フィン テック 意味。 フィンテック(FinTech)とは?具体的なサービスの種類を分かりやすく解説

フィンテックとは(fintech)|ECサイト用語集

フィン テック 意味

フィンテックの意味とは フィンテックの意味は表記は「FinTech」となりますが、金融 Finance と技術 Technology を合わせた造語となっています。 日本語の意味をとすると金融テクノロジーや金融ITという意味で捉えます。 主要なサービスとしては決済サービスとして「 Pay」や「楽天ペイ」、貯蓄や家計簿のサービスとして「freee」、の領域では「bitFlyer」などがあげられます。 フィンテックという言葉自体は日本では日経新聞が2014年に初めて使ったのがスタートであると言われています。 フィンテックの由来 フィンテックの由来はインターネットの定着に伴い、スマートフォンが爆発的に世界中に普及した事でモバイルによる決済のニーズが高まった事や、金融サービスの効率化と簡易化を図る技術として、フィンテックは考えれています。 フィンテックの文章・例文 例文1. フィンテックによるサービス革命は目覚ましいものがある 例文2. のサービスはフィンテックの代表例である 例文3. IT業界ではフィンテック対応のエンジニアを求めている 例文4. 技術領域が広くフィンテックの未来は明るい 例文5. フィンテックは金融業界の構造を変える可能性を秘めている フィンテックはアメリカのシリコンバレーを中心とした技術者達が新しいが使い始めて、日本に流れて来たと言われています。 昔からアメリカで流行になっている技術やサービスが3年後に日本で流行るのがIT業界の常。 フィンテックも日本企業は後発ながら積極に取り組んでいます。

次の

フィンテックってなに?テクノロジーを利用した金融サービスを解説!

フィン テック 意味

回答 FinTech(フィンテック)とは、金融( Finance)と技術( Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。 身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。 米国では、 FinTechという言葉は、2000年代前半から使われていました。 その後、リーマンショックや金融危機を経て、インターネットやスマートフォン、AI( Artificial Intelligence、人工知能)、ビッグデータなどを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。 例えば、資金の貸し手と借り手を直接つないだり、Eコマースと結びついた決済サービスを提供する企業があるほか、ベンチャー企業が決済などの金融サービスに参入する動きも増えています。 また、これまで金融サービスが十分普及していなかった途上国や新興国でも、スマートフォンを利用した金融サービスが急速に広がる動きが進んでいます。 さらに、分散型台帳技術 (注1)やブロックチェーン (注2)といった技術も登場しています。 (注1)特定の帳簿管理主体を置く代わりに、複数の参加者が同じ帳簿を共有するかたちでの管理(分散型管理)を可能とする技術です。 (注2)分散型台帳技術の一つで、改ざんを困難とする効果などを持っておりビットコインを支える技術です。 「教えて!にちぎん」の中の関連質問• 関連ページ FinTechに関する日本銀行の寄稿や対談・座談会資料については、「 FinTechセンター」ページの「」をご覧ください。 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の

