歩くと足が痛い。 足が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

歩くと足の裏が痛いのは病気?足底筋膜炎の代表的な症状は?

歩くと足が痛い

歩くとすねが痛いと、いろいろと心配になる 歩くとすねが痛い原因はなんでしょうか? 歩き方に問題があるのでしょうか、 運動不足などですねの筋肉が弱ってきているからでしょうか、 長時間の立ち仕事のせいで、すねの筋肉が疲労しているからでしょうか、 靴があっていないせいでしょうか、 痛風などの病気が隠れていて、その前兆なのでしょうか。 このようにいろいろと心配・不安になってしまっているかもしれません。 では次に、考えられる原因をあげてみましょう。 歩くとすねが痛くなる原因とは 専門家からは、次のような原因があげられることが多いですね。 その1:すねの筋肉を使いすぎている すねの筋肉を使いすぎているため、歩くとすねが痛くなってしまうことがあります。 なぜ、すねの筋肉を使いすぎてしまうのかというと、その要因のひとつに体の重心がくるってしまっているということがあげられます。 すねに負荷がかかっているときは、体が後ろ重心になり、体が後ろの方へ傾いていることが多いです。 なので、意識的に体の前側に重心を移すようにすると、すねが楽になっていきます。 その2:足の外側(小指側)に体重がかかっている 足の外側(小指側)に体重がかかっているときも、すねが痛くなりやすいです。 靴の外側(小指側)が多く磨り減っているような場合は、このようなスネが疲れる立ち方、歩き方、ウォーキングをしている可能性が高いです。 その3:歩くとき、知らずに足の指が上がっている 歩くときに足の指が上がってしまっているときも、すねが疲れてしまう場合が多いです。 足の指が上がってしまっていることに意識していないとほとんど気がつかないかもしれません。 意識的に足の指で大地を蹴るように歩くとするといいです。 その4:すねの筋力が低下している すねの筋肉の量が減ってきたり、筋力が低下しているときも、すねが痛くなりやすいです。 足先を上下に動かすだけでも、すねの筋肉の運動になりますから、このような簡単な運動だけでも毎日続けたいですね。 現役セラピストからの実用的なアドバイス では、歩くとすねが痛い症状は、どのように対処すれば、やわらいだり、楽になるのでしょうか? 次に、楽になると評判のある使える対処法を紹介します。 1.足の親指側を意識して、立ったり、歩いたりする 足の小指側ではなく、足の親指側を意識して、そちら側に体重を乗せるように立ったり、歩いたりすることを習慣にしていくと脛が楽になっていきます。 そして、歩いてもすねの痛みが気にならなくなっていきます。 2.大地に踵をつけて、足指(足先)で大地を蹴るようにして歩く ちゃんと足の指をよく使って歩くように心がけましょう。 具体的には、大地に足を着けるときは、まずしっかりと踵をつけて、次に大地から足を離すときは、足の指(足先)で大地を蹴るようにするとよいです。 このように歩くことを習慣にすることで、今まで偏っていた脚の筋肉にかかる負荷が減り、バランスがとれてきて、すねだけが疲れるということがなくなっていきます。 3.脚の骨(脛骨、腓骨、大腿骨、股関節など)のねじれを正す 脚の骨に不自然なねじれがあるようなときも脚が疲れやすくなったり、脚に痛みが生じてしまう可能性が高くなります。 特に、膝下にある腓骨という骨が通常よりも下がった状態になってしまったり、通常よりも体の前側にきてしまったすると、すねが硬く緊張しやすくなってしまいます。 なので、脚の骨の歪みをとってあげることが大切です。 ただし、本格的に脚の骨の歪みをとることは、骨盤の歪み、股関節のつき方、膝を挟んだ上下の骨のねじれなどをみていく必要があり難しいかもしれませんので、柔道整復師や整体師など専門家に相談してみるとよいでしょう。 以上、今回は、歩くとすねが痛いときに効果が期待できる対処法を紹介しました。 最後まで、ごらんになっていただきありがとうございました。

次の

よくあるその足裏の痛みの正体は?

