フューエル セル。 ニューバランス FUEL CELL(フューエルセル)シリーズ考察

ホンダ クラリティフューエルセル 価格・車種カタログ情報

フューエル セル

搭載した燃料電池(FC)で水素と酸素を電気化学反応させて発電し、発生した電力でモータを駆動して走行する電気自動車(EV)の一種。 排出されるのは水(水蒸気)だけという究極の低公害車(ZEV)で、発電用水素の補給には圧縮水素を高圧容器に充填した純水素型が一般に使用されるが、開発初期のFCVでは、改質器を用いてメタノールから水素を取り出す方式も検討された。 自動車メーカ等によるFCVの開発は1990年代の初頭から始まっているが、ある程度まとまった数量のFCVの市場投入は2015年以降とされている。 2014年12月には、トヨタが量販市販車としては世界初のFCV(MIRAI;後述)を発売している。 FCVの開発には莫大な投資を要するため、トヨタはBMWと、ホンダはGMと、日産はダイムラー及びフォードとそれぞれ共同開発を進めている。 なお、FCVには小型車以外に大型バスや2輪車もあり、前者はトヨタと日野自動車が、後者は各2輪車メーカが開発を進めている。 東京都では、2020年のオリンピック開催年までにFCVを6千台、FCバスは100台の導入を掲げ、水素ステーション(前述)も35箇所(移動式を含む)の設置を計画している。 FCVはFCEVとも。 FCVの燃料となる水素の製造には一般に電気を多く用いるため、この電気を太陽光か風力などの再生可能エネルギーで発電しない限り、究極の低公害車にはならない。 参照 出典 『最新版 自動車用語辞典』 株式会社精文館.

次の

ニューバランスも参戦!カーボンプレートシューズ「フューエルセル TC(FuelCell TC)」3月9日発売

フューエル セル

ニューバランスの新作ランニングシューズ「FUELCELL PROPEL v1」の「BLACK MULTI」 今シーズン、ニューモデルとしてリリースされることになった「FUELCELL PROPEL v1(フューエルセル プロペル v1)」は、これまでのニューバランスのランニングシューズとは異なる感覚のクッション性と反発性を発揮し、抜群の推進力を感じられる1足であるという。 ニューバランスは以前にも、「フューエルセル」の名を冠したスポーツシューズをリリースしていたが、ミッドソール上層部がスポーツシューズ業界では最も一般的な「EVA(エチレンビニールアセテート)」系素材、下層部が「TPU(熱可塑性ウレタン)」に窒素を含有させた素材という2層構造を採用していた。 いっぽう今回のプロダクトは、リニューアルした「フューエルセル」をフルレングスで採用。 同新素材は、「EVA」系素材をニューバランス独自の配合によりやわらかく軽量に仕上げており、従来の「フューエルセル」とはまったくの別物だとという。 ウィズ(足囲)は、Dと2Eの2種類で展開 立った状態でもフワフワとした感触を足裏に得られる! 「フューエルセル プロペル v1」は、一見するとかなりボリューミーで、配色もあいまって、「ちょっと重いかも?」という第一印象だったが、手に持ってみると予想に反してかなり軽い。 実際に足を入れてみると、前足部はゆったりとしていて、指が自由に動かせるくらいにつま先部分はルーミーないっぽうで、かかと部分はしっかりとフィットしている。 今回履いたのは、標準的なDウィズ(足囲)だが、カラーコンビネーションによってはDウィズだけでなく、より幅広な2Eウィズも用意しているというから、これまで足幅が原因でシューズ選びに悩まされてきたランナーにも朗報と言えるだろう。 前足部は標準的なDウィズ(足囲)でも、かなりゆったりしている 今回採用された「フューエルセル」フォームは、立った状態でもフワフワとした感触を足裏に得られる。 実際に走り始めると、「こういう感じで弾むような走り心地になるのかぁ……」という、従来のニューバランスのランニングシューズにはなかった走行感。 クッション性も高いが、反発性のほうをより重視しているのは明らかで、推進力を真っ先に感じられる。 それでいて無理やり速いペースで走らされる感覚はないので、自分のペースでファンランしたいランナーにもピッタリだと思う。 ミッドソール自体もかなり厚めで、フワフワした走り心地はファンランナーから支持されそうだ アッパーの中足部からかかと部分にかけて、新機能の「トレース ファイバー」を採用。 抜群の足群の足なじみとサポート性を提供している フワフワした感覚のミッドソールを採用したシューズは、得てして安定性に不安を覚えるものだが、このシューズではその心配は無用。 フレアなアウトソールが着地から蹴り出しまで、余分な揺れを防いでくれた。 アウトソールはかなりのワイドタイプで、走行時にほとんどグラつきを感じないほどに安定性が高い。 アスファルトやコンクリートといった舗装路で最高のグリップ性を発揮するアウトソールパターンだが、土の上でも滑って走りにくいということはなかった 【まとめ】5〜6分/km台で走るのにピッタリなシューズ 1度目と2度目は日課の6kmランで、3度目は距離を伸ばして10km走ったが、本当に推進力が高くて、楽しく走れるシューズだと思った。 メーカー希望小売価格が税込でも13,000円しないという点もうれしいポイント。 しかしながら、ペースが4分/km台になるとスピードを上げにくくなったのも事実であり、個人的には5〜6分/km台で走るのにピッタリなシューズだと思った。 これよりも速いペースで走りたい場合は、同時に発売されている「フューエルセル レベル」のほうをオススメする。 こちらもトライしているが、より速いペースに向いているのは明らかで、「フューエルセル フォーム」の走行感をより速いペースでトレーニングやレースで感じたいというランナーには、「フューエルセル プロペル v1」よりも「フューエルセル レベル」のほうがマッチしているはずだ。 いずれにしろ、「フューエルセル」フォームを採用したプロダクトは、ランニングシューズ選びに新たな選択肢を提供してくれることになるだろう。

