クマリ 条件。 ネパールのロリ神さま「クマリ」雑に世界を放浪中! 錆彦日記

当店について

クマリ 条件

「クマリ」になれるのは、様々な条件を満たした「 少女」です。 中には「ロイヤルクマリ」という国王もひれ伏すクマリが存在します。 クマリは未来を見通す力や様々な病を治す力があるとされ、今でもネパールでは信仰されています。 このクマリに選ばれるために身体的には 32の条件を満たさなければなりません。 例えば「体に傷がない」「健康である」「形の良い爪」「ライオンのような胸」「牛のような睫毛」「アヒルのように筋が通った足」など。 早い子では3歳から親元を離れて「クマリ」としてお役目を果たします。 「クマリ」になると、「生き神」ですから普通の生活をすることはできなくなります。 まず会話は家族以外の人との話すことを禁じられます。 そして、クマリの館に閉じ込められ、祭事以外で外に出ることは許されません。 自分の足で歩くことを禁じられるため、移動時は付き人が担ぎます。 しかし、このクマリにもお役目が終える時があります。 それは「 初潮」が来た時です。 「初潮」が来たクマリはお役目ご免となります。 果たして「生き神」として生きてきた人が、普通の人の生活に戻れるのだろうか? 答えは「 ノー」です こんなにも信仰の対象として崇められた彼女たちですが、お役目が終わったとたん、なんの恩恵も受けられません。 役目を終えたクマリとの結婚は不幸になるとさえ言われていました。 クマリに選ばれることは栄誉とされる一方、お役目が終わった後どうやって生きていったらいいのでしょう。 彼女たちの恐怖とはどれほどのものだったのかわかりません。 良かったな~と思いますが、こんな習慣はなくなってしまえばいいのにとも思います。 なぜ自分のことを大事にできないのか。 この「クマリ」であったころの「記憶」が「トラウマ」として大きく関係していることを思い出したのです。 ダダーーーン\ ^o^ /.

次の

ネパールの大祭で生き神「クマリ」の撮影に成功! ネパール人「運が良くなり幸せが訪れる」

クマリ 条件

ネパールのクマリに選ばれた3歳児のニュースを聞いて 第一印象は 「クマリに選ばれてかわいそう!」 ネパールの生き神「クマリ」という言葉を聞いたことがありますか? 初潮を迎える前の少女が選ばれ、ヒンズー教の女神「タレージュ(Taleju)」の化身として その任務を終えるまで親元を離れて暮らすクマリに、 このたび、3歳の女の子が選ばれました。 選ばれたのは、 トリシュナ・シャキャ(Trishna Shakya)ちゃん。 今後は、ロイヤル・クマリとして、 カトマンドゥのクマリの館と呼ばれる宮殿で付き人にお世話をされながら生活し、 外出は特別な儀式など年に13回と聞いて、 3歳でロイヤル・クマリに選ばれ、 初潮が来るまで、もしくは乳歯の生え変わりまでその任務を務めるとして、 数年は生き神「クマリ」として親元を離れて暮らすって 名誉なことだろうけど、幼くしてクマリに選ばれた本人にとっても 親にとってもつらいことなのではないかと感じました。 何より、ロイヤル・クマリってどうやって選んでいるの? 私だったら、子供がクマリに選ばれないように あえてその条件を満たさないようにしてしまうかも…と 同じ年頃の子供を持つ親としては、クマリの選別条件が気になったので 調べてみました。 Contents• ネパールの生き神「クマリ」って何? クマリは、英語ではKumariと表記。 ネパール王国の守護神として、女神タレージュの生まれ変わりとされる生きた女神のこと。 Kumariとは、「処女」という意味があるそうです。 クマリには、 ロイヤル・クマリと、ローカル・クマリがいる。 ネパール国王もひれ伏すロイヤル・クマリは、 カトマンドゥのクマリの館と呼ばれる宮殿で暮らし、国の預言者としての役目を果たす。 ロイヤル・クマリは1人、 ローカル・クマリはネパール国内に10人ほどいるという。 