ソフトバンク メリハリ プラン と は。 【2020年版】ソフトバンクの新料金プランは高額に!?|今までとの変更点をまとめる|すまにあ!

基本プラン 基本プラン(音声)/基本プラン(データ)

ソフトバンク メリハリ プラン と は

ソフトバンクから2020年3月12日より、新しい料金プランとして「メリハリプラン」が提供開始されました。 メリハリプランは、 月間50GB分のデータ量が利用できる上に、対象の動画とSNSはギガノーカウント(データ量を消費しない)という 特徴があります。 そして、いよいよ3月27日、2機種の5G対応スマートフォンとともに、ソフトバンクの5Gサービスが開始されます。 その 5Gの対応主要プランとしても、メリハリプランは選ばれています。 本記事では、メリハリプランの詳細について確認します。 関連記事:「」 目次• メリハリプランの概要 ソフトバンクの「 メリハリプラン」は、2020年3月12日に提供開始された料金プランです。 メリハリプランのサービス内容は、毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「動画SNS放題」の対象サービスが利用でき、各種割引により最安3,480円~利用できる仕組みです。 ちなみに、50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化されますが、追加データを購入することで速度制限されずに高速通信を利用することが出来ます。 メリハリプランではこれに加えて 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下の場合、自動的に1,500円割引となり、最安1,980円~利用できるという点が新たに追加されています。 ただ、月間2GB以下のデータ利用量だと自動的に1,500円割引になるという点は魅力的ではあるものの、 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下のみ対象という点は要注意です。 例えば、動画SNS放題の対象サービス以外のデータ利用を1GB程度で収めたとしても、動画SNS放題で5GB程度利用してしまうと、データ量カウントは合計6GBとなり、この場合は2GB以下の1,500円割引の対象にはならず、割引されません。 どうにか2GB以下の割引を受けたいと意識してしまうと窮屈な印象をうけますが、そう考えるよりも動画SNS放題のメリットを思いっきり生かして利用する方が良いでしょう。 メリハリプランの料金 ここからは、メリハリプランの具体的な料金について確認します。 この2つを組み合わせた総称が「 メリハリプラン(計7,480円)」です。 メリハリプラン(計7,480円)をベースとして、 動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下であれば1,500円割引されます。 ここまでは、ユーザーの契約状況に関係なく、メリハリプランを契約する全ユーザー共通です。 さらに、ここから契約状況に応じて 3種類の割引が適用されます。 新規契約または機種変更を条件として毎月1,000円を最大半年間割引する「 半年おトク割」• ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約することで毎月1,000円割引する「 おうち割 光セット」• これらを合計して、メリハリプランで動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下かつ各種割引を全適用した場合に最安1,980円~利用でき、2GBを超過した場合は最安3,480円~利用できる仕組みです。 メリハリプランで使い放題対象になる動画・SNSサービスについて メリハリプランは、毎月のデータ量を50GBまで高速通信で利用できることに加えて、 対象の動画・SNSサービスであればギガノーカウント、つまり「使い放題」となります。 メリハリプランにおけるギガノーカウント(データ量を消費しない)対象サービスは、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの全14サービスです。 ウルトラギガモンスター+と全く同じですね。 上記14サービスは現時点のものですが、今後も使い放題対象サービスが順次追加・変更される予定です。 動画SNS対象サービスでも使い放題対象外に注意! メリハリプランは対象の動画やSNSが使い放題となるのがメリットではあるものの、 動画SNS放題対象サービスであるにも関わらず「動画SNS放題」の対象外、つまりギガ消費されるケースがある点には注意しておきましょう。 使い放題の対象サービスにおいてデータ量カウント(ギガ消費)されるケースは以下の通りです。 一般的な利用であれば、ほぼギガノーカウントで利用できそうです。 しかしながら、 YouTubeのライブ配信投稿や、LINEの音声通話/ビデオ通話が対象外通信になるのは非常に注意が必要です。 また、 Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合もデータ量がカウントされます。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 メリハリプランは、2年契約なし!解約金なし! ソフトバンクでは、2019年9月13日以降に提供開始している料金プランを2年契約なし、解約金なしの料金体系で提供しています。 ソフトバンクの「メリハリプラン」もこれと同じく、 2年契約の縛りや解約時の負担金も発生しません。 もし、現在2年契約や解約金ありの料金プランを契約中のユーザーは、メリハリプランへ変更して2年契約と解約金がないプランへ切り替える、という選択肢もありだと思います。 メリハリプランの通信速度制限について ソフトバンクは、メリハリプラン利用時における通信速度制限について以下の通りに定めています。 一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、通信速度を制限することがあります。 一般的な使い方であれば、大きく制限されることは少ないでしょうが、普段からスマホで動画やゲームなどをよく利用するユーザーは、速度制限がかかってしまう可能性はゼロではないかもしれません。 メリハリプランでテザリング利用してもギガノーカウントなのか? テザリングとは、スマートフォンやタブレット(親機)にパソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)を接続することで、ソフトバンクの通信サービスエリア内であればLAN回線がない外出先でも、それらの外部機器でインターネットを利用できる仕組みのことです。 メリハリプランの、 動画SNS放題のギガノーカウント対象のコンテンツについて、 テザリングを利用してパソコンやタブレットで利用した場合にも対象になるのかが気になる方もいらっしゃると思います。 その答えとしては、 全く問題なく対象になります。 つまり、 メリハリプランを契約したスマホから テザリング接続でパソコンやタブレットを繋ぎ、対象の動画やSNSを長時間視聴しても、データ容量にはカウントされませんので安心です。 ただし、メリハリプランでテザリングを利用する為には月額500円の「 テザリングオプション」へ加入する必要があります。 メリハリプランのメリットとデメリット ここからは、メリハリプランのメリット、デメリットについて考えてみます。 メリット デメリット• 毎月50GBたっぷり使える• 対象の動画とSNSが使い放題なのは嬉しい• 動画SNS使い放題対象サービスを含めて月間2GB以下でおさまると1,500円割引される• 動画SNS対象サービスを含めた月間データ量2GB以下の割引はハードルが高い• 通話オプションの割高感• 対して、メリハリプランのメリットは、毎月50GBたっぷり使えること、動画SNS使い放題対象サービスはギガノーカウント(データ量消費しない)となること、対象サービスを含めた月間データ量が2GB以下だと1,500円割引されることが挙げられます。 メリットやデメリットに関しては、実際に利用するユーザーの契約状況や環境によって印象が異なるため、良し悪しを簡単に判断することは出来ません。 公式: メリハリプランとソフトバンク光をセット契約してオトクに使いたい ここまで確認した通り、メリハリプランは 使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えると1,500円割引されます。 そもそも、メリハリプランは対象サービス使い放題に加えて50GBも使えるプランですから、対象データ量が2GB以下でおさまるというケースは珍しいかもしれません。 とは言え、利用状況によっては一時的にデータ量を使わない月があり、2GB以下でおさまるという場合もあるかもしれません。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すというイメージです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わずソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、メリハリプラン契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 メリハリプラン契約者はソフトバンク光でWi-Fi環境を整えることで、おうち割 光セットで毎月1,000円割引が確実に適用され、なおかつ使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合は1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。 特に現在、他社インターネットを利用中の方・またはインターネットを利用していない方は、ソフトバンク光へ乗り換えてメリハリプランとセットで契約し、オトクにネット使い放題の環境を整えましょう。

