焼き ドーナツ レシピ 簡単。 焼きドーナツの簡単レシピ3選!ヘルシーおやつ!焼きドーナツ人気店もご紹介

【ヘルシーなドーナツの作り方】人気のレシピのみ20選!焼いて!蒸して!

焼き ドーナツ レシピ 簡単

粉っぽさがなくなったら溶かしたバター・サラダ油を加えて同様にさっくり混ぜ、しっかり乳化させる 6. スプーンなどで型に生地を流し入れる 7. だからといって、決して練らないこと、混ぜすぎないことです。 はちみつと、少し多めの油脂で激しっとり仕上がります。 そしてちょっとアレンジ。 アーモンドをぶっさして、チョコレートでコーティングしてチョコペンで顔を書けば・・・。 猫ちゃんの出来上がりです。 チョコレートが他の作業でつかった少量しかなかったからコーティングと言うよりは塗るような形になってしまって、きれいじゃないですけれど 笑。 プレーンでも十分美味しいですが、これをベースに色んな味にアレンジできます。 普通にチョコレートやホワイトチョコレートをコーティングしてもいいですしね。 基本的に混ぜるだけで簡単にできて、しっとりおいしいので、ぜひ作ってみて下さい! チョコレート焼きドーナツはこちら! ikashiya.

次の

【ヘルシーなドーナツの作り方】人気のレシピのみ20選!焼いて!蒸して!

焼き ドーナツ レシピ 簡単

【材料】• 小麦粉(薄力粉) 200g• ベーキングパウダー 小さじ1• 無塩バター 35g• グラニュー糖 80g• 卵 1個• 牛乳 大さじ1• 揚げ油 適量• 板チョコ 1枚 【作り方】• ボウルに室温に戻したバターとグラニュー糖を入れて混ぜます。 溶き卵に牛乳を加えてよく混ぜ合わせます。 1に2を2~3回に分けてよく混ぜ合わせ、小麦粉、ベーキングパウダーも加えます。 3を切るようにしてよく混ぜます。 4をラップに包み、伸ばしてから冷蔵庫で30分以上寝かします。 5をドーナツ型で抜き、丸型や竹串で丸く切り込みを入れます。 耐熱ボウルに板チョコを刻んで入れて、電子レンジで溶かします。 8をドーナツに塗ったら完成です。 【材料】• さつまいも 150g• 牛乳 大さじ2• 砂糖 80g• 卵 1個• 溶かしバター 20g• A 強力粉 80g• A 薄力粉 110g• A スキムミルク 15g• A ベーキングパウダー 小さじ1• B 粉糖 100g• B ハチミツ 大さじ1• B 水 大さじ1~• 黒ごま 適量 【作り方】• さつまいもは1. 5cm角に切り、水にさらしておきます。 10分たったら水を捨て、ふんわりとラップをして600wのレンジで3~4分加熱します。 さつまいもが熱いうちにフォークで潰し、牛乳を入れて混ぜます。 ボウルにAを入れて泡だて器で混ぜ合わせます。 卵と砂糖を合わせてよく混ぜます。 5に3を入れてよく混ぜます。 6を4に入れてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。 ある程度生地がまとまったら指でつまむようにして混ぜます。 生地がまとまったら6等分にし、厚さ1cmのドーナツ型に成型します。 爪楊枝で生地の中央に円を描きます。 Bを合わせてよく混ぜます。 ドーナツの表面を12につけます。 表面が乾く前に黒ごまを振りかけたら完成です。

次の

【みんなが作ってる】 焼きドーナツ ホットケーキミックス 簡単のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