歩くと足が痛い

足指の付け根の痛みといっても、その症状はさまざまです。 代表的な症状とその原因、あわせて、痛みが起こりやすくなる環境をご紹介します。 親指の付け根の痛み 靴との接触による痛み、関節痛の痛み、腱が引っ張られる痛み・・・外反母趾 がいはんぼし 外反母趾は親指の付け根の部分が外側に突出する症状です。 靴の壁と指の出っ張りが当たることによる痛みや、指の骨どうしの関節が噛み合わなくなることによる関節痛の痛み、筋腱の痛みなど、様々な痛みが発生する可能性があります。 でくわしく解説しています。 体重がかかることによる痛み…種子骨炎 しゅしこつえん 種子骨(しゅしこつ)とは親指付け根にある母趾球 ぼしきゅう に付いている、二つの豆粒のような軟骨のことです。 歩いているときなど、この種子骨の周りに負荷がかかり続けた場合にまわりの組織が炎症を起こし痛みを発症します。 種子骨炎になりやすい環境• 親指の付け根に反復的に負荷がかかる、長時間の立ち仕事をしている 例:ハイヒールを履いた立ち仕事など• スポーツやランニングにおいて、つま先で接地する機会が多い• 硬い路面の上での、激しい運動を繰り返す 上記のような環境において発症しやすいといわれています。 特に、踵(かかと)周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足は、歩くたびに親指の付け根の骨が過剰に横に広がってしまいます。 その骨の先端である母趾球が床に強くこすりつけられることで種子骨周りに集中的に負荷がかります。 この現象が一歩ごと、一日に何千回と繰り返し起こることで、やがて種子骨周りが傷ついて炎症を起こし、痛みだします。 人差し指・中指の付け根の痛み 蹴り出しのときに起こる突き上げるような痛み・・・中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう) 歩いているときの蹴りだしの際、特に足の人差し指・中指の付け根に突き上げるような痛みを感じます。 中足骨頭痛になりやすい足のタイプ• 踵(かかと)周りの骨格が崩れている足(オーバープロネーション) 歩行などで足に負荷がかかったとき、体重を支える役割の親指の付け根と小指の付け根が左右に広がってしまうため(開帳足)、真ん中にある人差し指・中指の付け根は床に押し付けられてしまいます。 支えなくてもいい重さを歩くたびに繰り返し、繰り返し受け止めなくてはいけません。 何度も床に打ち付けられることで痛みがおきます。 足が硬く、土踏まずが高い足 このような足は指のそりかえりがおきやすく、体重がかかると、柔軟性がないことに合わせて指の付け根が突き出すような状態となり、日常生活の反復的な負荷がかかることで痛みを発症するともいわれています。 中指と薬指の付け根の痛み モートン神経腫(もーとんしんけいしゅ) 主に足の中指と薬指の付け根の間におきる症状でピリピリするような痛みが特徴です。 踵(かかと)周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足に起こることが多く、つま先が潰れてしまっていることで指の付け根の骨の間にある神経にストレスがかかっていることが原因といわれています。 小指の付け根の痛み 内反小趾(ないはんしょうし) 内反小趾は小指の付け根が腫れて痛くなる症状です。 外反母趾同様「踵(かかと)周り の骨格が崩れる」ことで引き起こされます。 症状の詳細と原因は で詳しく解説します。 その他・・・加齢や病気による痛み 親指の付け根も含め、指の付け根部分にはもともと衝撃を吸収する為の脂肪体があります。 (土踏まずを除いたかかと~足裏の外側~指の付け根にかけてつまむように触ってみるとふわふわと弾力がありますね。 それが脂肪体です。 )しかし、加齢や糖尿病などで脂肪体自体が薄くなってしまい、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが出る場合もあります。 その他、痛風やリュウマチなどが原因の場合もありますので、心当たりのある方はまずは専門医に相談してみましょう。 まとめ 足指の付け根の痛み、症状はさまざまです。 代表的なものを以下にまとめます。 親指の付け根 外反母趾 がいはんぼし ・・・靴ずれ・関節痛・筋腱など、さまざまな痛みが生じる• 親指の付け根 種子骨炎 しゅしこつえん ・・・ 母趾球に体重がかかることで痛みが生じる• 人差し指・中指の付け根 中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう)・・・蹴りだしたときに痛みが生じる• 中指と薬指の間の付け根 モートン神経腫・・・指と指の間(付け根)がピリピリと痛む。 小指の付け根 内反小趾(ないはんしょうし)・・・出っ張った小指の付け根と靴が当たることで痛みが生じる• 加齢や病気による痛み・・・足の付け根の脂肪体が薄くなり、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが生じる.

