赤ちゃん 音楽。 赤ちゃんにクラシック音楽を聞かせる効果は?おすすめの曲も紹介

赤ちゃんに音楽を聞かせるメリットは?寝かしつけや泣き止む音楽のおすすめ、0歳から通える音楽教室も♪

赤ちゃん 音楽

体の中、そして外界の音と混じり両方から聞こえてくるため、赤ちゃんに聞こえているこれら三つの音の中で ママの声は一番よく聴こえていると考えられています。 このため赤ちゃんはママの声にとても敏感に反応し、さらに ママの声だけは生まれてすぐに聞き分けることもできるんです。 それでは次項では、生まれてきた赤ちゃんに音楽は一体どのような変化をもたらすのかを説明しましょう。 1-2. 音楽がもたらす赤ちゃんへのさまざまな好影響 赤ちゃんは音楽にとてもよく反応します。 泣いている時でも音楽を流すと 脳が音楽に反応して注意を引かれ、ピタッと泣き止むこともよくあります。 よく良い音楽を聴かせていると頭が良くなるとか、優しい子に育つと言われていますが、実際のところはどうなのか気になりますよね。 音楽は、赤ちゃんに5つの好影響をもたらしてくれます。 生まれる前からママの声を覚えているというのは嬉しい驚きですよね。 それは時に心や脳にも影響することもあるのです。 特に言葉への理解は歌を使うことで格段に上がるので、たくさん歌を聴かせてあげるといいかもしれません。 赤ちゃんにいい音楽って? 2-1. ママの歌声 母親が赤ちゃんに話しかける際の話し方を 「マザリーズ」といい、赤ちゃんはそのマザリーズが大好きです。 お腹の中にいる時からママの声を聞いていた赤ちゃんにとっては、ママの声が聞こえる事は 安全そのものであり、何よりも 気持ちを落ち着かせます。 そんな ママの歌声は、赤ちゃんにとってどんな音楽よりも 心を満たし、精神を安定させてあげられます。 ぜひ積極的に歌いかけてあげてください。 2-2. 生演奏 赤ちゃんは 美しい楽器の音色や調和のとれた音楽を好むと言われています。 中でもピアノやギター、バイオリンといった 生楽器から出る周波数には、人間が心地いいと感じたり、リラックスできる音で、これはCDコンポやTVなどの機械から出される周波数よりも脳に優しく、かつとてもいい影響を与えてくれます。 家庭で生演奏を聴かせるのがなかなか難しい場合は、オルゴールの音色や生演奏が録音されたCDなどを流してあげるといいでしょう。 2-3. ママや赤ちゃんの好きな明るい曲 赤ちゃんにはどんな音楽がいいだろうと考え、 ネットなどで調べて赤ちゃん向けの音楽を流す方も多いかと思います。 でも、一番いいのは赤ちゃんはもとより ママが好きな曲をかけることなんです。 赤ちゃんは ママの様子を見て不安になったり安心したりするので、 ママの心理状況がダイレクトに影響します。 ママが好きな曲でリラックスしてニコニコしてくれるだけで、赤ちゃんは喜んだり気持ちが落ち着くのです。 POINT ママが心地いいと感じる音楽を赤ちゃんと一緒に聴いてみましょう。 2-4. クラシックは本当に良いの? よく 「赤ちゃんにモーツァルトを聴かせるといい」と聞いたことがあると思います。 いわゆる「モーツァルト効果」はイギリスの科学雑誌に掲載されてから広まりましたが、 必ずしもモーツァルトがいいとは言えないのが実際のところで、 明るくて覚醒作用のある音楽であれば効果は見られるようです。 日本で5歳の子どもを対象に行われた研究でも、モーツァルトと子ども向けのよく知られている曲を聴いた時とで比較すると、 後者の方がお絵かきの時間が増えたという結果が出ています。 