次の

ソフトバンクのメリハリプランは申し込むべき? 他プランとの比較や注意点を解説

ソフトバンク メリハリ プラン と は

メリハリプランはウルトラギガモンスター+と似てるかも 新しくリリースされる「メリハリプラン」の特徴を調査し、まとめたものは下記の通りです。 3月12日スタート• 毎月50GBまで使える• 動画SNS放題で無料通信あり• データ量が2GB以下の場合1,500円割引• データ量2GB以上 6,500円/月• データ量2GB未満 5,000円/月• データシェアプラス不可っぽい ほぼ「ウルトラギガモンスター+」と一緒なのですが、このプランのお得な特徴として「データ量が2GB以下の場合1,500円割引」がプッシュされているものの、コレには大きな落とし穴があります。 この「データ量」には「動画SNS放題」で使用料にカウントされない通信分も含まれており、例え有料通信が0GBだったとしても無料通信を含む総通信量が2GBを超えれば1,500円割引は適用されません。 このプランをお得に使うなら常に全通信で毎月2GB未満にしなくてはならず、実際に適用されるユーザーはほぼほぼ存在しないでしょうし、なんなら他のプランにする方が賢いと言えます。 また現時点で家族間で残りデータ通信量をシェアできる「データシェアプラス」が適用できないようなので、今まで家族間でデータ通信量をやりくりしていた人たちにとってはデメリットしかない事になります。 つまり毎月かなりの通信を行い家族で通信料をシェアしているなら、確実に「ウルトラギガモンスター+」据え置きの方がお得であると言えます。 この「メリハリプラン」に合致する人は文字通り、月ごとに極端に通信したり通信しなかったりするメリハリのある使い方をする人だけだと言えますね。 これから新しくSoftbankを契約する人も、プラン変更を考えている人も3月11日までに「ウルトラギガモンスター+」で契約する方が良いでしょう。 まとめ 正直メリットと言えるメリットが見当たらず(2GB以下の場合1,500円割引が無理ゲー)、Softbankが早々にお得な既存の一部データプランの新規受付を廃止するのも納得の結果と言えます。 もし悩んでいる方がお近くにいる場合は、ほぼほぼメリットが無いのでなるべく「ウルトラギガモンスター+」を勧めてあげてくださいね。

