なかしま しほ プリン。 卵黄・牛乳・砂糖だけのとろとろプリン!私の最高傑作レシピが出来ました|あみものを編もう

ほぼ日刊イトイ新聞

なかしま しほ プリン

2012年の春と冬に、なかしましほさんが『ほぼ日刊イトイ新聞』で連載、同時にツイッター nakashimarecipe:フォロワー2万人以上 でも発表され、「みんなで同時におやつを作る」という形で楽しんだ人気コンテンツ、『小さなレシピを1ダース』。 このコンテンツで発表された24のレシピのに9つの書きおろしを加えた、33の小さなレシピで構成された「おやつ」のレシピ集(ツイッターを活用したコンテンツの書籍化ですが「140文字のレシピ集」ではありません。 )ブラウニー、バナンブ レッド、パイまんじゅう、抹茶ババロア、ガトーショコラ、ビスコッティ、グラノーラ、あんみつなどなど。 さらに、「あんこ」については、一 つ章をもうけ、「つぶあん」「こしあん」の作りかたにさらに「あんこ百科」として、あんこにまつわる100のことも収録。 いままで、ごはんはつくるけど、「おやつ」は手作りをしたことがなかった、「おやつはじめてさん」に向けた簡単だけど本格的なレシ ピ。 「まさか自分がこんなに本格的なおやつを作れるようになるなんて!」といった声がツイッターでも多数あがりました。 【プロフィール】 なかしましほ: 1972年、新潟県生まれ。 レコード会社、出版社勤務を経て、ベトナ ム料理店、オーガニックレストランでの経験を重ねたのち、料理家 に。 2006年「foodmood」の名で、からだにやさしい素材を使って作 るお菓子の工房をスタート。 各種イベント、ワークショップなどで活 躍中。 ほぼ日刊イトイ新聞: 糸井重里主宰のWEBサイト。 1998年から1日も休むことなく更新 を続ける。 1日平均150万ヒット。 有名無名を問わず多くの書き手 が多彩なコンテンツを連載するとともに、「ほぼ日手帳」などオリジ ナルグッズの通販も行う。 00 投稿日:2013年12月06日 いつも見ている子育てブロガーさんが、最近よくこちらの本のおやつを作っていて絶賛していたため、気になって購入しました。 早速1歳の息子にスイートポテトを作ったら、4つも平らげました。 もっと欲しいと言われたけどそこはストップ! 今までおやつ作るぞーってかなり気合入れないと作れなかった私ですが、この本は本当にあっという間に作れて、なおかつ美味しい! 他の方のレビューに、味が素朴すぎて美味しくないってありましたが、ぜーんぜん! むしろアラフォーの私には甘すぎないレシピがちょうど良いです。 若い人には物足りないのかも。 プリンも作りましたが、これまたとっても簡単で美味しくできました。 息子がとても嬉しそうだったので、これから無理なくおやつ作り続けていこうと思います! 5人が参考になったと回答•

次の

人気お菓子屋〈foodmood〉のなかしましほさんが語る。おやつをすてきに彩る、器とお菓子の関係。

なかしま しほ プリン

編集スタッフ 津田 なかしましほさんに教わる 定番おやつ 4「杏仁豆腐」 foodmood店主で料理家の、なかしましほさんに教わる定番おやつ、4つめは「杏仁豆腐」です。 さっぱりとしたやさしい味わいの杏仁豆腐は、これからの季節にぴったり! 材料は4つだけのとてもシンプルなレシピですので、ぜひお試しください。 材料(2〜3人分) 杏仁霜…大さじ1. [2]残りの牛乳を加えてよく混ぜ、鍋に移して中火にかける。 [3]粉寒天が溶けにくく、コンデンスミルクが焦げやすいので、へらで鍋底を絶えずこするようにして混ぜ、 しっかり沸騰したら火を止める。 [4]器やバットに漉し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間冷やし固める。 なかしまさんからの、ひと言アドバイス — おすすめの食べ方を教えてください。 なかしまさん: 「杏仁豆腐がさっぱりした味わいなので、お好みで缶詰のフルーツやコンポートを添えても美味しいです」 — 杏仁霜は、どこで手に入りますか? なかしまさん: 「スーパーなどの中華食材のコーナーや製菓材料店で手に入ります。 ぜひ探してみてくださいね」 — おいしくつくるコツはありますか? なかしまさん: 「粉寒天の量がポイントです。 自家製ミントでつくるモヒートと簡単クラッカーおつまみ• テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

今日も暇つぶしに牛乳チャレンジ!カスタードプリンを作りました|あみものを編もう

なかしま しほ プリン

レモン汁(60㎖)に水(140㎖)を足してレモン水をつくります。 ボウルに卵(2コ)、きび糖(80g)を入れ、泡立て器ですり混ぜます。 レモン水を加えてさらに混ぜます。 別のボウルにこし入れ、バター(30g)を加えます。 湯をはった鍋にボウルを重ねて湯煎にかけ、弱火で3〜5分、ゴムベラで混ぜながらバターを溶かします。 白っぽくなって少しとろみがついてきたら火を止め、ふやかしたゼラチンを加え、混ぜて溶かします。 レモンプリンの上にのせ、レモンの皮を散らしたら出来上がりです。 おかずにご飯にスイーツまで。 まさかレモンにごはんの発想はなかったので驚きました。 レモンはビタミンCがたっぷりで私も旦那もレモン水を毎日1杯飲んでいます。 作り方はとっても簡単、 絞ったレモン汁とミネラルたっぷりの岩塩をコップに入れ、水を加えて溶かしたもの。 レモン汁と水だけだと酸っぱくて飲みにくいんだけど、岩塩を足すととても飲みやすいんです。 ただし、朝にビタミンC を取ると紫外線を吸収しやすいため、シミの原因になると聞いてからは夜に飲むことにしています。 レモンの爽快感は私も大好き。 なかなか料理などには生かせることができてないので、きょうの料理を参考にしたいものです。 他にも レモンレシピありますよ。 今が旬のレモン。 国産なら皮まで安心して使えますね。 最近の投稿• 最近のコメント• に nori より• に やよい より• に 中村節子 より• に はなぎぬ ひろ より• に nori より• アーカイブ アーカイブ• カテゴリー カテゴリー.

次の