どんな とき も wifi 乗り換え。 違約金を負担してもらえるいつでも解約サポートとは?制度があるポケットWiFi・WiMAXの種類や乗り換え先や乗換方法

Broad WiMAXから「どんなときもWiFi」へ乗り換えたら解約手数料がタダ!

どんな とき も wifi 乗り換え

ところが、届いた直後から 通信障害が発生し、繋がりにくい状況が続いていました。 その件はいったん収束して、 当月の通信料金は免除する対応が取られたのでいったんは落着したかに思えました。 その後、 別の症状で通信障害が発生し始めて、復旧の目処が立たず 通信障害が長期化しそうだったので、別の業者である「 Broad WiMax」に 乗り換えたので紹介します。 ちなみに、Broad WiMaxが使えるようになるまでは、 スマートフォンのテザリングを使ってしのいでいますが、 通信容量が少ないのでYouTubeやプライムビデオなどの 動画系は見ないようにしています。 このことは業者に メールで理由も含めて連絡していました。 以前に、広島で世話になった弁護士が言っていました。 「トラブルを起こさないことが、最善策です」 相手が弁護士事務所なので、 素人はかなわないし、 金額が少ないので、この件をこちらも弁護士を立てて争うのは「 最善策ではない」と考え、 泣き寝入りの形で7,070円を振り込みました。 消費者センターに相談することもできますが、 相手が弁護士事務所なので 歯が立たないと思います。 こういう時に、 フリーランスの年金生活者の無力さを感じます。 結果的に、「 どんなときもWiFi」の 通信障害に対する補償は行われませんでした。 おそらく、 4月分以降の料金で相殺するのだと思いますが、私の場合は、 3月末で解約して Broad WiMAXに乗り換えているので、 補償されないということのようですが・・・ Broad WiMax 公式サイトは以下です。 一般的には クレジットカードでしか 無料の乗り換えはできませんが、今回は 口座振替で「どんなときもWiFi」から 電話一本で無料の乗り換えができました。 ただし、どんなときもWiFiの 端末を返却しなければならないのと、再度 口座振替の登録をオンラインで行う必要がありました。 この2点については、電話の後ですぐにそれぞれの 手続きに関する案内メールが届いたので、その内容に従って作業しました。 トラブルが無いに越したことはありませんが、今回は 口座振替でも 最小限の時間と労力と費用で乗り換えができたので良かったです。 口座振替の場合の対応 一般的にはクレジットカードでないと、 初期費用無料キャンペーンや 違約金補償といった 特典は受けられませんが、私の場合は以下の方法で、 口座振替でも クレジットカードと同等の特典が受けられました。 画面で 口座振替を選びます。 「 オペレーターに電話で相談する」をクリック。 連絡先情報を入力して送信すると、 Broad WiMaxの担当者から 電話があり、現状の契約内容の確認と、 乗り換え内容の案内がありました。 乗り換え条件について一つづつ 確認しながら納得したので、その 電話で乗り換えを決めて手続きを 完了しました。 料金支払い 口座振替の場合は、端末が 代金引換の宅急便で送られてくるので、 事務手数料3,000円と 代引き手数料プラス消費税の合計で 3,630円を運送業者に支払って 端末を受け取ります。 以後の支払いは 口座振替となります。 まとめ J:COMの解約で 5万円以上の出費があったので、今回も当初は またか!と感じましたが、 最小限の費用で乗り換えられたのでホッとしています。 通信業界は 乗り換え時に不安を感じます。 フリーランスなので できるだけクレジットカードは使わないようにしていますが、 日本の業者の場合は VISAデビットカードが使えないケースが多く、 口座振替を使うことになります。 楽天銀行のVISAデビットカードなので、日本の業者でも 例外的に 楽天モバイルなどでは VISAデビットカードが使えます。 OCNモバイルでは「デビットは使えない」としながらも、 VISAデビットカードだけはクレジットカードとみなされた例などもあるようですが・・・ ではでは、きらやん.