次の

【ソフトバンク】ソフトバンク新料金プラン!メリハリプランとは何か?ウルトラギガモンスター+と何が違う?5Gは対応している?

ソフトバンク メリハリ プラン と は

ソフトバンクから新たに提供される「 メリハリプラン」の解説です。 メリハリプランは、ソフトバンクの料金プラン 「ウルトラギガモンスター+」の後継となるプランで、 50GBの大容量、 動画SNS放題が利用可。 初めて 5Gにも対応するプランです。 ウルトラギガモンスター+は2020年3月11日で新規の受付が終了となります。 そして新たに追加された特長として、 データ利用が 2GB以下の場合に 自動で1,500円割引 があります。 そう、 「勝手に割引」と言われているものですね。 ここでは メリハリプランの特長・料金・従来プランから変更になった点、そして ソフトバンクの料金体系までを分かりやすく解説します。 料金シミュレーションもありますので毎月の料金の参考にしてみてくださいね。 この記事の目次• メリハリプランとは メリハリプランは 「データプランメリハリ(通信料金)」+「基本プラン(音声)」の総称。 つまり 定額の通信プラン(50GB)と、 通話プラン(話した時間に応じて課金)がセットになった料金プランということになります。 (月額料金のイメージは下図参照) ではこの 通信プランと通話プランをそれぞれ解説していきましょう。 割引はずっと適用される この割引は期間限定ではなく永年、つまり加入している限りは ずっと適用されます。 動画SNS放題 前プランのウルトラギガモンスター+に引き続き、指定の動画・SNSサービスの利用時にはデータ容量を消費しない(カウントフリー)の 「動画SNS放題」が適用されます。 動画SNS放題の注意点 ただし注意点があります。 2GB以下の割引については、割引適用の基準として動画SNS放題の利用もカウントされます。 ソフトバンクで共通の通話プランですね。 ほとんど通話しない(発信しない)という方は不要です。 ただしこれはこのオプション内に「iPhone基本パック」または「スマートフォン基本パック」で使える 下記サービスが含まれるようになったから。 ソフトバンクには機種購入時のサービスとして 「トクするサポート」が利用できます。 これは機種代金の支払いを 48回分割にして、24回支払い後に「ソフトバンクに機種変更&機種の返却」をすると 残りの支払い分が免除されるというもの。 「トクするサポート」が分かる解説 「動画SNS放題」とは? 動画SNS放題とは、特定のサービスであれば データ量を消費しないで利用できるシステムのこと。 メリハリプランに加入の方は下記サービスを利用する際に データ容量を消費しません。 ただし、各サービスの 利用料(有料の場合)は別途かかりますのでご注意を。 この場合、利用中の方にも適用されるので常に内容をチェックするようにした方が良いでしょう。 データを消費してしまう場合があるので注意 上記サービスの利用時でも 使い方によってはデータを消費する場合があるので注意が必要です。 ソフトバンク公式: 勘違いしやすいポイント(重要) 割引条件「2GB以内」には動画SNS放題の利用も含まれる 動画SNS放題は、もちろんメリハリプランでも利用可能。 データ容量を消費しない(ノーカウント)で利用することができます。 しかし、そうなると「2GB以内なら1,500円割引」なので、 動画SNS放題のサービスだけを利用して2GB以内に抑えれば毎月ずっと割引が受けられるのでは?と思う方もいるかもしれませんね。 しかし残念ながら、 動画SNS放題の利用分も割引の基準としてカウントされてしまうんです。 毎月ご利用のデータ量( 動画・SNS放題の対象サービス利用分も含みます)が2GB以下の場合、定額料から1,500円を割引します。 つまり動画SNS放題のサービスを2GB以上使った場合、容量からは消費されませんが割引の基準としてみた場合は「2GB以上使った」ことになる。 ということですね。 よくあるギモン メリハリプランを解約すると違約金は? 2年契約などの縛りはなく、違約金も不要。 少し前までは、ソフトバンクでも 2年契約に加入することで基本料金が割引になり、その代わり契約期間途中に解約などした場合には 違約金の支払いが必要でした。 いわゆる 「2年縛り」というものです。 しかし現在、ソフトバンクでは新規加入できる 全てのプランで「縛り」を撤廃。 つまりメリハリプランに加入して1年未満に解約したとしても、 違約金は発生しません。 