次の

【人生最後に乗るならこの3台/塩見智編】『学習』より『科学』派ならば、燃料電池車(ホンダ・クラリティ)にワクワクせずにいられない!|軽

フューエル セル

ニューバランスは、新しいランニングシューズ「FUELCELL(フューエルセル)」を、4つのシリーズで順次販売を開始します。 新たなデザインや素材を試しながら何十足ものプロトタイプを試作し、ニューバランスの中で最も高い反発弾性を備えたミッドソール素材「FUELCELL(フューエルセル)フォーム」が誕生したました。 求めるスピード、走りたい距離やシーンに応じて4つの「FUELCELL」シリーズが登場します。 カーボンファイバープレートを組み合わせたミッドソールをもつ「FUELCELL 5280」をはじめ、「REBEL(レベル)」「PROPEL(プロペル)」「ECHO(エコー)」の各シリーズが、求めるスピード、走りたい距離やシーンに応じたチョイスができます。 「FUELCELL」シリーズは、ハイレベルなエナジーリターンを実現し、ランナーにこれまでにないスピードを感じさせてくれるシューズです。 「FUELCELL」シリーズ ラインアップ 4つのシリーズ展開をする「FUELCELL」は、レーシングシリーズをはじめ、トレーニングシーンや、普段使いとしても使えるモデルも発売します。 FUELCELL 5280 Team NB最速のロードマイラーであるジェニー・シンプソン選手のデータから構築された「5280」は、トラックスパイクの構造をロードシューズに転用した新感覚のレーシングシューズです。 超高反発の新ミッドソール素材「FUELCELLフォーム」のミッドソールにマルチダイレクションカーボンファイバープレートを組み合わせ、推進力を後押しします。 ジェニー・シンプソン選手は、毎年ニューヨーク5番街で開催されるマイルレース「5th Avenue Mile」で「5280」を履いて7度目の優勝を達成しています。 「FUELCELL 5280」は、2019年9月12日(木)12時より公式オンラインストア限定で発売されます。 0-27. 0-25. 5cm FUELCELL REBEL(フューエルセル レベル) 高い反発性と軽量性を実現した「FUELCELLフォーム」をフォアフットに搭載し、蹴り出しの際に弾むような推進力を提供する「FUELCELL REBEL」。 ミッド~フォアフットでの着地時に安定性をサポートする独特なソール形状が特徴。 ステッチワークでアッパー剛性を最適化する新技術「TRACE FIBER(トレースファイバー)」を採用したアッパーは、最上のフィット性をもたらすソックライナー仕様と相まって、レースからトレーニングまでスピードランを心地よくサポートします。 0-29. 0-25. 5cm FUELCELL PROPEL(フューエルセル プロペル) 高い反発性と軽量性を実現した「FUELCELLフォーム」をフルレングスで搭載し、足裏全体でリバウンド効果を実感できる「FUELCELL PROPEL」。 エンジニアードメッシュアッパーの剛性をステッチワークで一段と高める新技術TRACE FIBER(トレースファイバー)を採用。 最上のフィット性をもたらすソックライナー仕様。 弾むようなライド感でスピードを感じる1足。 0-29. 0,30. 0-25. 5cm FUELCELL ECHO(フューエルセル エコー) 高い反発性と軽量性を実現した「FUELCELLフォーム」をフルレングスで搭載した「FUELCELL ECHO」は、70年代のニューバランスレースシューズのサドルデザインなどをアレンジしたデザインが特徴。 弾むようなライド感がランニングシーンだけでなく日常生活でも一歩一歩をアクティブにします。 「FUELCELL ECHO」は、2019年10月発売予定です。

次の