ナマコ 栄養。 ナマコ 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J

ナマコの効能

ナマコ 栄養

こんにちは。 全国の色んなものを食べるのが好きな、菜乃と申します。 旅行と食べることが大好きなので、よくご当地のものや珍しい食べものがあったら食べています。 で、興味本位で、食用になっているナマコをこの前の旅行で食べたわけです。 ちょっと勇気がいりましたが、食べてみるとなんてことはない!…というお味でした。 可愛いです。 ナマコは沢山いるのに食用ナマコの種類はたったの… 日本で食用にされているナマコの種類は、1種類だけです。 その種類は、「 マナマコ」! ナマコは世界で1500種類、日本でも180種類以上も生息していることが分かっているのに、たったの1種類しか食用にされていないなんてびっくりでした。 流通している食用のナマコは、普通すべてマナマコという種類ですね。 どうしてマナマコだけが食べられているかというと、マナマコは日本で一番ポピュラーな種類のナマコだから。 北海道~九州まで幅広く生息しています。 他にも毒がなくて食用にできそうな種類は キンコ科の種類がいますが、これは北海道~東北地方にしか住んでいない寒いところにだけ住むナマコです。 その他、 クロナマコ、オキナマコなども食用にしようと思えばできます。 食用マナマコの中でもさらに3種類に分けられて売られる 食用にされるただ1種類のマナマコですが、さらにここから、流通上では3種類に分けられています。 それは、 赤ナマコ、青ナマコ、黒ナマコの3種類! 決してそういう種類のナマコではなく、あくまでも流通名ですね。 (クロナマコという種類のナマコは別にいるから紛らわしいんですが…) 何が違うかというと、その名の通り色が違います。 赤ナマコ(裏側) (ちょっと気持ち悪い!笑) ナマコのおなか側の色が違うので、こんなふうに失礼して、裏っ返させてもらうと分かりますね。 市場に売ってるのを見ても、確かに赤っぱい色のが多いです。 わたしは「なんで色が違うの?」と気になるので調べたんですけど(笑)どうやら赤ナマコは岩場、青ナマコは砂地に生息しているという違いから色が違ってくるそうです。 黒は、赤がもっと黒くなったやつ。 毒のある食べてはいけないナマコの種類 ナマコは平気で食用にされてますが、実は 毒をもつ種類が多くいるんです! その中でも、日本で普通に見られる種類の ニセクロナマコなどは有名で、強い毒をもつ種類として知られています。 紀伊半島以南に住む、わりと温かいところに住む種類のナマコです。 ナマコを切ったりすると、じわっと毒が出てきます。 ニセクロナマコの持つ毒は ホロチュリンという毒で、かなり強い種類の毒です。 ニセクロナマコ以外にも毒性は弱まれど、毒をもっているナマコはたくさんいますので、判断できない場合は食用にするのはやめましょうね。 ナマコのぶよぶよの体で筋肉というのも変な感じですが、ナマコでも魚でも身は全体的に筋肉です。 ナマコの筋肉を食べるのは分かりますが、内臓も食用にするとは…、イカの塩辛みたいなノリですかね?? ナマコって捨てるところがないのでしょうか? 食用ナマコの筋肉と内臓のさばき方 ナマコを食用にするためには、普通に包丁でさばいで切っていきます。 生きているナマコを磯じゃなくても水族館とかで触る機会もよくあるかと思いますが、すっごく柔らかいですよね。 でも、 切ってみると案外さくっと切りやすいそうです(笑)不思議ですよね! 食用のナマコを洗って、両端(口の部分と肛門の部分)が硬いので切り落として、切り開いて内臓を取り、白い粘膜を取って、薄切りにしていくだけです。 次はナマコが本当に美味しいのか、どんな味がするのかをお話しようと思います。 ナマコの味は美味しい?「コリコリ筋肉」と「珍味の内臓」! ナマコの旬は初冬です。 でも買おうと思っても、食用ナマコって売られているのを見ても高いですよね。 あんなに磯に何となく転がってそうなイメージなのに…、食用ナマコって、 「珍しいもの」なんです。 