テザリングは使えるか? テザリングとはインターネットに接続できない環境でも、スマホを介して他の機器でネット接続が可能になるサービスのこと。 つまりスマホがWiFiルーター代わりになるということです。 テザリングが分かる解説 データくりこしは使えるか? データの繰り越しは不可 データくりこしは、その月に余ったデータ量を翌月のデータに上乗せして利用できる便利なサービスですが、メリハリプランでは 利用することができません。 50GB以上使うとどうなる? 月末まで速度制限がかかります。 メリハリプランでも従来のプラン同様、その月のデータ利用量が50GBを超えてしまうと速度制限がかかり、その月の末日までは 通信速度が低速化(最大128kbps)します。 メールやWEBページの閲覧などはかろうじて行えますが、動画など通信速度が必要なサービスは低速のため、まともな利用が出来なくなるのでご注意を。 速度制限がかかってしまった場合は、 データを追加購入しチャージするか、翌月になるまで待つしかありません。 追加データの購入価格 1GB 1,000円 0. 5GB 550円 チャージ後、5分程度で速度制限が解除されます。 絶対に低速化させたくない場合は「オートチャージ」設定に。 オートチャージの場合、最初に自動購入を行う200MB前にお知らせします。 使いすぎを防ぐため 自動チャージする回数の上限を決めておくことも可能。 (1~10回・無制限) 公式: もうひとつの新プラン「ミニフィットプラン」 メリハリプランがミドル&ヘビーユーザー向けの料金プランとするならば、ライトユーザー向けに提供されるのが 「ミニフィットプラン」です。 これは、旧「ミニモンスター」の後継プランで、 0GB~最大5GBまでデータ利用量に応じて料金が3段階に変動します。 「ミニフィットプラン」の詳しい解説はこちら メリハリプランとミニフィットプランの比較 メリハリプランは 最大50GB、ミニフィットプランは 最大5GBまでの容量となっています。 確実に5GB以上使う。 という方は当然メリハリを選べば良いのですが、 0~5GB以内の利用が多い場合はどちらを選ぶべき?なのでしょうか。 どっちを選ぶべきか? 自身の利用傾向をみて、 毎月のデータ利用の平均が1GBを超えるかどうかが判断の分かれ目になります。 毎月のデータ利用が 1GBを超えるならメリハリプランのほうがお得になっています。 メリハリプランとミニフィットプランの利用データ量ごとの料金比較 データ量 ミニ フィット メリハリ ~1GB 3,000円 1,500円割引で 5,000円 1GB超 ~2GB 5,000円 2GB超 ~5GB 6,500円 6,500円 5GB超 ~50GB — 上の表からもお分かりのように、 ~1GBまでの利用なら ミニフィットプランのほうが安い 1GB超~2GBまでの利用なら 料金は同じ(動画SNS放題がある分メリハリがおトク) 2GB超の利用なら メリハリプランのほうが安い ということになりますね。 メリハリプランで利用できるキャンペーン 半年おトク割 特典: 毎月1,000円割引(6か月間) 割引期間: 6か月 半年おトク割は新規契約・MNP・機種変更の方がメリハリプランに加入すると適用される割引キャンペーン。 6か月間に限り毎月1,000円の割引が受けられます。 みんな家族割+(プラス) 特典: 毎月500円~最大2,000円割引 割引期間: 永年(ずっと) 「みんな家族割+」が分かる解説 みんな家族割+(プラス)は、ソフトバンクの家族割引グループに申し込み・加入して特定の条件を満たせば自動的に適用される割引キャンペーン。 家族2人以上のグループであることが割引を受ける条件となります。 家族割引グループ内で対象のプラン(メリハリプランも対象)に加入している方のみが割引を受けられます。 その 割引額はグループの人数によって変わります。 おうち割光セット 特典: 毎月1,000円割引 割引期間: 永年(ずっと) おうち割光セットは、ソフトバンクの各端末(スマホ・携帯・タブレット・WIFIルーターなど)と 「固定インターネット回線」をセットで契約することで対象となる割引キャンペーン。 初めての「5G」対応プラン メリハリプランは ソフトバンク初の「5G」対応プランです。 いよいよ5Gがスタート! 2020年3月27日から5Gのサービスがソフトバンクで開始されます(5G対応のスマホ2機種も発売開始)。 