結局は、それぞれ 自分が好きな明るい曲を聴いている方がやる気や結果が出るということなのだといえます。 POINT 赤ちゃんに聴かせてあげたいからと、良いといわれる音楽を探してかけるのも良いかもしれませんが、結局は赤ちゃんにとってはママがリラックスして愛情を注いでくれることが一番です。 ママが心地いいと感じる音楽は、赤ちゃんにも伝わります。 ママが好きな音楽を聴かせながら、赤ちゃんも喜んでくれる音楽をゆっくり見つけていきましょう。 聴かせるタイミング 3-1. 寝かしつけの時の音楽 赤ちゃんがぐずってなかなか眠ってくれない時、子守唄を歌ったり音楽をかけて寝かしつける方も多いかと思います。 そんな時に気になるのは、 どんな音楽をどんなタイミングで、いつまで聴かせてあげたらいいだろうというところですよね。 まず赤ちゃんが心地よく眠るために聴かせてあげたい音楽では、 ママが子守唄を歌ってあげることが一番です。 子守唄には音程やリズム、音量や速度に変化が少なく、赤ちゃんの好む ゆったりとした繰り返しの多い、比較的音程の高い曲という特徴があります。 子守唄がなかなか難しい場合は、このような特徴が見られる曲やオルゴールなど優しい音楽を選んであげるといいでしょう。 生後2〜3か月頃の赤ちゃんは特に、まだ 体内時計がしっかりしていないため1日に何度も寝起きを繰り返します。 赤ちゃんにしっかりとした睡眠リズムをつかんでもらうためにも、お休みの音楽はできるだけ 毎日決まった時間に聴かせてあげましょう。 いつも夜寝る前にその音楽が流れることで、いつしか 「眠る時間だ!」と赤ちゃんは覚えてくれるようになるからです。 POINT ただし、いくら赤ちゃんがスヤスヤ眠ってくれるからといって、ずっとかけっぱなしにするのはあまり良くありません。 毎回赤ちゃんが眠りにつくまでかけていると、その音楽なしでは眠れなくなってしまう可能性があります。 そして眠った後には音楽はかけず、静寂の中で耳と脳を休ませてあげましょう。 赤ちゃんの耳を育てるためにも音楽を楽しんでもらうためにもオンとオフを大事にしましょう。 3-2. 赤ちゃんとのコミュニケーション ・替え歌や楽器などでの音楽遊び 替え歌では例えば赤ちゃんの名前、「ママ」「お母さん」などの言葉を入れてみたりしながら歌ったり、楽器を使って 赤ちゃんの真似をしながら遊びましょう。 赤ちゃんの脳では 音楽と言語の処理をする部分がとても近い位置にあり、特に替え歌はこれから言葉を話し始める赤ちゃんにとってとてもいい刺激になります。 赤ちゃんはママの仕草を真似たり、そのうち相手が自分の行動をまねているとそれに気付き、笑いかけたりするようになります。 このまね遊びを通じて 相手との関わりを深め社会性が向上したり、周りに興味を持ったり 自発的な表現も見られるようになります。 ・リトミックなど習い事 最近、習い事として増えている「リトミック」をご存知でしょうか。 音楽教育の一つであり、音楽とリズム・動きを融合させた教育スタイルで、ママも一緒に参加したり音楽の楽しさを体を使って学べ、さらに 感覚的なセンスやインスピレーション、想像力が豊かになることが期待されます。 他のお友達と同じ教室で習うことで順番待ちがきちんとできるようになったり、集団行動をすることでコミュニケーション能力、思いやりといった 心の発達にもいい影響があるといいます。