次の

【7月1日】どんなときもWiFiキャンペーン5000円キャッシュバック月額3280円

どんな とき も wifi 乗り換え

月額の割引額と端末代を足すといくらやと思う? 月の割引の総額21,600円+端末代22,780円 合わせて44,380円お得! つまり、どんなときWiFiで申込んだだけで キャッシュバックを44,380円もらうのと同じだけ割引されてるということや。 他社のWiFiルーターと比べてもめちゃくちゃお得! 毎月3,480円がどれくらいお得なのか、他社のWiFiルーター(ポケットWiFi)の月額料金と比較してみたで。 月の通信量 月額料金 ドコモ 5ギガ 6,900円 ソフトバンク 7ギガ 3,696円 au 無制限 4,380円 WiMAX 無制限 4,380円 ワイモバイル 無制限 4,380円 グローカルネット 無制限 4,380円 どんなときもWifi 無制限 3,480円 この中で唯一、WiMAXが販売代理店からキャンペーン価格で申込むことができるから、実質価格は約3,500円ぐらいになるわ。 どんなときもWifiやったら、口座振替で支払うことができるで! クレジットカードなしでも大丈夫や。 ただし、クレジットカードと、口座振替では 料金設定が違うから注意してや。 口座振替での支払いは、料金が高くつくから、クレジットカードの方がお得なのは間違いないわ。 どんなときもWifiの、口座振替で支払う場合の料金設定を説明するで。 \口座振替もOK!どんなときもWifiのキャンペーン/ まずは、クレジットカードと口座振替の月額料金を比較してみるで。 クレジットカード 口座振替 初月(サービス開始月) 3,480円の日割り 3,980円の日割り 1〜24カ月 3,480円 3,980円 25カ月〜 3,980円 4,410円 クレジットカードでの支払いに比べて、口座振替での支払いやと、 24カ月目までは500円高くて、25カ月以降は430円高いことになるんや。 でもこれだけじゃないねん。 口座振替やと、 手数料も毎月200円かかるんや。 つまり、24カ月目までが 4,180円、25カ月以降が4,610円になるわけや。 (どんなときもWifiは2年契約やから、25カ月目が更新月やで。 ) 同じサービスやのに、なんで支払い方によって料金設定がこんなにも違うのか気になるやろ? 一言でいうと、 信用や。 最近は誰もが比較的カンタンにつくることができるクレジットカードやけど、カードを持ってるということは社会的に信用があるということやねん。 特に今は無職でも主婦でも、カンタンにクレジットカードをつくることができる時代やから、逆に言えば、口座振替で支払いたいという人は、残念ながら信用がないわけや。 クレジットカードやったら、銀行口座にお金が入ってようがなかろうが、料金をとりっぱぐれることはないやろ? 最悪の場合、料金を払わへんまま逃走したとしても、違約金とかも含めてクレジットカードで支払ってもらうことができるわけや。 でも、これが口座振替やったらそうはいかへん。 逃げられたらそれでお終いや。 催促するのにも人手が必要から、そこまでかまってられへんしな。 店側もそれだけリスクを背負ってるわけですね。 料金以外にも違いが リスクを分散するために、料金以外にも違いがあるで。 契約するときには、身分証明書として、 本人確認書類を提出せなアカン。 免許証とか、健康保険証とかパスポートとかや。 それで申し込みが終わったら、契約事務手数料・決済手数料・付属品の合計金額を 代金引き換えで支払う必要があるねん。 これで一応は、身分と住所と支払い意志が確認されたわけやな。 