花 言葉 再会。 秋の花の花言葉一覧。感謝を込めて大切な人へ。

【本当に不吉な花なの?】ヒガンバナ(彼岸花)の花言葉、特徴や種類は?水戸市植物公園園長に聞いてみた!

花 言葉 再会

スイートピー スイートピーは、イタリア・シチリア島が原産の花です。 春の花をプレゼントするときには、色彩の美しさやボリューム感で大活躍する花です。 花言葉は、「繊細」「優美」「ほのかな喜び」「永遠の喜び」「門出」「優しい思い出」。 ふわふわした優しい花の雰囲気がそのまま花言葉にも感じられますね。 これから新しく旅立つ人へ、新たな場へ行く人へ、「門出」「優しい思い出」という花言葉を添えて、スイートピーの花束を贈りましょう。 大きい花束も素敵ですが、小さくラッピングしてもらっても可愛いですよ。 バラ バラの花言葉は、なんと色によって違うそうです。 バラはどの季節にもたいてい花屋さんに売られていますし、花束のメインになる主役です。 バラだけの花束は豪華ですし、他の花と組み合わせても相性抜群。 贈る相手のイメージで選んでみて下さいね。 赤 「愛情」「情熱」 ピンク 「上品」「温かい心」 白 「尊敬」「私はあなたにふさわしい」 紫 「誇り」「気品」 黄 「嫉妬」「不貞」 青 「神の祝福」「夢 かなう」 ミモザ ミモザは黄色い小さな花が沢山集まって咲き、春の訪れを知らせてくれる花です。 ギンヨウアカシアとも呼ばれます。 イタリアでは、3月8日を「女性の日」と言って、お世話になった女性にミモザの花を贈る習慣があるんだそうです。 花言葉は「優雅」「友情」「秘密の愛」。 大切な友人や仲間へ、いつまでも変わらない友情や愛情を込めて、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。 黄色い花は希望を感じさせてくれます。 きっと明るい気持ちになってくれると思いますよ。 ラナンキュラス ラナンキュラスは、薄い花びらが幾重にも重なり、一つの花も大きく、とても魅力的な花です。 色は、赤、黄色、白、オレンジと華やかなものが多く、この時期花屋さんでもよく見かけます。 花言葉は「あなたは魅力的」「名誉」「名声」「晴れやかな魅力」。 華やかなイメージの方にはぴったりの贈り物になりそうですね。 これからの活躍や健闘を祈って、ラナンキュラスの花を贈りたいものです。 チューリップ チューリップは春の代表的な花です。 スマートなフォルムや花色が個性を持っています。 チューリップの花言葉も、色によって違います。 赤 「愛の告白」 ピンク 「愛の芽生え」 紫 「不滅の愛」 黄 「実らぬ恋」 白 「失われた愛」「失恋」 まだら 「疑惑の愛」 愛する相手に想いを伝えるならば、赤やピンク、紫がいいですね。 相手によっては色を間違えないように気を付けたほうがよさそうです。 1輪だけ渡しても素敵です。 スズラン スズランも昔から愛されている花です。 小さな鈴がたくさんぶら下がっているような姿は、とても愛らしいですね。 実は有毒なので、触った後は手を洗った方がいいそうですが、切り花としてお部屋に飾りたい花です。 スズランの花言葉は、「幸福が訪れる」「幸福の再来」「純粋」「意識しない美しさ」。 真っ白い花の清楚なイメージそのままです。 フランスでは、5月1日は「スズランの日」で、愛する人や親しい人にスズランを贈る習慣があるんだそうです。 女性が男性に贈ると、告白の意味もあるとか。 自分の素直な気持ちを花に託して、プレゼントしたいですね。 アネモネ アネモネは大輪で、色も華やか。 ラナンキュラスと同じキンポウゲ科ですが、花びらが一重のものが多く、表情がはっきりしています。 赤、紫、濃いピンク、白と、鮮やかな色合いで目を惹きます。 花言葉は色々ありますが、贈り物にぴったりなのは「待望」「期待」「可能性」。 春は期待や可能性を秘めた季節。 これから新たな舞台へと羽ばたく人に、是非贈りたい花ですね。 いかがでしたか。 春の花は花言葉も贈り物にぴったりなものが多いですね。 これからお花が活躍する季節。 ちょっとひと手間かけて、花束だけでなく、カードに花言葉を添えると素敵です。 相手を思う気持ちがきっと伝わりやすくなりますよ。 まとめ 出会いと別れの季節にオススメ!贈る花と花言葉一覧 ・新たな門出にスイートピー ・バラは色によって花言葉がいろいろ ・友情をこめてミモザを ・華やかな人にラナンキュラス ・チューリップは色を考えて ・スズランに素直な気持ちをこめて ・期待と可能性をこめてアネモネを.