せっかくナマコを頂くなら、味よりも何よりもまず珍しいという 「ありがたみ」を噛みしめましょう! …いや、食用ナマコの味が不味いと言ってるわけではないんですよ!? 食用ナマコの筋肉(身)は味より食感を楽しむ ナマコの身、つまり筋肉部分の味は、美味しいというか…、なんというか味がありません。 味も匂いもあまりなく、強いて言えば磯の香りがする感じでしょうか。 とりあえず、ナマコは他の人もそう言ってましたが、おそらく味よりも 「食感を楽しむもの」だと思います! 食用ナマコは 歯ごたえがあってコリコリしていて、あの柔らかそうな見た目からは全く想像もできない食感です。 …ようは硬いです。 なんだろう…、硬いイカ?噛み切れないタコ?いや貝?? 貝が近いかもしれません。 見た目も似てるし…(?)って、ナマコは軟体動物の仲間の種類じゃないですけどね^^; 食用ナマコの味は、ナマコの味というよりは味付けの三杯酢の味だと思ってもらって良いと思います(笑) ナマコの内臓は「このわた」と呼ばれる珍味! 食用ナマコの筋肉部分も珍味と言われますが、内臓はもっと 正真正銘の珍味です! 食用ナマコの内臓(腸)を塩辛にした「このわた」は、ウニやからすみと並んで 日本の三大珍味と言われているそうです…、ナマコすごい(笑) このわたの味は、聞いた話によると…、まず塩辛なのでしょっぱい味で、でも甘みもあって、風味や旨味がちゃんとあるそうです。 筋肉部分よりはよっぽどナマコの味があると。 なんでもナマコの内臓には、旨味成分のグルタミン酸が豊富なんだとか。 わたしがこのわたを食べなかった理由なんですが、わたしは内臓系の種類の食べ物がだめだから(ウニもだめです)。 「ウニだめなら美味しくないよー!」 と言われたので、わたしは見るだけにしました(苦笑)ウニもあれ、卵巣ですし…。 そうそう、ナマコも内臓系は腸だけでなく、卵巣も食用にされます。 「このこ」と言ってこれも珍味ですね。 ということで食用ナマコの味を紹介してきましたが、珍味としてだけじゃなくて中国などでは「薬効」もあるとされているんです! ナマコは体の90%以上が水分なんですが…、本当だと思いますか?? 食用ナマコの栄養効果はすごい!!って本当? ナマコの栄養効果がすごい!!! …って、言われることがよくあります。 本当に古来(元代の時代)から、ナマコは漢方薬などに利用されていたんです。 今もなお。 漢方薬としては、 滋養強壮に効果があるとされています。 あの漢方薬の世界で効果が高いので有名な朝鮮人参と似た、「サポニン」という成分を持つんですって。 ナマコの毒の話で出てきた、魚を絶命させてしまうあの毒です^^; だけど心配は無用で、毒性は漢方薬にするための処理、加熱や乾燥といった手順で消えてしまいます。 日本での食用ナマコは無毒のマナマコという種類でしたが、中国の漢方用は違う種類のナマコということになりますね。 おまけ:ナマコのとっておきのワザ・生態を2種類紹介! ナマコは見た感じの通り、とっても足が遅いですね。 うねうねと短い脚でイモムシのように動くので、無理もないです。 ポケモンのナマコブシも、とってもかなり物凄くすばやさが遅いですね。 これが、 キュビエ器官。 ナマコブシもこれを出します(特性:とびだすなかみ)。 ポケリフレではキュビエ器官でブイサインをしたりと、とってもキュートです。 ナマコブシも、じこさいせいを覚えます。 さすがわたしの押しポケモンです。 日本で食用にされる種類、マナマコはキュビエ器官を持たないし、毒も持ちません。 ナマコブシはどくどくも使えますから、マナマコとは別の種類をモチーフにしていると言って良いでしょう。 ナマコの生態の紹介なのか、ナマコブシの生態の紹介なのか分からなくなってきた所で終わりにしましょう^^ 「ナマコの食用と毒のある種類!身と内臓の味は?ほぼ水だが栄養効果が凄いって…?」まとめ ナマコならなんでも食べられるわけではなくて、むしろ日本ではただ1種類のマナマコというナマコが食用に流通していることが分かりましたね。

次の

なまこ(ナマコ:海鼠)の値段[価格]の相場と旬や栄養成分は?

