アイフォンの写真をパソコンに。 【Windows10】iPhoneの写真をパソコンに取り込む/保存方法!

【iOS11】iPhoneで撮影した写真がパソコンで開けない時の対処法

アイフォンの写真をパソコンに

スマホの写真をパソコンに移行する方法 スマホの写真をパソコンに移行する方法は以下の通りです。 気になる写真移行方法がある場合は、直接タップしてください。 すぐに詳細を確認できます。 USBケーブルを接続してデータ移行する パソコンとスマホ間で直接写真を移行するときは、USBケーブルを使用します。 USBでスマホとパソコンを繋いだ時、スマホの画面に接続モードが出た場合は、「 ファイルを転送」や「 画像を転送」など、写真の転送ができる設定を選んでください。 AndroidスマホとiPhoneによって写真の移行方法が異なるので、該当するスマホの移行方法を確認してください。 Androidからパソコンに保存する方法 Windows 10を例に、Androidスマホからパソコンに写真を保存する方法は以下の通りです。 PCとスマホをUSBケーブルで接続• PC上に「選択してこのデバイスに対して行う操作を選んでください」の表示をクリック• PC上の「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリック• スマホのフォルダを開いても何も表示されない場合は、スマホ側でパソコンのアクセスを許可し、「Androidシステム USBファイル転送モードON」をタップし、USBの設定を行う• PCでスマホの「内部共有ストレージ」をクリックし、写真が保存されている「DCIM」フォルダをタップ• フォルダ内にある写真の中からPCに保存したい写真をパソコン内のフォルダーにコピー 上記手順でAndroidスマホの写真をパソコンに保存できます。 機種によってフォルダ名は異なりますが、基本的な操作方法は同じです。 Googleフォトアプリを開く iPhoneはアプリのインストールが必要• 初期設定および利用するGoogleアカウントを確認し、「確認」をタップ• Wi-Fi接続時、自動で写真や動画のバックアップがされるので、バックアップ終了まで待つ• 全ての写真や動画のバックアップ終了後、PCにてGoogleフォトで使用しているGoogleアカウントにログインし、Googleフォトを開く• PCに保存したい写真を選択し、「ダウンロード」をクリック 上記手順でGoogleフォトを使用してパソコンに写真を保存できます。 1度バックアップと同期設定を行っておけば、 Androidスマホなら写真撮影後のWi-Fi接続時、iPhoneならWi-Fi接続時にGoogleフォトアプリを開くと、自動で写真をGoogleフォトにアップロードします。 パソコンでGoogleフォトにアクセスする方法は、アプリとプラウザの両方が可能です。 AndroidスマホにSDカードを挿入し、写真の保存先をSDカードに設定。 既に撮影してある写真は、ファイルマネージャーアプリでSDカードに移行する• パソコンに保存したい写真をSDカードに移行後SDカードを抜き出し、PCにSDカードを挿入• PC上に「メモリカードに対して行う操作を選んでください」と表示されるので、「フォルダを開いてファイルを表示」を選択• 写真を保存したSDカード内のフォルダをPCで開く• PCに保存したい写真を選択し、PC内にコピー 上記手順でSDカードを利用して、パソコンに写真を移行できます。 メールやLINEで転送する 保存したい写真が数枚程度と少ない場合は、LINEやメールに写真を添付して送れます。 1枚1枚手動で写真の選択と、ダウンロードをしないといけないので手間がかかります。 パソコンに保存する写真数が多い場合は、クラウドサービスの使用を推奨します。 スマホの写真がパソコンに取り込みできないときの対処法 スマホの写真がパソコンに取り込みできない、写真が表示されない、写真が見れないといった問題が起きたときは、以下の対処法を試してください。 USBケーブルを差し直す USBケーブルの接続が悪い可能性があるので、スマホの写真がパソコンに取り込めないときは、 USBケーブルの繋ぎ直しを行いましょう。 USBケーブルを繋ぎ直しても写真の取り込みを行えない場合は、スマホ側の設定に問題がある可能性が高いです。 スマホ側の設定が「ファイルを転送」や「画像を転送」になっているか確認してください。 データ転送可能なUSBケーブルを使う USBケーブルには、「 充電用」と「 データ転送・充電用」の2種類あります。 スマホの純正ケーブルはデータ転送・充電用なので問題ありません。 純正ケーブル以外のUSBケーブルを使用している場合は、USBケーブルの種類を確認してください。 USBケーブルの種類によって、写真の転送にかかる時間が異なります。 大量に写真を転送する場合は、 USB 3. 1ポートを使用しましょう。 USB 2. 0とUSB 3. 1の転送速度は以下の通りです。 USB 2. 0 USB 3. 1 転送速度 1秒 60MB 1250MB USB 2. 0とUSB 3. 1の転送速度を比較すると、USB 3. 1の方が 20倍以上速いです。 USBケーブルを新たに用意する場合は、USB 3. 1ポートのUSBケーブルを購入しましょう。 スマホの写真をパソコンに移行して印刷する方法 スマホの写真をパソコンに移行して印刷する方法は以下の通りです。 アプリを使用したネット印刷• USBにデータを保存し、コンビニ・家電量販店で印刷• 自宅のプリンターとパソコンを繋ぎ印刷 上記の方法でスマホの写真をパソコンに移行して印刷・写真の現像ができます。 スマホの写真は様々なサイズで印刷・写真の現像可能なので、使い勝手も抜群です。 スマホの写真を印刷する方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。 スマホの写真をパソコンに移行する方法は、USBケーブル、クラウドサービス、SDカード、メールやLINEの4通り• USBケーブルを使用して写真をパソコンに移行する場合、スマホのUSB設定に注意• Googleフォトを使用して写真をパソコンを移行する方法が最も手間がかからず簡単• SDカードを使用して写真をパソコンに移行できるのは、Androidスマホのみ• パソコンに保存する写真の枚数が少ない場合は、メールやLINEの使用も良い• パソコンへの写真転送が上手くいかない場合は、USBケーブルを繋ぎ直し、USBケーブルの種類を確認する• 大量に写真を転送する場合は、USB 3. 1ポートのUSBケーブルがおすすめ 投稿者名: saitama スマホの使い方.

