ゆうちょpay 仕組み。 ゆうちょPayの仕組みは、利便性よりリスクと危険性に目がいってしまう。

ゆうちょペイとは?仕組みやメリット・デメリットなど使い方をわかりやすく紹介

ゆうちょpay 仕組み

「いつから始まるの!?」と言われ続けて、ついに2019年の5月にスタートしました。 ・・のようにスマホでQRコードを表示させるだけでお店でお支払いできるんですよ。 ゆうちょペイで お買い物・お支払いした瞬間にゆうちょ口座から引き落としされるんですよ! 「ゆうちょ口座の残高以上には使えない」という意味でもあるので、そこは安心ポイントですね。 あとは「」も大きな特徴です。 ゆうちょペイアプリを使えば、なんと 駅の券売機からお金が下ろせるんですよ! については別ページでやり方・使える駅・手数料などをまとめて紹介しているので、ぜひ読んでみてください。 ゆうちょペイアプリでQRコードを表示させるだけ!お店での使い方 さぁ、実際にゆうちょペイを利用してみましょう。 以下の順番で使い方を紹介していきますね。 お店での使い方・支払いのやり方• ゆうちょペイが使えないときは? お店での使い方・支払いのやり方 まずは、お店での実際の使い方・支払いのやり方です。 ・・・と言っても、特に難しいことは何もありません。 は別ページで「ジャンル別・あいうえお順」にまとめているので、そちらでぜひチェックしてみてくださいね。 ゆうちょペイが使えない2つの原因• 対応店舗ではない• 残高が足りない まずは「対応店舗ではない」という可能性です。 でも、店舗によってはダメなところもあるんですよ。 例えば、東急ハンズは新宿店や池袋店はokだけれど東京店は使えません。 ゆうちょペイはゆうちょ銀行の口座だけが入金元なので、残高不足だと使えませんよ! ゆうちょPayを使ってわかったメリット・デメリット メリット・デメリットにも触れておきますね。 以下の順番で、個人的に感じる3つのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。 3つのメリット• 3つのデメリット 3つのメリット まずはメリットです。 実際にゆうちょペイを使ってみて、僕は以下の3つのメリットを感じましたよ。 ゆうちょペイの3つのデメリット• クレカは不可• ポイント制度なし• 使えるお店が少ない ゆうちょペイにはので、クレカ派の人にはちょっと不便でしょう。 が貯まるやが付くなどと違い、ゆうちょペイにはポイント制度がありません。 はあるのですが、ポイントを貯めたい派にはちょっと物足りないかも。 あとは、最大の弱点はまだ使えるお店が少ないことですね。 例えばだと、ローソン・ファミマは対応しておらず、・だけが対応し始めました。 他には有名どころだと・東急ハンズ・ウエルシア・ヤマダ電機というところですね。 ゆうちょペイさん・・・期待してまっせ! まとめ さいごに、今回の「ゆうちょペイの使い方」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の

