エウレカ 3 導入。 エウレカセブン3 スロット 新台

エウレカセブン3【フリーズ・直撃・中チェ・エピソードボーナス】

エウレカ 3 導入

【通常時のステージ】 ステージは3種類存在し、滞在ステージによってKCC当選期待度が変化。 月光号談話室・・・基本 ユカタン・・・基本 ブリッジ・・・KCC高確率のチャンス 【前兆ステージ】 コンパクカウンターが「CHANCE」に変化すると前兆ステージに移行するチャンス。 コックピットモードはボーナス濃厚だ。 周期消化するごとにボーナス抽選やATレベルアップ抽選が行われる。 周期到達時の期待度は奇数偶数設定によって異なる。 また、狙えカットインの7揃いはCMストック確定。 尚CM中のボーナスはビッグ確定だ。 さらにジャック7連でCMストック。 ACからビッグを引き、CM中に3回ビッグに当選すると最上位AT「SPEC3モード」に移行。 尚、低確CM中(ファイナルチャンスを除く遠距離ステージ)の弱レア役からのAC当選率には設定差が存在する。 低設定かつ奇数設定ほど突入率が優遇されている。 通常時は前兆ステージで、CM中は出撃するLFOでATレベルを把握できるぞ。 通常時は昇格抽選のみ、AT中は転落抽選のみ行う。 その後HI-EVOモードに突入する。 エンディング中は純増が約4,5枚になるぞ。 【中段チェリー停止】 成立役:中段チェリー 中右リールにバーを目安にスイカを狙う。 【角チェリー停止】 成立役:弱チェリーor強チェリー 右リール上段付近にバーを狙い、中リール適当打ち。 右リール下段バー停止・・・弱チェリー 右リール中段バー停止・・・強チェリー 【下段バー停止】 成立役:ハズレorリプレイorベルorチャンス目 中右リール適当打ち。 フラッシュ発生・・・チャンス目 【上段スイカ停止】 成立役:弱スイカor強スイカorチャンス目 中右リールにバーを目安にスイカを狙う。 【中段スイカ停止】 成立役:弱チェリーor強チェリーor中段チェリーor弱スイカor強スイカ 右リール上段にスイカを狙い、停止形に応じて左を狙い分ける。 スイカ上段停止・・・中段チェリー スイカ中段停止・・・強スイカ スイカ下段停止・・・強チェリーor弱スイカ バー下段停止・・・弱チェリー 【下段スイカ停止】 成立役:ハズレorベルor1枚役 左右適当打ち。 【中段バー停止】 成立役:チャンス目 左右リール適当打ち。 【中段リプレイ停止】 成立役:ハズレorリプレイorリリベor1枚役 左右適当打ち。 【上段スイカ停止】 成立役:ハズレorリプレイor1枚役or強スイカ 左中リールにスイカを狙う。 (スイカは演出発生時のみ狙うのがオススメ) 【中段バー停止】 成立役:強チェリーor弱スイカ 左リールにチェリーを狙い、スイカテンパイ時は中リールにもスイカを狙う。 【下段バー停止】 成立役:弱チェリーorリリベ 左リールにチェリーを狙い、中リール適当打ち。 【上段リプレイ停止】 成立役:ベルor1枚役or中段チェリーorチャンス目 左中リール適当打ち。 今作はAT機だが、最も人気のあった初代エウレカを再現しているようで期待したい。 通常時は周期抽選だが、リゼロや北斗のような無抽選ゾーンが無いため いつでも期待が持てるのは良い。 その分純増枚数が1,8枚と4,5枚なので、これらに比べるとやや瞬発力に欠けるが 個人的にはこれくらいがバランスが取れていて良いと思う。 ただメーカー発表のボーナス&AT確率に関しては初当たりではなく、ボーナスはAT中のボーナスも含め ATは単純に連チャン込み(1セットで1回、2セットで2回)の確率なので 実際の初当たり確率はこれよりも下がることになる。 そのため、天井到達率はそれなりに高いと予想できるし、北斗同様に天井狙いが有効になるはずだ。 導入台数は25,000台と比較的多いので、大量導入するホールでは設定狙いが有効だが 天井狙いも視野に入れて立ち回ろう。 当サイトの人気記事• 123,816件のビュー• 『押忍!番長3』 (2017年4月3日導入済) タイプ:ボーナス+ART 導入台数:約30000台... 89,723件のビュー• 『押忍!番長3』 (2017年4月3日導入済) タイプ:ボーナス+ART 導入台数:約30000台... 67,693件のビュー• 『HEY! 44,428件のビュー• 『アメリカン番長HEY! 39,049件のビュー• 37,967件のビュー• 『アメリカン番長HEY! 32,302件のビュー• 31,829件のビュー• 30,269件のビュー• 29,385件のビュー.

次の

【スロット新台2019】パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI

エウレカ 3 導入

・前半パートのチャンス役はBB昇格抽選 REGは後半パートの押し順当てによってAT当選を目指すゲーム性。 今作ではベル成立間でハマるほど次回ベル時に押し順ナビが発生しやすくなるという特性もある。 0 弱チャンス役に設定差があるので要カウント!! 強チャンス役成立時は必ず周期抽選が行われるため、周期抽選でボーナスが非当選だった場合のみKCC抽選が行われる(KCC当選時はフェイク前兆終了後に突入)。 なお、高確滞在時のみ行われるハズレからのKCC当選率には設定差が存在し、高設定ほど当選率が高くなっている。 9 2 7. 3 3 8. 4 4 9. 9 5 12. 0 6 13. 弱チャンス役からの昇格率は高設定ほど優遇されており、設定1と6とでは約2倍の差が設けられている。 REG後半のAT抽選詳細(獲得pt別のAT突入率).