途中でクレカ払いに変更しても・・ 今はクレジットカードがないけど、つくってから支払方法を変更しようというんやったら、先にクレジットカードを申込んどいた方がええで。 なぜなら、口座振替からクレジットカードに変更しても、 プランの変更はできひんからや。 クレジットカード払いに変更したら、手数料の200円は払わんでもよくなるけど、月額料金自体は変わらへんねん。 だから、できるんやったら、どんなときもWifiを申込む前に、クレジットカードをつくっといた方が絶対にええんや。 家族名義のクレカは使える? 自分はクレジットカードがないから、両親とかパートナーのクレジットカードで支払おうと思ってる人もいるかも知れへんけど、それはできひんで。 申込み名義と、クレジットカードの名義は同じじゃないとアカンねん。 だから基本的には家族名義のクレカを使うことはできひんのや。 もし使うんやったら、クレジットカードの持ち主に申込んでもらわなあかんということや。 クレカと契約者の名義は同じ これは絶対に抑えとくんやで。 デビットカードは使える? クレジットカードと口座振替の、ちょうど中間的な役割をしてくれるのがデビットカードやねん。 銀行口座にお金が入ってたら、カード払いできるんや。 クレジットカードよりも簡単に作ることができるから、デビットカードが使えたら便利なわけや。 でも残念ながら、どんなときもWifiの支払いには、デビットカードは使われへん。 どんなときもWifiの口座振替まとめ できるだけ、クレジットカードで申込むことをおすすめするけど、どうしても無理な場合は口座振替で申込むことができるわ。 ただし、料金はクレジットカードよりも月に500円高くなって、毎月200円の手数料が必要やから、忘れたらアカンで。 とはいっても、3,980円という月額料金は、通常価格やから、実際は高いというよりは、クレジットカード払いやと500円安くなるというのが正解かも知れへんわ。 でも、1年間は メーカー保証があるんとちがうの? そうやねん。 どんなときもWifiの端末は 「D1」というんやけど、1年間はメーカー保証があるから、ある程度の故障は保証してくれるわけや。 でも、メーカー保証の対象になるのは、 ほとんど自然故障だけといってもええわ。 何もしてへんけど、自然に故障した場合だけが対象やねん。 つまり、メーカー保証だけじゃ、落としたりぶつけたりして、事故的に故障した場合は、修理してもらうこともできひんねん。 全損と水没でも、新品ではないけど、それに近いランクの端末と交換してくれるんや。 最大18,000円 月に400円払ったとしても、契約期間の2年間で総額9,600円やから、料金的にはそこまで高いというわけでもないと思うわ。 2年間で9,600円 ただし、1年間はメーカー保証があるから、自然故障に関しては、あんしん補償がなくてもサポートしてもらうことができるのを忘れたらアカンで。 そして、あんしん補償は、すべての故障に対応してるわけでもない。 勝手に分解したりすると、改造した扱いになるから、対象外になるし、劣化によることも対象外やから、バッテリーが弱くなったりしても補償してくれへんねん。 でも、どんなときもWifiで使う回線はFDD-LTEといって、ドコモとかau、ソフトバンクのLTEと同じ種類のLTE回線を使うからか、つながりやすくて十分な速度が出るという評判になってるんや。 wimaxよりスピード出てる気がする。 — SexyBoy(HBK) SexyBoyVer2 満足してる人が多いのは、口コミを見てるとわかるわ。 実測が10Mbpsぐらい出てたら、困ることもないし、LTEは安定しやすいというメリットもあるんやで。 