銀行Payの仕組みとは?どこの銀行が参加しているのか?アプリもチェック|消費者のギモン

ゆうちょpay 仕組み

話題のPayPay(ペイペイ)とは? PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払うサービスです。 PayPayに対応しているお店で、現金ではなくスマホのPayPayアプリで支払いができます。 PayPayはモバイルSuicaなどのように、スマホ端末がおサイフケータイの機能に対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、だれでも手軽に利用することができるのが特徴です。 昨年からキャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、PayPayに興味がある方も多いのでは? でも「ダウンロードしてみたものの使用方法がよくわからないので使っていない」、「使ってみたいけどどこのお店で使えるのかわからない」といった方もいらっしゃると思います。 アプリのバージョンによって、記事内の画面と異なる場合があります。 PayPayのアカウント登録方法 まず、以下からアプリをダウンロードします。 ダウンロード後、アプリを開くとアカウント登録画面が表示されます。 ここで電話番号と任意のパスワードを入力し、「新規登録」をタップします。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合は画面下にある「Yahoo! JAPAN IDで新規登録」をタップして、Yahoo! JAPAN IDの入力画面へ進みます。 電話番号で登録した場合は、SMS認証画面が表示されます。 登録した電話番号にSMSで4桁の入力コードが送信されますので、その4桁の認証コードを入力すれば登録完了です。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合もYahoo! にログイン後、電話番号の入力を求められますので、電話番号を入力します。 その後は電話番号で登録した際と同じ手順でSMS認証を行えば登録完了です。 お金のチャージ方法は? PayPayではアカウント登録をすることで最初から500円がチャージされています。 そのため少額の買い物であればすぐに使うことができますが、足りなくなった場合は「PayPay残高」にチャージします。 PayPay残高へのチャージは、以下のどちらかから行います。 Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座• 本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo! JAPANカード• セブン銀行ATMで現金をチャージ PayPayから直接、銀行口座を登録することはできませんので、事前にYahoo! アカウントを取得し、「Yahoo! ウォレット」で銀行口座の登録をしておいてください。 Yahoo! JAPANカードを利用する方法 トップ画面の左上にある「三」をタップし、画面右上の「詳細を見る」を選択します。 プロフィール画面の一番下にある「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップすると、Yahoo! のログイン画面に遷移しますので、そこで設定を行えば連携完了です。 銀行口座からのチャージ方法 Yahoo! ウォレットに登録した銀行口座からPayPay残高にチャージする方法は、以下の通りです。 するとチャージ金額入金画面に遷移しますので、ここでチャージしたい金額を入力し、「チャージする」を選択すればチャージ完了です。 尚、クレジットカードからのチャージは先述した本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みの「Yahoo! JAPANカード」からのみ可能となっています。 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法は、以下のとおりです。 まず、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップし、開始用のQRコードを表示します。 近くのセブン銀行はアプリ内「近くのお店」から検索できます。 次に、PayPayホーム画面にある「チャージ」をタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。 QRコード読み取り画面になるので、ATMに表示されたQRコードを読み取りましょう。 PayPayアプリに表示される4桁の番号をATM画面に入力し、チャージしたい金額をATMに入金したらチャージ完了です。 セブン銀行ATMでのチャージでは、おつりが出ません。 また、アプリに4桁の番号が表示されて10分以内に手続きを完了させる必要があるので、注意してください。 決済方法と支払い方法 PayPayの決済方法は2種類あります。 スキャン払い…レジにあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、店員さんに確認してもらう方法• コード支払い…バーコードを表示させ、店員さんに読み込んでもらう方法 どちらの決済になるかはお店によって変わりますので、支払いの際に確認をし、ホーム画面右下にある支払い方法のどちらかをタップして行います。 支払い方法は次の3種類から選択できます。 PayPay残高• Yahoo! マネー• クレジットカード PayPay残高は前述したようにYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはYahoo! JAPANカードからチャージしておくことで支払います。 Yahoo! マネーはPayPayと連携したYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはコンビニで、現金でチャージしておくことで支払います。 クレジットカードはPayPayに直接、登録をしたクレジットカードからの支払いです。 これはチャージではなく、通常のクレジットカードでの支払いと同じように後からの請求になります。 支払い方法の選択(コード支払いの場合)は、ホーム画面でコード支払いをタップし、お支払い方法から、お支払い方法の選択画面で選択をします。 PayPayが使える店舗を探す方法 いざ使おうと思っても使える店舗がわからなければ使うことはできません。 使える店舗を探すには、ホーム画面にある「全国のお店一覧」をタップします。 すると今いる場所の周辺地図にPayPayが使える店舗がアイコンで表示されます。 PayPayが使えるお店はどんどん拡大しており、「PayPay」マークがあるお店ならば支払いに利用できます。 コンビニ• スーパーマーケット• ドラッグストア• 飲食店• 出前・宅配・デリバリーサービス• 居酒屋• 家電量販店• アパレル• 百貨店• 雑貨店• レジャー施設• ホテル、旅行サイト このようにさまざまなお店で利用可能。 ここで書いた以外でも使えるお店が街中にたくさんあります。 PayPay残高の有効期限や利用明細確認方法 PayPay残高の有効期限は2年間 残高にまったく増減がないまま2年が過ぎてしまうとどんなに残高があってもすべてなくなってしまう上、戻すこともできませんので注意が必要です。 最終利用日はホーム画面下にある残高をタップすれば、残高画面の中央付近に表示されます。 また同じ画面で下にスクロールしていけば、これまで使った利用明細も確認できます。 PayPayならではの特徴、メリットは? PayPayには3つの大きなメリットがあります。 定期的にキャンペーンを開催 サービス開始当初は「20%還元キャンペーン」で注目を浴びるなど、定期的にお得なキャンペーンを積極的に行っています。 加盟店が多い 便利なキャッシュレス決済ですが、加盟店が少ないと使いどころがありません。 PayPayは使えるお店が多く、日常的に利用するにはおすすめの決済サービスといえます。 家族や友人間で送金ができる PayPayは、決済だけではなくPayPayユーザー同士でお金を送金し合うことができます。 たとえば、飲食店やカラオケなどを複数人で楽しんだあとのお会計で割り勘する際にも、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけで完了。 一円単位で送金できるので、不要なトラブルも避けられます。 銀行振込と同じ感覚で使える機能なので、仕送りなどに利用することもできます。 銀行やコンビニを利用して振り込むのに比べ、手数料がかからないため節約にもなるのが魅力的なポイント。 送金額には上限がありますが、回数制限はないため使い勝手の良い機能といえるでしょう。 普通に現金で支払うよりもおトクなキャッシュレス決済。 キャンペーンを実施しているタイミングで、ちょっと使ってみたいなと思われる方は、ダウンロードされてみてはいかがでしょう。

