嫌われる仕事。 人に嫌われる理由と、嫌われた時に行ってほしい14の事

仕事でこんな質問の仕方は嫌われる!絶対にしてはいけない質問

嫌われる仕事

上司と良い関係を作るポイントは「この人はオレの仲間だ」と思わせることです。 そのための基本は綿密に口答でコミュニケーションをとることです。 メールではダメです。 リアルでそれも面頭向かっての口答によるコミュニケーションです。 コミュニケーションの内容も重要でして、ただの無駄話ではいけません。 ビジネスの世界でよく言われている「報・連・相」を絶えず行うことが、「この人はオレの仲間だ」と認識され、あなたに多く良い仕事が舞い込んできます。 文句や言い訳が多い 与えた仕事に対していちいち 文句をつけてくる部下は、高い確率で上司に嫌われます。 上司が振った仕事に対して 「いや、でもこれって…」や 「いやぁ、マジですか…」という言い訳や泣き言を言うのは、上司の怒りを買って当然です。 また、結果に対する 言い訳が多い人も上司に嫌われる傾向にあります。 もちろん過程も大事ですが、 会社は結果を求めています。 「~だから」「~があったので」など言い訳をしても意味がないのです。 改善策を提案するより先に言い訳ばかりしてくる部下は上司から評価されないでしょう。 愛想がない "愛想がある人とない人、どちらが好印象ですか?"と聞くと、ほとんどの人が前者が良いと答えるでしょう。 話しかけても会話してくれない、仕事中は常につまらなそなどだと、上司からすると 可愛げがありません。 上司としても、部下には楽しく働いて欲しいと考えているはずです。 楽しく仕事ができるかどうかは、人間関係に大きく影響します。 本人が愛想良くしているつもりでも、 上司の目線から見て無愛想だと感じてしまったら、それは嫌われる原因の1つになってしまいます。 会話が成り立たない 質問をしたがそれに該当する答えが返ってこない。 つまり、 会話が成り立たないのも上司から嫌われる特徴です。 仕事でのコミュニケーションの取り方は 会話がほとんどですので、そこですれ違いが発生すると上司はイライラしてしまうでしょう。 基本的に、 上司は自分の意図が伝わらない部下のことを嫌いになります。 逆に言うと、言葉にせずとも自分の意図を汲み取って動いてくれる人の事は好きになります。 学生気分で仕事に取り組んでいる 若手社会人に見られがちな傾向ですが、 学生気分で仕事に取り組んでいると上司に嫌われます。 会社は学校ではないという良く知られた台詞がある通り、職場と学校では圧倒的に違います。 遅刻・欠勤など職務を理解していない• 納期・約束など責任を理解していない• 会社の看板を背負っているという行動規範を理解していない 社会人としての自覚やモラルが圧倒的に低いと、上司から嫌われてしまいます。 上司の立場からすると、当たり前の事を当たり前にできる人を求めているのは当然の話です。 素直さがない 最後に紹介する上司に嫌われる部下の特徴は、 素直さがないです。 そういった部下は、出した指示に対していちいち反論してくる、自分の意見の方が正しいと思い込んで頑なに拒否反応を示すなど、相手の意見を飲み込もうとしません。 悪いことを教える上司はいません。 