次の

エウレカセブン3

エウレカ 3 導入

com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO 」の ・基本スペック ・機械割 ・ゲームフロー ・導入日 ・通常時モード などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 5G コイン単価 約2. 5円 TY 700枚 MY 2204枚 サミーからエウレカセブン最新作が登場!今回は正統後継機としての販売の為機種名もエウレカセブン3とした。 今作は初代エウレカをベースに作り上げ、リアルボーナスを疑似ボーナスで賄うことで意図的なボーナスの当選を可能にした。 1 98. 6 98. 2 100. 5 104. 4 107. 5 111. AT確率がそれほど重くないのに対しTYは700枚を持っているため出玉感はそれなりに出せるように思える。 ただし出玉速度で言えば6号機でも最低クラスのスピードである為、サクッと出したい人には向かないだあろう。 打ち方、レア役構成 通常時は左リールにBAR狙いでチェリーをフォロー。 スイカまで滑れば各リールスイカ狙い。 ゲームフロー 大まか説明すると初代エウレカと同じ。 この後細かい説明に入ります。 通常時 通常時は強レア役か周期抽選でボーナス当選を目指す。 周期を短縮するCZ「コンパクカウントチャンス KCC 」に入るたび周期短縮。 またリリべが揃った次ゲームは押し順当てが発生する可能性あり。 成功でATコーラリアンモードへ突入。 周期抽選について 液晶左側にコンパクカウンターと呼ばれるサブ液晶が搭載。 エウレカ3では周期消化は戦コレ徳川のようにゲーム数ではなく、ポイント加算式となっている。 1周期ごとの規定ポイントはKCに表示されており、1周期目は最大1000pt消化で次周期へと移行する。 詳しく解説する。 最大10周期で天井到達だ。 ここが分母を超えれば周期到達となる。 レア役やCZなどで加算される。 通常時は分子のポイントをいかに早く、大量に獲得するかというゲーム性である。 初期は1000スタートだがCZで減算可能。 分母数は減る一方で次周期にも持ち越される。 つまり周期が進むほど分母数は減算されていくので周期後半は前半に比べて周期が進むのが早くなる。 例:CZで分母数が減算され3周期目到達時には500であった。 4周期目は分母が500からスタートし周期中にさらに分母が減算され200になった。 5周期目は分母が200からスタートする。 CZコンパクカウントチャンス KCC コンパクカウントチャンスは、分子ポイント加算と分母ポイント減算を同時に行うCZである。 下記で各説明に移る。 上記の例だと 分子ポイントが120pt獲得され、 分母が50pt減算される。 ハズレだった場合は左側の数値が適応。 ベル入賞で右側の数値が適応される。 上記例だと、次ゲームベル入賞で分子50ポイント獲得、分母が20ポイント減算される。 前提としてCZは、【リプレイorレア役成立】で終了する。 BIGは小役ゲームとJACゲームに分かれており、リプレイ成立までは1. リプレイ成立でJAC-INし、純増4. 赤7はJAC3回、白7はJAC2回消化でボーナス終了となる。 BIG中はレア役やJAC中のハズレでBIG終了後のアネモネバトルの勝率アップを目指す。 アネモネバトル勝利でATのコーラリアンモードへ突入。 ボーナス中に白7揃いでもAT突入だ。 AT中ボーナス AT中のボーナスはBIGのみで、AT中BIG終了後のバトルに勝利するとEXJACが発生。 ようはオマケでJAC1回を消化できる。 8枚と控えめの純増だ。 ATは30GのSTとなっており、30G中に【ボーナス】に当選か【エアリアルチャンス】に当選するとゲーム数が巻き戻り再び30Gを消化できるシステムだ。 エアリアルチャンス(AC エアリアルチャンスはAT中ボーナスのCZである。 スタート時は敵の数が100体から。 保証ゲームは5G、保証ゲーム消化後はリプレイ入賞まで継続。 ベルで10体以上、レア役で30体以上、敵を倒す。 最終的に100体すべて倒せばボーナスとなるのだが、1回のACで100体倒すのはほぼ無理。 そのため残敵数の次回繰越機能が付いている。 ボーナスまでは少なくとも3回以上のACが必要になってくると思われる。 AT中のメイン出玉獲得契機は、CMとACをループさせ、ボーナス当選を目指すことにある。 が、CMは純増1. 8枚なのでいくらCMとACをループさせても出玉速度はかなり遅い。 これを打開するのは純増4. 5枚の上位ATである【SPEC3MODE】である。 AT中ボーナスに3回当選すると上位ATへと突入。 上位AT:SPEC3MODE 純増4. 5枚の上位AT。 突入契機はAT中に3回ボーナスに当選する。 実はSPEC3MODEに突入するまでに平均で1,000枚ほど獲得していると思われるが、その枚数込みでの完走率となる。

次の