上り最大速度:50Mbps あんまり注目されてないけど、どんなときもWifiは上り速度、つまりアップロードの速度が速いねん。 最大連続通信時間:12時間 外出中に使うことが多い人に重要なんがバッテリー持ちや。 最大連続通信時間というのは、もしインターネットにつなぎっぱなしにしても、12時間ぐらいは持つやろうといことやな。 実際には、ずっとつなぎっぱなしにするケースはそんなにないと思うけど、これだけあったらまず困ることはないやろ。 最大同時接続台数:5台 インターネットにつなげるのはスマホだけという人もいるやろうけど、パソコンにゲーム、もしくは家族と一緒に使うという人は、同時にどれだけ接続できるかが気になると思うわ。 どんなときもWifiの同時接続台数は5台まで。 これはハッキリ言うと、 他のWiFiルーターに比べて少な目やわ。 どんなときもWifiのデメリットといえるかも知れへんな。 でも実際には、同時に何台も接続したら、それだけ一つの端末に対しての電波が弱くなるから、5台までというぐらいが調度ええんと違うかな。 ! 場所によって、自動で最適なSIMの情報をダウンロードしてくれるんやで。 ドコモ、ソフトバンク、auのLTE回線が使い放題 日本やと、 ドコモ、ソフトバンク、auのLTE回線から、その場所に最適な回線を振り分けてくれるんやで。 「ソフトバンクが通信障害を起こして使われへん!」 そんなときでも、ドコモかauの回線に自動で切り替えてくれるわけや。 しかも、使い放題やねんで。 よほど大量に使わへん限り通信制限はないねん。 そんなにすごくて、デメリットはないの? デメリットというわけではないけど、 速度がそこまで速くないということや。 遅いといってるわけではないで。 他のWiFiルーターは、最大下り速度の速さをアピールすることが多いんやけど、どんなときもWifiは、そこまで理論上の最大速度にはこだわってないんや。 どんだけ理論値の最大速度が速くても、そのエリアはごく一部だけというのがほとんどやから、あんまり意味がないねん。 どんなときもWifiの下り最大速度:150Mbps そこまで速くないけど、実測で使える速度が出てたら、これで十分やということや。 \どんなときもWifiのキャンペーン/ 海外でもそのまま持っていくだけ。 海外でWiFiを使うには• 日本でWiFiルーターを海外対応のものをレンタルする• 現地でその国のSIMカードが入ったWiFiルーターをレンタルする• 海外ローミングで現地の回線を使う 現地の回線サービスに接続するのが、いちばん簡単やねんけど、料金がごっつい高いから、それは避けたい人がほとんどやと思うわ。 日本か現地でWiFiルーター、またはSIMカードをレンタルする人が多いと思うんやけど、国によってサービスも変わってくるから、旅行の度に料金を比較したり、受け取ったり、操作方法を調べたりせなアカンわけや。 どんなときもWifiやったら、 普段使い慣れてる端末をそのまま持っていくだけでええんやで。 海外に行くからって、特別な設定とか手続きもいらん。 107か国で使えるから、よほどマイナーな国やない限り大丈夫なんや。 1日1GBまで使えるから、まず足りひんということはないやろう。 クラウドSIMやからやで。 クラウドSIMは、なにも日本だけで使えるシステムじゃないねん。 海外107か国分の、SIMの情報がクラウド上にあるんや。 移動するたびに、設定し直す必要もないんやで。 どこの国に行っても、クラウドサーバに位置情報を送って、最適なSIMの情報に書き換えてくれるねん。 海外での料金設定 料金は 1日単位やから便利やで。 