次の

iPhone からパソコンに写真を無料で転送・保存する方法

アイフォンの写真をパソコンに

最終更新日: 2020年06月30日 iPhoneをWindowsパソコンに接続すれば、iPhoneのアイコンが「コンピューター」の「ポータブルデバイス」に表示されます。 中に入ると、「DCIM」というフォルダがあって、撮った写真や保存した画像などが表示されます。 iPhoneの写真を見たり、パソコンにコピーしたりする場合、「DCIM」に入れば簡単にできます。 しかし、DCIMフォルダの中身が表示されない、更にiPhoneのアイコンがパソコンの「ポータブルデバイス」に表示されない場合はあります。 その時はどうすればいいですか?iPhoneの写真が見れない問題を解決するため、以下の6つの対策をご紹介します。 Part 1:iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の原因 iPhoneをWindowsパソコンに接続しても『iPhoneの写真がパソコンに表示されない』という場合があります。 それに、iPhoneの写真をパソコンに取り込んでも写真や動画をパソコンで表示されません。 このときに考えられる原因は以下の通りです。 iPhoneの撮影フォーマットがパソコン非対応• パソコンでHEICの写真が表示されない• パソコンにiPhoneを接続する許可をしないと表示されない• iOSの端末やiTunesなどによってロック画面を解除しないと表示されない• iCloud設定が原因でiPhoneの写真がパソコンに表示されない• 『オリジナルをダウンロード』に変更• iPhoneがパソコンからドライブとして認識されなくなった Part 2:iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の対策 対策1、iPhoneの画面で「信頼」をタップする iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続したら、画面で「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されます。 その場合、「信頼」をタップしてください。 その後、iPhoneの写真がパソコンで表示できるようになります。 対策2、iPhoneの画面ロックを解除する 画面ロックが掛かっている場合、iPhoneの写真がパソコンで表示されない可能性はあります。 従って、iPhoneの画面ロックを解除してから写真を確認してください。 対策3、iCloudの写真設定を変更する もしiPhoneの写真がパソコンで一部表示されないなら、iCloudの写真設定で「iPhoneのストレージを最適化」に設定されたため一部の写真がiCloudに保存されている可能性があります。 iCloudの写真で「iPhoneのストレージを最適化」を選択すれば、iPhoneの写真のフルバージョンがiCloudに保存され、iPhoneに最適化されたバージョンだけが保存されます。 それはiPhoneの空き容量を増加することができますが、最適化されたバージョンの写真はパソコンで表示されません。 もしパソコンで写真が一部表示されない問題を解決したいなら、次の手順に従って操作してください: Step 1.iPhoneで「設定」 > 「ユーザー」 > 「iCloud」 > 「写真」に入ります。 Step 2.「iCloudフォトライブラリ」部分の写真設定をチェックしてください。 もし「iPhoneのストレージを最適化」にしているなら、「オリジナルをダウンロード」に変更してください。 HEICダイナミック壁紙さえもJPGに変換できます。 さらに、すべてが無料でご利用できます。 