部下が成長して成果を出すために必要なアドバイスをしているのに、素直に受け入れてくれないと、 教えても意味がないと嫌ってしまうのです。 上司に嫌われていると気づいたら実践すべき対処法4つ 自分が上司に嫌われていると判断した場合には、少しでも早く何かしらの手を打つ必要があります。 何もせずに放置していた所で、上司があなたを好きになる可能性が低いでしょう。 具体的に何から始めれば良いのかを紹介します。 "なぜ自分は上司に嫌われるのか"を分析 まずは分析です。 なぜ自分は上司に嫌われるのかを把握しましょう。 原因を把握しないことには 具体的な対処法を練る事ができません。 仕事に取り組む態度が悪かったのか、コミュニケーションが足りていなかったのか、考えられる要因は多くあります。 そこを追究することから始めましょう。 上司はほとんどの場合で「嫌いになる原因やポイント」があったはずです。 それが何なのかを見極めましょう。 分析結果に合わせて適切に対処する 上司に嫌われる原因が分かったら、 適切な対処を施しましょう。 いくつか例を挙げてみます。 素直さを持ちましょう。 これしか言えないので、別の視点から考えてみます。 もしこれで失敗したらどうなるか予想できますか? Aで実行して失敗した場合は上司が責任をとってくれますが、Bの場合は部下の責任になってしまいます。 何が言いたいのかというと、上司からの指示を素直に受け入れて実行した上での失敗であれば、 上司が守ってくれるのです。 素直にいるだけで自分の身を守ることができるといえるでしょう。 上司に嫌われている事実を受け入れた上で気にしない 上司も人間ですので、合う合わないは当然あります。 その前提を理解した上で、 上司に嫌われている事実を気にしないのも一つの対処法です。 「人間だから好き嫌いあるし、嫌われたのがたまたま自分だっただけ」、こんな風にいい意味であきらめて気にしないのもありです。 しかし、そこでビジネスコミュニケーションを怠ってはいけません。 嫌わている事実を受け入れたうえで、 仕事で必要なコミュニケーションは最低限とるようにしましょう。 上司に嫌われて先が見えないなら転職も視野に 実は上司との人間関係が原因で転職する人は少なくありません。 以下はで、上司経営者の仕事に不満がランキング1位になっています。 風通しの良さや働きやすさは入社後の仕事で得られる成果に大きく影響しますので、重要な要素です。 転職エージェントの方はその企業に訪問し、内部事情も知っています。 よって、あなたが「風通しの良い会社で働きたい」と転職エージェントに伝えてもOKです。 ただ、ここで重要なのは、人間関係の実情や売り上げの上げ方など、あなたにとって「風通しの良さ」とは具体的にどういうことなのか、その定義を明確に転職エージェントの方に伝えることです。 認識の間違いによってあなたに合わない企業が紹介されるの防ぐためです。 業界大手のサービスで快適な職場環境へ やなどが転職エージェントの業界大手として知られていて、年収UP・キャリアUPを目指す多くの人が利用しています。 無料で利用できるのが大きな特徴で、世の中に出回っていない良質な非公開求人情報も数多く取り扱っています。 どちらの転職エージェントもブランドがあり求人数や転職サポートが充実しているので、安心して相談できるでしょう。