ナマコ 栄養

こんにちは。 「だめたもり」です。 店通初期の頃(2015年12月)の記事に「最初に食べた人」というテーマで、ナマコが取り上げられていました。 とても興味をひく内容で、思わず引き込まれてしまいました。 どんな食材にしても最初に食べた人はだれなのか、というテーマ設定は面白いと思います。 そんなナマコですが、今回は中国料理としての干しナマコについて、歴史やその効能をお伝えしていきたいと思います。 干しナマコとは? 干しナマコは 乾物 かんぶつの一種です。 乾物は 天日 てんぴ干しをして水分を抜いた、食材のことです。 中国では「 乾貨 ガンフォー」と呼ばれ、海産物のものは、貨幣に匹敵する価値を持つものとして尊ばれています。 中でも「 鮑・參・翅・肚 バオ・サン・ツー・トゥー」と呼ばれる あわび、ナマコ、フカヒレ、魚の浮き袋が 四大海味 シーダーハイワェイ(海の 珍味 ちんみのこと)と称されています。 他には干し貝柱や干しエビ、干しカキ、クラゲなどがあります。 乾貨のメリットは保存ができ持ち運びが便利なこと、ストックが可能でいつでも食せること、生では味わえない風味と歯ごたえがあることです。 古来中国で 珍重 ちんちょうされるナマコ 日本ではナマコを漢字で「海鼠」と書きます。 中国ではナマコは、高麗人参と同じ薬用効果を持つことから、「 海參 ハイシャン (海の高麗人参)」と名づけられました。 日本では生で食べるのが一般的ですが、中国料理では一度乾燥したものを戻して使うのが主流です。 なかでも、日本産の黒ナマコを乾燥させたものが一番珍重されていて、「黒いダイヤ」と呼ばれることもあります。 ちなみに他の二つはフカヒレと干しあわびで、これらは宮廷料理としても代表的な食材です。 干しナマコは日本では「 煎海鼠 いりこ」と呼ばれていて、これも国産の黒ナマコが一番とされています。 今では中国人の健康志向と、価格の高いフカヒレや乾燥あわびより、手頃な価格で食せることから人気が集中しているようです。 1616年に建国され、中国の最後の 王朝 おうちょうである) ナマコは国内だけでも200種類以上! ナマコの種類はとても豊富で、世界の海でナマコは約1500種あり、日本近海では200種程度が生息しているといわれています。 ですが、実際に食せるのは60種ほどです。 食べられるナマコのうち、体色の違いからアカナマコ(アカコ)、アオコ、クロコの三種に区分されており、赤は外海の岩場、青と黒は内湾の砂泥におり、エサはプランクトンとなっています。 活動は夜間で、一晩に7、8メートルほど移動するものもいます。 また、中国では 棘 とげのある「 刺參 ツーサン」、棘のない「 光參 グァンサン」と区分しています。 なかでも日本産の干し「マナマコ」は一番人気、栄養価値も光参より高いと言われています。 価格が安く手軽に食されています。 ナマコの栄養価値と美容効能!ナマコは日本人にとっては、その形状もあり、どちらかというと、珍味として扱われているのですが、実は安心安全な自然食品で、「超」が付くくらいのすぐれものなのです。 ナマコに含まれる コラーゲンと アミノ酸は、 肌の代謝を促進させ、若々しい弾力を戻すことができ、美肌と抗老化効果があります。 ビタミンB12も豊富で、 赤血球中のヘモグロビン生成に重要な役を勤めて、貧血を予防する効果があります。 ほかにも、 「ホルモン調整」「脂質代謝の調整」「脂肪の絶対量の低下」「血糖やコレステロール値の低下」「免疫力の低下防止」「老化防止」「ガン細胞の抑止」などの効果があります。 あまりに効能が多いので羅列させていただきました。 これだけでもすごいのに、それ以外の効果も解明されているのです。 実は、サプリメントとしても加工されているのですが、残念ながら、あまり目に触れていないのが現実だと思います。 干しナマコの戻し方干しナマコの食べ方についてですが、まず戻すことから始めます。 鍋もちゃんと油がついてないかを確認しましょう。 戻ったナマコの調理方法は地域により異なりますが、代表的なものとして 山東 サントン料理、四川料理、広東料理があり、日本では 葱燒海參 ツォンシォハイシャン(ナマコの葱風味煮込み)という山東料理の人気が高いようです。 価格としては4千円前後だと思いますので、興味のある方はぜひ賞味してみてください。 まとめ今回は干しナマコについてお話しをしてきましたが、ご紹介した通り優れた効能があります。 もともと中国料理は 医食同源 いしょくどうげんという、食べることで健康を保つという考えのもとに発展してきた背景がありますので、ぜひ中国料理の知恵を実感していただけばと思います。 だめたもり こんな記事も読まれています この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。 まだお読みでない方は、ぜひお読みください。