次の

食事中の音楽はNG?赤ちゃんにいけない3つの理由☆

赤ちゃん 音楽

世界中で歌い継がれる「子守唄」は古くから存在します。 それは、赤ちゃんとママにとってメリットがあるから。 そこで今回は、赤ちゃんに音楽を聞かせるメリットをお伝えします。 また、赤ちゃんに音楽を聞かせる注意点もレクチャー。 さらに、赤ちゃんの寝かしつけ・泣き止むおすすめの音楽、赤ちゃんが通える音楽教室をご紹介します。 赤ちゃんに音楽を聞かせるとすやすや眠るのはホント!? 赤ちゃんに音楽を聞かせるメリット 赤ちゃんに音楽を聞かせると、眠る、楽しくなるなどの効果があるようです。 これらの効果は、完全には解明されていないようですが、いくかの説をご紹介します。 寝てくれる 赤ちゃんに音楽を聞かせることで、すやすやと眠ってくれる効果があるといわれています。 しかし、どんな音楽でも眠るわけではありません。 赤ちゃんが眠る音楽には、「高音」「ゆったりとしたテンポ」という特徴があります。 赤ちゃんは「高音」を好む傾向にあります。 高音は周波数が高く、赤ちゃんをふくめ、人の注意を引きつける音です。 そのため、赤ちゃんはそのような音を聞くと、泣き止むといわれています。 また、高音であるオルゴールやハープには、リラックスさせる効果があり、赤ちゃんが聞くと眠りにつくことがあるそうです。 「ゆったりとしたテンポ」とは、1分間に60~80くらいのテンポです。 なぜこのテンポがよいかというと、胎内で聞いていた母親の心臓音がそのくらいのテンポだからなのだそう。 そのため、赤ちゃんがゆっくりとしたテンポの曲を聞くと、安らぎを感じ、寝やすいといわれています。 楽しい気分になる 赤ちゃんは、特定の音楽を聞くと、楽しい気分になるようです。 その音楽の特徴には、 ・女の人の声 ・「パ」や「バ」などの破裂音がある ・転調する ・赤ちゃんが刺激を受けやすい高めの周波数 などがあります。 これらは、赤ちゃんに刺激を与えたり、気分を変えたりする効果があり、そのことで、赤ちゃんが泣きやんだり、音楽に反応するといわれています。 1〜2ヶ月ごろの月齢の赤ちゃんであれば、音に反応して手足を動かす。 1歳くらいから、音楽やリズムにのって踊り出したりも。 赤ちゃんに音楽を聞かせる注意点 赤ちゃんに音楽を聞かせるときに、注意すべきポイントをお教えしましょう。 赤ちゃんに音楽を聞かせるとき、注意することは? 音量は赤ちゃんに話しかけるくらいのボリュームで 音量は、大きすぎないように気をつけましょう。 極端に大きな音は、耳や脳に悪影響を及ぼすこともあります。 ボリュームの目安は、お母さんが赤ちゃんに話しかけるくらいです。 かけっぱなしだと体が休まらない 音楽をかけっぱなしにしておくのは避けましょう。 大人もそうですが、赤ちゃんも、静かな空間で寝るほうが、体をしっかり休めることができます。 ですので、赤ちゃんが眠ったら、音楽を止めるとよいでしょう。 また、ずっと音楽をかけていると、音楽がかかることが日常化してしまいます。 そうなると、無音の状態がわからなかったり、音の微妙な変化を感じたり、というようなことができなくなる可能性もあるので注意してください。 アプリ「ぐっすリンベビー」 ぐっすリンベビー 赤ちゃんがぐっすり快適に眠れて、ママもリラックスできる快眠音が入ったアプリ。 選べる快眠音は40種類以上。 雨、小鳥、風、オルゴール、鼓動音、木魚など音質のいい音を赤ちゃんといっしょに聞いてみてはいかが。 便利なタイマー機能つきで、音の流しっぱなしも防いでくれます。 ジブリの「となりのトトロ」 ジブリの「となりのトトロ」 「スタジオジブリの歌オルゴール -増補盤-」の中の1曲。 アニメ映画「となりのトトロ」のテーマソングを、オルゴールアレンジしたものです。 かわいらしいオルゴールの音は、赤ちゃんの興奮を鎮めてくれそう。 アプリ「なきやみbaby」 アプリ「なきやみbaby」 夜泣きやぐずった赤ちゃんが泣き止む音がいっぱい詰まったアプリです。 赤ちゃんが泣き止む音には、ビニール袋・掃除機(弱・中・強)・ドライヤー・ラーメン・蕎麦・水流を収録。 赤ちゃんへの刺激を弱めるため、明るさを抑えたデザインで、使いやすさも工夫されています。 スズキ・メソード音楽教室 「スズキ・メソード」とは、創始者・鈴木鎮一氏が編み出した、耳から育てる「母語教育法」教育法の基となったもの。 この教育法は世界46ヵ国に広がり、音楽だけでなくいろいろな分野に生かされています。 0〜3歳児コースは、「スズキ・メソード」でレッスンを始める前のプログラム。 音楽を通じて、豊かな感性、集中力や記憶力を育みます。 国立音楽院の幼児リトミック教室 青森から福岡まで全国展開している「国立音楽院の幼児リトミック教室」。 0歳ー1歳クラスでは、ママ・パパの膝の上、あるいは抱っこされながら、リズムやメロディーを一緒に体験します。 タンバリンを一緒に叩く、クレヨンを持ってみる、一つ一つの体験から徐々にできることを増やしていきます。 ヤマハ音楽教室 ヤマハ音楽教室は、音楽のさまざまな楽しみ方を学びながら、感性を育ててくれる教室です。 1歳から通えるコースには、子供と保護者でいっしょに音楽を楽しむ『ぷっぷるくらぶ』があります。 歌やリズムなどのレッスンが展開されます。 音楽を子育てに取り入れてみて! ぐずったり、泣いたりしている赤ちゃんに音楽で気分転換させてあげませんか。 音楽をかけるだけで、ママの負担が軽くなる可能性がありますよ。 また、ママ自身も音楽で癒される効果も期待できます。 ご紹介した音楽を、子育てに上手に取り入れてみてくださいね。 文・構成/HugKum編集部.