次の

職場で孤立する人って何が原因?馴染めない&嫌われる人11の特徴

嫌われる仕事

先輩や上司• 仕事ができる人• 昇進などに関わる役職の人 自分の利益になるような人には優しく丁寧に接するのに対し、自分よりも仕事ができない人や自分に利益にならない人には冷たく接したりすると人によって接する態度が違うと嫌われてしまいます。 自分が昇進したい、もっと認められたいと上司などに優しく丁寧に接することは男性にもありますが、この態度を全員にすれば問題はありません。 しかし、どうしても自分の利益に繋がる人にのみいい面を見せるため、嫌われてしまいます。 その2.周りからのアドバイスや意見に聞く耳を持たない 仕事ができる女性は「自分で何でもできる」という強いプライドがあるため、周りからのアドバイスや意見を受け入れたくないという傾向があります。 周りが正しいことを言っていたり、的確なアドバイスをくれても「私の意見が正しいから」という思いがあるため、なかなか聞かないという傾向があります。 また自分の意見を貫き通すため、柔軟な対応ができず周りに迷惑をかけてしまうこともあります。 せっかくアドバイスをしてさらに仕事をしやすくしてくれているのに、聞く耳を持たないと「この人は何を言っても無駄だから」と嫌われてしまいます。 その3.偉そうな程度で上から目線で話してくる 仕事ができる女性の中には、「私はこれだけ仕事ができるのよ」という上から目線で話してくることがあります。 まだ仕事終わらないんですか?• 何回同じことを言えば分かるの?• それも分からないの? 上記のようなことを何気なく使っている女性がいますが、これは偉そうな程度・上から目線にしか見えません。 仕事ができるからといってあまり偉そうな態度をとっていると、関わりたくないと嫌われてしまいます。 その4.自分のやりたい仕事や自分の仕事しかやらない 仕事は、自分に割り振られたものだけではありません。 同じ部署やグループでこなしていかないといけない仕事もたくさんあります。 その中から自分に割り振られた仕事はこなした後、早く仕事を終わらせるため本来であれば他の人の仕事を手伝います。 嫌われ女性の場合、「自分の仕事は終わった。 自分の仕事は自分で片付けてください」という人が多いため、気が利かない、協力的ではないということで避けられてしまいます。 また、普通の仕事でも自分が得意なものは積極的に仕事をしようとしますが、自分が苦手な仕事などは積極的に仕事をしようとしません。 そういう態度も周りには悪い印象を与えます。 その5.人の欠点ばかり見つけて露骨に態度で表す 人には誰でも欠点があります。 自分にも欠点があるので、本来であれば人の欠点は見てみぬスリをしていることがほとんどです。 仕事ができる女性の場合、何でもそつなくこなしてしまうので、人の欠点がどうしても気になってしまいます。 その欠点を見て見ぬふりをすればいいのですが、それができず人の欠点ばかり見つけてしまいます。 人の欠点を見つけた後、自分の中で処理すればいいのですが、それを露骨に態度で表す人もいます。 このような態度をとっている女性は、周りからするとストレスの要因になってしまいます。 自分では「あなたのためにやっていること」と思っていますが、周りからするとただ単に嫌な人という印象しか残らないため、知らない間に嫌われ女になってしまいます。 その6.仕事はできるけど自分のペースでしか仕事をしない 仕事ができるのはとても嬉しい事ですが、仕事には納期があります。 その納期を守らないと、いくら仕事ができていても「仕事ができる」とは言えません。 そして仕事は、自分だけで行うわけではありません。 上司や先輩に確認してもらったりすることもあります。 それなのに自分の仕事が納期までにできればいいだろうと、自分のペースで仕事をしていると余裕がなくてギリギリにしかできないこともあります。 仕事は納期までに間に合えばいいですが、多少の余裕も必要です。 それなのに自分のペースでしか仕事をしないとなると周りから嫌がられてしまいます。 その7.細かいことが気になって指摘をしてしまう 人はそれぞれ性格が違います。 大雑把な人もいれば細かいことが気になってしまうという人もいます。 自分だけの時は神経質になっても問題ありませんが、これが仕事に出てくると厄介なことになる可能性があります。 書類を作る時、ちょっとしたズレや文章の改行が気になり、それを訂正しないと気が済まないという状況になると仕事に支障が出てきます。 自分では「細かい事まで気づいて仕事ができる女性」というイメージなのかもしれませんが、周りからすると「そんな細かい事気にしなくても問題ないのに」というふうにしか映りません。 自分だけの仕事であれば問題ありませんが、グループで仕事をしている時に細かい事ばかり気にして指摘をしていると嫌なイメージを周りに与えてしまい嫌われてしまいます。 その8.人に対する感謝の気持ちがない 生活をしていくうえで、人への感謝はとても大事です。 これは仕事でも同じで、自分だけの手柄で仕事が成功するわけではありません。 自分では「私一人でやった仕事」と思っていても、周りからの支えがないと成功していないこともたくさんあります。 この時、感謝の気持ちを伝えることが大事です。 