5Gとは「第5世代移動通信システム」のこと。 超高速通信・低遅延・多数同時接続が可能になり、生活における通信のあり方が一変すると言われています。 まだまだエリアが狭く、多くの人が恩恵を受けられるようになるには時間がかかりそうです。 公式: とはいえ、基本料も 2年間は無料(8月末までの申し込み分)なので、申込んでみるのもアリかと思います。 2年間でどこまでエリアを広げられるか・・ですね。 料金シミュレーション 各ケース別の月額料金をシミュレーションしてみましょう。 購入する機種を含めた月額料金を知りたい方はこちらをお使いください。 データ利用量が50GBを超えると、 その月の末日までは通信速度が低速化(最大128kbps)します。 時間帯によっては、動画やゲームなどのサービス利用で転送される データ量の混雑を招く恐れがある場合に通信速度が制御される可能性があります。 一定の時間内に大量のデータ通信を続けた際、機械的な通信とソフトバンクが判断した場合には速度制限がかかる可能性があります。 まとめ・総評 メリハリプランのまとめ メリハリプランはウルトラギガモンスター+の後継となる料金プランで 動画SNS放題や 50GBの大容量である点など基本は同じ。 データ利用が2GB以内の月は1,500円割引となるのが特長で、初めて 5Gにも対応。 ただし割引の基準となる 「2GB以内」には動画SNS放題のサービスも含まれるため注意が必要です。 通話プランは「基本プラン(音声)」一択。 ここに 定額オプションを追加することで定額通話(かけ放題)が可能となります。 定額オプションには留守番電話機能などの 各有料オプションが含まれるようになったため、 従来に比べて300円ほど値上がりしています。 ただし2020年8月末までの申し込みで 2年間無料に。 そして同時にライトユーザー向けのプランとして提供されるのが 「ミニフィットプラン」。 毎月のデータ利用が 平均で1GB以内であればメリハリプランよりもお得になります。 総評 「めりはり」とは、もちろん日本語で元々は音楽用語だったようです。 強弱をつける、緊張・緩和などの意味で使われます。 めりはり【減り張り・乙張り】 ゆるめることと張ること。 特に音声をゆるめることと張り上げること。 音の高低。 このプラン名にはデータを全く使わない月とそうでない月とで 料金的に「強弱」をつける。 という意味を込めたのでしょう。 2GB割引の恩恵を受ける状況は少ない? 先に述べたように、メリハリプランの最大の特長は2GB以下での 「勝手に割引」です。 ただ、このプランを選ぶユーザーはそもそも2GB以内の利用を想定していないわけで、 毎月割引を受けられる方は少数に限られるのではないかと思います。 つまり、 通常の利用量は2~50GB内だけど、たまに1GB以内の月のときもあるという方 にオススメのプランと言えるでしょう。 (常に1GB以内の通信量であればミニフィットプランがおすすめ) 5Gについても、対応エリアはまだまだ狭いですが8月末までの申し込みなら 2年間基本料が無料なので是非試してみてはいかがでしょうか?(5G対応機種は必要です) それではまた! ソフトバンクへ新規契約・MNPする方へ 自宅で楽々手続き。 スマホ料金を安くする! 当社、ソフトバンク正規取扱店 「スマホ乗り換えドットコム」のご紹介です。 ソフトバンクへ新規契約・乗り換え(MNP)の方に キャッシュバックMAX還元中! 業界「最速」キャッシュバックでさらにお得に! 当社の現金還元はソフトバンクへの 新規契約・MNPの方限定。 ご自宅手続きなら翌週お振込み、ご来店なら当日お渡し(プランはどれでもOK、有料サービス加入などの条件も不要です)。 キャッシュバックは人数分。 契約する人数分の現金還元(2人なら2倍)をお渡し致します。 機種代金からの割引も可。 キャッシュバックは 毎月の機種代金から割り引くことも可能。 月々の請求額が通常よりも大幅に抑えられます。 自宅で全ての手続きが完結。 来店もOK。 ネットからソフトバンクのお手続きが可能。 申し込みから最短3日でお手元に機種をお届けします。 もちろん 送料無料。 機種が届いたら、ソフトバンク 開通センターにお電話1本するだけで開通完了。 それまでご利用中の機種は普段通りお使いいただけます。 ご来店(全国2店舗)の方は ・の2店舗ありますので、お近くにお住まいの方は 待ち時間ゼロで 即日契約できます。 キャッシュバックは その場でお渡し。 まずはお気軽に問い合わせください。

次の