ネパールの生き神「クマリ」の役割は? 多くの人々から信仰を集め、絶大な力を持つクマリ。 人々の病気の治療や、 願いを叶える手助けをする。 インドラ・ジャートラーの祭りでは、 山車に乗りカトマンドゥの町を巡り人々の繁栄と成功の力を与える重要な役目を果たす。 預言者として、供物を受け取り、 その行動によって 預言をする。 日本語だと火の目でしょうか。 公衆の面前に出るときは、クマリ独特のメイクと衣装を着ることになる。 クマリの独特の衣装。 赤が基調で、華やかな髪飾りが施されている。 thelongestwayhome. livedoor. 娘がクマリになったのは良いことだが、私たちの元から離れてしまう寂しさもある」 さみしいですよ!! 3歳なんてまだまだママ、パパが恋しい時期。 親からしても一番かわいい時期でもあります。 初潮を迎えるまでクマリとして、 宮殿で生活するとなると初潮が来るのが早い子は10歳前に来るし、 12~13歳が多いかなという印象ですが、 あと7~10年くらい離れて暮らすんですよ! 最近では1週間に1回は母親に会えたり、家族で一緒に暮らす場合もあるそうです。 ローカル・クマリの場合は、普通に学校にも通い、 友達と遊んだりもしていたって普通の生活を送れるそうです。 ロイヤル・クマリの場合では、 友達は宮殿に招待したり、勉強も宮殿内でするなど 普通の子供としての生活は難しいようです。 子供が子供らしい時期を クマリとして捧げる。 ロイヤル・クマリは、外出は年に13回と言いますから、親としては 子供が自由に駆け回り、子供らしく過ごす時期を一緒に過ごせないのは さみしいなと切なくなりました。 確かに名誉なことですけどね・・・。 いったいどうやってクマリは選ばれているんでしょう? ネパールの生き神「クマリ」に選ばれる条件は?23個も条件があるらしい! クマリに選ばれるには、23個の条件やテストがあるそうです。 いろいろと調べてみましたが、23個全部は見つかりませんでした。 1.満月生まれ 2.処女である 3・健康である 4.白い歯で、隙間がないこと 5.20個歯が生えそろっていること 6.傷のないからだ 7.ベンガルボダイジュ(バンヤンツリー)のような身体 8.牛のような睫毛 9.獅子のような胸 10.鹿のような脚 11.ほら貝のような首 12.あひるのような柔らかく透き通り、響き渡る声 13.黒い髪 14.漆黒の瞳 15.モナリザのような笑顔 16.長く細い腕 17.やわらかい手足 18.ブラックナイトと呼ばれる儀式で108頭のヤギやバッファローが捧げられ、マスクをした男性が躍る中恐れを見せないこと 19.ヤギやバッファローの頭が並んだ暗い部屋で一晩一人で恐れを見せず過ごせるか 20.最終テストとして前クマリの所有物を目の前に並べられた複数物から選べるか 21.仏教徒であること ネパールの生き神「クマリ」の解任・退任のタイミングは? 初潮を迎えるタイミングや、乳歯の生え変わるタイミングなどだそうです。 ネパールの生き神「クマリ」のその後は?元クマリの少女のケース 退任したクマリには毎月7500ネパール・ルピーの恩給が支払われるそうです。 ネパールの平均月収は地域や仕事によってかなりの差がありますが、 平均的には15000ネパールルピーくらいのようです。 となると7500ネパール・ルピーは若い女性としての月収ではかなり良いほうなのではないでしょうか? 退任するのが10歳くらいだとしたら、10歳の女の子がそんな額をもらえるのは 家族にとっては大きいでしょうね。 thelongestwayhome. 現在は、サミタさんは、学校に通う典型的なスクールガールに! 音楽の発表会などに参加したり、友達と遊んだり 普通の女の子の生活を楽しんでいるそうです。 家族も元クマリの娘をとても誇りに思っているそうです。 thelongestwayhome.