次の

ゆうちょPayは現金派・東急ユーザーにメリットあり 他のスマホ決済との違いとは

ゆうちょpay 仕組み

記事内容をチェック!• 2019年2月にゆうちょPayスタート!ゆうちょ銀行の新サービスの仕組みや特徴は? 株式会社ゆうちょ銀行は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社とタッグを組み、2019年2月よりスマホ決済サービス「ゆうちょ Pay」を始動しました。 ゆうちょPayは「スマートフォン」「ゆうちょ銀行の口座」があれば、どなたでもスタートできるサービスです。 上図のように、ゆうちょPayに対応している店舗でユーザーが、店舗が表示するQRコードをスマートフォンで読み取ればOKです。 すると、ゆうちょ銀行の口座から自動的に支払われます。 これにより、多額の現金を持たなくとも自動的にゆうちょ銀行から支払われますので、スリや財布を紛失した際のリスクを減らせるのです。 また、サービスの拡大が進めば財布そのものを持たなくとも、スマートフォンだけあれば良くなりますので、身軽になるメリットも出てきます。 ゆうちょ銀行以外でもゆうちょPayが使える?導入済み&導入予定の銀行は? 「ゆうちょ銀行の口座を持っていないし、わざわざ作るのも面倒だな…」 ゆうちょPayは一見すると、ゆうちょ銀行以外では利用できないと感じますが実は、他の銀行口座でも利用できます! 現在、導入済みの銀行はゆうちょ銀行以外に「株式会社横浜銀行」「ふくおかファイナンシャルグループ 株式会社福岡銀行」の2行です。 しかし、2行だけに留まらず導入予定の銀行が続々と登場しています。 ・ふくおかファイナンシャルグループ 株式会社熊本銀行、株式会社親和銀行 ・りそなグループ 株式会社りそな銀行、株式会社埼玉りそな銀行 株式会社近畿大阪銀行 地方銀行も続々とゆうちょPayに参入しており今後、ますます拡大へ繋がるかと思われます。 そのためもし、ゆうちょ銀行の口座を持っていなくとも、サービス開始時にはあなたが所有する銀行口座が対応しているかもしれませんよ。 ゆうちょPay&ゆうちょPay-easyの違いは? ゆうちょ銀行では、ゆうちょPay以外に「ゆうちょPay-easy」があります。 両者共、似ているように見えますが実は、全く違うサービスです。 そもそも、ゆうちょPay-easyは税金や携帯料金、ネットオークション代金からゆうちょPay-easyマークのある払込書を「ゆうちょATM」「ゆうちょダイレクト」から支払できるサービスです。 ATMやインターネットからの払込に対応してるため、自宅や外出先で手軽に支払えますし、郵便局窓口で並ばなくてすむメリットがあります。 その上、税金を支払うときも原則、払込手数料が無料になるのも見逃せないポイントです。 一方、これからスタートするゆうちょPayは、ショッピングやレストラン等で支払う際に活躍するサービスです。 同じ支払いでも、サービスが異なりますのでよく覚えておきましょう。 ゆうちょPayは事業者にもメリットあり?導入コストが殆ど発生しないのは本当? ゆうちょPayの導入は、ユーザーだけでなく事業者にも多くのメリットが発生します。 手軽に決済できるため、経験が浅いスタッフでも間違えることなく決済できますし、お釣りの渡し間違いもなくなります。 その上、導入コストが殆どかからないもの魅力的なポイントです。 事業者が用意するのは、決済時に必要な「タブレット端末」そして決済用のゆうちょPayのアプリです。 クレジットカードや他の電子マネーのように、専用の機械を導入する初期コストが大幅に抑えられるのは、ゆうちょPay最大のメリットです。 そのため、手軽に決済できるサービスを導入しようにも、導入コストがかかるために諦めていた事業者にとって、おすすめの決済サービスと言えます。 こちらは、東急電鉄の券売機からキャッシュアウト、つまりあなたの銀行口座からお金を引き出せるサービスです。 お金を引き出せる銀行口座は「ゆうちょ銀行」「横浜銀行」が対象であり、今後も拡大していくと思われます。 ちなみに、2018年度中に東急電鉄の一部券売機でサービスをスタートさせ、2019年春には東急線各駅で随時施行されていく予定です。 ゆうちょPayがあれば簡単に東急電鉄から引き出せる|キャッシュアウトの使い方は? 東急線各駅の券売機でスタートするキャッシュアウトサービスの使い方は複雑ではありません。 と言うのも、専用のアプリをダウンロードし、券売機の専用端末にかざすだけで現金を引き出せるからです。 専用アプリは、ゆうちょ銀行であれば「ゆうちょPay(2019年2月スタート予定)」横浜銀行であれば「はまPay」になります。 これらをダウンロードし、対象の券売機へ「QRコード」をかざせば、後は好きな金額を引き出せます。 難しい手続きは一切ありませんので、東急線を利用している方がいましたら実証実験中、またはスタートした後も活用してみましょう。 まとめ 2019年2月にスタートするゆうちょPayは、開始に向けてサービスの拡張や銀行・事業者へのアプローチを続けています。 現在、詳しいサービスは更新されてないものの今後、もしかしたらポイントサービスやキャッシュバックサービス。 または利用金額に応じた特典が付与されるかもしれません。 今後も目が離せないゆうちょPay、あなたも絶対に見逃しはいけませんよ。

次の