次の

花言葉の中で別れ、門出、再会、出発を表した言葉

花 言葉 再会

ライラックの花言葉について ライラックの花言葉は、全部で6種類あります。 【1】ライラックの花言葉 友情 【2】ライラックの花言葉 謙虚 【3】紫色のライラックの花言葉 初恋 【4】紫色のライラックの花言葉 恋の芽生え 【5】白色のライラックの花言葉 無邪気 【6】白色のライラックの花言葉 若さ 花の色が関係ないライラックの花言葉 By 花の色に関係なく、 ライラック全体に共通している花言葉は、「友情」と「謙虚」という花言葉です。 「友情」という花言葉は、主に同性の友人に日頃の感謝を込めて贈りたい花言葉。 贈る花言葉の中でも良い部類の花言葉だと言えます。 「謙虚」という花言葉は、偉そうにしていない人に贈る言葉で褒め言葉に当たります。 素直に学ぶ気持ちがある人に贈ってあげましょう。 紫色のライラックの花言葉 By 紫色のライラックの花言葉は、「初恋」と「恋の芽生え」です。 「初恋」や「恋の芽生え」といった花言葉は、好きになり始めた段階を指す花言葉なので、そのようなタイミングで好きな相手に贈ると良い花言葉です。 告白の時に、紫色のライラックの花言葉を贈ると良いと思います。 ライラック 白色 の花言葉 By 白色のライラックの花言葉は、「無邪気」と「若さ」です。 「無邪気」や「若さ」といった花言葉は、白色という他の色に染まっていない 汚れていない 花の色に因んだ花言葉です。 無邪気である事や若さという事は褒め言葉だと言えるので、年下の人に贈る花言葉としては悪くないと言えるでしょう。 ライラック以外の花言葉を調べたい場合 ライラックの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからライラックの花言葉以外の花言葉を調べることができます。 花を指定して花言葉を探したい場合… へ• 花言葉を指定して花を選びたい場合… へ ライラックという植物について ライラックという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。 ハシドイ属という生物分類に属しているライラック ライラックとは、モクセイ科の植物でヨーロッパでは街路樹としてよく植えられている花。 大きさは1. 5m~6m程度の植物です。 日本には明治時代中期に伝わりました。 涼しい場所を好む花なので、日本では北海道など涼しい気候の地域で見かけます。 園芸店においては、イボタノキを台木にしてライラックの苗木が売られていることが多いのでが特徴です。 葉を見れば、どの部分で接ぎ木されているか分かります。 また、ライラックは香りが良いことで知られています。 どんな香りかと言うと、少し表現しにくいような懐かしい感じがする香りで、 の花の香りに少し似ていると思います。 香りの効能としては、リラックス効果があります。 ライラックの香りを楽しむなら生花。 もちろん、ライラックの香りは精油や香水などでも楽しめますが、それ程メジャーな香りではないので、ライラックの花束の香りを嗅いでみてください。 誕生日の花としてのライラック ライラックは、以下の月日の誕生日の花です。 そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてライラックの花をプレゼントすることは良いことです。 しかし、ライラック以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のライラック以外の誕生花を調べてください。 白色のライラック限定• 紫色のライラック限定• 白色のライラック限定 ライラックの英語と名前の由来 ライラックの英語とその英語の由来、またライラックの和名とその和名の由来をご紹介致します。 ライラックは英語で Lilac。 その言葉の由来とは? ライラックの花の色は、青色や紫色です。 そのため、ペルシャ語で青色を意味する「lilak」が由来となり、「Lilac」という英名になりました。 ライラックの和名は、 紫丁香花 むらさきはしどい。 その言葉の由来とは? 紫丁香花の名前の由来は、丁香花 ハシドイ という白色の花を咲かせる種があるのですが、その花の色を紫色にした状態に近いため、紫丁香花という名前が付きました。 ちなみに、丁香花とは、木曽方言で「花が端の方に集う」という意味です。 ライラックのことをフランス語でLilas リラ と言いますが、このフランス語の読み方がリラという別名になりました。 プレゼント用なら姫ライラック ヒメライラック ライラックの花をプレゼントするなら、花束にして贈るのが一般的です。 庭に植える用途として苗をプレゼントする場合でも、最終的に丈が1. 5m~6m程度になってしまうため、プレゼントしにくいという欠点があります。 そんな時にオススメの品種が、姫ライラック。 ライラックを小さくしたような品種で可愛らしいのが特徴です。 ポットに入った苗を贈りたいなら、姫ライラックを贈ると良いでしょう。 花びらが5枚のライラックは幸せの証!ラッキーライラック! By ライラックの花びらは通常4枚です。 しかし、 のように珍しいライラック 花びらが5枚のラッキーライラック が存在します。 ラッキーライラックは、見つけると幸運と言われていますので、機会があれば探してみるといいでしょう。 ライラックの花の色や形や開花時期 季節 ライラックは春の季節に咲く花。 開花時期は4月~5月です。 花の色は、紫色や青色や白色など。 枝の先っぽの方に穂状にたくさんの花を咲かせます。 カテゴリー• 467• 212• 142• 1,007• 379• 366• 615•