次の

歩くと脚が痛い...閉塞性動脈硬化症に要注意

歩くと足が痛い

原因のわからない足裏の痛み。 その正体は? たとえば、「朝起きて立つと、土踏まずや、かかとが痛い。 」 「歩くと足指の付け根がじんじんする。 」 自分でも原因に心当たりがないためかよけいに気になります。 病院でも、はっきりとした原因が分からないケースもあるようです。 では、あなたの痛みの原因は? あなたの足裏の痛みを診断 痛い場所と、症状でわかるあなたの足トラブル 足裏の痛みを大まかに分類すると• 土踏まずが痛いのは偏平足• 足裏が痛い(土踏まずから踵にかけて)のは足底筋膜炎• 指の付け根に「ジンジン」とした痛みがあるのは中足骨骨頭痛• 指と指の付け根の間に「ビリッ」とした痛みがあるのはモートン病 あなたの痛い箇所はどこ?痛みの原因チェック あなたの痛みの原因がわかったら、4つの症状を詳しく解説していきましょう。 土踏まずが疲れる・痛い 「偏平足」 いわゆる土踏まずが無い状態。 正確にはアーチ形状をした骨格構造の崩れ。 身体を支える基本構造でもありますから、足裏だけでなく腰や膝などにも影響を及ぼすおそれがあります。 中高年以降の偏平足は、さまざまなトラブルの原因となります。 骨格ができあがる成人するまでの間にきちんと予防することが大切です。 偏平足の見分け方 土踏まずが無ければ直ちに偏平足という事ではありません。 日頃からスポーツをやっている人には、足裏の筋肉が発達していて、一見土踏まずが無いように見える場合もあります。 以下の手順で偏平足かどうかを判断することができます。 親指の腹で下からすくうように確認します。 でっぱった骨が舟状骨です。 こんな時に痛い!人も、偏平足の可能性があります。 長く立っていたり、歩いていたりすると土踏まずが痛くなる。 「土踏まずがサポートされた靴」を履いているのに、逆に土踏まずが痛くなる。 原因は筋肉の衰え。 では、その要因は? 運動不足 運動をしない、歩かない、仕事はデスクワークといった人は要注意です。 一般に、社会人になると運動をする機会が減り、さらに中高年になると歩く量も減ってきます。 使わないことで足裏の筋肉が衰えると足の骨格を支える力が弱くなり、アーチが崩れ偏平足になっていきます。 ヒールやパンプスは要注意 ヒールのあるパンプスやサンダル、ブーツをいつも履いている人、スニーカーの紐を緩めて履いている人、内股で歩幅が狭い歩き方をする人。 足裏の筋肉は足指でしっかり蹴る動作によって鍛えられますが、このような人は、足指でしっかり蹴って歩くことができませんので、足裏の筋肉が衰えてきます。 痛みの解消/症状の改善ポイント インソールを使用すると痛みは改善します。 予防対策はをご参考ください。 通勤、通学、仕事の関係で歩く量が増えた パンプスやローファー等の靴は、底が硬く足裏を路面から守るクッションがありません。 歩く時間や距離が長くなると、負担が一気に増し、炎症を起し痛くなります。 フローリングの上を素足で歩いている 新居への引っ越し等で、硬いフローリングの上をスリッパ無しで歩き回ると、痛めることが良くあります。 外反母趾 外反母趾の人のほとんどはこのトラブルを併発しています。 外反母趾による痛みと思っている人が多いと思いますが、別のトラブルです。 外反母趾を完全に治す事ができなくても、中足骨骨頭痛の痛みを緩和することは可能です。 痛みの解消/症状の改善ポイント 予防対策はをご参考ください。 モートン病の見分け方• 靴を履かず、足に何の圧力もかかってない時は痛くない。 歩行中の踏み返し時に(つま先に体重が移動して蹴り出す動作)に痛みやしびれが生じる。 歩いていてしばらくすると痛みやしびれが出る。 足裏の痛みの中には、一定期間、足裏に負担をかけず安静にしていることで、痛みが治まる場合もありますが、モートン病の場合は痛みが継続します。 足裏の図の位置を押すと痛い。 原因は神経の圧迫。 思い当たる要因は? 幅の狭い靴や過度の衝撃によって指の付け根が圧迫され続けることにより、指と指の間の神経がこぶ状に肥大します。 これをさらに圧迫することで痛みが生じてしまいます。 幅の狭い靴、ヒールの高い靴 幅の狭い靴を履くと、足指の骨の間にある神経のこぶが圧迫されて炎症を起しやすくなります。 また、ヒールの高い靴を履く場合、この位置にかかる荷重が大きくなり炎症を起しやすくなります。 開張足 アーチの崩れは、運動不足の人や年配の人に多く見られますが、この足の横アーチが崩れると体重がかかった時に、神経のこぶが押しつぶされるような状態となり痛みを引き起こします。 ランニングや長距離の歩行 ランニングのように常に足指の付け根に衝撃を受けるような運動や、旅行等での歩き過ぎがきっかけとなって足裏に炎症を起こし、炎症により腫れが神経のこぶを圧迫して痛みを引き起こす場合もあります。 痛みの解消/症状の改善ポイント 足のアーチを支えるインソールや、靴にパットを貼付けることで、体重のかかる位置を調整します。 予防対策はをご参考ください。

次の