行政書士 何から勉強。 【行政書士試験】独学の勉強法

行政書士に最短合格するための勉強法のコツ|独学での勉強時間やスケジュール管理の裏技を紹介!

行政書士 何から勉強

行政書士試験はいつから勉強する? 行政書士に必要な勉強時間は? 行政書士試験の試験科目には、大きく、• 憲法、行政法、民法といった法律科目• 政治・経済・社会などの内容を問われる一般教養科目 の二つがあります。 このように幅広く出題される行政書士試験に初学者が合格するためには、 一般的に1000時間弱必要だと言われています。 行政書士の勉強はいつからやればいい? 大変とは思いますが、通勤時間や家族が寝た時間、休日などを活用すると、何とか3時間は確保できるかと思います。 そこで、 平日と休日の勉強時間の平均を1日3時間として計算してみると、だいたい10~11か月の学習が目安ということになります。 ですので、毎年、 試験がある11月からさかのぼって、前年の12月くらいから 学習を始めれば十分合格できると思われます。 また、仕事や大学などで法律に触れたことのある人であれば、その程度に応じてより短期間に合格することも可能でしょう。 1日3時間の勉強時間が取れない場合は、数年かけて長期間で行政書士を目指すことも可能ですが、あまり長い年月かけすぎても法改正などがあるため、かえって大変になる可能性があります。 私個人的には1~2年くらいで短期決戦で行政書士資格を目指した方がいいと思います。 多くの資格試験がそうですが、試験で学んだことも実際の業務では使わないことも多いので、短期で受かって早く実業を積まれた方がいいように思います。 実際に仕事を始めてからの方が勉強が必要なようにも感じています。 行政書士の勉強の計画を立てるなら… また、試験の話ではないので補足ですが、 資格とった後は他の士業や他の行政書士と仕事を取り合うようになります。 なので、行政書士の資格と• 今まで取った資格• 今までの経験 を組み合す感じで争う必要があります。 なので、 他の資格や今間の経験を含めて、今後の計画を立てられたら、もっといいと思います。 例えば• 社会保険労務士も取得してダブルライセンス• 宅建やFPなど組み合して相続関系• 語学が得意なら入管関係 なども考えたうえで、資格取得を目指していきましょう。 行政書士試験の勉強方法は? 行政書士試験の勉強方法としては大きく、• 独学派の方• 予備校派(通信学習を含む) に分かれると思います。 そこで、両者のメリットとデメリットを考えてみましょう。 行政書士を独学で勉強すると 独学のメリット 独学派のメリットは、何より、お金がかからないことです。 後述するように、予備校の通学・通信講座を受講すると、それなりにお金がかかります。 もっとも、独学派でも、試験用のテキストであったり、過去問集など問題集の購入にはお金がかかります(人によりますが、テキストと問題集各1冊で、7000円~1万円程度)。 なお、版が古い本を使う少数派もいますが、法律には法改正などがあり、答えが変わったりすることもあるので、注意です(できれば最新版の書籍で勉強した方が良いです)。 独学のデメリット 独学派の悩みとしては、特に一人で勉強している人にありがちなのですが、勉強をサボりがちになってしまいやすいことにあります。 また、試験に関する必要な法改正などの情報を入手するのが通信派の人よりも難しいところがあります。 独学で行政書士に合格するために 上記のデメリットを踏まえると、 独学派の人は、• どうやって試験に向けて勉強計画を立てるか• 立てた勉強計画をきちんと実行するにはどうするのか という点を意識して勉強すれば、最高のコストパフォーマンスだといえます。 また、個人的には、法改正などで必要な知識は、インターネット等でたまにチェックしておけば十分だと思います。 スポンサーリンク 行政書士を予備校(通信)で勉強すると 予備校(通信)のメリット 予備校派の最大のメリットは、勉強を始めた(特に、大学・仕事などで法律に触れたことのない)初学者にとって、スムーズにインプットできる点が挙げられます。 法律は、「債権」など、目に見えない概念を取り扱うこともあって、どこからどうやって勉強すればよいのか、初学者には難しいところがあります。 そのため、法律のイメージや試験に必要な知識を教えてもらった方が、早く問題演習に取りかかりやすくなります。 また、一般教養科目の対策も充実しており、必要な勉強を絞り込むことができる点も予備校派のメリットになるでしょう。 またカリキュラムもあり勉強の挫折が独学よりはしにくくなります。 予備校(通信)のデメリット 予備校のデメリットは、講座や模試の費用がそれなりにかかってしまうことです。 講座にも、インプットを目的とした講座や、答案練習(答練)などアウトプットを目的とした講座などいろいろあり、一概にはいえませんが、5万円~20万円位の出費が必要になることは覚悟しておいた方がよさそうです。 また、予備校に通学する必要があり、移動時間を取られる場合があります(ただし、通信であればその問題は解消されます)。 最後に 行政書士はいつから勉強したらいいのかと勉強方法について比較しました。 まとめますと、 1.行政書士の勉強について• 試験科目は法律科目と、一般教養科目がある• 合格するには、前年の年末位から始めた方がよい 2.勉強方法について (1)独学派• 合格すればコストパフォーマンスがよい• 律して勉強するのが難しい(人もいる) (2)予備校派• 効率よく勉強(特にインプット)でき、特に初学者向き• コスト(購入費用、移動時間など)がかかる ということでした。 行政書士試験の勉強をこれから頑張ろう!という方の参考になれば幸いです。 スポンサーリンク•