Step 1. ブラウザで「」のページに入ります。 Step 2. 「フォーマット」または「画質」単語の上にマウスポインターを置くとフォーマットと画質を設定できます。 ここでJPGを例にします。 ほかのフォーマットに変換したいなら、操作も同じです。 HEICをJPGに変換する方法 — JPGの画像を名前つけて保存 対策5、iPhoneの専用転送ソフトを使って写真を見る・転送する 以上の対策でパソコンでiPhoneの写真が表示されない・一部表示されない不具合を解決できないなら、iPhoneの転送ソフトをおすすめします。 このソフトはiOSデバイスの写真をPCに取り出すことができ、しかもHEIF形式の写真をJPEGに変換する機能もあります。 また、このソフトは以下のメリットがあります:• 自動的にHEIF形式の写真をJPEG形式に変換し、パソコンに転送したらすぐに利用できる• iPhone中の写真をプレビューでき、必要な写真を見つけ出すのが簡単• オリジナルの写真をパソコンに転送し、画質の劣化はしない• 写真を一括転送するか、選択的に転送するか、自由に選択できる• MacとWindows両方を対応する• 無料使用&60日間返金保証を提供する• また、逆にパソコンから写真や他のデータをiPhoneに転送することも簡単です。 - Mac PCで写真をJPEG形式として保存したい場合も以上の方法でできます。 おすすめ記事: 対策6、写真をPCに転送する時のフォーマットを変更する iPhoneをiOS 13. HEIC)形式の写真を撮ることができるようになりました。 この形式の写真はWindowsパソコンでサムネイルが表示されることができますが、クリックしても写真を見れない問題があります。 その場合、写真の転送設定を変更すれば簡単にパソコンで見れるようになります: Step 1.iPhoneで「設定」 > 「写真」に入ります。 Step 2.「MacまたはPCに転送」の下に「自動」を選択します。 それで「HEIF」(. HEIC)形式の写真がパソコンで自動的に「JPG」形式の写真に変換され、プレビューしたり、編集したりすることができます。

次の

iPhoneの写真をiTunesでWindows PCへ転送する

アイフォンの写真をパソコンに

もしiPhoneの写真がパソコンで一部表示されないなら、iCloud設定のiCloudの写真設定で『iPhoneのストレージを最適化』に設定されたため一部の写真がiCloudに保存されている可能性があります。 iCloudの写真で『iPhoneのストレージを最適化』を選択すれば、iPhoneの写真のフルバージョンがiCloudに保存され、iPhoneに最適化されたバージョンだけが保存されます。 それはiPhoneの空き容量を増加することができます。 しかし最適化されたバージョンの写真はパソコンで表示されないのです。 もしパソコンで写真が一部表示されない問題を解決したいなら、次の手順に従って操作しましょう。 まずは iPhoneで『設定』のアプリを開きます。 これは私の中では最終手段として考えていますがデータ転送ソフトを使うのもいいでしょう。 もしiPhoneの写真がパソコンに表示されない・見れないというときに上記の項目を試してみてもダメだった。 そんなときは データ転送ソフトをおすすめします。 データ転送ソフトはソフト自体に不具合がなければ問題なく利用できます。 しかしデータ転送ソフトをパソコンにインストールしたくないという方もいると思うのでそこはデータ転送ソフトを使うか使わないかは次で紹介するデータ転送ソフトを見て下さい。 もしかしたら「意外とデータ転送ソフトが便利そう!」と思ってデータ転送ソフトをインストールして使いたくなるかもしれません。 ここではデータ転送ソフトを4つご紹介します。

次の