次の

赤ちゃんの【地頭】をよくするには「音楽を聞かせるといい」ってホント?| たまひよ

赤ちゃん 音楽

赤ちゃんの聴力 まず赤ちゃんの耳は一体いつごろから聞こえるようになるのでしょうか。 赤ちゃんは約40週間をママのお腹の中で過ごしますが、実はその40週間の内の約20週目には赤ちゃんは音が聞こえているといわれています。 お腹の中ですでに赤ちゃんは音を聞いているんです。 なのでお腹にいる時に聞こえている3種類の音の中でママの声が1番よく聞こえています。 その影響もあってか、生まれてすぐでもママの声だけは聞き分けることもできます。 このママの声は、子育てをする中でとても重要な役割を果たしています。 赤ちゃんの寝かしつけと音楽 赤ちゃんの寝かしつけに日々苦労していないでしょうか?寝たと思ったら、またすぐに起きて、ぐずって、寝かしつけの繰り返し。 赤ちゃんはまだまだ自律神経が未発達で、ストレスや不安などの負担がかかるとすぐに自律神経が乱れてしまいます。 この自律神経の乱れが赤ちゃんの眠りが浅くなったり、夜泣きに繋がります。 新米ママにとって寝かしつけこそ、1番苦労していることかもしれませんね。 苦労している寝かしつけを打破しようと、音楽をかけたり、子守歌を歌ったり、少しでも改善するように様々な方法を試していると思いますが、寝かしつけはこれでいいのかな?と悩んでいるママも多いかと思います。 そこで効果が期待できるのは、ママの声なんです。 お腹の中にいる時からずっと聞いていたママの声は、赤ちゃんを何よりも安心させ、落ち着かせます。 そしてここで音楽が関係してきます。 リラックスできる音楽や、そしてママも赤ちゃんも好きな明るい音楽などは、上記で述べた自律神経を整え、発達を促す作用があります。 音楽によってストレスを取り除いてあげることで、自律神経が整います。 そうすると赤ちゃんは寝つきが良くなったり、またミルクの飲みも良くなるなどの効果があるんです。 上記のことを踏まえると、赤ちゃんが心地よく深い眠りにつくためには、ママが歌を歌ってあげることが何よりも効果的なのではないでしょうか。 ぜひ、赤ちゃんが安心するママの声で、赤ちゃんの好きな歌を歌ってあげてください。 またママのお腹で過ごしていた時の環境にしてあげることでも赤ちゃんは安心します。 抱っこしてゆらゆら揺れるとすぐに眠ってしまう赤ちゃんが多いのママのお腹で過ごしていた時の感覚に似ているからです。 そこで寝かしつけに効果的なのは、胎内音です。 ママのお腹で過ごしている時にずっと聞こえている音なので、個人差はもちろんありますが、赤ちゃんは安心して眠ってくれます。 今ではネット検索すると寝かしつけ用の胎内音の動画などがたくさんUPされていたり、アプリで無料ダウンロードできたりするので、寝かしつけに困っているママはぜひ試してみてください。 音楽による赤ちゃんへの好影響 赤ちゃんの寝かしつけで音楽が効果的であることは上記でご紹介しましたが、では今回の本題、生まれてきた赤ちゃんに音楽を聴かせることでどのような効果・影響を及ぼすのか詳しくご紹介していきます。 赤ちゃんに音楽を聴かせることによる好影響として、大まかに分けると5つあります。 言語能力が発達 音楽を聴くことで赤ちゃんの聴力やリスニング能力などが発達し、音の聞き分けができる能力が身につき、言葉の覚えるとスピードも速くなり言語能力の発達向上につながります。 精神安定 人間はストレスがかかることでステロイドホルモンという血糖値の上昇や興奮を促すホルモンの分泌が多くなるのですが、音楽にはそのホルモンを抑制し、精神を安定させる効果があるといわれています。 IQの値が高まる 音楽を聴き、リズム・メロディ・音の高さなど音楽の要素を脳が処理することで、脳の働きが活性化されます。 定期的に音楽のレッスンを受けている子は、受けていない子に比べてIQの値が高くなる傾向があるということがカナダの研究で発表されています。 感情表現が豊かに 音楽を聴くことで食欲、睡眠欲などの人間的本能、そして喜怒哀楽など、人の感情を司る扁桃体が刺激されます。 それにより、音への感受性が高まり、感動をもたらしたり心を動かす働きをするので感情表現や想像力が豊かになります。 コミュニケーション能力の向上 音楽を聴きながら、踊ったり、楽器を使用したりすることで、赤ちゃんのコミュニケーション能力や社会性が上がるといわれています。 まとめ 赤ちゃんはお腹にいる時からすでに音は聞こえているのですが、実際に赤ちゃんが音楽を聴いて反応を示し出すのは生後5ヶ月から6ヶ月頃が目安とされています。 音楽を流すと、音が聞こえる方向に顔を向けたり、泣いている時だと泣きやんだり、また興奮する子や、中にはあまり反応しない子もいます。 赤ちゃんによって成長のペースも、興味を示すものも様々なので音楽に対して反応がないからといって心配する必要はありません。 お座りや立っち、そしてあんよができるようになると、音楽を聴いた際、音楽につられて手を叩いたり踊ったりするようになります。 音楽を聴いたり、パパやママと一緒に音楽を楽しむことは、赤ちゃんの成長に大きく貢献するということなので、赤ちゃんと過ごす日常でしっかり音楽を取り入れていくといいですね。 コメント:• 関連記事一覧.

次の