次の

【行政書士】勉強時間と独学スケジュール

行政書士 何から勉強

「行政書士って難易度が高いって聞くけど、実際どれくらいの勉強時間が必要なんだろう?」 「勉強の開始時期や勉強法のコツが知りたい!」 この記事を読んでいるあなたは、きっと上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか。 行政書士試験は試験範囲も広いためそれなりに勉強時間を確保しなければならないことは想像できると思います。 何の計画も立てずに勉強を始めてしまい、 行政書士試験までに十分な準備が間に合わなかったとなれば目も当てられません。 そこでここでは行政書士試験合格までに 勉強時間がどれくらい必要なのか、短期間で効率良く合格を目指すためには どういう勉強法が効果的なのかについて分かりやすく解説します! 行政書士試験の目安の勉強時間は? 行政書士試験を合格するためにはどのくらい勉強時間を確保すればいいのでしょうか? 必要な勉強時間の目安を把握することで、勉強の開始時期や計画を立てやすくなります。 ここでは行政書士学習に必要な勉強時間について解説してきます。 こればかりは 法律に対しての知識があるかどうか、職務経験があるかどうかといった部分に大きく左右されますので、どれが正しいとは一概には言えないでしょう。 そういった中でもし目安を設定するとしたら、各予備校や通信講座で設定しているカリキュラムから時間算出してみるのも良いでしょう。 大手通信講座では500~600時間、通学型の大手資格スクールでは200~300時間(講義時間のみで自習時間含まず)でカリキュラムが設定されていることが多いです。 よって全くの初学者が行政書士を目指すのであれば、 500~600時間は勉強時間として必要と考えるのが自然です。 難易度上昇!最近はもっと勉強が必要? 上記にて行政書士の勉強時間として独学なら500~600時間必要であると記載しましたが、平成18年度に試験制度が変更されたことにより難易度が上がりました。 それにともない自ずと必要な勉強時間が増加している傾向にあります。 最近の合格者の声では、 独学であれば800時間は勉強時間が必要だという声が多くなってきています。 このことから勉強時間は余裕を持ったうえで多めに確保しておくことがおすすめです。 他の資格と勉強時間を比較 行政書士を他の人気国家資格と比較してみましょう。 合計勉強時間 1日の勉強時間 勉強期間 500時間 3時間 5か月と半月 600時間 3時間 6か月と半月 800時間 3時間 約9か月 勉強時間はそれぞれの忙しさのほかにも前提知識があるかどうかで大きく変わってくるものとなっています。 しかし、この勉強期間は毎日一定の勉強時間を繰り返した場合のものであり、実際はこれよりも勉強期間が多くなるものと予想されます。 余裕を持って勉強計画を見積もることで多少予定がずれても計画の修正が可能となるので、 勉強期間は多めにとっておくことがおすすめです。 試験勉強の開始時期 勉強の開始時期については、その人がサラリーマンなのか、はたまた大学生なのかによって大きく異なってきますので、一概に言い切ることはなかなかできません。 ここでは、 平均的なサラリーマンが全くの初学者の状態で行政書士を目指す場合についてシミュレーションすることにします。 他に仕事での飲み会などで勉強できない日もあるでしょうから、 1週間の勉強時間としてはおよそ20時間程度になるでしょう。 行政書士試験は毎年11月の第2週に実施されますので、これを逆算すると余裕をもって 1月中旬頃からは行政書士の勉強をスタートさせる必要があるということになります。 さらにGWやお盆といった大型連休においても遊びに行くのではなく、勉強時間に当てることも必要不可欠となります。 行政書士ってどんな試験? 勉強時間を正しく見積もって計画を立てるためには、行政書士の試験の性質を正しく押さえることが重要です。 ここでは試験内容・合格基準・合格ラインの3つについてわかりやすく解説します。 試験内容は大きく2つに分類 行政書士の試験科目は大きく「法令科目」と「一般知識」の2つに分かれています。 法令科目が行政書士の勉強のメインですが、 一般知識も合格基準に大きく関わってくるので決して軽視できない存在となっています。 それぞれの科目の特徴は次のようになっています。 「法令科目」がメイン科目 「法令科目」は憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題されます。 出題形式は5肢択一式、多肢択一式、記述式で構成されています。 主な出題内容としては、 行政書士としての業務を遂行するにあたり必要な法律の範囲を中心に問題が出題されます。 得点に占める割合も8割以上と高くなっており、ここで点数をしっかり稼ぐことで行政書士の合格が見えてきます。 また出題の注意として、試験実施年度の4月1日現在に施行されている法令について出題されるので、受験年の4月までの法改正情報には気を配る必要があります。 「一般知識」の対策も忘れずに 「一般知識」では政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解の3分野から出題されます。 出題形式は5肢択一式のみとなります。 