全米 オープン テニス ドロー。 錦織圭全米オープン2015ドロー表決定!WOWOW放送予定と出場選手をチェック!

全米オープンテニス2017ドロートーナメント表と出場選手

全米 オープン テニス ドロー

グランドスラム「全米オープン」2018年遂に開催!注目のを紹介する。 グランドスラム「全米オープン」にて、Big 4(スペイン)、(スイス)、(セルビア)、(イギリス)がいよいよ集結。 Big 4 が同じ大会に出場するのは昨年グランドスラム「ウィンブルドン」以来。 待ちに待った大会が、ようやく実現する。 大会には、Big 4 の4選手に加え、(ドイツ)、 フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、 (ブルガリア)、(クロアチア)、(カナダ)、(スイス)など、ほぼ全てのトップ選手が出場する。 日本人選手は、(日本)に加え、 杉田祐一(日本)、 ダニエル太郎(日本)、 西岡良仁(日本)が既に本選への出場を決めている。 の優勝は、(スペイン)。 準優勝は、 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)であった。 (スイス)は2004年~2008年に5連続優勝。 オープン化以降の大会最多優勝記録(5回)とともに最多連続優勝記録(5連続)を保持する。 (スペイン)は2010年、2013年、そして昨年2017年と3回優勝。 (セルビア)は、2011年、2015年に優勝。 (イギリス)は2012年に優勝。 Big 4 以外では、2009年に フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、2014年に(クロアチア)、2016年には(スイス)が優勝を果たしている。 2018年グランドスラム(4大大会)では、で(スイス)、で(スペイン)、で(セルビア)が優勝を獲得した。 今シーズン最後のグランドスラムとなる グランドスラム「全米オープン」。 2018年は、どんなドラマが待ち受けているのか。 各選手の活躍が注目される。 グランドスラム「全米オープン」2018年、トーナメント表(ドロー)は以下の通り。