どうせ一人でやったし• 別に周りに助けてもらってないし• 私だけで十分できた 上記のように「自分でどうにかできたのに」という気持ちがあると、人への感謝の気持ちは出てきません。 感謝の気持ちで「ありがとう」と言うだけで相手の気持ちも違ってきますが、それができない女性はいくら仕事ができても嫌われてしまいます。 仕事以外の面が原因!?こんなことが理由で嫌われることもある 仕事ができても仕事絡みで迷惑をかけると嫌われてしまいます。 しかし、それだけが嫌われる原因ではありません。 自分ではあまり気にしていなかったようなことでも、嫌われる原因に繋がることがあります。 その1.その場の空気が読めずノリが悪い 職場というと、仕事をしっかりとこなせばいいというイメージがあります。 もちろん仕事をしっかりとこなすことは大事ですが、他の人との調和も需要です。 その時によく言われるのが場の空気とノリです。 職場には、様々なキャラクターの人がいます。 そのキャラクターを全て受け入れなければいけないというわけではありませんが、「この人のキャラクターは私は苦手だから関わらない」という態度を取っていると周りに察知されてしまいます。 騒ぐことが嫌いな場合は、特にノリがいい人には付いていくのが大変です。 そのため、どうしても避けてしまいますが「もう少し楽しんでもいいのに」と周りから見られてしまうと、ノリが悪いから嫌いというふうに思われてしまいます。 また、ノリだけではなく場の空気が読めないのも嫌いな原因の1つになります。 会社の同僚で食事に行くと決まった時、他の人は参加しているのに自分は参加したくないから断ると「場の空気が読めない人」と言われてしまいます。 場の空気が読めないと、周りの空気も悪くなりますし自分で悪意があるわけではないのに、「態度が悪い」というイメージも付けてしまいます。 その2.日頃何を考えているのか全く分からない 職場では、仕事ができれば本来問題はありません。 しかし、何を考えているか分からない人は付き合い方が分からないので嫌われる要因となります。 日頃、何を考えているか分からない人には次のような印象があります。 信用できるのか分からない• どこまで話していいか分からない• 誰と仲がいいか分からないので困る 自分では普通にしているつもりでも、周りとの会話が少なかったり単独で動くことが多い人は「何を考えているのか分からない」という印象を与えるため、嫌われやすくなってしまいます。 その3.人に厳しく接することができない 仕事がバリバリこなせる人の中には、全て自分でできるから人の助けは必要ないという人もいます。 その反対で、人に協力してもらいながら仕事をこなしていくという人もいます。 この時、人にお願いをしたり一緒に仕事をしている人が仕事をさぼっても注意することができず、全てを自分で抱えてしまうということがあります。 本来、一緒に仕事をしている人には厳しく注意をする必要がありますが、それができず自分で全てを背負ってしまうと「自分だけ悲劇のヒロインになろうとしているのでは?」という誤解を与えてしまいます。 本人はそんな思いがなくても、周りがそう思ってしまうと嫌われ要素に繋がってしまいます。 その4.仕事をする時に余裕がない 仕事はできるけれど、その時に余裕がない人がいます。 一人で全てを抱え込んでしまい、手助けしたくてもその隙さえ見せない人は、孤立しているように見えて周りに良い印象を与えません。 自分では一生懸命仕事をこなしているだけなのですが、人に手伝ってもらわない=人を信用していないというに繋がり、嫌われ要素の1つになってしまいます。 その5.いつまでもネチネチと文句を言う 仕事をする時、人とのコミュニケーションが大事になってきます。 その中で、ちょっとした行き違いで意思疎通が取れなかったりすることもあります。 この時、自分よりも相手のせいで意思疎通が取れなかったとネチネチと文句を言ったり、「もっとちゃんとしてくれればこんなことにならなかった」と同じことを何度も言う人がいます。 失敗は誰にでもあることで、その失敗を次に繋げないようにすることが大事です。 しかし、ずっとネチネチと文句を言っていると「あの人と関わると、何かあった時に一生文句を言われる」と気われてしまいます。 その6.社会人・女性として最低限のマナーができていない 仕事ができていても、社会人・女性として最低限のマナーができていないと「仕事のことしか考えていないのか」とあまり良いイメージを与えません。 服装に清潔感がない• メイクや髪の毛など身だしなみがちゃんとしていない• 会社のデスクの上が汚い• 社会人としての挨拶ができていない 上記のような、ちょっとしたことでも「仕事はできるのにマナーがなっていない」という女性は、嫌われてしまいます。 仕事ができても嫌われ女にならないようにすることが大事 仕事ができるから大丈夫と思っていても、職場では仕事だけではうまくやっていけないこともあります。 仕事ができても嫌われてしまうと、仕事がスムーズに行かなくなったり職場の人とのコミュニケーションが取れなくて孤立してしまうこともあります。 仕事ができることはとても大事ですが、仕事だけではなく会社の人とのコミュニケーションや嫌われないようにすることも心がけるようにして仕事をこなしていきましょう。

