静岡 県 感染 者。 静岡県(補助金・助成金・融資情報)

感染者数市町別内訳・マップ 静岡県内【新型コロナウイルス】|静岡新聞アットエス

静岡 県 感染 者

Contents• 静岡県で74人目:新型コロナウイルス感染者 5月21日に 静岡県伊東市在住 高齢ではない成人女性に 新たにコロナ感染が確認されました。 静岡県内の感染確認は74人目となりました。 伊東市内の感染確認は1人目です。 患者の概要 年代:高齢でない成人女性 性別:女性 居住地:伊東市 職業:なし 同居家族:あり 2. 帰国者・接触者相談センターに電話 同センターおよび保健所は、自宅待機を要請し、友人のPCR検査結果を 連絡するように指示。 歯科医院を受診、接触者調査中。 PCR検査陽性が判明し、引き続き同医療機関に入院 3. 現在の症状 味覚障害が残る 4. 濃厚接触者 現時点で同居家族と宿泊施設で同宿した友人たちを濃厚接触者と確定。 同居家族はPCR検査を実施中。 友人たちについては居住地の保健所に 連絡。 この宿泊施設については、現地調査を行い、 他に濃厚接触者はなく消毒が完了していることを確認。 なお、濃厚接触者に対しては最終接触後14日間の自宅待機の要請と 健康観察を行います。 スポンサードリンク 静岡県コロナウイルス患者の病院はどこ? 新型コロナウイルスは、 指定感染症に指定されているため 受け入れができる病院も ある程度限られています。 コロナウイルスの指定感染症 受け入れ先は、 『特定感染症指定医療機関』 『第一種感染症指定医療機関』 『第二種感染症指定医療機関』 です。 静岡県は、 『特定感染症指定医療機関』が 無いので、 『第一種感染症指定医療機関』 『第二種感染症指定医療機関』は こちらになります。

次の

【三島市で初:5/24】静岡県コロナ成人男性の感染経路や行動歴は?濃厚接触者は?

静岡 県 感染 者

Contents• 静岡県で75人目:新型コロナウイルス感染者 5月24日に 静岡県三島市在住 高齢ではない成人男性に 新たにコロナ感染が確認されました。 静岡県内の感染確認は75人目となりました。 三島市内の感染確認は初めてです。 1 患者の概要 年 代:高齢でない成人 性 別:男性 居 住 地:三島市 職 業:国際医療福祉大学熱海病院職員 同居家族:なし 2 症状経過及び行動歴 5月7日~ 発症14日前 :県外や海外への移動なく、県外の人 と会ってもいない。 5月19日~5月20日: 通勤以外の外出や立寄り先は無し。 病院へ以下の経路・手段で通勤し、 通常勤務。 ・自宅から三島駅は、徒歩。 ・毎朝7時前後に三島駅から熱海駅 までJR東海道本線を利用し、熱海 駅から病院までは徒歩。 マスクは着 用していないこともあった。 ・帰りは午後6時半頃、病院から熱 海駅までの送迎バスをマスク着用 で利用(職員のみ乗車)し、JR車 内でもマスクを着用。 5月21日 発症日 : 帰宅後午後11時頃、悪寒と発熱(39. 出勤時の検温・症状調査では発熱や症状は無し。 5月22日: 出勤せず、勤務先の病院に相談し、 自家用車で帰国者・接触者外来を受 診しPCR検査検体を採取。 帰宅し自宅待機。 5月23日: 午後4時頃PCR検査陽性が判明 し、自家用車で県東部の感染症指定 医療機関に移動し、入院。 3 現在の病状 発熱 4 濃厚接触者 外来患者、入院患者及び病院職員を濃厚接触者に確定し、PCR検査を実施中です。 そ のうち入院患者は全員陰性でした。 なお、濃厚接触者に対しては最終接触後14日間の自宅 待機の要請と健康観察を行います。 5 その他 病院からは、濃厚接触者以外に接触の可能性があると独自に病院が判断した関連職種全 員に対して、自院のPCR検査機器を用いて検査し、陰性が確認されたとの報告がありました。 スポンサードリンク 静岡県コロナウイルス患者の病院はどこ? 新型コロナウイルスは、 指定感染症に指定されているため 受け入れができる病院も ある程度限られています。 コロナウイルスの指定感染症 受け入れ先は、 『特定感染症指定医療機関』 『第一種感染症指定医療機関』 『第二種感染症指定医療機関』 です。 静岡県は、 『特定感染症指定医療機関』が 無いので、 『第一種感染症指定医療機関』 『第二種感染症指定医療機関』は こちらになります。 (解熱剤を飲み続けなければいけない時を含みます。 ) ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