次の

2016年全米オープン男子シングルス

全米 オープン テニス ドロー

錦織圭が出場する 全仏オープンテニス2018についての情報をお届けします。 大会経過、錦織圭の活躍とともに記事の更新を行います。 2018年5月27日から6月10日にかけて、グランドスラムの 全仏オープン(フレンチオープン)がローランギャロス(パリ)で開催されます。 いよいよ今年のクレーコートシーズンも 終幕の大一番を迎えるわけですね。 ここまでクレーコートでは マスターズ1000シリーズが 3大会、 ATP500シリーズが 1大会行われて(250シリーズは多々)、 ナダルが モンテカルロと ローマと バルセロナの3大会を制覇しています。 やはり ナダルは強いですね。 特にクレーでは強すぎます。 ついに世界ランクも 1位にまたまた返り咲きました。 怪我などもありそろそろ衰退か?と思われた時期もありましたが、大きな勘違いでしたね。 ナダルは現在31歳ですがまだまだこの強さは続きそうです。 まぁ、36歳のおっちゃん フェデラーがまだまだ頑張っているわけですから当然といえば当然なのですが。 笑 ちなみに 錦織圭はここまでのクレーコートシーズン、 モンテカルロ準優勝、 バルセロナ2回戦途中棄権、 マドリード1回戦敗退、 ローマベスト8の結果となっています。 いきなりモンテカルロで決勝まで行ったときは度肝を抜かれ期待が高まっただけにその後はちょっと物足りないかな?って気もしますが、全仏に向けて 試合感を取り戻すことが第一の目標だったことを思えば十分満足できる結果と言えるのではないでしょうかね。 昨年の今大会おいては、2014年以来の優勝を狙う ラファエル・ナダルと、四大大会に強い スタン・ワウリンカが決勝で対戦。 ナダルが ワウリンカをストレートで下して、見事に 前人未踏の全仏オープン10回目の優勝を果たしました。 ナダルは全ての試合でストレート勝ちを収め、完璧な優勝を飾りました。 今年の大会も王者 ナダルが圧倒的に優勝候補なのは間違いないでしょう。 そして、 全仏オープンは四大大会で唯一センターコートにすら屋根のない大会になるため、毎年のように雨でスケジュールが狂わされてしまいます。 これまでも雨によって何度も中断になり、中断明けには試合展開がガラッと変わってしまうことも多々ありました。 早ければ2020年にはセンターコートを含む2会場に屋根が設置される予定ですが、それまでは選手にとっては 集中力の調整や 体調管理が難しい大会になるでしょうね。 最後に、 全仏オープンはフランス人選手と一部の贔屓選手以外の多くの選手が 「アウェイ」を体感する大会になります。 フランス人選手と対戦する際は、観客のブーイングなど技術以外にも、強いメンタルが求められることになるでしょうね。 全仏オープンテニス 大会概要 大会名: 全仏オープン(フレンチオープン) カテゴリ:グランドスラム シングルドロー数:128 サーフェス:クレーコート 開催場所:フランス パリ ローランギャロス 開催日程:2018年 5月27日~6月10日 賞金総額:3920万ユーロ(約50億円) 昨年の優勝者:ラファエル・ナダル 大会公式サイト: 全仏オープンテニス 賞金とポイント 今大会を含め今シーズンはこれまで グランドスラムが 2大会、 マスターズが 5大会行われており、各大会の賞金金額になります。 もちろんのことながらグランドスラム2大会の賞金は驚きの金額ですが、特に 全豪が巨額なだけに今大会の 全仏がちょっと見劣りしちゃいますよね。 さらに賞金にはその国の税金が課せられるわけなのですが、 オーストラリアは最も税金が少額で ほとんどまるまる貰えるようです。 西岡良仁はプロテクトランキングを使用して本戦から出場します。 全仏オープンテニス 激戦日程 大会は2週間に渡り、 熱戦が繰り広げられます。 パリと日本の時差は 7時間、日本が7時間進んでいます。 錦織圭は全仏オープン(フレンチ・オープン)3回戦を行い、ジル・シモンに 6-3、6-1、6-3のストレートで勝利して 4年連続で4回戦進出を決めました。 地元フランスの選手と3戦連続の試合となった錦織圭ですが、粘るシモンを寄せ付けず、これまでの ベストなプレーで勝ちきりました。 序盤からシモンとの長いラリーが続いて大変な起ち上がりでしたが、2回戦で対戦したペールのようにドロップショットを頻繁に打ってくることも無いので、じっくり腰を据えて得意のストローク戦に集中できたことで直ぐにリズムを掴むことが出来たように思いました。 更に、この試合では錦織圭の サーブが良かったことでサービスゲームでの安定感が高く、シモンに一度もブレークされることなく勝利を収めました。 この試合を見て、つくづく 錦織圭は ラリーが好きなんだなぁと感じました。 過去2戦とは違い、 しっかりラリーをすることが出来る相手だったことで、今後の試合に向けて凄く良いトレーニングが出来たのではないでしょうかね。 =============================================== 【男子シングルス 2回戦】 30日(水) センターコート 第二試合 21時試合開始予定 錦織圭 21位 VS ブノア・ペール 51位 錦織圭は全仏オープン(フレンチ・オープン)2回戦を行い、ブノワ・ペールに 6-3、2-6、4-6、6-2、6-3のフルセットで勝利して 3回戦に進出しました。 錦織圭は手首の怪我から復帰して 初めての5セットマッチになりましたが、無事に最後まで戦い抜けたことは大きな収穫でした。 1セット目をすんなり取ったときには、 このままストレートで勝てるかな?と思いましたが、流石に実力のある地元選手だけにそう簡単にはいきませんでしたね。 特に2、3セットは、ペールの大味なテニスに付き合う形でダブルフォルトや凡ミスも増えちゃいました。 試合後の錦織圭が 「自分の悪い癖が出た」というように、1セット目を攻めたテニスで取ったあと、少し気が抜けたようなテニスをして相手の挽回を許してしまう悪癖が出たのは残念でした。 身長が低くフィジカル的にも劣る錦織圭がマスターズやグランドスラムを勝ち抜くには、こういった序盤の試合で いかに体力を温存できるかが鍵になってくるだけに、この悪い癖は是非とも直して欲しいなぁと素直に思います。 地元フランス選手との対戦が続くタフなドローではありますが、なんとか乗り越えて2週目に進んで欲しいですね! =============================================== 【男子シングルス 1回戦】 27日(日) Court 1 第二試合 20時試合開始予定 錦織圭 21位 VS マキシム・ジャンビエ 304位 ジャンビエールはフランスの若手選手です。 両者の対戦は今回が初となります。 実力差からして 錦織圭の勝利はほぼ固いでしょう。 が、フランスの選手だけに敵は観客、 完全アウェイの一体感でしょうね。 錦織圭の全仏オープン(フレンチ・オープン)は1回戦が行われ、マキシム・ジャンビエに 7-6、6-4、6-3のストレートで勝利して 2回戦に進出しました。 それにしてもこのツアー初参戦の若者の思い切りの良いテニスにはビックリしました。 どんな球が来ても潔く 「ぶっ叩く」テニスを貫いてきました。 長い手足を生かして手の届く範囲のボールはとにかく全てぶっ叩くテニスだったので、ラリー戦になることも少なく 錦織圭がなかなかペースを掴めないというそんな展開でした。 錦織圭も、途中からジャンビエのボディに球を集めることで簡単にぶっ叩けないように展開を組み立てていましたが、やはり情報が殆ど無い相手と組みするのはある意味難しいですね。 なにはともあれ初戦を3セットで終わらせられた事は 一番の収穫でした。 それにしても、フランスには 個性豊かな選手がたくさん揃ってますね。