行政書士の仕事とは関連度が低い科目であり、 行政書士として最低限知っておくべき常識問題が出題されることが特徴となっています。 時事問題が多く出題されるため、的を絞った対策が難しいことが特徴となっており普段からニュースなどを見るなどして情報を収集することが大切になる科目となっています。 注意点として配点は低いものの「一般知識」にも足きりが存在します。 4割を切ると自動的に不合格になるので、何も勉強しないまま試験に望んでしまわないように気を付けましょう。 合格基準はいくつか存在 行政書士試験を合格するには下記合格条件を満たす必要があります。 年度 受験者数 合格率 30年度 39,105人 12. 超難関資格のように合格の糸口がつかみにくい試験ではないため、 勉強を毎日継続し正しい勉強法を実践することで合格が見えてくる試験となっています。 短期間で合格するためのおすすめ勉強法 行政書士は試験範囲も広く難易度の高い試験です。 上記にて必要な勉強時間についてまとめましたが、ただやみくもに勉強していては無駄に時間が過ぎていくだけです。 ここでは行政書士試験を短期間で合格するためのコツ・勉強法について解説していきます。 最初に計画を決めて時間を作る 行政書士における勉強法としては、 「いつまでに」「どんな教材を」「どの順番でやるか」を決めておくことが重要です。 あらかじめ定めておくおとで効率的に勉強を進めていくことができます。 逆に計画を決めないままに勉強を進めてしまうと、基礎が固まらないうちに演習に手をだして挫折してしまったり、勉強がスムーズに進まないことから結果無駄な時間を過ごしてしまうといったことになりかねません。 また当然ですが 計画を立てたとしてもその通り実行しなければ意味がありません。 時にはサボりたくなったり、他の誘惑に負けそうになることもあるとは思いますが、覚悟を決めて毎日勉強時間を2~3時間は確保して取り組むようにしましょう。 知識を何回も反復する 行政書士試験の 行政法などの科目では知識を暗記することが試験での高得点につながってきます。 これらの科目で得点を安定させることも短期間での合格に欠かせない要素の一つといえるでしょう。 知識の暗記で一番重要なことは 定着しやすいタイミングで知識を反復させていくことです。 最初にやった知識は翌日、1週間後、1か月後など忘れやすいタイミングに復習を行うことで効率よくインプットすることができます。 民法と行政法を特に重点的に 行政書士の勉強法として、 配点の65%を占める民法と行政法の範囲はしっかりと時間をかけて対策するようにしましょう。 逆に 商法など配点が低い科目については場合によっては捨てる判断を下してもいいので、民法と行政法の勉強を最優先しましょう。 民法の勉強法としては条文をたくさん暗記することになるので、それらを覚えるだけでなく1つ1つ理解することが重要です。 行政法の勉強法としては上記で説明した知識をひたすら反復する学習方法で知識を着実に定着させることが基本となります。 過去問は分析が大事 行政書士試験の試験範囲は膨大であるためすべての範囲を網羅することは特に短期間では難しいです。 よって短期間での合格のためには 過去問の分析を通してやるべきポイントを明確にして、それらの部分を中心に勉強する必要があります。 具体的には問題の種類を分類してよく出る範囲を網羅していくなどの方法が有効となってきます。 また普段の過去問演習からどの試験範囲を解いているか意識しておくことも有効な分析に一役買うでしょう。 通信講座での学習もおすすめ 独学に強いこだわりがあるわけでなければ、通信講座を活用するのもオススメです。 通信講座は通学制の予備校と比べて リーズナブルな価格で質の高い講義やサポートを受けることができます。 通信講座のテキストは行政書士試験の出題ポイントを知り尽くしたエキスパートが作成しているため、独学よりも効率的な対策をとることができます。 また勉強を継続するための工夫やサポートも豊富なので、途中で挫折して多くの時間とお金を無駄にしてしまう可能性も減るでしょう。 会社や家事・育児に時間がとられてしまい、 独学だと十分な勉強時間を確保することが難しい場合は、通信講座を活用することをおすすめします。 以下の記事では行政書士の通信講座を紹介しているので、ぜひ一度チェックしてみてください。 行政書士の勉強時間まとめ• いつまでに・どの教材を・どの順番で進めるか決めておく• 配点の高い民法・行政法を完璧に仕上げる• お金に余裕があれば予備校・通信講座を検討 行政書士合格に必要な勉強時間、効果的な勉強法について解説してきました。 行政書士試験合格までに必要な勉強時間は600時間前後、独学なら800時間ほどと長丁場な戦いとなります。 上記のように計画を立てることや試験範囲を絞ることも重要ではありますが、 最も重要なのは毎日勉強を継続できるかどうかです。 いくら計画を立てたとしても、甘えや誘惑に負けてしまい勉強をサボってしまっては絵に描いた餅で終わってしまいます。 行政書士は社会的評価の高い資格ですので、取得できれば就職や転職にとても有利となります。 苦労してでも取る価値のある資格ですので、自分に負けずにコツコツ勉強を続けていきましょう。 行政書士試験合格に向けて頑張ってください!.