焼き ドーナツ レシピ 簡単

ドーナツのカロリーと栄養について ドーナツ店やパン屋以外に、コンビニでも気軽に買えるドーナツ。 お総菜パンなどに比べると、軽くぺろりと食べられるサイズでついつい何個も食べてしまいがちですよね。 ドーナツはチョコレートでコーティングされたものや中にジャムが入ったものなど色々な種類があり、種類によってカロリーも異なります。 ミスタードーナツの平均的なサイズ60gのドーナツのカロリーは約225kcal。 ファミリーマートの「デニッシュドーナツ」「チョコチュロッキー」のカロリーは、1個当たりどちらも514kcalとかなり高カロリーです。 ドーナツは卵、小麦粉、砂糖などを使用し油で揚げているので、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。 市販のドーナツの中でも焼いたものやヘルシーな素材を使っているものは低カロリーのものがあり、ローソンの「ブランの焼ドーナツ キャラメル」は153kcalになっています。 ドーナツのダイエット効果について 糖質が高く高カロリーなドーナツは、ダイエット中には我慢したい食べ物です。 ドーナツは卵や小麦粉でできており、高カロリー・高脂質のため腹持ちがいいのが特徴です。 この腹持ちのよさを逆にダイエットに利用する、という方法があります。 チョコやクリームなど太りそうなドーナツの方が、気を付けて食べるため食欲の自制になり、さらに甘いものを食べたという満足感でストレスもたまりにくくなります。 おからや豆腐を使った低カロリーなヘルシードーナツもあるので、ヘルシードーナツをおやつに食べて満足感を得るのもいいですね。 ダイエットの秘訣はアメとムチを使い分けること。 つらいダイエットを続けるとストレスがたまり、続かない理由になってしまいます。 ダイエット中もほどよく甘いものをとることでストレスがたまらず、長く続けることができます。 ボウルに生おから・薄力粉・ベーキングパウダー・卵・はちみつ・サラダ油を入れて、よく混ぜ合わせます。 シリコン製のドーナツ型に生地を入れ、170度に予熱したオーブンで20分焼いたらできあがり。 混ぜて焼くだけで簡単にヘルシードーナツが完成します。 焼き上がりは柔らかいためそっと型から外して粗熱を取り、指で押して崩れない位に冷ましましょう。 ボウルに白玉粉と豆腐を入れ白玉粉を潰しながらよくこね、牛乳を入れてよく混ぜる。 別のボウルに卵と砂糖を入れ、泡だて器で白っぽくなるまでかき混ぜ、豆腐と白玉粉が入ったボウルに加えて混ぜます。 薄力粉とベーキングパウダーを入れてさっくりと全体を混ぜ、ドーナツ型に生地を入れオーブンで15分焼いたらできあがり。 粘りがでないように混ぜるのがコツ。 レンジでバターを溶かしボウルにに卵と牛乳を入れて混ぜ、黒糖とはちみつを入れて混ぜ合わせます。 ホットケーキミックスを入れて切るように混ぜ、溶かしバターを入れて手早く混ぜ合わせます。 ドーナツ型に流し入れ、180度に予熱したオーブンで約15分焼き、トッピングにきなこと砂糖をまぶしたら完成。 さらにヘルシーにしたい人は、トッピングをきなこだけにするのもおすすめです。 ビニール袋に砂糖を入れて、片栗粉・ベーキングパウダー・薄力粉合計・絹ごし豆腐・バニラエッセンス・塩を入れて揉んでよく混ぜ合わせます。 ビニール袋の角を1cmになるように切っておき、クッキングシートの上に1cm位の丸になるよう絞ります。 トースターで13〜15分位焼いたら完成。 焼きあがったら砂糖やきな粉などまぶしてもおいしいですよ。 ボウルに振るった薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖溶かしたバター・卵・牛乳・あんこを加えて混ぜ合わせます。 ドーナツメーカーに生地を流し入れて弱火で焼きます。 生地が膨らんできたら裏にかえして両面焼き、祖熱が取れたら、ホイップクリームときな粉をトッピングしてできあがり。 ホイップクリームは市販のものを利用すると簡単ですよ。 粉類を振るっておき、にんじんはすりおろしておきます。 ボウルに卵・砂糖・塩を入れハンドミキサーで混ぜ、もったりしてきたら溶かしバターを入れてよく混ぜる。 さらににんじんを入れ、振るった粉類を加えてゴムべらで混ぜ合わせます。 180度のオーブンで約20分焼いたら完成。 生地をドーナツ型に入れた後、冷蔵庫に入れてしばらく休ませるのがコツ。 ボウルにホットケーキミックスと生おからを入れて混ぜ、レーズンと牛乳を加える。 まとまるまでスプーンで混ぜ、サラダ油少量を塗ったドーナツ型に、生地を流し入れます。 電子レンジで600Wで4分加熱し、表面がまだベタついているようなら10秒ごとで追加加熱し、表面を触ってべたつかなければできあがり。 加熱しすぎると固くなるので、生地の様子を見ながら加熱しましょう。 ホットケーキミックス、純ココアと砂糖を軽く混ぜ合わせ、卵と溶かしバターを加え、豆乳を何回かに分けながら混ぜ合わせる。 チョコチップを入れて軽く混ぜドーナツ形に流し入れ、フライパンにドーナツ型を置き水を注ぎ入れる。 フライパンに蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火にし8〜10分ほど蒸したら完成です。 卵は卵黄と卵白に分けてメレンゲを作って入れると、ふわっとした仕上がりに。 ボウルにホットケーキミックス・牛乳・卵を入れて混ぜる。 油を塗ったドーナツ形に生地を流し入れます。 シリコン型より一回り大きいお皿に、お水を50cc入れその上にドーナツ型を置きラップをする。 600Wのレンジで1分30秒~2分間チンしたらできあがり。 チョコチップやレーズンを入れて、アレンジするのもおすすめです。 にんじんは皮を剥いてすりおろし、製菓用米粉・薄力粉・ベーキングパウダーは合わせて一緒に振るっておきます。 ボウルにマヨネーズ・卵・はちみつを入れて泡立て器でよくかき混ぜ、粉類と人参を加えて混ぜます。 ドーナツ型の7分目まで生地を流し込み、500Wのレンジ2分間加熱したら完成です。 食べる直前に、トースターで表面を軽く焼いてから食べるのもおすすめですよ。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の