海外旅行に行ってみると、ホテルもレストランも無料でWifiが使えるから、あんまり必要ない場合も多いねん。 でも初日とか、移動日とかはやっぱり持っておいた方が安心やから、使いたいときだけ使えたらええんやけど、レンタルやったらそんな訳には行かへんからな。 どんなときもWifiやったら、使った日の料金だけでええんや。 海外での利用に関しては、1日に使える量は1GBまで(超過後は速度制限)やけど、1日に1GBもあれば、まず困ることはないわ。 5台まで接続可能やから、友達と一緒に使うことだってできるんやで。 料金は国によって違ってくるで。 高いのか安いのかよくわからへんわ。 海外用のWiFiルーターのレンタルって、安いのもあるけど、そういうのは1日に使える通信量が少ないねん。 1日に1GBのプランで、有名な「イモトのWiFi」と比較してみたで。 国、地域 イモトのWiFi どんなときもWifi アメリカ カナダ、アラスカ等 1,880円 1,280円 ヨーロッパ イタリア、イギリス等 1,880円 1,280円 オセアニア オーストラリア等 1,880円 1,280円 東南アジア タイ、マレーシア等 1,580円 1,280円 1GBのプランしか選ばれへんけど、 良心的な料金やということはわかるやろ? しかもどんなときもWifiの料金には 「海外あんしん補償」も含まれてるんやで。 端末をなくしてしまったら、端末代として18,000円を弁償せなアカンわけやけど、海外利用料の中には盗難と紛失の補償が入ってるから、その心配はないわけや。 普通やったら、1日200〜500円ほどの「あんしんパックオプション」に入らなアカンところやで。 \どんなときもWifiのキャンペーン/ どんなときもWifiとクラウドSIMまとめ 家電量販店では売ってないの? 今のところは、、引き渡し専用の店舗が、渋谷と秋葉原の2カ所にあるだけなんや。 ネットで申込むのがいちばんやけど、店舗受取とWiFiストアも軽く説明しとくわ。 \ネットでも即日発送アリ!どんなときもWifiのキャンペーン/ WiFiストアでどんなときもWifiを申込むとお得? WiFiストアっていう、WiFiを選ぶサイトがあるねんけど、そこから申込んだら安いと思ってる人がいるねん。 でもWiFiストアはただの紹介サイトやから、WiFiストアから申込んだから何かもらえたり、安くなったりすることはないで。 WiFiストアで申込んでもお得ではない! ネットとか回線にあんまり詳しくない人が、条件によって自分にあった回線を選べるというサービスやねんけど、それは表向きの話や。 結局WiFiストアに関連したサービスに誘導されるというわけやから、お得でもなんでもないねん。 別に損をするわけでもないけど、選択肢は少なくなるわ。 でもどんなときもWifiを申込むと決めてるんやったら、どのみち から申込むことになるわけや。 どんなときもWifiの店舗とは 店舗と言っても、東京だけで、渋谷と秋葉原の2カ所だけやねん。 渋谷センター 〒 150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1階 どんなときもWiFi受取センター 秋葉原センター 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル1F どんなときもWiFi受取センター しかも受けとるだけやから、お店(ショップ)というわけではないんや。 ネットで申込むやろ。 その時に、 「店舗受取希望」にチェックを入れておくんや。 営業時間ないやったら、2時間ぐらいでメールが来るから、それからやったら店舗で受けとることが可能やというわけや。