次の

行政書士試験は、この勉強法だと一生受かりません。

行政書士 何から勉強

受験のきっかけ 散々な2ヶ月間の就職活動を行った結果、2006年6月の頭に 東証2部メーカーに就職(正式内定)が決まったのですが… 周囲の友人たちの就職先と自分のとを比較して、 「あ〜!!なんでこんな二流企業に…もう人生オシマイだぁああ!」 と人生に絶望(笑)し、絶望感を紛らわすために、 卒論に加えて、何か勉強しようと思いました。 それで、翌月から勉強して間に合う試験を探したところ、 行政書士が11月に試験を行うことを知り、行政書士に決めました。 当時の私は、「もう勉強できるなら何でもいい」って感じでした。 まるで振られた反動で男漁りを始める女というか、 人生に挫折して薬物に手を出す人間の如く、勉強を求めていたのです。 当初は「宅建に毛の生えた程度のもの」という認識だったのですが、 問題集や参考書を見ると結構ボリュームがあり、 「これ・・・4ヶ月で受かるんかいな?」 という不安もありましたが、とにかく絶望感を紛らわせたかった私は、 7月から勉強を開始しました。 待遇の良さは、その後ブラック企業に転職して 充分身に染みて分かるようになるのですが、 「六郎というのは経理部に配属希望らしいが、 社長の息子が経理部にいるから情報システムにしちゃおう」 というような会社とは、最初から相容れなかったのかもしれません。 まぁ、社畜の皆様に「そのような考え方は甘い!」 と言われればそれまでですし、 それ以前に、私は「会社」という集団の中で働くのが嫌いですから… 使用した問題集と参考書 問題集:うかる! 行政書士 総合問題集(伊藤塾) 参考書(辞書代わり):うかる! 行政書士 総合テキスト(伊藤塾) 参考書(暗記用):まる覚え行政書士(週刊住宅新聞社) 仕上げ:うかるぞ行政書士 直前模試(週刊住宅新聞社) 宅建の時と同じく、六法なんてものは使用しませんでした。 六法使う暇があったら、問題集で問題を解きましょう。 それぞれの科目について一言 勉強していった中で、各科目に対して抱いた印象を、 ものすごい適当に書いていきます。 どの科目も同じ勉強法で充分です。 というか、同じ方法でしか勉強できません。 憲法 アメリカに押し付…いやいや日本の恒久平和を目標に作られた素晴らしい法律であります。 まぁ憲法がどうであろうと、いつもバカを見るのは 我々一般市民だということは、皆さんも充分ご承知でしょう。 問題の内容は中学公民のテストをしつこくした感じです。 民法 宅建と同じだけど、少し詳細になっている感じ。 「佐藤のらくらく宅建塾」が再び役に立つとは思いませんでした。 行政書士の参考書では民法がよく分からんという人は是非とも「佐藤のらくらく宅建塾」を。 行政法 「行政法」という名前の法律はありません。 役人様がどんな感じで愚民共を治めるかを記した法律の集合体です。 使いようによっては、私たち愚民にとっても充分武器になりそうですが、 幸か不幸か、今まで使ったことはありません。 役場で何か申請する時、 「それで、不作為に対する異議申し立てはどこに起こせばいいですか?」 とか一度でいいから言ってみたいです。 会社法 経理で働くようになって、やっと理解できるようになりました。 会社法のおかげで、サラリーマンのことを素直に「社員」と呼べず、 「従業員」という名称で呼ぶようになりました。 一般知識 2006年から数学の問題とかが無くなり、パソコンとかの問題になりました。 私としてはどっちでも良かったのですが… 行政書士の勉強は問題集中心 宅建の時よりも、より問題集中心になりました。 まず、分からなくてもいいから問題集を一通り解きました。 