次の

仕事で嫌われるのは当たり前だ!嫌われても気にしなくても良い理由

嫌われる仕事

Contents• はじめに 本記事では【社会人8年目、年間読書量300冊、新人指導経験アリ】の私が、次の2点を踏まえて、嫌われる新人の特徴と、その対応をお話をします。 テングになっていた新人の頃の私の、ほろ苦い経験• 私が新人指導を担当していて発見した、嫌われる新人の特徴 テング時代の私 私の社会人1年目は、今振り返ると恥ずかしい出来事が盛りだくさんです。 部署の中で一番若いというだけで周囲から可愛がられていた。 カンタンなことでも褒めてもらえる。 比較する同期、若手がいない。 こんな状況だったので、正直、調子に乗りました。 自分は仕事がデキると思い込んで、どんどん自尊心だけが増長していき、、、。 こんな、伸びに伸びきっていた私の鼻をへし折ってくれた出来事が、1年目の終わりに起こりました。 この出来事がなければ、私の自尊心はどんどん増長し、いつしか虎に変貌していたことでしょう。 これから話すことは、新社会人が通りやすい道だと思います。 当てはまっている方がいたらこれから気を付け、その他の方は、これからのビジネスライフに活かしてください。 しかし月日が経つと、段々と緊張感がなくなってきて気が緩み、集中力や注意力が低下し、ミスをしやすくなります。 そしてミスは、あなたの信頼と評価に直結します。 緊張感とミスに関する統計を紹介。 人は慣れると、本来必要なプロセスを飛ばしてしまうということです。 そんな気の緩みは、ミスの原因になります。 いつもフレッシュな気持ちで仕事に臨みましょう。 入社した日、 「ようし!今日からここで頑張るぞ!」と決意した気持ちを、ずっと忘れないでください。 努力の方向性を間違えない 1年目からバリバリ仕事をこなして、結果をバンバン出すことに憧れるかもしれません。 その上昇志向は立派だと思います。 しかし、ビジネスマンとしての土台がまだ固まっていない状態で結果を求めるのは、 崩れかけのジェンガのようなものです。 中身がスカスカでは、いつ崩れてもおかしくありません。 どんなプロスポーツ選手だってまずは基礎練習から始めます。 いきなりレギュラーを獲得して試合に出られると思わず、一歩ずつ着実に、前に進みましょう。 一見遠回りに見えても、それが一番の近道だったりします。 私は1年目のころ、先輩に「仕事はホップ・ステップ・ジャンプだ。 」と教えられました。 自分の主張ばかり通そうとする人間は真っ先に嫌われます。 心の中で「いや、でも俺はこう思う。 」と思っても口には出さず、なぜ言われたのか考えてみましょう。 一度冷静になってみれば「自分はこう思うけど、確かにそういう意見も考えられるな。 」と、 一歩引いて全体を俯瞰して考えることができるようになります。 まとめ• 入社初日の気持ちを忘れない。 ・背伸びをしないで基礎からしっかり学びましょう。 急がば回れです。 少しできるようになってもいい気にならない。 ・日記をつけて【成長の実感・できないことの見える化・落ち込んだ時の支え】にしよう。 いかがでしたしょうか。 今回は、私が昔の自分に伝えたい3つのことをまとめました。 この3つを忘れないだけで、あなたの社会人生活の大切な1年目は、確実に有意義なものに変わります。 ぜひこの3つのことを覚えて、これからのビジネスライフに活用してください。 コチラの記事もおすすめ.

次の