次の

静岡県/新型コロナウイルス感染症 県内の状況

静岡 県 感染 者

Contents• 以下をご覧ください。 未だに疑問に思う事だが、何故静岡県はコロナウイルスの患者が出ないんだ? 東と西に挟まれている上に新幹線の停車駅も在るにも関わらず、何故出ない。 どれが本当のことなんでしょ。 はてさて。 — 富士にも いな民 fujinimo0925 静岡県には、関東と関西をつなぐ新幹線が通っていて、停車駅もあります。 関東や関西で新型ウイルスに感染した人が、静岡県内にある駅で下車する可能性は十分にあり得るわけです。 にもかかわらず、県内の感染者は未だに0名です。 おそらく静岡県内にも、自分が感染しているかもしれないと疑ってる人は多くいるはずです。 ですが、そんなような方たちも、検査を受けるには至っていない状況のようです。 検査を希望して医療機関を訪れても、ご存知のように今の日本政府は、 症状が軽微なうちは自宅療養するようにとの方針を打ち出しています。 そのような経緯もあって、新型コロナウイルスに感染している可能性がある人も、 軽微の症状しか出ていないから公表していない、という可能性もあります。 静岡県の中で、重度の症状が出ている人がいないとも限りませんが、 少なくても報道がされていないので、まだ県内には重度の患者はいないのでしょう。 もちろん県民も、お茶を愛している人が多いです。 「日ごろからお茶を摂取しているから、新型コロナウイルスに感染しないのでは?」 といった意見も多く出ていました。 一般人のコメントので、その点に留意してお読みください。 富士サファリパークや、熱海の温泉など、観光客から人気のスポットが多くあります。 特に冬から春にかけるこの季節は、熱海の温泉はシーズン真っ盛りの時期です。 県の産業が栄え、経済的にも潤いが見込める季節なので、 県として、新型コロナウイルスによって観光客が減るのを懸念している可能性があります。 また、客商売をしている経営者にとっても、来客が減ってしまうのは大打撃です。 感染者数をはっきりさせないことで、来客の減りを少しでも軽減できるのであれば、 そのような方向性に舵を切るのではないでしょうか。 県全体で隠蔽している可能性もありますし、ただ検査していないから感染者が見つかっていないという可能性もあります。 「お茶が良い働きをしている!」みたいなコメントもありましたが、 もしお茶が新型コロナウイルスに効くのであれば、こんなに簡単な話はありませんよね(笑) 何日かすれば、静岡県にも新型コロナウイルスの感染者が出るかもしれません。 なにはともあれ、一人一人が感染を広めないように注意することが大事ですね。 今の日本で重要なのは、医療崩壊を起こさないようにすることです。 かつて、新型インフルエンザが流行した際、人々が医療機関を訪れて、医療現場が混乱をきわめました。 重症でもない人がたくさんむやみに病院にやってくると、 多くのお医者さんが感染しやすくなり、病院内で患者間の感染も広がり、感染者数が爆発的に増えてしまいます。 そのようなパニック状態を防ぐため、国や県は国民に対し、むやみな行動を慎むような対策をとっている、と考えられます。

次の