次に、参考書を一通り読みました。 その後は、家ではひたすら問題集を繰り返し解きました。 大体6〜7回繰り返しています。 参考書は、読むのに時間がかかりすぎるので、 一回通しで読んだだけで、あとは辞書代わりに使用しました。 参考書代わりになったのが、「 まる覚え行政書士」です。 「まる覚え行政書士」をいつでも持ち歩き、 電車の中などで気付いたことを書き込んでいきました。 仕上げに「直前模試」を購入して、3回くらい繰り返してやりました。 試験本番 私の住んでいた上北沢から3駅離れた明治大学が試験会場でした。 問題自体は出題内容が大幅に変更された初年度だったので、 そんなに難しくはなかったのですが、試験時間が3時間あったので、 そっちの方が問題でした。 当時の私の飲酒量は、毎日がヤケ酒ですごい事になっており、 二日酔いの日などは30分おきにトイレに行かなければならなかったからです。 試験中に何度もトイレに行ったり、ましてやお漏らしなんて まっぴら御免だったので、試験本番の3日前くらいから 酒の量を減らしていきました。 そのおかげで、試験本番では事なきを得ました。 行政書士受験生の中で、試験本番中に万が一もよおす人がいたら、 我慢せずにすぐトイレに行きましょう。 手を挙げてトイレに行くことはカッコ悪いことかもしれませんが、 漏らすのを我慢して集中できず、不合格になる方がもっとカッコ悪いです。 なんでこんな小学生に話すような内容になっているのでしょうか。 「何、お前は酒を飲みながら勉強していたのか!?」 と言われるかもしれませんが、その通りです。 ずっと昼は酷い二日酔い、夜は泥酔状態でした。 そんな状態なのに何で合格できたかというと、、 つまり勉強の基礎が、固まっていたからです。 逆に言うと… 勉強の基礎さえ固まっていれば、酒を飲もうがナニをしようが、 行政書士程度の試験ならば合格するものなんです。 過去問について 普通は過去問をやるのが定石ですが、私は行政書士の過去問集を買うのを、すっかり忘れていました。 というか、私が受験した時期は、行政書士試験について 大幅な改訂が行われていたので「過去問なんて解いても無駄」などと 思っていたのです。 やっぱり過去問はやった方が良いので、余裕があればやりましょう。 やらなくても合格はできるのですが… 行政書士って何をするの? 勉強している間も「行政書士って、何をする職業なんだ?」と思っていたのですが、 あまりよく分からないまま受験してしまいました。 で、受験が終了した後に、「カバチタレ」という行政書士の漫画を読んだのですが、 ますます何をする職業なのか、分からなくなりました。 行政書士とは… 行政機関への申請を代理することを、業として行える資格、 ということでよろしいのでしょうか? ブラック企業で経理をやっている現在(2011年)の私にとって、 行政書士の資格自体は役に立っていませんが、 試験の過程で自分の勉強法の正しさを証明できたこと、 ことについては、 満足しております。 また、その辺の人よりは、少しは法律の知識が身について、 民事のイザコザが起きた時に重宝するかもしれません。 まぁ、もし実際に民事関係のイザコザが起きたら、 自分の半端な法律の知識を振りまわすようなことをせず、 即、弁護士やっている友人に相談します。 そろそろ終わりにしますが、 「こんな酷い行政書士試験のサイトはじめてだ!」 と思われたかもしれません。 しかし、さえ固めておけば、 行政書士なんて本当に受かるのです。 <追記> 行政書士は会計帳簿の作成もできるそうです。 今までやってきた経理の経験を活かして、ロクな経理の人間がいない 中小企業の経営体質改善でもやろうかと思っております。 関連記事•

次の