次の

ナマコは食用と食べられないナマコがある!?違いを知ることでナマコがもっと美味しくなる!

ナマコ 栄養

ナマコの効能 ナマコは、日本では平安時代から重宝されており、江戸時代には干しナマコを清(中国)へ輸出していたという記録も残っています。 よく食されているナマコはマナマコで、赤褐色のアカコや暗緑色のアオコが一般的です。 コリコリとした独特の歯ごたえはコラーゲンと多糖類によるもので、細胞の再生を促して丈夫でしなやかな血管を作り、骨・目などの老化防止や免疫力強化に役立ちます。 また、ナマコの皮には目に見えない小さな骨が含まれているため、カルシウムも摂れます。 しかも低エネルギーでコレステロールが少ないため、ダイエット中でも安心して食べられます。 内臓の塩辛をコノワタといい、ほかに卵巣の塩辛や卵巣を干したものもあり、いずれも珍味です。 これらはビタミンB群を多く含むため、タンパク質の代謝を助けてエネルギーに変える働きがあります。 そのほか、肝機能を強化するベタインや、コラーゲンとともに体の組織を構成し、関節炎の緩和や皮膚機能の維持・改善に有効に働くコンドロイチン硫酸、強い抗カビ作用があり水虫の治療薬にも利用されるホロトキシンも含まれています。 ナマコは全体がしっかりしていて、太く短いものが良質とされています。 生のものはその日のうちに使いきり、乾燥品は冷暗所で保存しましょう。 ナマコの人気&簡単レシピ ナマコ酢 一般的に二杯酢は醤油と酢と同量ですが、魚屋のおばさん曰く、酢8醤油2位が良いとのこと。 自分には酸っぱすぎたので7対3にし、甘みが少し欲しかったのでミリンを加え、食べるときはそこにポン酢を足しました。 ナマコ炒め アイデアの宝庫、浜のかあちゃんの手にかかればナマコ酢が定番のナマコもこの通り!酒の肴からがっつりおかずに早変わりです。 生のナマコをそのまま炒めると苦みが出るので下ゆでを忘れずに。 ナマコの酢の物 生ものなので酢はしっかりと効いていた方が美味しいです。 乾ナマコのもどし方 温度差で戻るので、戻すのに火は不要 沸騰した湯を使い常温になったら捨て、再び沸騰した湯を加える。 この繰り返しです。 4時間は100度から常温になる時間の目安。 鉄分、不潔、油分は避けてください。 乾鮑と違い、旨みが水に逃げることはありません。 ナマコの酢の物(お茶でやわらかく) 塩もみ洗いをすることで、ぬめりと臭みを取り除けます。 さらにほうじ茶効果で なければ、番茶、緑茶でも可 柔らかくなり食べやすくなります。 硬いのが好きな方はお茶の中で振るう作業を省いてください。 ナマコの栄養成分表 出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。 表の見方や注意事項は、のページを参照してください。 ナマコ(生)の食品成分 部分をクリックすると開閉します。 2g たんぱく質 4. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 3. 5g 脂質 0. 3g トリアシルグリセロール当量 0. 1g 飽和脂肪酸 0. 04g 一価不飽和脂肪酸 0. 04g 多価不飽和脂肪酸 0. 05g コレステロール 1mg 炭水化物 0. 5g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 2. 4g ナトリウム 680mg カリウム 54mg カルシウム 72mg マグネシウム 160mg リン 25mg 鉄 0. 1mg 亜鉛 0. 2mg 銅 0. 04mg マンガン 0. 05mg ビタミンB2 0. 02mg ナイアシン ビタミンB3 0. 1mg ビタミンB6 0. 04mg ビタミンB12 2. 71mg ビオチン ビタミンB7 2. 2g たんぱく質 4. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 3. 76 窒素換算係数2 6. 2g 脂質 0. 3g トリアシルグリセロール当量 0. 1g 脂肪酸総量 0. 13g 飽和脂肪酸 0. 04g 一価不飽和脂肪酸 0. 04g 多価不飽和脂肪酸 0. 05g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 03g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 1 13:0 トリデカン酸 — 14:0 ミリスチン酸 3. 7 15:0 ペンタデカン酸 0. 5 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 12. 8 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 3 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 7. 9 20:0 アラキジン酸 1. 5 22:0 ベヘン酸 1. 0 24:0 リグノセリン酸 0. 2 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0. 5 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 15. 8 17:1 ヘプタデセン酸 0. 2 18:1 <計> 9. 6 18:1 n-9 オレイン酸 — 18:1 n-7 シス-バクセン酸 — 20:1 イコセン酸 5. 