次の

【7月1日】どんなときもWiFiキャンペーン5000円キャッシュバック月額3280円

どんな とき も wifi 乗り換え

サービス開始から1年間、データ通信容量無制限で使い放題のWiFiとして人気を集めたどんなときもWiFi。 それまではWiMAXを利用していたのですが、通信容量無制限に惹かれて契約し、半年ほど利用していました。 3月・4月と全く復旧せず、ユーザーによっては25GBまでの容量に制限されるという事態にまでなってしまいました。 さらに解約違約金については『免除された』『19,000円の解除料の請求がきた』とユーザーによってバラバラです。 そうなると、3日で10GBの制限はあるものの、制限を受けるのはその翌日の18:00 — 2:00までと限定的で、それ以外の時間帯は最大1. 完全な使い放題ではありませんが、 結局一番利用する時間帯では制限にかかりませんし、万が一制限にかかったとしても、1Mbpsの速度で通信ができるので、WiMAXの通信の安定感はどんなときもWiFiとは比べ物になりません。 今回は、元々使っていたWiMAXに出戻りする形になりましたが、昔も今も不満を持っていた訳ではないので、快適に使える通信環境に戻ることができました。 乗り換え先は、月額料金が最安値でもし いつでも解約サポートがあるBroad WiMAXにしました。 さらに他社からの乗り換え違約金を負担してくれるキャンペーンもあったので、乗り換え先としてこれほど安心な所はありませんでした。 どんなときもWiFiからは違約金免除の案内が来るという噂がありましたが、そもそも中々解約ができなかったので、いざ解約ができた時に違約金を支払えとなったらどうしよう…という不安がありました。 どんなときもWiFiから早く乗り換えしたいけど、解約手続きがうまくできないという方は、とりあえずBroad WiMAXで申し込みをしておけば安心です。 どんなときもWiFiからの乗り換えにWiMAXがおすすめな理由• 月額2,726円から使える• W06なら下り最大1. 2Gbpsの超高速通信• 他社解約違約金を19,000円まで負担してくれる• いつでも解約サポートがある どんなときもWiFiとWiMAXは、どちらもモバイルルーター を使ってインターネットができるという点では同じです。 たくさんのプロバイダがあるので、価格競争が起こっていてBroad WiMAXの様に月額料金が安いプロバイダがあります。 さらに、月額最安値・初期費用無料・端末代金無料など料金面でもお得なことに加えて、他社乗り換え違約金負担やいつでも解約サポートなどのキャンペーンも魅力です。 どんなときもWiFiからは、回線を強化してサービスを復旧するという案内が出ていますが、いつになるかは分かりません。 今後契約を続けることに不安を感じている方や、早く快適な通信環境を整えたいという方には、Broad WiMAXがおすすめです。 WiMAXに乗り換える上でデメリットはないの? どんなときもWiFiからWiMAXに乗り換える上でのデメリットは、WiMAXの3日に10GBの制限があるという点です。 どんなときもWiFiが使い放題の通信サービスだっただけに、どうしても通信容量に上限があるというのは気になるポイントです。 乗り換える前にここがどうしても気になっていましたが、いくらなんでもどんなときもWiFiの現状より悪くなることはないと思い乗り換えました。 3日で10GBと言っても、制限を受けるのは10GBを超えた翌日の18:00から2:00までの8時間で、2:00を過ぎるとすぐに高速通信に戻ります。 また、制限を受けている間であっても1Mbps程度の通信速度が確保されているので、ネットやSNSの利用には問題がないですし、Youtubeの標準画質なら余裕で再生が可能です。 どんなときもWiFiからWiMAXに戻ってきて、やはりこれくらい明確に通信制限を設けないと、使い放題のサービスの運営は難しいということが痛いほどわかりました。 月額3,480円でデータ通信使い放題というのはとても魅力的なサービスでしたが、やはり現実的ではなかったということですね。 WiMAXのプロバイダを比較してみる プロバイダ 端末 月額料金 キャンペーン おすすめ! 0円 2,726円〜 初期費用無料 0円 3,696円 30,000円 キャッシュバック 0円 3,380円 1年間月額割引 15,000円 3,980円 15,000円 キャッシュバック 15,000円 3,880円 3,000円 商品券 どんなときもWiFiからの乗り換えにおすすめなWiMAXには、様々なプロバイダがあります。 基本的にはCMでおなじみのUQ WiMAXの回線を使っていて、それぞれのプロバイダは回線を販売しているという形になります。 そのため、通信速度やエリアなど回線の品質に関してはどこで契約しても変わりません。 しかし、月額料金やキャッシュバックなどの料金面と、それぞれ独自のキャンペーン内容には大きな違いがあります。 ここまで解説したように、 はキャッシュバックなどがない代わりに、月額料金が最も安く、さらにいつでも解約サポートなどのキャンペーンが充実しています。 次におすすめなのは30,000円以上のキャッシュバックがもらえる ですが、こちらはキャッシュバックの受け取り手続きがやや複雑で、結局はもらえなかったり、そもそも手続きを忘れてしまうユーザーが多いので、あまりおすすめはできません。 どんなときもWiFiから、不安なく確実に乗り換えるためには、Broad WiMAXにしておきましょう。

次の