次の

秋の花の花言葉一覧。感謝を込めて大切な人へ。

花 言葉 再会

スイートピー スイートピーは、イタリア・シチリア島が原産の花です。 春の花をプレゼントするときには、色彩の美しさやボリューム感で大活躍する花です。 花言葉は、「繊細」「優美」「ほのかな喜び」「永遠の喜び」「門出」「優しい思い出」。 ふわふわした優しい花の雰囲気がそのまま花言葉にも感じられますね。 これから新しく旅立つ人へ、新たな場へ行く人へ、「門出」「優しい思い出」という花言葉を添えて、スイートピーの花束を贈りましょう。 大きい花束も素敵ですが、小さくラッピングしてもらっても可愛いですよ。 バラ バラの花言葉は、なんと色によって違うそうです。 バラはどの季節にもたいてい花屋さんに売られていますし、花束のメインになる主役です。 バラだけの花束は豪華ですし、他の花と組み合わせても相性抜群。 贈る相手のイメージで選んでみて下さいね。 赤 「愛情」「情熱」 ピンク 「上品」「温かい心」 白 「尊敬」「私はあなたにふさわしい」 紫 「誇り」「気品」 黄 「嫉妬」「不貞」 青 「神の祝福」「夢 かなう」 ミモザ ミモザは黄色い小さな花が沢山集まって咲き、春の訪れを知らせてくれる花です。 ギンヨウアカシアとも呼ばれます。 イタリアでは、3月8日を「女性の日」と言って、お世話になった女性にミモザの花を贈る習慣があるんだそうです。 花言葉は「優雅」「友情」「秘密の愛」。 大切な友人や仲間へ、いつまでも変わらない友情や愛情を込めて、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。 黄色い花は希望を感じさせてくれます。 きっと明るい気持ちになってくれると思いますよ。 ラナンキュラス ラナンキュラスは、薄い花びらが幾重にも重なり、一つの花も大きく、とても魅力的な花です。 色は、赤、黄色、白、オレンジと華やかなものが多く、この時期花屋さんでもよく見かけます。 花言葉は「あなたは魅力的」「名誉」「名声」「晴れやかな魅力」。 華やかなイメージの方にはぴったりの贈り物になりそうですね。 これからの活躍や健闘を祈って、ラナンキュラスの花を贈りたいものです。 チューリップ チューリップは春の代表的な花です。 スマートなフォルムや花色が個性を持っています。 チューリップの花言葉も、色によって違います。 赤 「愛の告白」 ピンク 「愛の芽生え」 紫 「不滅の愛」 黄 「実らぬ恋」 白 「失われた愛」「失恋」 まだら 「疑惑の愛」 愛する相手に想いを伝えるならば、赤やピンク、紫がいいですね。 相手によっては色を間違えないように気を付けたほうがよさそうです。 1輪だけ渡しても素敵です。 スズラン スズランも昔から愛されている花です。 小さな鈴がたくさんぶら下がっているような姿は、とても愛らしいですね。 実は有毒なので、触った後は手を洗った方がいいそうですが、切り花としてお部屋に飾りたい花です。 スズランの花言葉は、「幸福が訪れる」「幸福の再来」「純粋」「意識しない美しさ」。 真っ白い花の清楚なイメージそのままです。 フランスでは、5月1日は「スズランの日」で、愛する人や親しい人にスズランを贈る習慣があるんだそうです。 女性が男性に贈ると、告白の意味もあるとか。 自分の素直な気持ちを花に託して、プレゼントしたいですね。 アネモネ アネモネは大輪で、色も華やか。 ラナンキュラスと同じキンポウゲ科ですが、花びらが一重のものが多く、表情がはっきりしています。 赤、紫、濃いピンク、白と、鮮やかな色合いで目を惹きます。 花言葉は色々ありますが、贈り物にぴったりなのは「待望」「期待」「可能性」。 春は期待や可能性を秘めた季節。 これから新たな舞台へと羽ばたく人に、是非贈りたい花ですね。 いかがでしたか。 春の花は花言葉も贈り物にぴったりなものが多いですね。 これからお花が活躍する季節。 ちょっとひと手間かけて、花束だけでなく、カードに花言葉を添えると素敵です。 相手を思う気持ちがきっと伝わりやすくなりますよ。 まとめ 出会いと別れの季節にオススメ!贈る花と花言葉一覧 ・新たな門出にスイートピー ・バラは色によって花言葉がいろいろ ・友情をこめてミモザを ・華やかな人にラナンキュラス ・チューリップは色を考えて ・スズランに素直な気持ちをこめて ・期待と可能性をこめてアネモネを.

次の