福島 交通 郡山 支社。 「福島交通株式会社郡山支社」(郡山市

福島交通郡山支社とは

福島 交通 郡山 支社

新着情報 2020年 06月 11日 第2弾 「福島県観光周遊事業(福島県民限定宿泊割引)」 販売終了 本日販売の「福島県観光周遊事業(福島県民限定宿泊割引)」については、予約定員に達しましたので販売終了とさせていただきます。 2020年 06月 07日 第2弾【 福島県観光周遊宿泊事業 (福島県民限定宿泊割引)】のご案内 福島県内在住者を対象者とした「福島県民限定宿泊割引」の予約受付けを下記の通り実施します。 <実施内容> 期 間 :令和2年7月10日 金 宿泊分まで 対 象 者 :福島県内在住者(宿泊の際に健康保険証、運転免許証等で福島県に居住していることを確認させていただきます。 ) 割 引 額 :1名1泊5,000円(宿泊代1名1泊7,000円税別以上の宿泊が対象となります。 ) 宿 泊 地 :福島県内の宿泊施設 詳しくは各営業所にお問い合わせください。 2020年 06月 02日 【福島県観光周遊宿泊事業(周遊割)】販売終了について おかげさまをもちまして、福島県観光周遊宿泊事業(周遊割)が規定数にたっしましたので、配布修了とさせていただきます。 2020年 05月 31日 【福島県観光周遊宿泊事業(周遊割)】について 福島県民を対象に実施いたします福島県民限定宿泊割引の予約手配を6月1日より各営業所にて受付開始いたします。 ご利用に関しての条件等がございます。 対象者:福島県民(宿泊の際に保険証等で福島県に居住していることを確認させていただきます) 実施期間:令和2年6月1日より令和2年7月10日宿泊分まで 予算上限に達ししだい終了となります。 割引額:1名1泊5,000円(1名1泊7,000円(税抜)以上の宿泊が対象) 宿泊宿:福島県内の宿泊施設(予約手配可能旅館に関しては弊社契約旅館となります) 詳しくは各営業所までお問合せ下さい。 2020年 05月 18日 【 新型コロナウィルス感染拡大防止のための取り組み 】 弊社では新型コロナウィルス感染拡大防止ならびにお客様と社員の安全のため ・全従業員、出勤前及び出勤時の体温測定を徹底しております。 ・全従業員、業務中マスクを着用しております。 ・全従業員、手洗い・うがいを徹底しております。 ・事務所の入口及び従業員入口にアルコール消毒液を設置し、手指の消毒を徹底しています。 ・事務所入口にアルコール消毒液を設置していますので、手指の消毒にご協力お願いします。

次の

福島交通、全線再開 郡山支社管内のバス7路線

福島 交通 郡山 支社

台風19号による増水で保有するバス車両の多くが被害に遭った福島交通(福島市)の郡山支社が、台風の数日前にバスの退避場所を確保しながら、半数以上を移動せずに水没させたことが分かった。 70ある路線バスは一時全面運休し、今なお約3割が運休中。 市民からは「どうして全車両を退避させなかったのか」と疑問の声が上がっている。 支社は2011年9月の台風でも浸水被害を受けていたためだった。 福島交通によると、今回の台風では10月11日に退避を開始し、保有する165台のうち保土谷化学工業郡山工場に32台、他の車庫に41台を移動させた。 支社の前を通る道路が冠水し始めたのは12日午後11時すぎ。 約30分後には深さが約1メートルになり、最終的には2メートル近くに達した。 退避しきれなかった92台が残る車庫で従業員らは溺れかけながら、11年に被害を受けなかった敷地内の高い場所に移動させようと試みたという。 しかし、92台は全て水没してしまった。 郡山工場は敷地が支社より2メートルほど高い。 広さ約24万平方メートルで、支社の165台全てを駐車できるだけのスペースもある。 保土谷化学工業は「市民の足を守るための協定。 受け入れ態勢は万全で、もっと駐車可能だった」と振り返る。 福島交通は「8年前の台風は数時間かかって80センチほどの浸水だった。 想定外のスピードで、退避が間に合わなかった」と説明。 「今回の経験を生かし、よりスムーズに退避できるよう対策を講じたい。 一刻も早く全路線で運行再開できるよう努力する」と語った。

次の

福島交通郡山支社とは

福島 交通 郡山 支社

昨年十月の台風19号の影響で運休が続いていたJR郡山駅前発着の福島交通郡山支社管内の路線バス七路線が一日、再開した。 約五カ月半ぶりの全線再開となった。 同日運行を再開し、郡山駅前に到着したバスに、心待ちにしていた利用者が次々と乗り込んだ。 管内の路線バスは郡山支社が浸水し、保有するバスの半数以上が被害を受け、全七十八路線が一時、運休となった。 中古車両を整備し車両を確保したり、経路を変更したりするなどして順次解消してきた。 郡山市の会社員中村英一さん(55)は通勤でバスを利用している。 本数が限られていたため別の路線を使い、徒歩を組み合わせて対応していたという。 「これからは待ち時間も短くなる。 毎日使うので再開はうれしい」と喜んだ。 一日に再開した路線は次の通り。 西ノ内経由大槻、市役所経由静団地、池ノ台経由静団地、市役所経由新池下団地、方八町経由東部ニュータウン、方八町経由東部タウンまわり、カルチャーパーク.

次の