次の

クマリ(ネパール)の選び方や条件は?その後や生活内容についても

クマリ 条件

ネパールのクマリとは何か クマリとは、 ネパールの国を守っている生き神のことをいいます。 ネパールの観光スポットとして、そのクマリが住む館 「クマリ・チョーク」が挙げられます。 そこに行くと、目の周りにくっきりと長いアイラインを引き、赤い服を着た美少女が姿を見せてくれるのです。 彼女こそが、ネパールの生き神、クマリです。 いきなり現れた美少女が神様だといわれても、よく理解できないですよね。 見た目は人間そのものですし、私も「まず神様って生きてるものなの? 」と思いました。 しかし、多くのネパール人の心の中では神々や善悪の目に見えぬ者たちは現実に存在していると考えられているのです。 日本でいえば、幽霊を信じるかどうかといった感じではないでしょうか。 日本は幽霊を信じる人もいれば、信じていない人もたくさんいると思います。 でもネパールではほとんどの人が霊や神様の存在を信じており、時にはそれらが人間に宿ると考えられています。 つまり、クマリと呼ばれる少女の中にヒンドゥー教の女神、 ドゥルガーが宿っているとネパールの人たちは認識しているわけです。 だからクマリは、ネパールを守ってくれる女神だといわれているんですね。 クマリになる条件 クマリは、 未婚の少女という意味を持ちます。 女神の宿る器として最も重要な条件は清浄性だとされていて、血の穢れをとにかく忌避します。 もっとわかりやすく言えば、処女じゃないといけないということですね。 いかにも神話っぽいなぁと個人的には思います。 クマリになる条件としては、 三十二相という身体的特徴を備えていることが挙げられます。 三十二個あるのでさすがにここで全てを挙げることはできませんが、つまりは 美しい体型で端正な顔でなければならないということです。 三十二相の中には、「膝まである長い手」など現実的ではないものも含まれています。 そのため、この三十二相は理想であり、理念的なものにすぎないと解釈されています。 かといって、三十二相に全く当てはまらない少女がクマリになることはできません。 主に、 歯が欠けていない、皮膚が美しく体に傷跡がない、大きな病気をしたことがない、などの条件が重視されています。 クマリになる条件は、これだけではありません。 他にも、三十二相の条件に当てはまる少女がカトマンズ(ネパールの首都)の ネワールの仏教徒でなければなりません。 ネワールとは、カトマンズ盆地一帯に居住する民族のことを指します。 ネパールでは全人口の5. 僕も、ネワールだよ。 他にも細かい規定はたくさんありますが、全てきっちり当てはまらなければいけない、というわけではありません。 細かい規定の中でも、今ご紹介した重要視される条件が当てはまっていればクマリになれる、という風にされています。 クマリの選び方 クマリの選び方としては、試験のようなものがあります。 上に並べたクマリの条件に当てはまるだけで、クマリになれるわけではありません。 クマリには、 精神的な素質が必要だとされています。 まず、候補者になるために両親が条件に当てはまると思う我が子をクマリ候補者に推薦し、クマリの候補者になります。 クマリの候補者として認められた者は、年間最大の祭りである 「ダサイン」8日目の真夜中に女神の祠堂といわれる場所に行きます。 しかし、女神の祠堂に行くことが目的ではなくその途中に、ある試験が行われます。 それは水牛の首を見ることです。 ネパールの「ダサイン」というお祭りでは生贄として、 108頭の水牛の生首をささげます。 その108頭もの生首を女神の祠堂にたどり着く間の石畳に並べ、クマリ候補者はそれを見せられます。 牛の角には明かりが灯されていて、照らし出された血の滴る生首を見て驚いて泣き出した者はクマリ失格となります。 この他にも、隣室で大きな恐ろしい音を立てたり、僧侶が恐ろしい姿で脅すという話もあります。 このいずれにも動じなかった者が、クマリとしての資格が十分だと認められます。 クマリはどのような生活をしているのか クマリに選出されると、カトマンズの クマリの館に移ることになります。 外出は儀式のときだけに制限されます。 家族はごく稀に行われる公式面会のときにしか会うことは許されません。 また、友人は世話係の家族か、あるいは同じ身分から選ばれた一部の人だけです。 クマリに選ばれてからは、大地に足をつけることがなくなります。 また、 クマリの姿を拝見することができれば、幸運が訪れると信じられています。 そのため、クマリの館の前の広場には多くの人が集まりますが、希望すれば謁見もできるそうです。 現在でも、多くの政治家や王族が恩恵を受けようとクマリを訪れています。 会話は許されていませんが、謁見した際のクマリの様子で拝観者の将来を占われるのです。 例えば、泣くか大声で笑った場合は重篤な病気、あるいは死が迫っていることを意味します。 沈黙であれば、願いが叶うとされています。 会話が許されていないので、ほとんどの場合が沈黙じゃないのかなぁとは思います。 クマリは、両親や家族とは離れた場所で教育係や世話係と過ごしています。 クマリはお祭りではどのような役割があるのか クマリは、ネパールを守ってくれる女神です。 つまり、 平和の象徴ともいえるわけです。 クマリを守護神として祀る習慣は11世紀半ばまでさかのぼります。 その背景は単純です。 当時のカトマンズの王の祖父がクマリ女神を祀ったことにより、他国との争いにおいて勝利を獲得し、繁栄したからです。 祖父の代のこの経験からクマリは祀られるようになり、平和の象徴としての存在になりました。 上でも少し紹介しましたが、クマリを一目見るだけでも幸せが訪れるとされています。 つまり、お祭りでクマリが姿を見せることによって少しでも多くの人の目に触れ、多くの人に幸せを届けることがクマリの役割になります。 まさに、 クマリは国に平和をもたらす神様という存在なのです。 クマリのその後(引退後) クマリとしての役目を終えたその後は、何も特別なことはありません。 その身体から女神はすでに抜け出たものだとされ、普通の女性として生活していきます。 しかし、クマリとしての役割を終えたその後普通の女性として生きていくには、困難が伴うと考えられています。 クマリであった時には、神として周りの人に扱われていました。 時には、国王や政府高官からも頭を下げられるような生活を送ってきたので、いきなり一般的な生活には馴染めないそうです。 さらに、クマリであった者の 結婚は不幸に終わり、最初の夫は早死するといわれています。 このため、未婚のまま生涯を終える元クマリの女性が多かったです。 しかし、ネパールも近代化が進みクマリへの信仰心が弱まっている部分もあります。 現在では、クマリであった女性が大学で勉強したり、無事に結婚して子供に恵まれたという話も多くなってきています。 昔に比べて、元クマリの女性に対する抵抗感は弱まってきているというのが実情なのです。 ネパールのクマリ:まとめ 無宗教な人もいる日本ではクマリという存在はかなり珍しく、新鮮なものなのではないかと思います。 ネパールでは、今でもクマリを一目見ることができれば幸せになれる、と信じられています。 他国の人であっても、クマリを見るチャンスはあります。 ネパールでは年に2回ほど、クマリを祀るためのお祭りが開催されています。 そこでは、必ずクマリが姿を見せてくれます。 機会があれば、ぜひ行ってみたいですね。

次の