フィンテック(FinTech)とは、事例などわかりやすく解説します。

フィン テック 意味

この記事の目次• フィンテックとはどんな意味? フィンテックとは、 Finance(金融)と Technology(テクノロジー)を掛け合わせた造語です。 お金に関する様々なサービスが、最新のテクノロジーを駆使してより便利で快適になる仕組みをフィンテックと呼びます。 お金に関するあらゆるものがフィンテックで便利になる 私たちのお金に関するあらゆるものがフィンテックの対象になります。 以下に一例を挙げてみます。 家計簿• 会社の経理• 資産運用• 自動車保険• 不動産• 保険 フィンテックが誕生したきっかけは株価大暴落からだった ここで簡単にフィンテックがどのようにして誕生したのか見てみましょう。 フィンテックが誕生したきっかけは、アメリカで起こったリーマンショックです。 リーマン・ショックは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるが破綻(Bankruptcy of Lehman Brothers)したことに端を発して、続発的に 世界的金融危機が発生した事象を総括的によぶ。 引用元: リーマンショックからどのようにしてフィンテックが誕生したのか経緯を見てみましょう。 このデータはフィンテック分野の投資額です。 フィンテックへの投資額は5年間で10倍になっています。 2015年のデータなので2016年以降のデータは推測ですが、今後ますますフィンテックは急成長が見込まれます。 フィンテックを支える5大テクノロジーとは? 次に、フィンテックを急成長させているテクノロジーとはどんなものがあるのでしょうか。 フィンテックの5大テクノロジーを以下にまとめてみました。 テクノロジー1. スマートフォン 日本の人口の6割以上がスマホを保有し、世界でも2人に1人が保有するなど、いつどこにいてもインターネットを使えるようになったことがフィンテックを急成長させています。 引用元: フィンテックが成長する一番の要因はスマホの普及です。 「スマホで操作する金融サービスがフィンテックともいえます」 テクノロジー2. API APIとはアプリケーション・プログラミング・インターフェイスの略で、他のシステムやソフトウェアに機能を提供するための規約のことです。 APIをわかりやすく解説すると、あなたも外食をするときに「食べログ」でお店を探したことがありませんか? 「食べログ」で気に入ったレストランを探して、地図を見ながらお店まで足を運ぶことってありますよね。 でもその地図はグーグルマップです。 食べログが作成した地図ではありません。 グーグルがグーグルマップAPIを公開していて、誰でも使えるようにしています。 引用元: 金融機関では、みずほ銀行がLINEアプリのAPIを使って、「LINEでかんたん残高証明」というサービスを提供しています。 このAPIテクノロジーによって、プログラムを一から作らなくても、すでにあるプログラムを自由に使えるようになったので、事業の開発コストが下がり、事業を立ち上げるスピードも大幅に早くなりました。 テクノロジー3. 人工知能(AI) 人工知能(AI)とはコンピューターで人間の知能に近い機能を実現するシステムです。 アップル社が開発した発話解析・音声認識アプリ「Siri」 グーグルの子会社ディープマインド社が開発したTVゲームのルールを自ら学習してプレイする「DQN」 囲碁のプロ棋士も破ったグーグルが開発した「アルファ碁(AlphaGo)」などが有名です。 フィンテックの代表的な例は資産を人工知能が自動的に運用する「ロボアドバイザー」です。 そのほかにも融資の判断やコールセンターでの顧客対応なども人工知能が行います。 テクノロジー4. ブロックチェーン データの改ざんをほぼ不可能にしたデータベースの技術です。 取引の記録をブロックに入れて数珠つなぎにして扱うのでブロックチェーンと呼ばれます。 フィンテックのテクノロジーの中でも一番注目を集めている。 仮想通貨のビットコインを支えるシステムですが、改ざんがほぼ不可能なためセキュリティコストも抑えられるので、ビットコインだけでなく医療や公共サービスなど、さまざまな分野で活用が期待されています。 テクノロジー5. クラウド クラウド(雲)とは、インターネット上でデータを保存、提供をするサービスです。 以前は自分のパソコンのデータは自分のパソコンでしか見ることができず、会社でこのデータを使いたいときはUSBメモリーに入れて持ち歩かなければいけませんでした。 でも、クラウドを使うようになればデータはインターネット上にあるので、外出先からスマホで・会社のパソコンで・ネットカフェのパソコンからでもデータを確認したり編集したりできます。 フィンテックで便利になる金融サービス7選 さて、ここからは具体的なフィンテックの事例を紹介していきます。 フィンテック1. スマホで自動でグラフ化してくれる家計簿アプリ 従来 家計簿はレシートを一枚一枚チェックして金額を記入しなければいけないので、とにかく時間がかかり大変な作業でした。 