くねくね が に が に 体操。 【反響要約】NHK ガッテン!▽神経びんびん体操(くねくね体操・がにがに体操)で若返り!【2017年8月30日(水曜日)「カラダ若返りSP1週間で体が復活」】

ガニガニ体操の効果とやり方!小学校でも導入?くねくね体操もチェック!

くねくね が に が に 体操

運動神経は常に通電させる 体じゅうのすべての筋肉は、運動神経のおかげで動くことができる。 体を動かすとき、まず脳が電気信号を発する。 すると、秒速100mの速さで神経が信号を筋肉に伝える。 神経が脳からの司令をすばやく伝えることで、はじめて筋肉は正確に動くことができる。 たとえるなら脳は発電所、運動神経はその電気を筋肉まで通電させることが仕事。 すべての運動は、神経がどれだけきちっと通電するかで決まる。 まったく力を入れずに頭の中で筋肉トレーニングを想像すると、実際には筋肉が使えなくても筋力の低下が抑えられるという。 ギプスなどで固定されると筋力が落ちるのは当たり前だが、神経によって止めることができる。 神経にとってなによりも大切なことは、普段から通電しておくこと。 逆に通電していないと、体はどんどん動かなくなる。 運動神経を刺激すれば動ける体が手に入る 生きている運動神経の数は、加齢とともに減る。 運動神経が減ることは、その先の筋肉が減ることの大きな原因になる。 運動神経をしっかり刺激していると、減少を防ぐことができる。 スポンサーリンク 胴体を刺激する「くの字体操」 神経の脳からの電動がよくなるくねくね体操は、日ごろ刺激していない体幹の運動神経を目覚めさせる。 ひとつめは「くの字体操」 イメージ的には、ひらがなの「く」を書くように行う。 そのやり方は (1)まっすぐにたった状態から、腰だけ横に動かして体を「く」のようにする (2)いったん頭を上げるようにして、反対に腰を動かす 胴体を曲げるよりも、横に横に動かす。 ポイントは、頭を固定して腰を左右に動かすこと。 鏡を見ながらやると、わかりやすい。 胴体を刺激する「Sの字体操」 肩を腰を、肩から先に平行移動させる。 (1)肩からはいって真横に動き、腰が後から追いかける 波打つように、肩でポンを押すように動いて、後から腰が追いかける。 がにがに体操 更に神経を刺激する「がにがに体操」によって、胴体だけでなく肩や腰も神経をつないでみる。 (1)両手を開いて軽く跳ね、左右のひざを交互に上げる 上げたひざが、ひじに当たるように行う。 それぞれ、1日10回程度ずつ行う。

次の

効果絶大!NHK「みんなで筋肉体操」実践、変化した男の話

くねくね が に が に 体操

最近、身体のキレがなくなったと感じていませんか? 年のせいかしら、とあきらめる必要はありません。 キレを取り戻せると、いま話題の「くねくね体操」をご紹介します! 「くねくね」の動きが驚きの効果を生む! 若いころのようには身体が動かない。 子どもの運動会で走ったら転んでしまった。 そんなお悩み、ありませんか? 最先端の科学とユニークな実験で、日常の疑問を徹底的に調査するNHKの人気番組『ガッテン!』では、身体にキレを取り戻すことができると話題の「くねくね体操」をご紹介しました。 理由は、この体操をすると得られる驚きの効果。 わずか1週間で「身体の動きがよくなる」というのです。 実際、くねくね体操を取り入れた全国各地の小学校でも、番組の実験でも、その効果が現れています。 体操後(右)は運動神経の活性度が高まった。 これは「あの子は運動神経がいい」などと言うときの運動神経(運動センス)ではありません。 脳と筋肉をつないでいる実際の神経をさします。 運動神経は、脳からの命令を筋肉に伝えている大事なもので、これがきちんと働かないと私たちの身体は正確に動きません。 ところが、 運動神経は使わないと、眠ったような状態になり、身体がどんどん動かなくなってしまいます。 ふだんの私たちの生活は、歯磨きや散歩、料理など、だいたい決まった動きになりがち。 そこで「くねくね体操」の出番です。 この体操は、身体の動きにおいてとても重要なのに、 ふだんあまり使っていない「体幹」の運動神経を刺激します。 その結果、眠っている運動神経が目覚めて、脳からの命令が正確に筋肉に伝わりやすくなるのです。

次の

NHK林田理沙アナ、くねくね&がにがに体操を生披露

くねくね が に が に 体操

くねくね体操は、ハードな筋トレではなく、 神経を上手に刺激するエクササイズで 体のキレを取り戻せるそうです。 その方法が3つの体操です。 くの字体操 1つ目は、くねくね体操1(くの字体操) やり方は、足を肩幅に開き、頭を固定して、 腰を左右にくねくねと振るように動かします。 Sの字体操 2つ目は、くねくね体操2(Sの字体操) やり方は、足を肩幅に開き、 体で「S」の字を作るように、 肩と腰を左右に平行移動させます。 肩を先に動かし、 腰が後から追いかけるイメージです。 がにがに体操 3つ目は、がにがに体操 やり方は、肘を直角に両手を上げ、 小刻みにジャンプしながら、 ひざとひじをつけます。 普段運動をしていない人にとっては、 体へ負担がかかるので、 特に「がにがに体操」は、 くの字体操とSの字体操で 満足できない時に 行うと良さそうです。 くねくね体操などについては、 コチラでも記事にしています。 ネットでくねくね体操の成果を 調べてみました。 くねくね体操7日目 1週間続いた! がにがにが向上した。 — Rocky GirlsRocky くねくね体操、思いたった時にやっています。 股関節が痛い時は、立ち上がる時にどこかにつかまって「どっこいしょ」でしたが、今は 楽になりました。 いいかも。 くねくね体操なのにくねくねしてない。 ふらふらしている。 ただ、やりすぎは良くないようです。 毎日でなくても、思いついた時に 実行することで、 良い効果が出てくるようです。 今日出来なかったから、もうおしまい。 ではなく、出来そうな時に思い出して やってみるのが大切ですね。 番組のホームページはコチラです。 こちらのムック本で、 くねくね体操が取り上げられています。

次の