次の

【2019年】全米オープンテニスの大会情報、ドロー表、放送予定(グランドスラム)

全米 オープン テニス ドロー

日程・放送・賞金 画像出典: 競技日程・開催地 全米オープンは2019年8月26日(月)~9月8日(日)まで開催されます。 大会のクラスはATPグランドスラム、サーフェスは屋外ハードです。 開催地はアメリカ・ニューヨーククイーンズ区、会場はUSTAビリー・ジーン・キングです。 時差は日本が13時間先行しています。 WOWOW 連日生中継 去年の優勝賞金とATPポイント 1米ドル=110円。 優勝賞金418,000,000円です。 優勝 3,800,000 2000 準優勝 1,850,000 1200 SF 925,000 720 QF 475,000 360 R16 266,000 180 R32 156,000 90 R64 93,000 45 R128 54,000 10 近年の歴代優勝選手 優勝 準優勝 2016年 スタン・ワウリンカ ノバク・ジョコビッチ 2017年 ラファエル・ナダル ケビン・アンダーソン 2018年 ノバク・ジョコビッチ フアン・マルティン・デル・ポトロ 全てのアスリートへ! や で血行を促進・疲労対策! で心拍数を測定! 通勤・帰宅ランのは軽くしたい! 運動の後にはが美味い! 出場選手エントリーリスト 先頭の数字は世界ランキングです。 ノバク・ジョコビッチ 32 [SRB] 2. ラファエル・ナダル 33 [ESP] 3. ロジャー・フェデラー [SUI] 4. ドミニク・ティーム 25 [AUT] 5. アレクサンダー・ズベレフ 22 [GER] 6. 錦織圭 29 [JPN] 7. ダニール・メドベージェフ 23 [RUS] 8. ステファノス・チチパス [GRE] 9. カレン・ハチャノフ 23 [RUS] 10. ロベルト・バウティスタ・アグート 31 [ESP] 11. ファビオ・フォニーニ 32 [ITA] 12. ボルナ・チョリッチ 22 [CRO] 13. ガエル・モンフィス 32 [FRA] 14. ジョン・イズナー 34 [USA] 15. ダビド・ゴファン 28 [BEL] 17. ケビン・アンダーソン 33 [RSA] 18. ニコラス・バシラシビリ 27 [GEO] 19. フェリックス・オジェ・アリアシム [CAN] 20. ギド・ペラ 29 [ARG] 21. ディエゴ・シュワルツマン [ARG] 22. ミロシュ・ラオニッチ 28 [CAN] 23. マリン・チリッチ 30 [CRO] 24. スタン・ワウリンカ 34 [SUI] 25. マッテオ・ベレッティーニ 23 [ITA] 26. ルカ・プイユ 25 [FRA] 27. テイラー・フリッツ 21 [USA] 28. ドゥサン・ラヨビッチ 29 [SRB] 29. ニック・キリオス 24 [AUS] 30. ブノワ・ペール 30 [FRA] 31. カイル・エドマンド 24 [GBR] 32. クリスチャン・ガリン 23 [CHI] 33. フェルナンド・ベルダスコ 35 [ESP] 34. リシャール・ガスケ 33 [FRA] 35. ヤン・レナード・ストルフ 29 [GER] 36. アレックス・デミノー 20 [AUS] 37. ラスロ・ジェレ 24 [SRB] 38. デニス・シャポバロフ 20 [CAN] 39. ジル・シモン 34 [FRA] 40. ラドゥ・アルボット 29 [MDA] 41. ホベルト・ホルカシュ 22 [POL] 42. ライリー・オペルカ 21 [USA] 43. ジョアン・ソウザ 30 [POR] 44. ミカエル・ククシュキン 31 [KAZ] 45. ピエール・ユーグ・エルベール 28 [FRA] 46. サム・クエリー 31 [USA] 47. アンドレイ・ルブレフ 21 [RUS] 48. ロレンツォ・ソネゴ 24 [ITA] 49. ミオミル・キツマノビッチ 19 [SRB] 50. アルベルト・ラモス・ビノラス 31 [ESP] 52. パブロ・クエバス 33 [URU] 53. フィリップ・クライノビッチ 27 [SRB] 54. キャスパー・ルード 20 [NOR] 55. ジョーダン・トンプソン 25 [AUS] 56. フアン・イグナシオ・ロンデーロ [ARG] 57. アドリアン・マナリノ 31 [FRA] 58. ダニエル・エバンズ 29 [GBR] 59. 