経内科」「睡眠外来」「精神科」になります。 皮膚科へ行っても神経内科などへ紹介してくれます。 鉄分の不足やストレスが直接の原因なので、 食事に気をつけたりストレス解消などは自己対応が可能です。 その他の土踏まずのトラブルについてはこちらを見て参考にして下さい。 【関連記事】 まとめ 土踏まずがかゆいのは、やっぱり 感染などの病気が多いようです。 それもほとんどが病院へ行くべきものがほとんどです。 症状、見た目がまぎらわしくしろうとには判断できないことが多いので、異変を感じたらすぐ病院へ行きましょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の