3 22:1 ドコセン酸 1. 1 24:1 テトラコセン酸 1. 6 16:2 ヘキサデカジエン酸 0. 9 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0. 4 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0. 2 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 1. 4 18:4 n-3 オクタデカテトラエン酸 0. 6 20:2 n-6 イコサジエン酸 0. 9 20:3 n-6 イコサトリエン酸 0. 3 20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0. 2 20:4 n-6 アラキドン酸 11. 2 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 12. 4 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0. 5 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 7 22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 0. 9 22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 4. 2g たんぱく質 11. 4g アミノ酸組成によるたんぱく質 — 脂質 1. 8g トリアシルグリセロール当量 0. 7g 飽和脂肪酸 0. 10g 一価不飽和脂肪酸 0. 19g 多価不飽和脂肪酸 0. 35g コレステロール 3mg 炭水化物 0. 5g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 6. 1g ナトリウム 1800mg カリウム 330mg カルシウム 41mg マグネシウム 95mg リン 170mg 鉄 4. 0mg 亜鉛 1. 4mg 銅 0. 10mg マンガン 0. 20mg ビタミンB2 0. 50mg ナイアシン ビタミンB3 4. 6mg ビタミンB6 0. 13mg ビタミンB12 11. 2g 脂質 1. 8g トリアシルグリセロール当量 0. 7g 脂肪酸総量 0. 65g 飽和脂肪酸 0. 10g 一価不飽和脂肪酸 0. 19g 多価不飽和脂肪酸 0. 35g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 23g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 2 15:0 ペンタデカン酸 0. 1 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 3. 1 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 0. 7 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 6. 6 20:0 アラキジン酸 2. 1 22:0 ベヘン酸 1. 7 24:0 リグノセリン酸 0. 5 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 1. 3 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 5. 7 17:1 ヘプタデセン酸 0. 2 18:1 <計> 9. 0 18:1 n-9 オレイン酸 — 18:1 n-7 シス-バクセン酸 — 20:1 イコセン酸 6. 7 22:1 ドコセン酸 1. 9 24:1 テトラコセン酸 4. 9 16:2 ヘキサデカジエン酸 0. 6 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0. 4 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 3. 1 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 0. 3 18:4 n-3 オクタデカテトラエン酸 0. 6 20:2 n-6 イコサジエン酸 1. 8 20:3 n-6 イコサトリエン酸 0. 3 20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0. 4 20:4 n-6 アラキドン酸 10. 7 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 25. 1 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 1. 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 1. 1 22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 1. 4 22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 6.

次の