お金を貯めるなら家計簿をつけることは大事だとわかっていても、調査によると7割以上の人が家計簿に挫折しているそうです。 フィンテックにより・・・ レシートをスマホで撮影するだけで項目や店舗が自動的に家計簿に反映されます。 銀行やカードと連携させれば、食費や光熱費なども自動で分類してくれます。 フィンテック3. インターネットで資金調達できるソーシャルレンディング 従来 融資を受けるときは、銀行などの金融機関に申し込み、融資担当者から返済能力があるか審査されて、金融機関に何度も足を運び、何枚も書類にサインや印鑑を押印したり、審査が通るまでに時間もかかっていました。 フィンテックにより・・・ インターネット上で「私はこれからこんな事業を展開するので資金を募集します」とアピールします。 そして、これに賛同した人たちから資金を調達して、事業を展開していけるようになりました。 このような仕組みをソーシャルレンディングといいますが、これまで銀行が融資しなかった案件(短期で返済される・会社を設立したばかりで信用がない・銀行から借りているがもっと借りたいなど)でも融資が可能になりました。 フィンテック6. 会計処理に革命をもたらすクラウド会計 従来 実際にビジネスを立ち上げても経理や給与計算などのバックオフィス業務に追われて、なかなか本業に集中できないのが現状でした。 フィンテックにより・・・ 簿記の知識がなくても誰でも簡単に操作でき、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込んでくれて、手入力しなくても自動的に入力してくれます。 業務データもクラウド(インターネット上)で管理するので、今までは会社のパソコンでしか作業ができませんでしたが、スマホがあれば外出先、出張先でも経理状況が確認できるようになりました。 さらに、売掛金や買掛金の管理や請求書作成までも自動で行ってくれます。 代表的なクラウド会計 フィンテック7. 通貨の概念を変える仮想通貨 従来 通貨とは、国家などが管理しているため国の財政状況によって、通貨の価値が暴落したり、預金を引き出せなくなることもあります。 海外などにお金を送金するには、必ず中央機関を通し、高い手数料を支払い送金が完了するまでには時間もかかっていました。 フィンテックにより・・・ ブロックチェーンというテクノロジーにより、中央機関が存在しない仮想の通貨で送金や決済が可能になります。 仮想通貨は国境がないので、海外旅行などの時に両替の必要がなくなります。 中央機関がないので、預金封鎖の心配がない(過去に日本でも行われています)。 銀行と違って週末、日祝、時間に関係なく送金でき、送金手数料も格安です。 発行枚数に上限があるので、価値が上昇する可能性があります。 まとめ:フィンテックの波に乗ってみよう ここまでフィンテックの意味や成り立ち、7つの事例を紹介してきました。 フィンテックの金融サービスは、どれも便利ですし投資関係のサービスはリスクも当然ありますがワクワクするものばかりです。 今回紹介した家計簿アプリを使って家計を見直し節約できれば、その浮いたお金でロボアドバイザー、ソーシャルレンディング、仮想通貨などに分散投資をしてみれば絶対に面白いですよ。 投資はあくまでも自己責任になりますが、今や銀行にお金を預けてもいくらにもなりません。 「銀行にお金を預けることはリスクでしかない」とまでいわれる時代です。 今後はますますテクノロジーが進化して、フィンテックの波も大きくなるはずです。 ぜひ、この機会にフィンテックの波に乗ってみてはいかがですか。 次回は、フィンテックの事例をより詳しく実体験なども交えながら紹介していきますので、よかったらまた覗いてみてください。 フィンテックを学ぶためにおすすめの本 最後に、本格的にフィンテックを学びたい人におすすめの本を紹介しておきます。 FinTech革命 難しいテクノロジーの説明などが図解入りでとてもわかりやすく解説しています。 アメリカ、日本のフィンテック企業やメガバンクのキーマンがいろんな視点からフィンテックを語っているところが非常に興味深いです。 どちらかというとフィンテック初心者より、金融関係の仕事をしている人向けです。 まるわかりFinTechの教科書 フィンテック誕生の背景から実例まで詳しく説明されています。 ベテランジャーナリスト丸山隆平さんがフィンテックの今後の可能性やベンチャー起業家の熱い思いに興奮している熱が読んでいて伝わってきます。 FinTech入門 日本のフィンテック企業を代表するマネーフォワードの代表辻庸介さんと取締役の瀧俊雄さんの著書です。 もっと自分のマネーフォワードの宣伝を入れてもいいのに、そこはさらっと流しフィンテックについて初心者にもわかりやすく解説しているところがカッコイイです。 マネーフォワードの家計簿アプリ同様に「ユーザー第一主義」に徹していて、フィンテックについて一番わかりやすく解説していると思います。

次の