西岡良仁 23 [JPN] 60. キャメロン・ノリー 23 [GBR] 61. ジョン・ミルマン 30 [AUS] 62. ユーゴ・アンベール 21 [FRA] 63. フェリシアーノ・ロペス 37 [ESP] 64. パブロ・カレーニョ・ブスタ 28 [ESP] 65. マートン・フクソービッチ 27 [HUN] 66. ジョーウィルフリード・ツォンガ 34 [FRA] 67. マルコ・チェッキナート 26 [ITA] 68. フェデリコ・デルボニス 28 [ARG] 69. ニコラス・ジャリー 23 [CHI] 70. パブロ・アンドゥハル 33 [ESP] 71. フィリップ・コールシュライバー 35 [GER] 72. テニス・サングレン [USA] 73. リカルダス・ベランキス 29 [LTU] 74. ジェレミー・シャルディ 32 [FRA] 75. アレクサンダー・ブブリク 22 [KAZ] 76. ロベルト・カルバレス バエナ 26 [ESP] 77. アンドレアス・セッピ 35 [ITA] 78. グリゴール・ディミトロフ 28 [BUL] 79. イボ・カルロビッチ 40 [CRO] 80. アルヤズ・ベデネ [SLO] 82. スティーブ・ジョンソン 29 [USA] 83. コランタン・ムーテ 20 [FRA] 84. マルティン・クーリザン 30 [SVK] 85. ヒューゴ・デルリエン 26 [BOL] 87. トーマス・ファビアーノ 30 [ITA] 89. プラジュネシュ・グネスワラン 29 [IND] 91. マルセル・グラノイェルス 33 [ESP] 92. ブレイデン・シュナー 24 [CAN] 93. レオナルド・メイヤー 32 [ARG] 96. マリウス・コピル 28 [ROU] 97. ジャウメ・ムナール 22 [ESP] 99. ロイド・ハリス 22 [RSA] 100. チアゴ・モンテーロ 25 [BRA] 101. トマーシュ・ベルディヒ 33 [CZE] 105. ダミアー・ジュムホール 27 [BIH] 106. アレクセイ・ポプリン [AUS] 108. ブラッドリー・クラン 28 [USA] 111. デニス・クドラ [USA] 120. ヘンリー・ラクソネン 27 [SUI] 154. ロビン・ハッサ 32 [NED] 186. スティーブ・ダルシー 35 [BEL] 216. バセック・ポスピショル 29 [CAN] 253. セドリック・マルセル・ステベ 28 [GER] 257. ヤンコ・ティプサレビッチ 35 [SRB] ドロー・トーナメント表 大会前日頃に発表されます。 はこちら。 シングルス ダブルス ブラッドリー・クラン WR108 USA 1 2-6 6-4 3-6 5-7 3 錦織圭 [7] WR6 フェリシアーノ・ロペス WR61 ESP 3 6-7 6-0 6-4 6-4 1 西岡良仁 WR59 ノバク・ジョコビッチ [1] WR1 SRB 3 6-4 7-6 6-1 0 J. ロンデロ WR56 ARG ロジャー・フェデラー [3] WR3 SUI 3 3-6 6-2 6-3 6-4 1 ダミール・ズムル WR99 BIH アレクサンダー・ブブリク WR75 KAZ 3 6-7 5-7 6-4 6-3 6-3 2 トーマス・ファビアーノ WR87 ITA タナシ・コキナキス [W] WR203 AUS WO ラファエル・ナダル [2] WR2 ESP 男子シングルス1回戦 Marco Trungelliti [Q] WR205 ARG 0 1-6 1-4 棄権 1 錦織圭 [7] WR6 西岡良仁 WR59 3 3-6 6-4 6-4 6-4 1 マルコス・ヒロン WR155 USA ノバク・ジョコビッチ [1] WR1 SRB 3 6-4 6-1 6-4 0 カルバレス・バエナ WR76 ESP ロジャー・フェデラー [3] WR3 SUI 3 4-6 6-1 6-2 6-4 1 スミト・ナガル [Q] WR190 IND トーマス・ファビアーノ WR87 ITA 3 6-4 3-6 6-3 6-2 1 ドミニク・ティーム [4] WR4 AUT ジョン・ミルマン WR61 AUS 0 3-6 2-6 2-6 3 ラファエル・ナダル [2] WR2 ESP 男子シングルス予選 3rd Dominik Koepfer WR113 GER 2 6-3 6-4 0 内山靖崇 WR161 USオープン予選決勝は残念ながら負けてしまいました。 本当に悔しい。 来年は本戦でプレー出来るようにこれから頑張ります! 可能性は低いですが会場に残ってラッキールーザーのチャンスを待ちます。 Cabal [1] R. Shoutout to former star for the media coverage! Kwiatkowski N. Rubin.

次の